宅建 勉強法。 宅建の難易度は?独学でも合格できる?効果的な勉強法とは|コラム|宅地建物取引士(宅建士)|資格取得なら生涯学習のユーキャン

宅建を独学で合格する方法!わたしの勉強法と学習時間

宅建 勉強法

こんにちは、サイト運営者の資格とっ太郎です。 ご訪問ありがとうございます。 このサイトでは僕自身が 平成25年度の宅建試験に独学で一発合格した、具体的な勉強方法を公開しています。 あなたがこのサイトにお越しいただいたということは、きっとあなたも「宅建を独学で合格できたらな」とお考えの事かと思います。 宅建に独学で合格したいなら、このサイトのやり方を実践してください。 それだけで構いません。 宅建は、おかしなことをせずに、しっかり計画を立てて、地に足付いた勉強をしていけば独学でも充分に合格できる資格です。 「最近は権利関係の科目の難易度が極端に上がったので、独学での合格は難しくなってきている」 という、予備校や通信講座の人達の意見があったりしますが、生徒欲しさに言ってるだけなので、これも 無視しましょう。 (現に権利関係のレベルは上がっていますが、些細なことです) と、いきなり毒舌全開ですが(笑)、宅建って合格率の割にはちゃんとしたやり方でそれなりに勉強すれば 合格できる資格です。 このサイトでは、独学で挑戦する人を応援しています。 一人でも多くの人が、独学で宅建の資格を取得できるように、精一杯の想いをこめてこのサイトを運営しています。

次の

宅建合格者の独学勉強スケジュールと勉強法を公開!

宅建 勉強法

基礎知識をつける段階の留意点とその理由から説明します まずは基礎知識を勉強する 法律系国家試験の勉強のスタート時点では、基本的なテキストや予備校の基礎講座などを利用して、その 法律の基本的な考え方や基礎知識を勉強することになります。 例えば、多くの法律系資格試験で出題される民法という法律では、馴染みのない専門用語や考え方がたくさん出てきます。 心裡留保(しんりりゅうほ)• 物上代位(ぶつじょうだいい)• 法定地上権(ほうていちじょうけん)• 担保責任(たんぽせきにん) など そして、民法の択一の問題ではこれらの専門用語を、問題文中で当たり前のように使ってくるため、基礎的な知識がなければ、択一の問題文すら読めないという状況になります。 そのため、択一式の問題を解くためには、まずは基本的なテキストや予備校の基礎講座などで、基礎知識を勉強する必要があります。 これが択一式の問題を解いていくための第一段階です。 インプット教材• 基礎知識の習得に時間をかけない ここはとても強調したいところなのですが、択一式試験を得意にするため(ひいては法律系国家試験に素早く合格するため)には、基礎知識の習得に時間をかけてはならないということです。 「基本テキストをすべて勉強してから問題を解こう」「予備校の基礎講座を何度も聞いてから問題を解こう」という人がいますが、このような勉強方法は、非常に効率が悪くなります。 目標は択一式試験の問題が解けるということ(ひいては宅建士試験に合格すること)であって、テキストを理解することそれ自体ではありません。 テキストは1回流し読み、基礎講義は一度聞き流し程度でスピーディに済まして、早く問題を解くという作業に入ることがとても大切です。 法律を深く勉強する必要はない 法律はとっつきにくい、一方で、勉強してみるととても奥が深く、意外とおもしろいものです。 そこでやってしまいがちな勉強の方向のズレとして、法律書を読むなどインプットに力を入れすぎて、問題演習(特に過去問を解く)がおろそかになってしまうということがあります。 いわば、法律マニアとなってしまうのです。 実際、予備校の講師などよりも特定の法律や分野について詳しいという人などが時々います。 でも、目標はまず宅建士試験に合格することです。 特定の法律科目や分野について詳しくなっても意味がありません。 逆に、特定の分野などに詳しいということは、それだけ手薄な科目が出来上がってしまうということにつながりますので、合格が遠のいてしまいます。 「法律マニア」になるのは宅建に合格した後、仕事や研究で必要になってからで十分です。 あるいは、宅建士に合格してから、さらに行政書士、司法書士を目指して勉強すればよいです。 1度目はスピーディに読み流した(聞き流した)テキストや講座を、もう一度読み直すのです。 これが効果的な復習です。 1度目は理解できなかった箇所でも、「ああ、ここはこういう意味だったのか」とか「講座の先生が、ここが大事って言っていた理由がわかった」といった具合になるはずです。 すべてを読み直す・聞きなおす必要はありません。 そんなことをすれば無駄に時間がかかってしまいますからね。 あくまでも、過去問を解きながら 「わからない」と感じたところだけを読み直し・聞き直しをすれば十分です。 また、調べたことは過去問集へ書き込み、ノートにまとめるなどをして必要最小限の知識をメモ化しておきましょう。 1度目の過去問研究で必要な知識と理解は本1冊(+ノートなど)にまとまっているはずです。 わからないところをしっかりと調べながら学習し終えた過去問集は、あなたにとって必要な知識が整理された「合格へのバイブル」となった過言ではありません。

