盾 の 勇者 の 成り上がり 25。 TVアニメ『盾の勇者の成り上がり』

盾の勇者の成り上がり(アニメ)1期25話のネタバレ&感想考察!盾の勇者の成り上がり

盾 の 勇者 の 成り上がり 25

Contents• ラースシールド以外は警戒しないそうです。 しかし、敵のSPを吸収するソウルイーターシールドにグラスは反応します。 尚文はなぜグラスがソウルイーターシールドで怯んだのか考えいると、テリスとグラスは合成スキルを使って尚文達を攻撃してきます。 尚文はレベルアップのおかげで防ぐことができ、グラスは合成技で倒せなかった尚文への認識を改めます。 尚文はグラスがソウルイーターシールドに反応したことを確かめようと、グラスは尚文が担当し、ラルクとテリスはラフタリア達に任せます。 ラフタリアは憤怒の盾を使うのかと心配しますが、尚文は使わないためだと言います。 尚文とグラスは船の上に場所を変え、1対1になります。 「信頼しているのですね、仲間を…。 」 尚文はグラスもラルク同様、異世界の勇者なのか尋ねます。 「そうです。 私もまた波から大切なものを守る眷属器、扇の勇者。 参ります!」 陸ではラルクとテリスにラフタリアとフィーロ、メルティが戦います。 「やるじゃねぇか。 さすが、尚文の仲間だな。 「思ったとおりだ!」 グラスの弱点はソウルイーターシールドだとわかります。 「普通の人間ならSPが削られるだけだが、お前にとっては命を削られるのに等しいみたいだな。 勝負あった!お前が引けば波も収まるんだろ。 だったらここまでにしないか?」 「ここまで?否、この戦いはあなたと私、どちらかが死ぬまで終わらない。 終わらせられないのです!!!」 そう言いグラスは尚文に立ち向かって来ますが、尚文は再度ソウルイーターシールドで攻撃します。 「もうやめろ!これ以上やると死ぬぞ!」 「私は、この命がある限り、あなたを殺しに何度も挑むでしょう。 「皆、待っている。 多くの仲間が波と戦いながら私達の帰りを待っている。 だから絶対に負けられない!これで最後、勝負です、尚文!!!」 尚文はグラスの気持ちに圧倒されます。 そしてここまでして世界を守りたいのか考えます。 その隙にラルクはグラスにSP回復の薬を渡し、回復したグラスは尚文を攻撃し、尚文は後ろに飛ばされます。 そこにラフタリアが参戦してきます。 女王は尚文とグラスの戦いを見て、何か自分達にもできることはないか考えます。 その時、下に樹の従者が樽を抱え浮かんでいるのを見ます。 「これです!」 尚文の攻撃をなんとか防いだグラスは、ラルクとテリスに止められるも最後の攻撃を繰り出そうとします。 尚文はラフタリアに止められながらも憤怒の盾を使おうとします。 「俺は所詮よそ者だ。 波を退け終えた後、元の世界に帰るだけだから。 だが、ラフタリア、フィーロ、メルティ、この世界にはお前達がいる。 それだけでこの盾を使う理由になる。 グラスを倒す理由には充分なんだ!」 そう言い尚文はブラッドサクリファイスを繰り出そうとします。 「尚文様!!」 尚文は女王の声にハッとします。 そして樹の従者による風魔法で樽が上空に上がり、尚文はその樽を破壊します。 グラスは樽に入った酒の原料を全身に浴びます。 「どうも俺は、これくらいじゃなんともならない体質らしくてな。 どうする、まだやるか?」 グラスは酔いながらも戦いを続けようとしますが、ラルクとテリスがグラスの元へ来て、グラスを止めます。 「勝負あった、時間切れだ。 」 そう言い、ラルクはグラスを抱えます。 「じゃあな、尚文。 なんか呼びずれーな。 やっぱボウズでいいか。 」 ラルク達は波と共に消えるのでした。 世界と世界を守るために波と戦っている仲間のためたら命を差し出してもいい。 勇者として中途半端な気持ちではないことに尚文も再度、この世界を守りたいのかなど根本的に考えるきっかけにもなりましたが。 アニメは最終回ですが、今後別世界との勇者との戦いや、また知らないワードだったりと伏線が絡んでいます。 ただ沖の海が荒れているので、数日は観光で留まることになります。 しかし尚文は心が休まりません。 今回の戦いを通して、異世界でも波で戦っている人達がいること、そして波から世界を守るためには別世界の勇者を倒さなければならないことを知ります。 ラフタリアはメルロマルクに着いたら何するか尚文に尋ねます。 尚文は次の波に備えることを伝えますが、またグラス達と戦うことになった際、倒せるのか考えます。 また尚文は前にフィトリアから言われたことを思い出します。 どちらかの世界を犠牲にする。 そういうことなのか、フィトリア。 フィーロは海で身投げをした樹の従者リーシヤを拾います。 なんでも樹が大事にしているアクセサリーを全て壊したという冤罪をかけられ、樹のパーティーを追い出されたといいます。 リーシヤは将来を悲観して泣き叫びます。 