ソルジャー グラブル クエスト。 【グラブル】めぼしいバレット一覧及び必要素材数【ソルジャー】

『グラブル』ソルジャーのバレット素材集め周回用クエストまとめ

ソルジャー グラブル クエスト

要求量が非常に多いものの、ドロップ数も多いのでがんばって集めましょう。 フルメタルジャケットやゴールドバレットの作成に大量に必要になります。 25章「ガロンゾの古き戦い」 25章フリークエスト「ガロンゾの古き戦い」で集めるのがおすすめ。 27章のフリークエスト「ガロンゾ労働賛歌」は、AP効率が悪いのでやらなくていいと思います。 砂レンガ 前述したフルメタルジャケットなどの作成に必要。 旧王都メフォラシュで手に入ります。 36章「砂レンガで小物作り!」 36章(123章)のところにあるフリークエスト「砂レンガで小物作り!」がおすすめです。 70章エピソード4では、古代布も一緒にドロップします。 バトルが1wave増えるのと砂レンガが1個しか落ちない場合もあるので 砂レンガだけを効率よく集めたい場合は「砂レンガで小物作り!」の方が良いと思います。 赤熱鉱 シェルバレットなどの元になる赤熱鉱は バルツ公国で手に入ります。 6章「幸運の手芸品を求めて」 6章フリークエスト「幸運の手芸品を求めて」はドロップ数が多く効率が良いです。 ただし SRキャラ限定クエストなのでSRキャラを育てていない人は 8章フリークエスト「特務官からの依頼」を回ると良いです。 赤熱鉱のドロップ効率は落ちますが、「原初の砂」も一緒にドロップするので原初の砂も欲しい人はこっちでもいいかも。 栄華の炎 栄華の炎はアイアンバレットやシェルバレットなど多くのバレットの素材として要求されるほか、リミテッドシリーズ武器のエデンの最終解放素材などにも必要になります。 帝都アガスティアで入手可能です。 61章「新兵器は機械の獣!?」 帝都アガスティアのフリークエスト。 バトル数が1しかないのでサラーサのグラゼロやディスペアー剣聖などで1ポチ周回が可能。 非常に時間効率は良いクエストです。 55章フリークエスト「帝国旅情」の方が若干ドロップ数も多いためAP効率は良いですが、3waveあるので 61章「新兵器は機械の獣」の方がおすすめです。 58章フリークエスト「パン屋さんとだっこ屋さん」は リキッドスチールもドロップします。 リキッドスチールもバレットの素材として要求されるので一緒に集めておくと良いです。 こちらは1日5回限定なので可能なら消化しておくと良いと思います。 リキッドスチール 59章「飛行兵器、襲来」 ゴールドバレットIIを作成してみてわかるコイツのヤバさ。 ドロップ数も少ない(1、2個ずつとか)ので正直下手したら一番しんどいかも。 リキッドスチールは帝都アガスティア59章にある「飛行兵器、襲来」がおススメです。 疲れた。 栄華の炎、リキッド・スチール、赤色火薬の原料、砂レンガ、古代布、原初の砂、赤熱鉱、真理の土。

次の

【グラブル】「キャンペーン限定クエスト」0ポチ編成を紹介!高速周回パーティを組んで効率周回!

ソルジャー グラブル クエスト

高速周回編成が組めるようになれば、0ポチ(攻撃ボタンを押すだけ)で周回できるようになるので、周回効率がグンと上がります! 0ポチ周回編成の組み方 ダメージは1回あたり上限3万まで 敵のHPは24万ですが、 どれだけ攻撃力が高くても1回のダメージで3万しか出せないようになっています。 つまり、何かしらの手段で 1ターンに8回攻撃をすれば倒せるということです。 連撃確定キャラを編成する ウーフとレニー、ヨダルラーハ、リヴァイ兵長のような トリプルアタック確定キャラや、 アルベール、レヴィオン姉妹、プレデターのような 連撃確定キャラを編成することで、攻撃回数を稼ぎます。 これが一番簡単。 属性毎に 連撃確定キャラを並べると8回攻撃を達成しやすいです。 極まってくると古戦場の肉集めやイベントクエストの周回でも応用できるスキルです。 (奥義を撃たないので硬直が少ないので高速周回に向いている) 編成例 余裕があれば「D・ビィ」や「アネモイの銀琴」などのボーナススキル武器を組み込みます。 肝になるのは赤丸のスキル。 ソルジャーの英雄武器「ジョン・ドゥ」のエンブレムスキルとリッチ杖「ブラック・アンド・ダークネス」の第二スキル(バリア)です。 これを編成できれば4回ダメージを撃てるので、 TA確定キャラを一人編成するだけで 残りは育成枠に回すことができます! 撃手の極み・天聖.

