ベネフィット カフェテリア ポイント。 ベネフィット・ワンとANAセールスが新サービスを開始 ベネポやカフェテリアポイントで『ANAダイナミックパッケージ旅作』の購入が可能に

「Kyash」が福利厚生サービス大手「ベネフィット・ワン」と連携ベネポとカフェテリアポイントから「Kyashギフトコード」へ交換開始|株式会社Kyashのプレスリリース

ベネフィット カフェテリア ポイント

こんにちは、FIRE目指して副業中のひこすけ です。 この時代にはもはや自慢でも何でもないですが、一応東証一部上場企業に勤めています。 このページではそんな僕の会社の事例を交えつつ、このページではカフェテリアプランの具体的な使い道を公開していきます。 若手社会人の方や大学生には聞き慣れない言葉かもですが、 「カフェテリアプラン」という福利厚生を導入している企業があります。 弊社にもカフェテリアプランが存在し、付与されるカフェテリアポイントの中から自分の好きなプランを選んで福利厚生を受けることができます。 …と言われても正直どんなシステムなのか?何に使えるのか?よく分からないですよね。 ネットで検索してみても漠然とした感じの内容しか書いてありません。 そこで今回は、実際に僕が活用しているカフェテリアプランの使い道を公開しますので、みなさんの参考にして貰えればと思います。 YouTubeでも解説してますので、流し聞きにどうぞです! もくじ• カフェテリアプランとは 分かりやすく2行で解説すると、• 企業がそれぞれの福利厚生プランを用意する• 従業員は決められたポイント内で福利厚生を選択して使用できる といった仕組みです。 福利厚生の一環ですね。 由来 「カフェテリアプラン」という名前の由来は「カフェのように好きなメニューを選ぶ様子」とのことで、カフェで使える福利厚生という訳ではありません。 運営元 カフェテリアプランは基本的に外部企業に運営を委託しており、ポイントの管理やプランの準備などは運営元と皆さんの企業が連携して実現されています。 主なサービス提供企業はこちら。 ベネフィット・ワン• JTBベネフィット• リロクラブ カフェテリアプランの支給額・ポイントはいくら? 僕の場合 カフェテリアプランの存在は分かったけど、結局いくら得するの?と疑問に思いますよね。 まず僕のカフェテリアプランの支給額を公開すると、年間『 6万円分』の福利厚生が受けられます。 これはそのまま、 『6万円』が貰えると思ってほぼ問題ないです。 何もしてないのに年間6万円貰えるってめちゃくちゃ良くないですか? サラリーマンはこうした福利厚生が素晴らしいですよね。 実質年収が上がったようなもんですし。 その他の会社の場合 カフェテリアプランで付与される金額(ポイント)は企業によって異なります。 弊社は6万ですが、僕が転職フェアに行った時に聞いた話だと、ある企業は7万円分付与されると説明されてました。 その他にもネットで調べてみると1万円や10万円の企業も出てきますし、 企業によって金額はマチマチです。 こういう隠れた部分に力を入れている企業は他の部分も太っ腹な可能性があるので、転職サイトなどで確認してみると良いです。 無料登録すると適職診断や性格診断も受けられるので結構使えますよ。 転職フェアでもカフェテリアプランなどの福利厚生の話も聞けることがあるので、僕が転職フェアに行った時の体験談も参考にどうぞ。 カフェテリアプラン・ポイントの具体的な使い道を紹介 支給額が分かったところで、次は具体的な使い道を公開していきます。 もったいないので、何に使えるかをしっかり調べて、全部使い切れるようにしましょう!