尚文はこのまま冤罪をかけられたままでいのかと尋ねます。 リーシヤは自分が弱くて、役立たずだから仕方ないと言います。 「樹やお前を追い出した仲間を、見返してやろうとは思わないのか?俺は波で、お前に助けられたぞ。 」 「私が、盾の勇者様を?」 「みんなを助けたんだ。 その勇気があればお前は強くなれる。 」 尚文はリーシヤの肩に手を置き、自分達と共に行動するよう言います。 「他の勇者の仲間を育てるなんて、尚文も結構お人好しなのね。 」 「あいつらの仲間が使い物にならない奴ばかりじゃ、後々困るからな。 」 海に静かさが戻り尚文達や女王、他の勇者達はメルロマルクに帰る船に乗ります。 尚文は女王と次の波対策で、使い物にならない3人の勇者と再度話し合う必要があることを伝えます。 また女王は前回の教皇を倒した報酬は何か尚文に尋ねます。 「それなら1つ、思いついたことがあるんだが。 」 そう言いラフタリアを見つめます。 「全ては、盾の勇者様の仰せのままに。 」 メルロマルクに着き、尚文達は武器屋で装備を求めます。 武器屋はしばらくここにいるのか尋ねると尚文はすぐに経つことを伝えます。 武器屋は知っているようで、ラフタリアは追求しますが、尚文と共に話を逸らします。 「嬢ちゃん、あんた果報もんだよ。 また入り用になったらいつでも来てくんな!」 「尚文様、どうして目的地を教えてくれないんですか?」 尚文はそこに女王がくれた報償があることをラフタリアに伝えます。 「その、尚文様は私たちとずっと…ん、潮の、香り?」 尚文が向かっていた目的地はラフタリアの故郷でした。 「やっぱり尚文って、人が悪いわねぇ。 」 そこにはメルティもいました。 ラフタリアは何がなんだか分からないようです。 「メルロマルク国女王の名代として、第2王女メルティ・メルロマルクがセーアエット領亜人自治区の自治権を盾の勇者、尚文岩谷様に引き渡すこと、ここに宣言します。 」 困惑するラフタリアに、尚文がセーアエットの領主になることを報償として女王から貰ったことをラフタリアに言います。 また尚文は海辺にラフタリアを連れていき、漁業を住民に教えてほしいことを伝えます。 場所を今度は違う建物に移すと、中にはババアや薬屋、魔法屋が中を整頓していました。 2人は屋上に上がります。 「この調子ならあっという間に再建できそうだな。 」 「どうして。 」 尚文は前々から波で壊れたラフタリアの村を波に対抗する自分達の象徴に。 また新兵を徴収して勇者同等の力を蓄え、そうすればと話を続けようとしますが、ラフタリアは尚文のマントを掴み遮ります。 「こんなのまるで、尚文様がいついなくなってもいいように準備しているみたいじゃないですか!」 ラフタリアの目には涙が浮かんでいました。 ラフタリアは次の波が来たって絶対に退けるから尚文を絶対に死なせないことを伝えますが、波が終われば元の世界に帰ってしまう。 「尚文様がいなくなっちゃ、そう考えただけで私…行かないで尚文様。 ずっとここにいて。 波が来なくなってもずっとここで私たちと一緒に!」 ラフタリアは尚文の足元に泣き崩れます。 尚文はようやくずっとラフタリアが考えていたことに気づき謝ります。 「以前の俺は、たしかに迷っていた。 けど今は違う。 だからここに来たんだ。 ここから始める。 波との戦いも新しい仲間探しも、全部ここからだ。 ラフタリアと出会ったから、俺は波と戦う意味を見いだした。 フィーロやメルティと出会ったから仲間のために戦おうと決めた。 他にも大勢の人達に会って俺は盾の勇者として守っていこうと思えたんだ。 だからここが出発点だ、そして俺たちが帰る場所だ。 これからも俺の剣として力になってくれ、ラフタリア。 」 ラフタリアは尚文に抱きつき、尚文もラフタリアを抱きしめます。 「あー、お姉ちゃんずるーい、ご主人様フィーロもー!」 フィーロの声に尚文は顔を赤らめます。 扉の向こうでは皆が聞いていたようです。 フィーロは尚文に抱きつきメルティも誘いますが、メルティは顔が赤くなり拒否します。 「いくよー、それぇー!」 キールの声で盾の旗が上がります。 「リファナちゃん見てる?村にまた私たちの旗が上がったよ。 」 ラフタリアは涙を流します。 尚文は思い出します。 ラフタリアと出会って間もない頃、お子様ランチの旗を。 「尚文様。 」 「あぁ。 ラフタリアの故郷の復興、そしてラフタリアの想いと尚文がここで暮らしていくという決意が分かり、成り上がりからのスタートがようやくここまで来たって感じです。 あとリーシヤがなぜか途中からよく出てくると思ったら、こういうことだったんですね。 でも仲間に引き入れる尚文の考え方はどこか経営者のような。 盾の勇者:岩谷尚文/石川 界人• 奴隷の少女:ラフタリア/瀬戸 麻沙美• フィロリアル:フィーロ/• 剣の勇者:天木 錬/松岡 禎丞• 槍の勇者:北村元康/高橋 信• 弓の勇者:川澄 樹/•