次の

【グラブル】闇ソルジャー天聖ジョン・ドゥの強い点・使用感・おすすめエンブレム

ソルジャー グラブル クエスト

先日のアップデートで実装された新ジョブ『ソルジャー』。 実際にクエストで使用している動画も掲載しています。 ソルジャーの性能 まずはソルジャーの性能をかいつまんで解説。 特殊タイプで得意武器は銃のみ。 取得には英雄武器「ネブカドネザル」の属性変更が必要。 サポアビ 『ウォーサバイバー』 メイン銃に込めたバレットに応じて通常攻撃に追加効果を得る。 これは下級ジョブのガンスリンガーと同じです。 バレットには例えば防御ダウン効果を持つものや、味方全体の属性攻撃UPをもつものなど、様々な種類があります。 プレイヤーによってカスタマイズが可能で、色を出しやすい要素です。 また、通常攻撃のダメージ上限が10%高いので、上限を出せる火力がある場合には強力。 基本威力が高いバレットを使用すれば、上限ダメージを出すのもそれほど大変ではなくなります。 単純に長期戦でつよくなる他、回避率UPはエンブレムの天聖 後ほど紹介 と相性が良いです。 どちらも火力UPの意味で強力。 アビリティを押すと、まずターン経過なしで確定TAをします。 その後攻撃ボタンを押しての通常攻撃でも確定TAをするので、運に左右されず大きなダメージと奥義ゲージ 70%以上 の回収ができる非常に強力なアビリティとなっています。 CTが4と短いのも優秀。 ただし、攻撃分の弾丸が残っていないと攻撃が中断されるので注意しましょう。 メイン武器をジョン・ドゥにしている場合は弾切れは基本ないので気にしなくてOK。 リミットアビリティ フルファイア 残弾が尽きるまで通常攻撃。 記入がないですが、これもターン経過なしで攻撃します。 例えば最大の6つ残弾があった場合は6回攻撃するので、開幕ヘルファイアを使用することにより奥義ゲージが100%までたまるため、ウェポンバーストのような感覚で使用することができます。 ポンバと違いこのフルファイアは通常攻撃6発分のダメージがある上に、各弾の追加効果もすべて使用することになるので、総合的に非常に強力なアビリティだと言えます。 よって、シヴァやブリッツバーストなどの攻撃大幅UPが乗るのは最初の3発分です。 フォーティチュード 5ターンの間• 自分の通常攻撃の与ダメージ10%UP 上限を突破• 逆境 HPが少ないほど攻撃UP• クリティカル確率UP 全て自分にしか効果がないものの、総合的な火力上昇幅はかなり大きく効果ターンも5ターンと長め。 ゲリーリャ 自分の• 回避率UP• 奥義ゲージ上昇量UP• 遊撃 回避成功時に敵に4回弱点属性ダメージ 全て効果は2ターン。 回避成功時のダメージは天司武器込みで約137万。 回避率UPは確実に回避できるわけではなく、奥義ゲージ上昇量UPはソルジャーにとって恩恵の小さいバフ効果。 効果ターンもCT5に対して2ターンと短いので、このアビリティは弱いと実際に使用してみて感じました。 ジョン・ドゥの性能 ソルジャーのみメイン武器で装備可能な英雄武器。 武器種は銃。 奥義『四宇和平』 追加効果として主人公の奥義ゲージ30%UPに加えリロード効果。 この奥義でのリロードが非常に有用で、ジョン・ドゥをメインで持っていれば弾が切れるという事態はまず起こらなくなるので、スムーズに戦うことができます。 逆にジョン・ドゥ以外の銃をメインでもつ場合は、CTの長い『バレットリロード』を使ってリロードするか、 リロードのために1ターン休む 攻撃不可状態 必要があるため、ダメージを出す速度が劇的に落ちます。 また、奥義ゲージ30%によって1アビやフルファイア使用でちょうど奥義ゲージが100%になるのも強力で、奥義回転率に大きな差が生まれます。 以上の2点がソルジャーと極めてかみ合っており、 ソルジャーを運用する場合はジョン・ドゥ必須です。 スキル1『撃手の賦性』 バレットの攻撃力UP。 これにより主人公の火力が若干高くなります。 ジョン・ドゥのおすすめエンブレム ジョン・ドゥの第二スキルとして、下記の3種類から任意のものを選択して付与することができます。 天聖…主人公がダメージを受けなかったターン終了時、4回弱点属性ダメージ• 魔獄…奥義発動時の残弾数に応じて自分に追撃付与 2ターン 英勇はそもそも主人公が戦闘不能になるようなクエストにはソルジャーで行かないと思うので論外。 天聖のダメージは天司武器込みで約120万。 頻繁に全体攻撃をしてくるような敵でなければ、クエスト中何度も発動するので総ダメージはかなりのものになります。 魔獄は残弾が最大の6の時で30%追撃。 