下村早苗 アメブロ。 [B! 事件] さなのHappy Diary(

下村(中村)早苗の生い立ちや現在は?大阪二児餓死事件の全貌を解説

下村早苗 アメブロ

母親の追い詰められた背景、心の余裕のなさ、いつになっても満たされない自信の寂しさ、自分を犠牲にしてまで子供の世話に追われ子供に捧げる。 自分を追い詰めてるのは子供のせい? 自分の自由をとられるのは子供のせい? そして身近にいる自分の子供に憎しみが向けられてしまう。 人間の子供はどの生物より育てる年月が長いと言われています。 自分が忙しく体調の悪いときでも、ストレスが溜まっていても子供はまってくれません。 幼ければもっと手がかかります。 子供を殺す母親の肩を持つということでは決してない。 そんな弱い女は子供を生んではいけない。 自分が満たされないからと自分の都合で殺して居なかったことにする勝手は許されない。 自分で生きていけない子供を守っていくのが責任を担った親というものです。 この人たちは幼い子供と同じ体の大きい子供なのですね。 満たされない心なんて誰にでもあります。 生活の事情なんて誰にでもあります。 これからもきっと子供殺しはなくならないと思う。

次の

下村早苗被告がブログで綴った内容まとめ : Gp&Bitch!japan!!