次の

宅建の勉強時間の目安について|効率的な勉強法についても徹底解説|コラム|宅地建物取引士(宅建士)|資格取得なら生涯学習のユーキャン

宅建 勉強法

宅建試験に合格できない理由・宅建業法NG編 宅建試験は7割以上得点していれば合格できます(例年それくらいが合格ラインです)。 しかし、宅地建物取引業法(以下、「宅建業法」と略す)で7割程度の正解を狙って学習すると不合格になる可能性が高くなります。 というのは、合格者は9割近く得点しているからです。 【解決方法】 1.満点を狙う 宅建業法は86条からなる法律です。 つまり、少ない条文知識から毎年似たような問題が出題されています。 したがって、学習方法さえ間違えなければ、短期間で満点が狙える法律科目なので、正確に丁寧に学習しましょう。 2.「100の曖昧な知識」より「1つの正確な知識」 宅建業法で満点を取るためには、知識の量より質のほうが大切です。 というのは、宅建業法の問題は、単に知っているというレベルではなかなか点が伸びない難解なものが多いからです。 難解といっても内容が難しいという意味ではなく、条文を一語一句正確に暗記していなければ解けない問題が多いという意味です。 ですから、どれだけ知識があっても、何度も出題されている重要な条文知識を正確に暗記できていなければ、選択肢を2つまで絞れるけどあと1つが選べない…という状況に陥ります。 宅建業の免許・宅地建物取引士の登録・取引士証の効力を整理できない 運転免許のように、自分がこれから取得する資格が宅建業の免許だと勘違いしている方がたまにおります(初学者に多い)。 そのような理解のままで学習を進めると5点分くらいは得点できなくなりますので不合格になる可能性が高まります。 【解決方法】 これからみなさんが受験して取得しようとしている資格は、宅地建物取引士です(以下、取引士と省略します)。 宅建業の免許はお勤め先の会社が取得するものです。 極端な話ですが、宅建業の免許はお金があれば誰でも取得できます。 取引士とはまったく異なります。 ただ、宅建業の免許と取引士の資格登録はとても似ているので、比較して暗記すると早く正確に暗記できます。 「媒介契約書面は賃貸借の場合にも適用される」と勘違いしている 宅建業法では媒介契約を前提とした問題がよく出題されます。 宅建業法では売買と賃貸で異なるルールを設けている場合が多いので、これを混同して曖昧に覚えていると「ひっかけ問題」にひっかかり、4点分くらいは得点できなくなるので不合格になる可能性が高まります。 【解決方法】 まず、媒介契約書面に関するルールは、賃貸借には適用されません。 したがって、法的には書面作成義務もありません。 また、自分で所有するマンション等を自ら貸すような場合には宅建業法が適用されません。 さらに、契約締結時期についても、貸借の場合には建築確認後等の制限がありません。 それ以外にも、報酬額の上限も売買と賃貸では異なっています。 これらを意識して正確に暗記しておきましょう。 重要事項説明事項を丸暗記しようとしている 重要事項説明の内容について、宅建業法では2~3問程度出題されています。 この2~3問分の出題範囲をすべて網羅して暗記しようとすると数か月かかるくらいの量となります。 むやみやたらに暗記しようとすると他の分野の学習が滞り不合格になる可能性が高まります。 【解決方法】 1.過去問ベースで学習する 重要事項説明事項の一覧を眺めてもそう簡単に暗記できるものではありません。 問題演習から学習をはじめ、間違えた問題をテキストで確認し、自分でわかるようにチェックを入れて行きましょう。 2.買主・借主の立場になって問題を解く 重要事項説明事項の問題は、買主・借主の気持ちになって、「この内容は、契約する前に聞きたいなあ」と思って、解答もそうなっていれば、本試験でも間違えないのでとくに暗記する必要はありません。 間違えたものだけをテキストにチェックを入れて本試験に備えましょう。 法令所の制限と建物区分所有法の理解が重要 試験対策にこだわりすぎると、実務や全体像が見えなくなり、重要事項説明の学習が単なる丸暗記につながってしまいます。 法令上の制限については、「建物貸借の媒介の場合にも説明が必要なのか」という観点で、学習し直してみましょう。 建物区分所有法(マンション法)も同じです。 分譲の場合と賃貸の場合で説明内容が異なるのはなぜなのかを意識しながら、再度、建物区分所有法を学習し直すと、必ず新たな発見があります。 自ら売主制限の8つを覚えていない 自ら売主制限の中でもクーリング・オフや手付金等の保全措置、瑕疵担保責任等の頻出分野の内容ばかりを学習し全体を意識しないと、業者間取引の場合には適用されないかどうかの判断を求める問題に正解できなくなります。 わずか1問程度ですが、大きな1点に泣かないためにもちゃんと整理しておきましょう。 【解決方法】 (1)クーリング・オフ、(2)手付の額・性質の制限、(3)手付金等の保全措置、(4)損害賠償額の予定等の制限、(5)自己所有でない物件の契約制限、(6)瑕疵担保責任の特約制限、(7)割賦販売契約の解除等の制限、(8)所有権留保等の禁止、の8つについてだけ売主が宅建業者で買主が宅建業者以外の場合に適用されることを正確に記憶しましょう。 これをしっかり憶えたら、そのうち、「特約」の内容が制限されているのが(1)(2)(4)(6)(7)の5つであり、さらにその中で買主等に不利な特約が無効とはっきりと法律に定められているのは(1)(2)(6)の3つだけだということも正確に記憶しておきましょう。 弁済業務保証金制度を用語が難しくて学習していない 弁済業務保証金制度は用語が難解で暗記するのに苦労するところです。 しかし、ここを学習しないと確実に1点落とすことになり、さらに営業保証金との比較問題が多いことから、営業保証金の1点も落とすことになりかねません。 【解決方法】 1.弁済業務保証金制度の特徴を理解する 弁済業務保証金を理解するコツは、(1)面倒な手続きは保証協会がやってくれること、(2)保険に似た制度を利用していることの2つの特徴を理解することです。 また、全宅連等のホームページなどを参照して、実際に支払われている金額等をみると理解しやすくなりますのでお勧めです。 【関連記事】•

次の