• 福利厚生の種類は様々で、僕の企業ではこんな種類が準備されています。 食堂利用費の*%がキャッシュバックされる• 医療費の*%がキャッシュバックされる• プライベート旅行費が半額キャッシュバックされる• 引っ越し費用がキャッシュバックされる• 会社の部活動にかかる費用にあてることができる 僕は普段からよく飛行機を使って遊びに行くので非常に助かってます。 このように、基本的には「使用したお金を申請するとキャッシュバックされる」というプランが多いですね。 カフェテリアプランで福利厚生を受け取る具体的な手順 だんだんとカフェテリアプランが具体的に分かってきたのではないでしょうか? それでは実際に僕の会社で福利厚生(キャッシュバック)を受け取る際の具体的な手順を公開していきます。 ログインすると、• WEB上で申請が可能なもの• 総務へ領収書などの提出が必要なもの の2種類が出てきます。 食堂利用費の*%がキャッシュバック• 医療費の*%がキャッシュバック といったプランに関しては、WEB上で申請ボタンを押すだけで申請が完了します。 食堂利用費が反映されているので、最も簡単にキャッシュバックを受けることができますね。 メリットは高額な場合が多いので一気にキャッシュバックできるという点ですね。 キャッシュバックの場合は指定の振込日に給与口座に振り込まれます。 現物支給(チケットなど)の場合は総務などから渡されるか、郵送になるかと思います。 (私は使ったことがないですが) カフェテリアプランのポイントを限界までお得に使う方法 通常、我々がお金を得る時は基本的に税金を支払うようになっています。 もちろん給与に対しても「所得税」「住民税」など様々な形で課税されています。 カフェテリアプランも例外ではなく、通常は給与と同じような扱いになるので課税されることがほとんど。 ですが、この税金をできるだけ抑える方法があるんです!ちなみに僕は4年目にしてやっと気がつきました…。 もっと早く気が付きたかった…。 それは 「非課税のプランを選ぶこと!」 選べる福利厚生の中には 「課税」「非課税」の2種類が存在しています。 例えば僕の会社では「食堂利用費」や「医療費」のキャッシュバックが非課税の対象です。 したがってカフェテリアプランを限界までお得に使う方法は、 非課税プランを狙ってポイント消化する! が大正解ですね。 (このページで一番大事です) 僕が選んだおすすめのカフェテリアプラン・ポイントの使い道5選 それではカフェテリアプラン4年目の経験になる僕がおすすめする使い道を5つ紹介します。 おすすめの基準は 「非課税である」「手軽さ」「キャッシュバック額の大きさ」がポイントです。 例えばなにかの検診で10,000円かかったら、それを丸ごと現金として貰えます。 カフェテリアプランは企業が提供する 福利厚生• 従業員は 好きな福利厚生プランを選べる• できるだけ 非課税プランを選ぼう! 今回はイマイチぴんとこないカフェテリアプランについて、僕の会社での事例を公開してみました。 もちろん、企業やサービスによって内容は変わってきますので参考程度にどうぞ。 以上、カフェテリアプランの課税システムを知らずに損していて、非常に悔しいひこすけ でした。 皆さんがこれを読んでいただいて、損せずカフェテリアプランを使いこなせてもらえたらいいなと祈っております!(切実!!) また、 「もっと良い福利厚生の会社もあるんじゃね……?」 と思ったら 転職サイトで調べてみるのもアリです。 僕がそうでしたが、他の会社の情報を調べると視界が広がって考え方も変わってくるので、ぜひ調べてみてください。 \転職情報を探せるミイダスはこちら/.

