ウルグアイ 国歌 少年。 【動画】ウルグアイ国歌斉唱少年は誰?青木創太がスクラムユニゾンでウルグアイ国歌斉唱!

【動画】ウルグアイ国歌斉唱少年は誰?青木創太がスクラムユニゾンでウルグアイ国歌斉唱!

ウルグアイ 国歌 少年

スポンサーリンク 青木創太くんのプロフィール 青木創太くんのプロフィールを調べてみました。 名前 青木創太(あおきそうた) 年齢 8歳 在住 東京 習い事 川崎市ラグビースクール 青木創太くんについて調べてみましたが、特に詳しい情報はありませんでした。 また何か新しい情報が入れば追記していきます! 青木創太くんの国歌斉唱のキッカケが素晴らしい! 青木創太くんがマスコットキッズに応募したキッカケは、 友達にラグビーを知らない子が多く、僕がラグビーやW杯の面白さを伝えたいと思ったそうです。 その一心から、選手と一緒に入場するマスコットキッズに応募。 世界を感動させたウルグアイの国家斉唱は、わずか1ヶ月の間に動画を見てスペイン語を覚えたそうです! そしてこの試合でW杯でのウルグアイは16年ぶりの勝利を掴んでいます。 これは感動しますね・・・! マスコットキッズとは? 青木創太くんが務めたマスコットキッズとは、ラグビーの文化や伝統、そして情熱や誇りを次の世代へ引き継ぐ子供たちのことです。 オーディションの中から見事マスコットキッズに選ばれた青木創太くんは、今回のウルグアイ国歌斉唱で堂々とたくましくみんなの心にラグビー魂を届けたことでしょう! 世間の反応もアツい! 青木創太くんのウルグアイ国歌斉唱に対して、みんなの反応をまとめました。 ウルグアイがランク上位のフィジーに勝利 16年ぶりの勝利に喜びを爆発させる観客。 ウルグアイ国歌斉唱の際に国歌を全力で歌うキッズが話題になってましたね。 — 海 童 XenotimeY 当たり前のように泣けました 日本男児の心意気 東京の8歳がウルグアイ国歌斉唱 「素晴らしい」と反響(朝日新聞デジタル) — Y! 8歳とは思えない行動力と心意気には尊敬の意を表しますね。 最後に 今回の青木創太くんのウルグアイ国歌斉唱は、W杯の公式ツイッターでも「素晴らしい瞬間」として紹介されています。 青木創太くんはW杯の歴史に感動を残しましたね! 素晴らしいニュースでした!! 感動!ラグビー応援歌「ビクトリーロード」に関する記事はこちら!.

次の

東京の8歳がウルグアイ国歌斉唱 「素晴らしい」と反響

ウルグアイ 国歌 少年

マスコットキッズの青木創太くんをFLガミナラ絶賛「初めての経験」 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は25日、岩手・釜石鵜住居復興スタジアムで行われたフィジー対ウルグアイで、格下とされるウルグアイが30-27で勝利する番狂わせが起きた。 東日本大震災の被災地の釜石で行われた試合前には、両軍選手が並んで黙祷。 続いて行われた国歌斉唱で、ガミナラはうれしいサプライズにすぐに気付いた。 「マスコットキッドとして一緒に入場した少年が、僕たちのウルグアイ国歌を何も見ずに大きな声で一緒に歌ってくれたんだ。 何度も国際大会でプレーしてきたが、こんなサプライズは初めての経験。 最後に思わず腕を回して抱きしめてしまったよ。 彼の歌声も今日の勝利に向けて大きな後押しをしてくれた。 本当にうれしかったよ」 試合が終わった後もまだ驚きを隠せない様子のガミナラは、聞き慣れないウルグアイ国歌を覚えてくれた少年に感謝の言葉を紡いだ。 この感動のシーンは、大会公式ツイッターやインスタグラムでも紹介され、大きな話題となっている。 感動を巻き起こした少年は、東京都の8歳・青木創太くん。 本大会のワールドワイド・パートナーを務めるランドローバーが公募し、706人の中から選ばれたマスコットキッズ69人のうちの一人だ。 青木くんは応募動画の中で「キャプテンや選手の名前を覚えて楽しく観戦したいです。 オーストラリアとウェールズの試合を見に行くので、両チームの国歌を覚えて大きな声で歌いたいです」と宣言していたが、観戦しにいく2チームだけではなく、担当するウルグアイの国歌もしっかりとマスター。 ラグビーというスポーツをきっかけに、着実に国際交流の輪が広がっている。

次の

ラグビーW杯ウルグアイ番狂わせ国歌全力斉唱の8歳は誰、なぜ一緒に歌う?

ウルグアイ 国歌 少年

この日の為に 言葉が分からない歌を一生懸命練習したと思うと更に感動しますね。 これはウルグアイの選手も嬉しかったと思います。 ウルグアイアンセムフルバージョン ウルグアイ国歌「Himno Nacional de Uruguay」🇺🇾🎵 — ラグビーワールドカップ rugbyworldcupjp ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は25日、大会6日目を迎え、岩手・釜石鵜住居復興スタジアムではフィジー対ウルグアイが行われた。 被災地の釜石でのW杯初戦で、話題を呼んでいるのはキックオフ前の国会斉唱での一幕だった。 ウルグアイ側のマスコットキッズがウルグアイのアンセムを全力で熱唱。 大会公式が動画付きで脚光を浴びせ、「アメージングな瞬間」と称えている。 復興の象徴、釜石のスタジアムに、野太い声に交じって元気な歌声が響いた。 ウルグアイの国歌斉唱。 キャプテンのフアンマヌエル・ガミナラの前に立ち、肩を抱かれながら、声を張り上げるのは一人のマスコットキッズだった。 ウルグアイの国歌をきちんとマスターしてきた様子で、アンセム「Himno Nacional de Uruguay」を力強く歌い切った。 ガミナラも嬉しかったのだろう。 「よくやった」と頭をポンポンと叩き、少年と笑顔を交わし合った。 国籍も年代も乗り越えた、ラグビーがもたらした美しい瞬間だった。 大会公式インスタグラムでは国歌斉唱の瞬間を動画で公開し、「ウルグアイ代表のマスコットキッズがともに国歌斉唱、アメージングな瞬間」と題して脚光を浴びせている。 またツイッター上でもこのシーンは感動を読んだ様子で、ファンからは「だめだ、もうこれだけで涙が出てくる」「国歌歌ってた少年は大したもんや」「マスコットキッズに選ばれてから覚えたのかな。 凄いね!」などと驚きつつも、少年を称える声が上がっていた。 会場に駆け付けた日本のファンが、自国以外の国歌を歌うシーンが度々クローズアップされ、海外の賛辞を呼んでいるが、この少年ファンの熱唱もまたウルグアイの選手の心にも強く響いたことだろう。 引用:THE ANSWER 東日本大震災の被災地・釜石で初めて開催されたW杯は、世界ランキング19位のウルグアイが同10位のフィジーを破る番狂わせを起こし、白星スタートを切った。 1試合30得点はW杯初勝利を挙げた99年大会スペイン戦の27点を抜く、同国のW杯最多得点記録となった。 フィジーは初戦のオーストラリア戦に続いて2連敗。 ウルグアイを上回る5トライを挙げながらも、パスミスと再三ゴールキックを外したことが響き、対ウルグアイでは4試合目で初黒星となった。 日本人マスコットキッズのアンセム全力熱唱により、選手たちが鼓舞されたのかもしれませんね。

次の