0なら5%ほど。 よって魔獄もよほど特殊な編成や状況でない限り強くありません。 以上の理由から、ジョン・ドゥのエンブレムは 基本的には天聖がもっともおすすめです。 ただし、毎ターンのように全体攻撃をしてくる=主人公が毎ターンのようにダメージを受ける敵相手での使用を想定する場合は天聖はほとんど無意味になるので、魔獄にするのが良いです。 実際に使用しての感想 動画あり アポロンへソロで行ってきました。 使用キャラ・装備 ユーステス、黒騎士、ルドミリア。 主人公ソルジャー含め全員銃得意のオメガ銃パーティ。 黒騎士の敵対心UPによって主人公が被弾しにくくなるので、天聖のダメージが発動しやすくなります。 ユーステスの1アビのバフには回避率UPが含まれており、これを主人公に付与するとやはり天聖が発動しやすくなります。 主人公のアビリティはミゼラブルミスト、フルファイア、ゲリーリャ。 渾身ハデス編成。 オメガ銃の第二スキルはアビダメ上限をつけています。 天聖のダメージはアビダメ扱いなので、上限が1. 5倍になり相性が良いです。 エンハンスシェル、ヒールバレット、ハデスポイントが新バレットです。 フルメタルジャケットはゴールドバレットにしたいのですが、必要素材が膨大 鉄鉱石4000個以上、真理の土4000個以上etc… でもう少し時間がかかりそうです。 エンハンスシェルの与ダメージ上昇効果は固定で5万と強力。 ハデスポイントの全体闇属性攻撃累積UPは永続とこちらも強力です。 主人公の奥義回転率が高い 開幕or奥義後の残弾6でのフルファイア使用でゲージが100%までたまるので奥義が使用可能に。 討伐までの12ターン中6回奥義を使っており、実に2ターンに1回の割合で奥義を使えていました。 よって必殺武器とは相性が良いと思います。 また、この奥義回転率の高さは奥義ゲージ上昇効果ではなく通常攻撃を行ったことによって実現している点がポイント。 これはターン経過なしで通常攻撃 確定TA を行う2種類のアビリティによるもので、主人公1人でかなりのダメージ量を稼いでいるということになります。 手数が多いということでもあるので、追撃はぜひ主人公に付与したいところです。 天聖は発動すればかなりのダメージソースに 主人公が被弾しなかった場合に自動発動するダメージは、オメガのアビダメ上限を含めると1回で約200万に達します。 今回は討伐までの12ターン中9回発動。 合計で約1800万ダメージをこの天聖だけで稼いでおり、敵によってはダメージソースとして非常に優秀だと言えます。 パーティ全体に対する連撃補助は重要 ジョン・ドゥの奥義効果には連撃UP効果がないので、四天刃やオメガ武器をメインで持つ場合と違い、キャラクターや装備でパーティ全体の連撃率をある程度確保しないとシングルアタック連発といった非常にマズイ状況になりかねません。 よって、 ジョン・ドゥを作成する場合には、ある程度連撃確保の見込みがある属性にするのがおすすめです。 一方ソルジャーはとにかく確定TAと奥義の機会が多いので、主人公の連撃率を特別に補助する必要性は薄いように感じました。 もちろん連撃率が高いに越したことはありません。 ヒールバレットの回復力が高い ヒールバレットの全体再生の回復量は1000とそこそこの量があります。 バレットの回転率の良さから多くのターンを再生状態で戦うことになるため、総回復量はかなりのものとなります。 ただし、 ヒールバレットは威力が80と少し低い点には留意しておく必要があります。 攻刃スキルがない分火力低下に注意 ジョン・ドゥに限りませんが、英雄武器はスキルに攻刃を持たないため全体的な基礎火力は通常の編成に比べて低下します。 キャラやバレットでのバフで補助しないと、強さを実感しにくいでしょう。 強力なバフを持ったキャラがいる属性や、神石を運用している属性のジョン・ドゥを作成するのがおすすめと言い換えることもできます。 運用のハードルは高いがポテンシャルも高い ジョン・ドゥの作成が事実上必須なこと、特に強力なバレットは作成の際の素材集めが非常に大変なことを考えると、ソルジャーを 火力目的で 運用するハードルは全ジョブで見ても高いです。 一方、動画をご覧いただくとわかりやすいですが• 凄まじい火力を出す主人公• バレット効果で味方全体を強化• デバフや回復も可能 と潜在能力も高いのは間違いなく、実際に火力は十分に出せるジョブだと現時点では感じています。 また、他のジョブとは毛色が大きく異なるジョブで独特の使用感を持つので、気になっている場合は取得して使ってみると良いです。 guraburukouryakusinannjo.

次の