次の

福利厚生「ベネフィット・ワン」のポイントをKyashギフトコードに交換可能に

ベネフィット カフェテリア ポイント

このページの目次• カフェテリアプランとは カフェテリアプランとは、 従業員に一定額の補助金(ポイント)を支給して、従業員はその支給されたポイントの範囲内で用意された福利厚生メニューを選択・利用できる福利厚生の運営形態のひとつです。 従業員は一律の福利厚生を享受するのではなく、自分に必要な福利厚生のメニューを自発的に選択するスタイルがカフェテリアプランです。 カフェテリアプランの歴史 カフェテリアプランは、もともと1980年代に米国で広まった制度です。 そして、1995年にベネッセコーポレーションによって日本で初めて導入されました。 現在の日本でカフェテリアプランの導入企業が増加している背景には、以下の2つの時代背景が密接に関連しています。 従業員のライフスタイルやニーズの多様化 仕事と家庭の両立、共働き世帯の増加に伴い、従業員のライフスタイルやニーズが多様化しています。 多様化に対応できていない従来の画一的な福利厚生制度では、従業員の経済的支援とモチベーションを高めるという福利厚生本来の目的を果たせなくなりつつあります。• 非正規待遇の改善 同一労働同一賃金の実現に伴い、正規従業員と非正規従業員のあいだで均等な待遇(公平な福利厚生制度の提供)をしていく必要性が高まっています。 従来の福利厚生の場合、さまざまな年齢、ライフステージの違い、多様なライフスタイルが存在しているにもかかわらず、一律の福利厚生制度を利用するか利用しないかという選択肢しかありません。 これでは利用できない(利用できるものがない)従業員にとっては不公平感のある制度です。 その点、カフェテリアプランであれば付与されたポイントを使って従業員一人ひとりが自分に合った福利厚生メニューを選択できるため、そういった不満は少なくなります。 今後、多様化はさらに進むことが予想されますので、カフェテリアプランへの注目はより高まっていくでしょう。 カフェテリアプランの平均付与ポイントと単価設定 1人あたり年間配分額 63,130円 ポイント単価 100円(全ポイント一律) 30. 労務研究所が発行している旬刊福利厚生No. ポイントの単価設定は1ポイント=一律100円と設定している企業が30. 4%と最も多く、次いで一律1円、一律1,000円と続きます。 また、選択する福利厚生メニューによってポイント単価が変動する優遇単価方式を採用している企業は42. 0%でした。 どのようなメニューに対して単価を優遇するかは企業側が決定でき、そのメニューの利用促進につなげられる効果があるため、優遇単価方式を採用する企業は増加傾向にあります。 ポイントの使い方 カフェテリアプランで付与されたポイントの使い方は簡単です。 企業が導入しているシステムによって多少の違いはありますが、用意されている会員サイトにログインし、利用したい福利厚生メニューを選択すればOKです。 選んだメニューの内容によって、必要な手続きをおこないます。 メニューの利用によって所持ポイントが消化されます。 また、電話での受け付けが可能なカスタマーセンターを用意している企業もあります。 カフェテリアプランのメリットとデメリット ここからは、メリット・デメリットという側面から、カフェテリアプランをより深く掘り下げていきます。 メリット カフェテリアプランの代表的なメリットは、以下の4つです。 福利厚生費の総額が管理しやすい• 従業員への公平性を保った福利厚生が実現できる• 主体的に福利厚生を意識・選択できるので従業員の満足感が増す• 企業のメッセージを伝えることができる 順番に、詳しく説明します。 1.福利厚生費の総額が管理しやすい カフェテリアプランでは従業員一人ひとりに対して一定のポイントを事前に付与するため、かかるコストが明確になります。 2.従業員への公平性を保った福利厚生が実現できる 福利厚生を充実させるといっても、それらの福利厚生メニューが必ずしも自社の従業員すべてのニーズを満たしているとは限りません。 その結果、用意されているメニューを積極的に利用する従業員と利用しないあるいは利用できない従業員とに分かれます。 利用しないあるいは利用できない従業員には不公平感が生まれてしまい、全体として福利厚生に対する従業員の満足度は高まりません。 