下村早苗 アメブロ

世間に衝撃を与えた。 2012年3月末で最高裁で一審・二審支持の懲役30年判決が確定したもようです。 詳細は。 毎日新聞社ウェブサイトの『』1月23・24日付および2月26日付のウェブ記事を読みました。 読んであぜんとしました。 彼女の不幸な生い立ちを強調しながら文末は >「早苗はどんな時もお父さんの娘」「私はずっとあなたのお母さん」。 事件後に父母からそれぞれ言われ、中村被告は「涙が出た」と手紙に書いていた。 弁護士にはこう話しているという。 >「いつか、お父さんとお母さんが一緒に面会に来てほしい」 家族愛の再生のようにしめくくりながら、 彼女が養子縁組した「大阪市内の夫婦」にノータッチなのはひじょうに奇異にみえますね。 この初めから終わりまで救いの無い事件のある意味重要なキーパーソンのはずですが。 昨年末の11月にはもなさっているので、このご夫妻がどんな人物なのかは報道陣こそよくご存知のはずでしょう。 なのにメディアはいっさいなにも報じようとしない。 今となっては彼女の支援者のひととなりがわかる証言になるかもしれませんのでご閲覧ください。 楽天ブログから。 楽天ブログ「荒らし」証拠1 楽天ブログ「荒らし」証拠2 一言一句、いっさい改変は加えていません。 上の記事は「さなちゃんの父」さんだと明かした上で大阪府警サーバー課に送っています。 「さなちゃんの父」 『no name』こと『無知はきらいだ』 さんの「本性」がよくわかります。 ・・・この段階では、早苗被告と養子縁組した「さなちゃんの父」さん。 という正体がわからなかったので、 いったい何者だろう・・・と首をひねるばかりでした。 実際には「さなちゃんの父」さんと早苗被告の養子縁組が成立したのは2012年10月、 「さなちゃんの父」さんが拙ブログをあらしたのは2012年9月末なので若干のタイムラグがあります。 現在リンク切れですが、報じられた「さなちゃんの父」さんの概要。 下村被告が養子縁組していた!... 幼児餓死事件 大阪市西区の自宅マンションに長女(当時3)と長男(同1)の幼児2人を放置し、餓死させたとして殺人罪に問われ、1審・大阪地裁の裁判員裁判で懲役30年の判決を受けた、母親で元風俗店店員・下村早苗被告(25)が、大阪市北区の夫婦と今月上旬に養子縁組していたことが24日、分かった。 この日、大阪高裁で開かれた控訴審第2回公判(森岡安広裁判長)で弁護側が明らかにした。 公判冒頭で本名と本籍地を聞かれた下村被告は「中村早苗です」と新しい姓を名乗り、読み上げられる養子縁組の経緯をうなずきながら聞いた。 早苗被告を養子にした男性(54)によると、昨年秋に拘留中だった男性の妻(48)が早苗被告と出会い、同部屋で約1か月過ごしたことがきっかけ。 妻の出所後も早苗被告が手紙を妻に送ったことで交流が続き、今年6月頃に夫婦が「うちの子になる?」と聞くと早苗被告は「うん」と返答したという。 公判で、弁護側は改めて殺意を否認し、懲役20年が相当と主張。 検察側は控訴棄却を求め、結審した。 判決は12月5日。 (2012年10月25日12時18分 スポーツ報知) 私がどれほど驚いたかは察していただくとして、 裁判過程におけるある意味貴重な資料になりそうです。 「さなちゃんの父」さんの言いたい放題な書き込みからみえてくるもの、 彼女のことを全く考えていません。 ましてや、かわいそうな死を迎えねばならなかったこどもたちのこと を全く塵ほども考えていません。 「さなちゃんの父」さんご自身のブログとてらしあわせて、 私にはまるで理解不能ですが、裁判で不利になるとしか思えない発言や行動ばかりで、もしかして面白がってわざとやっているのかとすらかんぐってしまいます。 あえて類推するなら、人ひとりを思うがままにあやつれる自分の力を誇示したいかのようでもあり・・・、 ・・・現在は消されていますが、 「ふたりのこどもの名前をおりこんだハンカチ」も 「さなちゃんの父」さんのブログに 画像つきで しっかり出てまいりました。 なるほど自作自演でしたか。 毎日新聞1月24日付記事中にある『誓約書』も同じく 消された上記ブログの中に画像つきで載っていました いずれも保存しています。 「さなちゃんの父」さんの行動はことごとく 彼女や こどもたち 亡くなってなおじゅうりんされつづけるような、筆舌につくしがたい酷い仕打ちだと思う をおとしめることばかり、 まったく彼女のためにならないばかりか 彼女自身に強烈に害を及ぼしているとしかみえません。 わが子をまもるために攻撃に転じる親もいる、 わが子のために罪をもおかす人はいる。 とのご意見もありますが、 対極なほどかけはなれていますね。 彼女を思うがゆえに攻撃的になっているならば、 その気持ちが他人にもわかるほどにどこかしら表れるはずです。 ほんとうに彼女のためを思って活動する人がこんな書きかたするでしょうか。 まず、このページを下村さんに贈りましょ。 ご贈答です。 万が一死んだら貴方は殺人です。 裁判所でさえ、死刑がかくていしても死になさいとはいいません。 それと、貴方のブログですが自分の家庭のはけ口か、皆さんにコメントをいただきポイントがほしいのか・あははいい年してなさけない。 楽天ブログに申し出て住所など調べていただきましょうね。 お孫さんが悲しむな。 人に死になさいといえる耄碌しているのか、警察沙汰になりたいのか? 誰かに頼まれたのか・・この案件は大切な殺人なのか違うのかの物証になるのでね。 最後に、下村は留置所にいるわけないじゃないですか しらぬが花ですね 2012. 24 17:57:50 あまりにも安っぽく「いのち」をもてあそぶ態度に背筋がさむくなりました。 「さなちゃんの父」さんのブログにコメントしたり、 ロムしている一般の方のほうが、 ずっと的確に本質を見抜いていらっしゃいますね。 あらためて毎日さんのウェブ記事を読み返し・・・ なんともしらじらしくさむざむしい読後感。 はじめに結論ありきで、 どうにかして 「冷酷な社会に追いつめられたシングルマザーの悲劇」 にもってゆきたいようですが 便乗して名前を売りたいのかどうか、 「母親だけに育児責任をおしつけるべきではない」 とかもっともらしい主張するミュージシャン? までもちだして・・・ ぎゃくに事件の真相からどんどん横にそれてゆく感じで、かなり無理がありそうです。 事実を公正に報道するというより、 記者の自己主張に読者を強引に誘導しようとする 「晴れ着の内から鎧がのぞいている」かのごとき印象操作。 ずっと事件の取材なさっているも、 甚だ失礼ながら同類にみえます。 それにしても。 ラグビーの鬼で知られる彼女のお父さんは、本当にひどいですね。 ていのいい厄介払いでしょうか。 彼女の不幸の元凶は、あまりに無責任で最低な両親 と両親からうけついだ不幸な因子に帰すると思います。 ただ、 桜子ちゃんと楓ちゃんの苦しさを思えば胸が痛みます。 ろくでなしな大人たちのしわよせで なんのおちどもない最も非力なこどもたちが 悲しく苦しい死に追いやられた、 現代を暗示する象徴的な事件。 ライターの方が、この泡沫ブログをみてくださることはないでしょうが、 一般の読者が誤解して彼女への感傷的で安易な同情におちいらないようにと願うばかり。 そもそも、事実の報道と真相の究明が新聞を筆頭とするジャーナリズムの本来の使命ではなかったのでしょうか。 ゴシップやフィクション 憶測や妄信のたぐいなら、個人のブログでも事足りる ではないのですから。

