桜 を 見る 会 反 社会。 「桜を見る会」に反社会的勢力か 「とてつもない闇の世界」 野党ヒアリング詳報

「桜を見る会」に反社会的勢力か 「とてつもない闇の世界」 野党ヒアリング詳報

桜 を 見る 会 反 社会

野党ヒアリング終了後、記者の質問に答える黒岩宇洋衆院議員(右から2人目)ら=国会内で2019年11月27日午後3時7分、江畑佳明撮影 首相主催の「桜を見る会」を巡る問題で、立憲民主や国民民主、共産、社民の野党追及本部は27日、政府事務局側と警察庁にヒアリングを行った。 会に反社会的勢力が参加していた疑惑について、菅義偉官房長官は26日の記者会見で「把握していなかったが、結果として入っていたのだろう」などと発言したため、野党は厳しく追及。 ヒアリングはこれまで公開されていたが、今回は「機微に触れる問題」(黒岩宇洋衆院議員)として非公開だった。 冒頭と、終了後に行われた記者への説明での主なやり取りは以下の通り。 反社会的勢力を決して許さない。 徹底的に封じ込めて社会からなくすこと、これが私たちの目指すものだ。 昨日、官房長官が(反社会的勢力の出席を)半ば認める発言をしているが、忸怩(じくじ)たる思い、「絶対にあってはならない」「うそではないか」という思いだ。 桜を見る会には皇族の皆様、各国大使、要人の皆さん、そして功労のあった皆さんがお見えになっている。 その場に反社会的勢力、反社会勢力とつながりがある人がいただけで、とんでもないと思う。 日本国の信用、社会の信用を回復するためにも、私たちは徹底的に追及する。 黒岩宇洋衆院議員(立憲民主) 反社会的勢力の参加に加え、詐欺まがいのマルチ商法かと言われている人物への招待状への発送と、さらに深刻な闇深いステージに突入してしまった。 我々は大変、危機感を覚えている。 今日は警察庁にも来てもらっているが、今回は機微に触れる問題なので、このあとはクローズという形で、忌憚(きたん)なく警察庁から暴対法と反社会勢力に対する取り締まりの見識を聞きたい。 我々もこの問題にどう対応していくか、考えて追及していく。 <終了後の記者への説明> 黒岩議員 まず警察庁に、暴対法、暴力団排除についての具体的な取り組みについて聞いた。 「徹底的に排除している」という趣旨の話だった。 今回、昨日官房長官が認めた、反社会的勢力が入っていたという事実認識について、内閣府は「同じ認識です」とし、内閣府として認めた。 警察庁は「名簿の提出を受けていないことから、参加者を把握できていない」とした。 また「反社会的勢力が入っていたとなると、個別の事案になるので、この場ではお答えできない」とのことだった。 我々は、内閣府が何らかの調査をすべきだと思うが、調査するかどうかについて一切答えない。 反社会的勢力の参加は2週間前から、インターネットや報道、我々の指摘から出されていた。 内閣府は11月21日の(参院内閣委員会での)杉尾秀哉議員(立憲民主)の指摘で、初めて反社会的勢力の参加を知った。 それから1週間。 当然、警察に相談すべきことなので、相談をしたのかと聞くと、「全くしていない」と。 「国民に対してどういう思いか」と尋ねたが、残念とも、遺憾とも言うわけでもなく、「仮にそれが事実であればよろしいことではないと思う」。 当事者意識のない、人ごとのような対応だった。 再来年度以降、改めて(桜を見る会を)開催すると聞いているが、とてつもない闇の世界にまで陥っていることへの責任など、全くもって垣間見られないことが大変残念だ。 記者 内閣府は認めたとのことだが、確認の根拠についての説明はあったのか。 黒岩議員 具体的にはなかった。 田村智子参院議員(共産) 「官房長官の発言がすべて」と言って、読み上げただけ。 「そういうご指摘を受けたから」程度。 記者 今後どういう視点で追及していくのか。 黒岩議員 さまざまな情報が寄せられつつある。 具体的な名前とか、ここではつまびらかにいえないが、そういった情報提供を警察にもしながら。 (実態解明は)主催者に一義的な責任がある。 立法府として相当強く要請していく。 記者 (マルチ商法を展開して破綻し、特定商取引法違反容疑で家宅捜索を受けた)「ジャパンライフ」は反社会的勢力と認識しているのか。 田村議員 事実上そうだと私は思っている。 詐欺まがいの行為を繰り返してきたから。 黒岩議員 行政処分を受け、家宅捜索も受けた。 まだ罪については確定していないので、我々が予断を持って判断しないほうがいい。 「反社会的勢力」の定義についても、暴対法にいうところの暴力団、構成員、または準構成員という、これは狭義かもしれないが、これをもって反社会的勢力と認識しているので、チームとしてはこういうことで対応する。 記者 今日は警察庁の担当者に、疑惑となっている写真などを具体的に見せて認識を問うたのか。 黒岩議員 そうだ。 個別事案については、彼らは捜査機関なので答えられない。 記者 反社会的勢力が入った理由について説明はあった? 黒岩議員 ない。 山井和則衆院議員(無所属) 驚いたのは….