自社の従業員の属性やライフスタイルなどを加味して独自にメニューをカスタマイズしたカフェテリアプランであれば、上記のような不公平感は多少なりとも解消されます。 またカフェテリアプランであれば従業員のポイント利用状況を参考にして、メニューの見直しを図ることで、不公平感を解消するアクションをとることができます。 3.主体的に福利厚生を意識・選択できるので従業員の満足感が増す これまでの福利厚生は、どちらかというと企業から従業員に「与えられた」ものでした。 カフェテリアプランは、自分でポイントを使って能動的に福利厚生メニューを選択して利用することで自主性が尊重されるため、従業員の満足度は高まります。 4.企業のメッセージを伝えることができる カフェテリアプランは企業理念や自社の従業員に合わせて企業独自の制度を設計していくため、制度に企業のメッセージを込めやすくなります。 従業員に対して「こういう福利厚生制度を用意している」ということがイコール企業のメッセージになります。 また、付与されたポイントは使わなければ消滅してしまうため、従業員はいやがおうでも自社の福利厚生制度に触れる機会が増えます。 ポイント消化は、企業メッセージが伝わっている証拠です。 デメリット 一方で、カフェテリアプランには以下のようなデメリットも存在します。 手間とコストがかかる• 単年度精算方式の場合は従業員から不満が出ることもある• 課税か非課税かが一律でない こちらも、ひとつずつ詳しく説明します。 1.手間とコストがかかる 企業がカフェテリアプランを運営するには、それなりに手間とコストがかかります。 ポイント管理システムを自社内でうまく構築できたとしても、それを管理するためには人手と費用がかかります。 さらに年月が経てば従業員の要望も変わっていくため、柔軟に対応してシステムを変えていく必要もあります。 そういった手間とコストを負担と感じる場合は、後ほど紹介する福利厚生代行サービスの利用がおすすめです。 2.単年度精算方式の場合は従業員から不満が出ることもある 未消化のポイントを翌年度に繰り越しできない単年度精算方式を採用している企業が多いため、従業員は付与されたポイントをなんとしても使わなければならない、もしくは使いきれずにポイントが期限切れで消滅するという状況になることがあります。 これが従業員の不満につながることがあります。 ちなみに、単年度精算方式を採用している企業の割合は、59. 単年度精算方式はポイント管理が簡便になるため、多くの企業が採用するのも理解できますが、次年度に繰り越せないことが従業員の不満につながるリスクがあることも認識しておきましょう。 2267「特集2018年版民間企業・団体70事例カフェテリアプランの配分額、メニューと利用実績」 3.課税か非課税かが一律でない カフェテリアプランを導入する際に注意しておかなければいけないのが、この課税 or 非課税問題です。 実は、カフェテリアプランで設定できる福利厚生メニューには、課税対象になるものと非課税扱いのものが混在しています。 したがって、内容に応じて課税か非課税かを判断しなければならないという面倒さがあります。 カフェテリアプランの課税・非課税はどう決まる? カフェテリアプランのポイントに対する課税か非課税かに関しては、国税庁が下記の見解を示しています。 従業員に付与されるポイントについては、現に従業員がそのポイントを利用してサービスを受けたときに、その内容に応じて課税・非課税を判断するものとして差し支えないと考えられます。 引用: ただし、企業の福利厚生費として課税されない経済的利益とするためには、役員・従業員にとって均等なものでなければならないことから、役員・従業員の職務上の地位や報酬額に比例してポイントが付与される場合には、カフェテリアプランの全てについて課税対象となります(所得税基本通達36-29)。 引用: 課税されない経済的利益は企業から現物給付の形で支給されるものに限られますので、ポイントを現金に換えられるなど換金性のあるカフェテリアプランは、その全てについて課税対象となります。 引用: 上記の内容は、以下のようにまとめられます。 カフェテリアプランのポイントは、利用内容に応じて課税・非課税を判断する• 地位や役職によって付与するポイントが変化する場合は、課税対象となる• 換金性のあるメニューは、課税対象となる 換金性のあるメニューとは、金券やギフト券、映画チケットなどの購入補助のことです。 