次の

2幼児死体遺棄の下村早苗(風俗嬢)の素顔

下村早苗 アメブロ

大阪2幼児虐待死 「こんな母でも 見守って」 控訴審が結審 産経新聞 10月24日 14時50分配信 大阪市内のマンションで平成22年7 月、幼い姉弟2人の遺体が見つかった虐 待死事件で、殺人罪に問われて1審大阪 地裁で懲役30年(求刑無期懲役)の判 決を受けた母親の無職、下村早苗被告( 25)の控訴審第2回公判が24日、大 阪高裁(森岡安広裁判長)で開かれた。 弁護側は殺意を否定し、保護責任者遺棄 致死罪の適用を主張。 検察側は控訴棄却 を求めて結審した。 判決は12月5日に 言い渡される。 この日は被告人質問も行われ、下村被 告は亡くなった2人について「今までも これからも愛している。 こんな母親でも 見守っていてほしい」と述べた。 また、弁護側は弁論で「被告人には幼 少期の虐待のトラウマで、困難に陥ると 自動的に意識が他に飛んでしまう傾向が あり、子供らが餓死するとまで認識でき なかった」と指摘した。 25歳母親、幼児2人放置し餓死 2審結審へ 大阪高裁 2012. 24 11:25産経新聞 大阪市のマンショ ンに幼児2人を放置 し餓死させたとして 殺人罪に問われ、一 審で懲役30年と なった母親の元風俗 店店員、下村早苗被 告(25)の控訴審 公判が24日、大阪高裁(森岡安広裁判 長)で開かれた。 検察、弁護側双方が弁 論し、結審する予定。 下村被告はこれまでの公判で「2人を 放置することが危険だという認識はな かった」と殺意を否定し、殺人罪は成立 せず保護責任者遺棄致死罪にとどまると 主張。 検察側は控訴棄却を求めている。 1審大阪地裁判決によると、下村被告 は2010年6月9日ごろ、大阪市西区 の自宅マンションで長女、桜子ちゃん (3)と長男、楓君(1)=いずれも当 時=が衰弱しているのを認識。 必要な食 事を与えなければ死亡すると分かりなが ら部屋に放置して帰宅せず、同月下旬ま でに餓死させて殺害した。 「殺意ない」2幼児餓死、母親の控 訴審初公判 読売新聞 9月12日 19時59分配信 大阪市西区の自宅マンションに長女( 当時3歳)と長男(同1歳)を放置、餓 死させたとして殺人罪に問われ、1審・ 大阪地裁の裁判員裁判で懲役30年の判 決(求刑・無期懲役)を受けた母親の下 村早苗被告(25)の控訴審初公判が1 2日、大阪高裁(森岡安広裁判長)であ った。 弁護側は「殺意はなかった」とし、殺 意を認定した1審判決は誤りだとして刑 の軽減を主張し、検察側は控訴棄却を求 めた。 弁護側は、下村被告が幼少期に受けた 虐待などの影響で、育児などの不安を意 識から締め出してしまう傾向があり、心 神耗弱か喪失の状態だった、と主張。 続く被告人質問で、下村被告は「(放 置は危険という)認識はなかった」と述 べ、日々考えていることを問われて「今 は、子どもに申し訳ないという気持ちが 一番大きい。 どうやって生きていけば2 人が見守ってくれるのか」などと、時折 涙ぐみながら話した。 今年3月の1審判決によると、下村被 告は2010年6月9日、居間の扉に粘 着テープを張って衰弱した長女の桜子ち ゃんと長男の楓 かえで ちゃんを閉じこめ 、玄関に鍵をかけて外出。 同月下旬に2 人を餓死させた。

次の