次の

『盾の勇者の成り上がり』第25話(最終回)「盾の勇者の成り上がり」感想・作品情報まとめ[ネタバレあり]│Hi.アニ!

盾 の 勇者 の 成り上がり 25

グラスとの戦いの決着は… 扇を持った女性・グラスと戦う尚文。 グラスはテリスの宝石を用いた魔法との合成技でも尚文を倒せないことで、尚文の実力の認識を改めた模様。 SPを吸収するソウルイーターシールドにやけに警戒したグラスを見て、何かを思いついた尚文。 ラルクとテリスはラフタリアたちに任せ、尚文はグラスを誘いだし一騎打ちの状態に。 グラスはラルクたちと同じ異世界の勇者で、扇(おうぎ)の勇者とのこと。 ちょっと勇者の数が多すぎやしませんかねぇ…。 複数の盾のコンボで、ソウルイーターシールドでグラスのSPを吸い取ることに成功した尚文。 普通の人相手に使うとSPを吸い取るだけだが、グラスは体力も吸い取られる模様? ということで優勢となった尚文が休戦を申し出るも断るグラス。 元の世界を救うためにやけに必死になってるみたいだけど、尚文を倒したら救われる世界ってどういう理屈なのよ…。 「この世界を救いたいなら私を倒せ」 とのグラスの言葉に尚文が同様している間に、ラルクから薬を受け取り回復するグラス。 この世界を救う本当に理由が見つからなかった尚文も、ラフタリアの言葉で気付いた様子。 グラスの最後の一撃に対し、自身を犠牲にする覚悟でラースシールドに切り替える尚文。 この世界を救う為、というよりは、ラフタリア・フィーロ・メルティを救う為に覚悟を決める尚文、なかなか熱い。 発動者自身も瀕死となるブラッドサクリファイスを発動させようとした瞬間、メルロマルク女王の指示によってルコルの実が詰まった樽が投下。 ルコルの実全身にを浴びた尚文とグラス。 酒に対して耐性がある尚文だが、グラスはすっかり酔ってしまって、戦闘力はガタ落ち状態。 尚文のお酒強い設定は、これの為の伏線だったのか…。 尚も戦う様子のグラスをラルクとテリスが止めに入り、3人は元の世界に戻った模様。 波も無事終わったけど…槍・剣・弓の勇者の3人はマジで何もしてねぇ…。 新たな仲間、ゲットだぜ! 波も終わり、カルミラ島でゆっくりと過ごす尚文たち。 ラフタリアはイチャつきたい様子だけど、グラスたちや別の世界のことを考えて心休まらない尚文。 プライベートでも仕事のことが忘れられない、社畜の素質があるぜ! と尚文たちが道を歩いていた頃に海から救いあげられた『リーシア』 声:原 奈津子(はら なつこ)さん リーシアは弓の勇者・樹のPTの仲間だったが、PTを追放されたことで将来を悲観して身投げしたとのこと。 ふえぇ~ばかり言いすぎてウザがられたのかな? と思ったら、リーシアが追放された理由は『冤罪』 樹のアクセサリーを壊されたと疑われたらしいけど、波で活躍出来たのはリーシアだからと他の仲間に妬まれたと尚文は推測。 こんな可愛い子を追放するだなんて勿体ない! まぁ戦闘力も弱いらしいから、仕方ないっちゃ仕方ないか…。 尚文「波で俺はお前に助けられた。 その勇気があればお前は強くなれる」 と優しい言葉をかける尚文、あーこれはまた惚れられちゃいますね。 まぁこんな優しくされたら落ちちゃうのもわかりますわ。 