参考: こういった分かりやすい費用補助のメニューは課税対象となりますが、同じ費用補助でも健康診断や医療費の補助などは非課税対象となる場合もあります。 福利厚生代行サービスを利用してカフェテリアプランを導入する際は、上記の課税・非課税の取り扱いについてしっかりと説明を受けたうえで導入メニューを決定してください。 カフェテリアプラン代表的なメニュー 一般的に、カフェテリアプランとして導入される代表的な福利厚生メニューとして、以下のようなものがあげられます。 住宅:家賃補助、住宅融資利子補給 など• 財産形成:財形貯蓄奨励金、持株会奨励金 など• 育児:育児関連費用補助 など• 介護:介護関連費用補助 など• 生活支援:社員食堂・食券利用補助、子ども教育費用補助 など• 余暇支援:宿泊・旅行費補助、チケット・イベント・レジャー施設利用補助 など カフェテリアプランを導入している企業が採用している 福利厚生メニュー数の平均は、1社あたり27. 2267「特集2018年版民間企業・団体70事例カフェテリアプランの配分額、メニューと利用実績」 そのすべてがまんべんなく利用されているわけではなく、従業員のポイントの使い道には差があります。 よく使われるメニューと使われていないメニューの差に従業員のニーズが垣間見えます。 それでは、どのようなメニューがよく使われているのでしょうか。 ポイント消化率の高い人気メニュー データ出典: ポイント消化率が高い人気メニューは、以下の3つです。 社員食堂・食券利用:199. 宿泊・旅行費用:167. 財形貯蓄奨励金:166. ポイント消化率の低いメニュー カフェテリアプランの中には、企業側が採用するものの従業員に使われていない(ポイント消化率が低い)メニューも存在します。 ポイント消化率の低いメニューは、以下の3つです。 介護用品購入:0. 引越しサービス利用:0. 海外勤務者のサービス利用:0. 参照: 1人あたりの利用件数は平均3. 2件 データ出典: 従業員1人あたりが利用する福利厚生メニューの数は、平均3. 2件でした(2018年)。 ここ数年減少傾向にありますが、ポイント消化率が減少しているわけではないため、厳選したメニューを継続して利用していることが伺えます。 6%でした。 (同団体加盟企業1,720社のうち回答企業625社が対象) カフェテリアプランは運営費用などの面で従業員数規模が大きいほうがスケールメリットを活かしやすいこともあって、導入企業の84. 6%が従業員1,000人以上の規模です。 ただし、だからといって大企業のみがカフェテリアプランを導入しているというわけではありません。 500人未満の企業も8. 7%存在しています。 カゴメ(従業員数規模 1,000-1,999名)• ベネッセコーポレーション(従業員数規模 2,000-2,999名)• 日本オラクル(従業員数規模 2,000-2,999名)• シスメックス(従業員数規模 2,000-2,999名)• 東急電鉄(従業員数規模 4,000-4,999名)• 島津製作所(従業員数規模 4,000-4,999名)• 帝人(従業員数規模 4,000-4,999名)• 東洋インキSCホールディングス(従業員数規模 5,000-9,999名)• オリンパス(従業員数規模 5,000-9,999名)• 阪急阪神百貨店(従業員数規模 5,000-9,999名)• 雪印メグミルク(従業員数規模 5,000-9,999名)• 日立製作所(従業員数規模 10,000名以上)• 三菱UFJ銀行(従業員数規模 10,000名以上)• マツダ(従業員数規模 10,000名以上)• SUBARU(従業員数規模 10,000名以上)• 日本製鉄(従業員数規模 10,000名以上) 次にカフェテリアプランを自社で運営している企業紹介です。 【自社運営している企業例】• 河村電器産業(従業員数規模 1,000-1,999名)• 日本ペイント(従業員数規模 1,000-1,999名)• 山九(従業員数規模 10,000名以上) カフェテリアプランに関しては、外部に委託をすることで運営するうえでの業務負荷とコストを大幅に削減することが可能になるため、アウトソーシング(外部委託)を選択する企業が多数派です。 