認知症 独り言。 私は独り言というか1人で誰かと会話してるかのような独り言を話してし

認知症 初期症状 独り言

認知症 独り言

環境や体験、気質による症状 約8割の人に、いずれかの症状があらわれる 症状 具体的な症例 多弁・多動 おしゃべりが止まらない・じっとしていない 暴言・暴力 突然怒り出す・攻撃的になる 排泄トラブル おもらしをする・便を手にとる 徘徊 あてもなく歩き回って帰れなくなる 食行動異常 過食・拒食・異食(食べ物以外のものを口に入れる) 昼夜逆転 夜になると興奮して大声を出す 幻覚 そこにないものが見えると言う 妄想 お金を取られたなどと思い込む 認知症の主な原因 「認知症」は、さまざまな病気により脳の働きが低下して起こる一連の症状をさす言葉で、病名ではありません。 認知症の原因になる病気は、一般にはアルツハイマー病がよく知られていますが、ほかにもたくさんあります。 病気によって症状のあらわれ方や治療方法などが変わるため、早めに診断を受けることが重要です。 認知症の原因になる病気 コラム認知症と遺伝 認知症が遺伝するかどうか心配されているかたも多いでしょう。 たしかに、現在の研究では、認知症の発症に関わる遺伝子がいくつかあることがわかっています。 しかし、家族が認知症であっても発症しない人も多く、発症したとしても、それが遺伝の影響である可能性は低いものです。 例えば「アルツハイマー型認知症」では、高齢になるほど発症率が上がることから、加齢の影響が大きく遺伝の影響は少ないと考えられます。 遺伝の影響があるとされる「若年性アルツハイマー病」でも、発症した人のうち遺伝が疑われるのは約1割、遺伝子の影響が明らかなのはさらにその半分程度といわれています。 認知症の発症にはいろいろな要因が複雑に関係しています。 認知症予防の観点から見れば、遺伝を心配して気分が沈んでしまうのは、よくありません。 毎日をいきいきと前向きに過ごし、予防に目を向けていきましょう。

次の

独り言がうるさい人は病気?その心理と対処法について

認知症 独り言

母の不審な独り言について(教えて下さい) : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 科学的根拠はまだ見つけられていません。 『独り言』を医学用語でなんというのかわかれば、より検索しやすいです。 (国内外の医学研究論文を検索する方法があります。 )私も興味がある分野なので調べてみたいところです。 二つの紹介したURLをご覧になるとわかりますが、独り言の内容で違ってきそうです。 推測ですが、自分の好きなことを言う独り言は、ルールに従った考える行為がないので頭を使う負荷は低いと思います。 しかし何かのルールに従って頭を使った結果、独り言を言っている場合には、頭を働かせることになるので、認知症にはなりにくいのかもしれませんね。 蛇足ですので、以下は参考にして下さい。 認知症は、脳及びその中の血管の抗酸化と血行をどのくらい良い状態にしてあるかで、進行具合が変わるようです。 それは以下の研究論文からの推測です。 1986年フランスや1996年ドイツの医学学会誌の発表では、非常に精製されたイチョウ葉エキスを多めに投与することで中軽度の認知症で、精神面や気分的面、短期間の記憶力・社交性・自己管理などなどで進歩が見られ、薬よりも副作用がない分よいという結果があります。 優れたイチョウ葉エキスは抗酸化効果だけでなく血栓予防や血管壁損傷予防なども判っているようです。 しかし優れたイチョウ葉エキスはなかなか見つかりません。 ということから、お父様の血液検査をしてみてどれだけドロドロ血かどうかの検査と、抗酸化力チェック(某企業で簡単にレーザーチェックができる)と、CTスキャナー検査をしてみてはいかがですか? 何も問題がないと判る方が、検査しないで進行してしまうよりもよいと思います。 私の独り言を言うので、回答しませんでしたが.... 仕事中に独り言を言う人達、周りにいっぱい居ますよー。 自分もその一人だったりするのですがね。 あは 笑 実家に居た学生の頃に、妹から「独り言がうるさい」って言われた事があります。 本人は、 当然ですが そんなつもりは全然なかったのですがねー。 でもですねェ、エンジニアとして就職した先では先輩達もブツブツ言っていたり していましたので、「あぁ、私だけじゃないんだなぁ」と妙に安心しました。 時々彼らは大きな声を出すので「話しかけられたかなぁ〜」と思って返事をしたら、 やっぱりただの独り言だったりして。 お互いに「???? 」となる事もしばしば。 突然鼻歌を歌いだしたりする人も居ますから、独り言位は可愛いもんですかね。 現在UKに出向していますが、やはりここでも独り言を言う人達は居ますよ。 基本的には皆無視しているのですが、時々ボソっと返したりしていますね。 何が面白い又は琴線に触れたのかは私はそこまでの英語力がないので分からない のですが、時々誰かの独り言が原因で大爆笑が起きたりしています。 と言う事で、独り言を言うだけならば何も心配は要らないと思います。 まぁそう言う訳で、あまり心配しなくてもいいかなぁと感じています。