尚文の女の子の落とし方は正統派って感じで悪くない。 強さを誇示してるだけでポンポンと女の子がよってくる、そこらのラノベ主人公とは違うぜ! ということで新たなPTメンバー、ゲットだぜ! やっぱラフタリアが正妻なんだなって 天気も収まり、カルミラ島を去る尚文たち。 剣の勇者・錬は相変わらず船の柱にしがみついてるぜ…。 メルロマルク女王に教皇討伐と波を退けた褒章の希望を問われ、何かを思いついた尚文。 ラフタリアには秘密にしたままある場所へ向かう尚文たち一行。 これはきっと…。 尚文たちが到着した場所は…ラフタリアの故郷かな? 現地ではすでにメルティが待機中。 ということで尚文が貰った褒章とは、ラフタリアのような亜人たちの領地の領主となること。 村には尚文が以前薬で救った、格闘術のBBAもいるぜ! フィーロの服を作るために手伝ってもらった魔女っ子お婆ちゃんやら、皆もいるじゃねーか! どうやら尚文が領主になると聞きつけて手伝いに来た様子、最初の頃じゃ考えられないほどの人望だ。 ラフタリアの故郷を拠点にして、勇者と同等の戦力を鍛えようと嬉々として話す尚文。 しかしラフタリアは苦しそうな様子…。 尚文がいなくなった世界のことは考えられねェ!と子供のように泣くラフタリア。 序盤の尚文が精神的にやられてた頃はラフタリアがママみたいに見えたけど、今じゃすっかり尚文がパパみたいだなぁ。 しかし尚文は以前と違い、この世界に留まり盾の勇者を全うする覚悟の様子。 尚文の言葉と説得にラフタリアは感激してキス…してたかな?これ。 丁度いいところにフィーロたちがやってきてよくわかんなかったぜ…。 まぁ尚文が顔を赤らめてたし、きっとしてたな! ということで新たな出発点を迎えた尚文。 盾の勇者の物語はこれからだ! そしてエンディングが流れながら、他の人たちの様子は…。 弓の勇者・樹はどうしようもねーな!今のところこいつが一番クズじゃないか! 剣の勇者・錬は、尚文を上と認めて鍛練に励んでいる様子、よしよし。 槍の勇者・元康は、ヴィッチが尚文をボロクソにいうも、ヴィッチをなだめて領地に遊びに行ってやるかとの発言。 まぁ少しは成長したかな…? といったところで、幸せそうな尚文とラフタリアのショットで〆! 上手くまとまったけど、グラスたちやらの別の異世界の問題が片付いてないし、ぜひアニメ2期も待ってるぜ! アニメ 盾の勇者の成り上がり 25話 最終回 感想まとめ 第25話「盾の勇者の成り上がり」の📺放送はすべて終了しました。 — TVアニメ『盾の勇者の成り上がり』 shieldheroanime 以上、アニメ 盾の勇者の成り上がり 25話 最終回 の感想でした。 仲間の手助けによってグラス撃退、やっぱり仲間は頼りになるぜ! 褒章の内容にラフタリアは深読みしすぎて一度は悲しい表情を見せるも、満足したようでよかったなぁ。 『盾の勇者の成り上がり』は最初から最後までおもしろいアニメでした。 とくに序盤のラフタリアママには随分と泣かされちまったぜ…最終回の尚文パパの言葉にもちょっと泣きそうになっちゃっいました、危ねぇ危ねぇ。 原作はまだまだ続きがあるということで、ぜひアニメ2期もやってほしいですね!.