カフェテリアプランを外部に委託するメリット データ出典: カフェテリアプランの導入・運営をアウトソーサーに委託している企業は多いです。 2018年の統計によると、1,590団体がカフェテリアプランの運営をアウトソーサーに委託しています。 2014年から毎年増加しています。 その理由は、アウトソーサー(福利厚生代行サービス企業)を利用することで、以下のようなメリットを得られるからです。 運営をするうえで煩雑となるオペレーションの手間を削減できる• 企業ごとの課題を分析し、適切な導入メニューの相談ができる• ヒアリングに基づく制度の設計・構築を任せられる 自社でカフェテリアプランの導入・運営をする場合、「そもそもどのような福利厚生メニューを導入するか」「どのような制度構築をするべきか」という点をゼロから決めていくことは、非常に困難です。 各種の書式を用意したり、ルール決めをするもの知見がないと難しいでしょう。 何より、実際に運営開始からのオペレーションが非常に煩雑となるため、想定以上の業務負荷と人的コストがかかってしまいます。 その点アウトソーサーは他社事例や運営ノウハウを数多くもっているため、似たような経営課題であれば前例をベースに福利厚生メニューや制度を検討することができます。 またアウトソーサーがもつ既存のシステムでカフェテリアプランの管理・運営ができるため、システムをゼロから構築する必要がありません。 時間的コストは大幅に削減できます。 さらに運営開始後のオペレーションも任せられるため、運営にかかる人的コストも削減できます。 パッケージプランとの違い 福利厚生代行サービスを利用して福利厚生を導入・運営する際、カフェテリアプランと並んで人気なのがパッケージプランです。 パッケージプランとは、 福利厚生代行サービス企業が提供している福利厚生パッケージサービスのことです。 さまざまな種類の福利厚生メニューがパッケージ化されていて、ホテルの宿泊料金や映画館の料金など、複数の施設の特典があらかじめまとまって用意されているプランです。 カフェテリアプランよりも比較的低コストで導入でき、あらかじめパッケージ化されているため、準備にそれほど時間がかかりません。 導入が比較的容易ということもあり、導入する企業は多いです。 その反面、メニューがパッケージになって決まっているため、カフェテリアプランのように企業独自のカスタマイズはできません。 パッケージプランプランが向いている企業 パッケージプランに向いているのは、以下のような企業です。 できるだけ予算をかけずに福利厚生を充実させたい• 導入前にメニューの検討や運営方法の検討に時間をかけたくない• 導入後の運営に手間をかけたくない• 幅広く選択肢が多い、包括的な福利厚生を従業員に提供したい こういったニーズがある企業は、パッケージプランの導入を検討することをおすすめします。 「あったらいいな」で終わらせない。 福利厚生の導入・充実 従業員満足や人材確保につながる福利厚生。 関心はあるが、コスト面や業務負荷の面であきらめている。 そんな方は必見!「」に福利厚生充実のヒントがありますので、是非ご覧ください。 カフェテリアプランが向いている企業 一方、カフェテリアプランに向いているのは、以下のような企業です。 福利厚生の利用率を高めたい• 従業員間の不公平感を解消したい• 従業員みずから選択できる福利厚生を提供して、満足度を高めたい• 福利厚生費の管理を簡単にしたい• 企業独自のイロがある福利厚生で、企業メッセージを伝えたい こういったニーズがある企業は、カフェテリアプランの導入を検討することをおすすめします。 カフェテリアプランにおすすめの福利厚生アウトソーサー4選 最後に、カフェテリアプランの導入・運営委託におすすめの福利厚生代行サービス企業を、4社紹介します。 これから紹介するアウトソーサーは、どこも導入企業の理念を理解しながら第三者の視点で制度設計をしてくれ、複数社の運営実績があるので設計から運営、見直しまで安心して任せることができます。 ちなみにカフェテリアプランを外部委託する場合の導入手順は、以下の通りです。 福利厚生代行サービス企業に問い合わせ• コンサルティングによる福利厚生の現状分析• 最適なプランやメニューの提案• 提案をもとにカフェテリアプランの制度設計• 運営開始• 定期チェックや次年度に向けて制度改定 特にカフェテリアプランはパッケージプランと比較して、運営開始前の2~4にかなりの時間を要します。 