次の

桜を見る会 閣議決定 菅義偉官房長官 反社会的勢力の定義は困難と回答

桜 を 見る 会 反 社会

安倍昭恵夫人と半グレリーダーA氏が握手 昭恵夫人とツーショット写真を撮影した半グレのリーダーについてFLASHは次のように報じています。 彼らが利用するのは、 半グレグループのリーダーであるA氏が、 安倍昭恵首相夫人(57)とがっちり握手をしている写真だ。 「A氏とその取り巻きは、 石垣島では有名な半グレグループです。 この写真を見せられたのは、 今年(2019年)、 A氏が『桜を見る会』に参加した直後でした。 政治家との人脈を誇示するために、 昭恵夫人との写真を仲間の半グレや取引先にばらまいているのです」 (B氏) A氏とは何者なのか。 彼を知る会社社長は、こう話す。 「もともとは、 大阪の格闘技団体の代表だった人物です。 「彼は、『大阪の半グレ集団の初代トップ』といっていい存在でした。 凶暴さで有名でしたが、 大阪で暴力団関係者と揉めて、 沖縄に逃げたと聞いています」 (前出・社長) (2019年12月11日配信) 上記の通り、A氏は石垣島を拠点に活動する半グレのようです。 ちなみに、A氏は昭恵夫人だけではなく菅官房長官とも記念写真を撮っていいます。 一体、このA氏とは誰なのでしょうか? 世間の反応 安倍が隠蔽せず、証拠隠滅せず、 安倍が招待した客の名簿を出せばいいだけの話。 自分の身が潔白なら自分が招待した客の名簿を出せるはず。 なぜ出さないのか? だせない理由でもあるのか? この会には税金が使われてますが、 まさか自分のお友だちや自分の支持者、 有権者を税金で会に招待などしてないでしょうね? 何万という人が参加する桜を見る会で、 一人一人の身辺を調査して認識するのは不可能だと思うけど、 この人は、一国の総理夫人にしては これまでの言動も今回の言動に関しても少し脇が甘い気がする。 安倍昭恵は私人、 反社定義できないと勝手に閣議決定したもんね。 私人の安倍昭恵にも多額の税金が注がれてるし、 税金で行う桜を見る会では安倍昭恵枠があったそうだが… これの宣伝をOKと政府が黙認するのかね? 安倍は約200日以上の予算委員会審議拒否と7年間以上の記者クラブでの会見拒否… 逃げて、責任転嫁せずに説明責任に答えろ。 『税金』を使っているくせに 領収証、名簿、データなど証拠となるものはありませんで通ること自体がおかしい。 国民が納税した『税金』なのに、 政治家は自分たちの財布と勘違いをしている。 一般企業だったら税務調査入って即アウトなのですが… いいですね、公務員は。

次の

「桜を見る会」問題 左派野党が騒ぐ「反社」って誰? ネットの情報頼りに追及する危うさ (1/2ページ)