次の

盾の勇者の成り上がりの最新刊(23巻)の発売日はいつ?内容やネタバレを予想してみた

盾 の 勇者 の 成り上がり 25

あのシーンはどっちともとれる…。 真面目な話、私はしたと思う。 彼の手の位置と、終わった後の赤面を見てくれ。 redditの反応 79 points 皆のリアクションを見ていると「キスしてた」と言いたくなるな。 メルティも顔を赤くしていたし、大人たちも笑顔だった。 redditの反応 75 points ラフタリアの耳の角度から見ても、してないと思う。 redditの反応 54 points もししてたら、ラフタリアはもっと顔を赤らめていたと思う。 どっちにしろ、あえて議論の余地が残るような見せ方をしたんじゃないかな。 redditの反応 49 points 多分してた。 俺の中では100%してたことになってる。 顔を赤らめる尚文を見るのは初めてだ。 正直なところ、この最終話の60%はアニメオリジナルだね。 あまり楽しめなかったみたいだ。 これからは尚文と一緒なわけだし、彼女にとって物事が良い方向に向かうことを願ってる。 Lecia-chan on top of a barel! HWEH redditの反応 96 points 酔っぱらったグラスは俺たちにとっての祝福。 redditの反応 10 points グラスとアルコールはセットで語られるもの。 彼女の名前はこの瞬間のための伏線だった? スポンサーリンク redditの反応 225 points 敵だとしても、ラルクは素晴らしい兄貴だ。 もし2期があるなら彼とグラスをもっと見たい。 redditの反応 54 points シーズンを終わらせるにはいいタイミングだったと思う。 満足できる終わり方だし、いけそうなら続ける余地も十分にある。 redditの反応 195 points :D くっついたね! redditの反応 184 points このエピソードのサウンドトラックはとても良かった。 redditの反応 170 points どうやら尚文は文化的勝利に一段と近づいたようだ。 redditの反応 158 points 良いアニメと言えるかどうかは分からないけど、毎週の盾の勇者を楽しまなかったと言えば嘘になる。 尚文、ラフタリア、フィーロのトリオはいくら見ても飽きない。 2期を望む。 何よりこの三人をもっと見たいんだ。 redditの反応 103 points ショーの後半は確かに弱かった。 だけど最初の14話ぐらいと最後の3話は間違いなくグレートだったと思う。 redditの反応 102 points リーシアの加入はちょっと端折ったね。 (漫画バージョンの方がずっと良かった) とはいえ、全体としてはグレートなシーズンだったと思う。 redditの反応 62 points このエピソードが波の後に注目してくれて嬉しい。 ラフタリアの住んでいた村とその復興を目指す尚文。 その調子だ! redditの反応 103 points このショーの殆どのパートは楽しめたけど、間違いなくアップダウンがあった。 ラフとフィーロのために見る価値はあったけどね。 2期のドアは大きく開いている。 そして私はストーリーの続きが見たい! redditの反応 56 points オーケー、どうやらラノベを読むときが来たようだ。 redditの反応 59 points メルロマルクの女王の最後の出番が完全にキュートなスマイルだった。 スポンサーリンク redditの反応 82 points フーム。 盾の勇者は異世界転生したオタクから始まって、冤罪をかけられ王国への復讐に燃える怒りの人に変わる。 そして途中からは完全なハーレム主人公になった。 この360度のターンを見よ。 360度だと同じところに戻ってきてしまう。 redditの反応 10 points 最後の3勇者の様子を見るに、 樹は相変わらず傲慢。 元康は不思議とOKな印象。 寛大な心を持てとか言っている。 そして錬だけがもっと訓練を積む必要性を痛感している。 問題はあるけど、やっぱり彼が一番マシだな。 redditの反応 43 points 終わってしまって悲しい。 とても楽しかった。 redditの反応 37 points 錬はバルーンと戦うことで強くなろうとしている。 それは違法だ。 redditの反応 4 points ランチに旗を立てるシーンに戻る演出が大好き。 MALの反応 少なくともキスシーンの1つも見せて欲しかった…。 そうしたら、今夜はぐっすり眠れるのに。 MALの反応 他の3勇者のこの作品での扱われ方がとても悲しい。 確かに彼らは自分本位な愚か者だし、目を覚ますためにはきついレッスンが必要なのかもしれない。 だけど彼らを完全な役立たずのコミックリリーフとしてしまうのは、シリーズ全体にとっても良くないと思うんだよね。 尚文を視聴者に応援してもらいたいなら、このやり方は上手くないと思う。 MALの反応 このエンディングはとてもスイート。 そしていい気分にさせてもらえた。 ただ全体としてみると、シリーズの着地点にがっかりしたな。 MALの反応 キスだったのかハグだったのか、いまだわからない:D MALの反応 原作だと亜人の村の領主になるのを望んだのは尚文じゃないんだよね。 女王が彼に褒美として与えたんだ。 MALの反応 今年の最初のエピソードで、史上もっとも憎たらしい女の子と可愛らしいタヌキが登場したのをまだ覚えている。 6ヵ月も共にしたこのアニメにお別れを言うのは辛い…。 シーズン2が必要。 引用:reddit, MAL, 4chan MALスコアは8. 24 かなりさわやかなエンディングでしたね。 尚文とラフタリアのあのシーンへの反応がとても多かったですw 私も含めて、2期を望む声も多そうでした。

次の