今月から検討をはじめて来月からすぐにカフェテリアプランを導入する、ということはできません。 検討しているのであれば、早めの相談がベストです。 リロクラブ|業界のパイオニア 総合福利厚生パッケージ「福利厚生俱楽部」をはじめとする福利厚生サービスを提供するリロクラブ。 1993年にサービスを開始して福利厚生アウトソーシング業界のパイオニアとなった企業です。 カフェテリアプランの利用申請については、2018年1月からペーパーレス化を開始しています。 申請はWebサイトから、領収書はスマートフォンで撮影した画像での代替が可能になり、利用者の利便性向上により利用率アップが見込まれています。 ポイント付与による新型報酬制度「インセンティブプログラム」のサービスも始めています。

次の

福利厚生「ベネフィット・ワン」のポイントをKyashギフトコードに交換可能に

ベネフィット カフェテリア ポイント

・ベネフィットワン(Benefit One) ・リロクラブ(RELO CLUB) ・カフェテリアプラン この3つです。 分類すれば、 ベネフィットワンとリロクラブはやや似通ったサービス、最近増えているカフェテリアプランはそれとは少し趣を異にしたサービスです。 ベネフィット・ワンとリロクラブ 基本的なサービス まずは、ベネフィットワンとリロクラブ、これら同分類に仕分けることのできるサービスから紹介します。 これらは、 基本的には配布された会員カードを掲示してサービスを受けるタイプのものです。 (最近はスマートフォンを利用した会員カード) 多くはお会計時に会員カードを掲示することで、 割引を受けることが出来ます。 例えば、スーツの購入時に、カフェでコーヒーを飲む時に、カラオケボックスで、などなど。 これらサービスの受けられる店舗は、多くの場合、 共通していることが多いです。 つまり、ベネフィットワンでも、リロクラブでも、 同様のサービスを受けることが出来る。 ただし、 一部には片方のサービスのみを導入している店舗もあります。 例えば私がよく利用しているコメダ珈琲では、ベネフィットワンは導入しておらず、リロクラブ会員のみ大きなサイズのコーヒーを通常サイズの価格で購入することが出来ます。 きっちり比較したわけではありませんが、 おそらくベネフィットワンの方が使える店舗は多いような気がします。 一応ベネフィットワンが福利厚生サービスの 最大手らしく、使用できる店舗も規模に応じて多くなっている、ということなのでしょう。 やや特殊なサービス 会計時に会員カードを掲示する以外にも、幾つかのサービスがあります。 例えば、映画館の割引チケットです。 これは、事前に割引チケットを特設サイトで購入し、実際に映画を鑑賞する際にそのチケットを利用する、というスタイルのもの。 割安な価格で映画を鑑賞できる一方で、事前購入の手間や有効期限があること、また最近はインターネットでチケットを購入することも多いなど、 なかなか割引率のわりには利用しにくいサービスです(笑) またお祝い制度のようなものもあり、ある資格を取得したら、子供が生まれたら、など一定の条件を満たした上で申告すると、商品券などのお祝いが受けられる、というサービスです。 あまりこのお祝いサービスを有効に活用している知り合いはいませんでしたが、 きっちり把握して自己申告すれば必ず適用されるはずですので、マメな人であれはお得かも。 上記サービスに関して、映画館の割引チケットはベネフィットワンもリロクラブも備えていますが、お祝い制度はベネフィットワンだけかと思います。 リロクラブにもお祝い制度はあったかもしれませんが、リロクラブと比較すると、取るに足らないレベル感だったかと。 ベネフィットワン VS リロクラブ 正直、使用できる店舗の違いは多少ありますが、この両サービスを比較すると、 圧倒的にベネフィットワンが勝ります。 また、両サービスともに言えることですが、基本的には割引を受けられるサービスを把握しつつ、自己申告的に会員カードを掲示しなければなりません。 店員から、 「このようなサービスの会員ではありませんか?」 のような問いかけは一切受けられないものと思った方が良いでしょう。 面倒くさがりの人にとっては、あまりお得に使用できないサービスかもしれません。 