桜 を 見る 会 反 社会

野党ヒアリング終了後、記者の質問に答える黒岩宇洋衆院議員(右から2人目)ら=国会内で2019年11月27日午後3時7分、江畑佳明撮影 首相主催の「桜を見る会」を巡る問題で、立憲民主や国民民主、共産、社民の野党追及本部は27日、政府事務局側と警察庁にヒアリングを行った。 会に反社会的勢力が参加していた疑惑について、菅義偉官房長官は26日の記者会見で「把握していなかったが、結果として入っていたのだろう」などと発言したため、野党は厳しく追及。 ヒアリングはこれまで公開されていたが、今回は「機微に触れる問題」(黒岩宇洋衆院議員)として非公開だった。 冒頭と、終了後に行われた記者への説明での主なやり取りは以下の通り。 反社会的勢力を決して許さない。 徹底的に封じ込めて社会からなくすこと、これが私たちの目指すものだ。 昨日、官房長官が(反社会的勢力の出席を)半ば認める発言をしているが、忸怩(じくじ)たる思い、「絶対にあってはならない」「うそではないか」という思いだ。 桜を見る会には皇族の皆様、各国大使、要人の皆さん、そして功労のあった皆さんがお見えになっている。 その場に反社会的勢力、反社会勢力とつながりがある人がいただけで、とんでもないと思う。 日本国の信用、社会の信用を回復するためにも、私たちは徹底的に追及する。 黒岩宇洋衆院議員(立憲民主) 反社会的勢力の参加に加え、詐欺まがいのマルチ商法かと言われている人物への招待状への発送と、さらに深刻な闇深いステージに突入してしまった。 我々は大変、危機感を覚えている。 今日は警察庁にも来てもらっているが、今回は機微に触れる問題なので、このあとはクローズという形で、忌憚(きたん)なく警察庁から暴対法と反社会勢力に対する取り締まりの見識を聞きたい。 我々もこの問題にどう対応していくか、考えて追及していく。 <終了後の記者への説明> 黒岩議員 まず警察庁に、暴対法、暴力団排除についての具体的な取り組みについて聞いた。 「徹底的に排除している」という趣旨の話だった。 今回、昨日官房長官が認めた、反社会的勢力が入っていたという事実認識について、内閣府は「同じ認識です」とし、内閣府として認めた。 警察庁は「名簿の提出を受けていないことから、参加者を把握できていない」とした。 また「反社会的勢力が入っていたとなると、個別の事案になるので、この場ではお答えできない」とのことだった。 我々は、内閣府が何らかの調査をすべきだと思うが、調査するかどうかについて一切答えない。 反社会的勢力の参加は2週間前から、インターネットや報道、我々の指摘から出されていた。 内閣府は11月21日の(参院内閣委員会での)杉尾秀哉議員(立憲民主)の指摘で、初めて反社会的勢力の参加を知った。 それから1週間。 当然、警察に相談すべきことなので、相談をしたのかと聞くと、「全くしていない」と。 「国民に対してどういう思いか」と尋ねたが、残念とも、遺憾とも言うわけでもなく、「仮にそれが事実であればよろしいことではないと思う」。 当事者意識のない、人ごとのような対応だった。 再来年度以降、改めて(桜を見る会を)開催すると聞いているが、とてつもない闇の世界にまで陥っていることへの責任など、全くもって垣間見られないことが大変残念だ。 記者 内閣府は認めたとのことだが、確認の根拠についての説明はあったのか。 黒岩議員 具体的にはなかった。 田村智子参院議員(共産) 「官房長官の発言がすべて」と言って、読み上げただけ。 「そういうご指摘を受けたから」程度。 記者 今後どういう視点で追及していくのか。 黒岩議員 さまざまな情報が寄せられつつある。 具体的な名前とか、ここではつまびらかにいえないが、そういった情報提供を警察にもしながら。 (実態解明は)主催者に一義的な責任がある。 立法府として相当強く要請していく。 記者 (マルチ商法を展開して破綻し、特定商取引法違反容疑で家宅捜索を受けた)「ジャパンライフ」は反社会的勢力と認識しているのか。 田村議員 事実上そうだと私は思っている。 詐欺まがいの行為を繰り返してきたから。 黒岩議員 行政処分を受け、家宅捜索も受けた。 まだ罪については確定していないので、我々が予断を持って判断しないほうがいい。 「反社会的勢力」の定義についても、暴対法にいうところの暴力団、構成員、または準構成員という、これは狭義かもしれないが、これをもって反社会的勢力と認識しているので、チームとしてはこういうことで対応する。 記者 今日は警察庁の担当者に、疑惑となっている写真などを具体的に見せて認識を問うたのか。 黒岩議員 そうだ。 個別事案については、彼らは捜査機関なので答えられない。 記者 反社会的勢力が入った理由について説明はあった? 黒岩議員 ない。 山井和則衆院議員(無所属) 驚いたのは….

次の