次の

私は独り言というか1人で誰かと会話してるかのような独り言を話してし

認知症 独り言

【スポンサードリンク】 独り言が多いのは病気? 独り言が多いのは病気なのかと言えば、これは一概には言えませんが、病気ではない可能性が高いと言えます。 例えば何か考え事をしている時、つい独り言を言ってしまう人。 それから、嬉しいことや驚くようなことがあった時に、周囲に友人や知人がいなくても、独り言でその感想を漏らしてしまう人。 こういった独り言を言ってしまう人は、特に病気などではなく、周囲に言いたいことや自分の中に抱え込んでいることを出しているだけ、というパターンが大半です。 ただし、独り言くらいで病気を疑うのがおかしいかと言えば、そういうわけではありません。 実際に独り言を伴う病気というものもありますので、これにはしっかりと治療を受けていく必要があります。 例えば、アルツハイマー型認知症と言われる病気。 これは語彙が減ってしまうため、特に乱暴、あまりキレイではない言葉による独り言が増えてきます。 それから、トゥレット障害と言われる障害が原因で起こる独り言もあります。 このトゥレット障害というのは、チック症の1つで、音声や行動に関する症状が出てしまいます。 同じ言葉を無意識に、独り言のように何度も繰り返して言ってしまうような症状で、特に汚い言葉を使う場合は「汚言症」とも呼ばれます。 一見、精神疾患のように見える汚言症ですが、これは脳の活動以上が原因で起こる障害ということが分かってきています。 子供にもみられることがある症状ですので、何度も同じような独り言を繰り返す、一見、クセのように見える症状がある場合は、小児科や児童精神科を訪れてみてください。 薬などにより、ある程度治すことが可能というケースもありますので、叱ったりせずにきちんと治療を受けることが大切です。 独り言の多い人の性格の特徴 独り言の多い人は、性格にも特徴があると考えられます。 例えば不安を強く感じやすい人の場合、この不安やストレスをうまく解消するために、独り言を言っているというケースがあります。 言葉に出すことで気持ちが落ち着いたり、言葉として再確認することで不安が和らいだりといった効果が期待できるのでしょう。 それから、人との関わりが苦手という性格の人の中にも、独り言が多い人もいます。 人前で自己主張をすることが苦手だからこそ、独り言で発散しているのです。 他にも、プライドが高い人の中にも、独り言が多い人もいます。 これは人に助けを求めているのに、高すぎるプライドが邪魔をして伝えられないから、独り言という形になってしまうのだと考えられます。 もちろん、独り言の多い人の性格の特徴は、このようにネガティブなものばかりではありません。 中には、自分の気持ちを周囲にアピールしたいという心理で独り言を言ってしまう人もいますし、自分の世界に入りやすいマイペースな人だからこそ、無意識に独り言を言ってしまうというケースもあります。 独り言が多くても、周囲に迷惑をかけない範囲内であれば、特に気にする必要はありません。 ですが、もしかすると自分の中に抱え込んでいることが大きすぎて、それを発散するために独り言という形を取ってしまっているのかもしれない、ということには気づいてあげたいですね。 【スポンサードリンク】 独り言が多い精神疾患もある! 独り言は大半が性格によるもの、ストレスなどの様々な心理状態によるものと考えられますが、中には精神疾患が原因になるものもあるため、注意が必要です。 精神疾患というと特別な病気のように考えられがちですが、実はそんなことはなく、誰もが体に風邪をひくのと同じように、心にも風邪をひくのだと考えればわかりやすいでしょう。 独り言が増える精神疾患としては、統合失調症やうつ病などが挙げられます。 統合失調症では幻覚、妄想なども伴いますので、早めに精神科を受診し、治療を受けましょう。 それから、うつ病の場合は悲観的な独り言が増えたり、行動が遅くなり、ぼんやりしてしまうといった特徴があります。 感情を自分自身でうまくコントロールできなくなった時、心の安定を図ろうと独り言を言ってしまうのです。 うつ病に関しても精神科での治療が受けられますので、こちらも早めに治療を始めた方が良いですね。 うつ病は大人の病気と思われがちですが、実は子供にも増えています。 子供が悲観的な独り言ばかり言う時にも、早めに精神科に相談した方が良いでしょう。 これらの精神疾患は、正しく向き合い、治療していくことで治すことも可能です。 ただし、できるだけ早く気付いて治療を開始することが大切です。 独り言が増えている時点で、すでに大きなストレスを抱えていることが考えられますので、自分自身や周囲の誰かがそんな症状を見せている時には、1度精神科で相談してみると良いでしょう。

次の