いざこれらのサービスを導入している会社で働くとなれば、一度、特設サイトを覗いてサービスの種類を確認した方が良いでしょう。 カフェテリアプラン 基本的なサービス 最近、企業で導入が進んでいるカフェテリアプランですが、そのサービス内容はベネフィットワンやリロクラブとは 全く異なります。 期初にカフェテリアポイントなるポイントを付与され、これらのポイントを利用することで一定のサービスが受けられたり、買い物が出来るというもの。 Amazonや楽天から何でも購入できるというわけではなく、 特設サイトに利用できるサービス、利用できるショッピングサイトが掲載されており、その中から選んで使用します。 福利厚生という名前に相応しく、 やや健康に偏った内容となっており、ジム利用や健康増進グッズの購入がメインと、かなり利用する人を選びます。 ただ、それだけ聞くと敬遠してしまいそうですが、 ショッピングサイトの中に東急ハンズが含まれていたり、旅行会社が含まれていてツアー代金に充当できたりします。 私は、以前に東急ハンズのサイトでマニフレックスのマットレスと枕を購入したことがありますし、友人の多くはツアー代金の充当に使用しています。 それ以外は、薬の購入とかでしょうか。 利用時の注意点 カフェテリアポイントの利用には幾つか気にしておきたい点もあって、その1つが 購入価格です。 クレジットカードのポイント交換よろしく、全て定価購入となるため、ポイントを利用するので財布に優しいとは言え、Amazonや家電量販店と比較すると価格がかなり高めです。 そのため、マニフレックスなど店舗で購入してもあまり割引を受けられないような商品は、価格差が少ないため人気があったりします。 また、 利用できるサービスの幅が狭いことからポイントを使い切れない友人も多く見受けられます。 無限に将来に繰り越されるわけではなく、 期限があるということも念頭に置く必要があります。 (私の会社は毎年6万5千ポイントが付与され、2年間は繰り越されます。 ) 失効だけはしないように、気をつける必要がありそうです。 ベネフィットワン・リロクラブ VS カフェテリアポイント 最後に、ベネフィットワンとリロクラブの会員カードタイプのサービスと、カフェテリアポイントのポイントタイプのサービスを比較します。 これは、とてもシンプルです。 もしサービスを使い尽くせるならば、利用上限のない会員カードタイプがお得です。 カフェテリアポイントは、一定のポイントが付与されるタイプですので、毎年サービスを受けられる上限が定められています。 それに比べて、ベネフィットワンとリロクラブには利用制限はなく、場合によっては毎日複数回利用しても全く問題ありません。 また、サービスを展開している方向性も両サービスでは異なっており、 日常的なサービスが多いのはベネフィットワンとリロクラブです。 (例えば、スーツ購入、カフェ、カラオケボックス、映画館、居酒屋など) それに比べてカフェテリアポイントは健康増進に焦点を当てており、日常的に使用するのとは少し異なります。 (例えば、健康に関する書籍購入、薬の購入、健康グッズの購入、スポーツ用品の購入、ジム代・ツアー代金への充当など) カフェテリアポイントは、より現金に近い感覚で利用でき取りっぱぐれがなさそうですが、受けられるサービスはこのようにかなり偏っています。 むすび どのサービスが一番と断言することは出来ないのですが、基本的に、 京都大学経済学部を卒業後、NTTデータ系の会社でシステムエンジニアを経験、その後Big4の一角である大手監査法人にIT専門家として転職する。 仕事の効率にだけは自信があり、同じ量の仕事をしても人より早く終わる分、いつも暇そうに見られるのが悩み。 なお、スピードに品質を伴わせるのが長年の目標になっている。 関連する記事• 2018. 25 目次 1. はじめに2. 年齢を聞かれたら3. 名前を聞かれたら4. 効果はあるの?5. むすび はじめに ビジネスの世界において、 「重要な情報を先[…]• 2018. 29 目次 1. はじめに2. つまらない仕事を断る3STEP2. 本音の言える空気作り2. 仕事をする必要のない理由づけ2. 追加の付加価値提[…]• 2018. 09 目次 1. はじめに2. まずは購入した家電量販店へ3. 修理サービスカウンターの対応4. 家電量販店のサービスを問う5. むすび はじめに 私の愛用[…].

次の