あの 日 見 た 花 の 名前 を 僕たち は まだ 知ら ない アニメ。 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あのひみたはなのなまえをぼくたちはまだしらない) とは|KAI

あの 日 見 た 花 の 名前 を 僕たち は まだ 知ら ない アニメ

そこで、アニメ!アニメ!では オススメの【夏アニメ】をピックアップ! 編集部&ライターが連載形式で紹介していきます。 5】あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 まずは、どのようなあらすじでしょうか。 徳田:仲良し男女6人組がいて、そのなかの女の子が事故で亡くなってしまい、秘密基地で集まって遊んでいたのにどんどん疎遠になってしまいます。 彼らが高校生になったある日、主人公・じんたん(CV. 入野自由)の前に 幽霊になった女の子・めんま(CV. 茅野愛衣)が現れるのですが、「お願いを叶えてほしい」と言い出し、それをきっかけに皆が再び集まり始めます。 でも小中学生の記憶が蘇ります。 学校が山の上の城趾にあって、近くに畑とか雑木林とか自然が多かったので走り回ってました。 意味もなく集まって、「今日はこれやろうぜ」って達成したところで何もないことでも、がむしゃらに皆で楽しんでましたね。 徳田:僕が小中学生だった頃に流行っていたお笑い芸人や、ギャグとかいろいろと出てくるんです。 EDテーマの「secret base ~君がくれたもの~」も、僕の成人式にZONEがスペシャルゲストで来てライブで披露してくださった思い出のある曲。 式のときは、その曲が発売された当時を思い出してしまいましたし、作中で流れてきても成人式と子どもの頃のさまざまな記憶が蘇ってきます。 また、毎回絶妙なタイミングでEDテーマが流れて、泣かせに来る(笑)。 そのほかにも、「しっぺ」、「バリアー」とか当時遊んでいたのに忘れていた遊びが出てきます。 2話のあなる(CV. じんたんたちが「のけモン」をやってるのを見て、「昔のゲームはケーブルがないと通信できなかったよなぁ」と思い出しました。 そして、3話以降のひとりひとりがトラウマに向き合い解決していくストーリーにすんなり入っていける。 僕はその葛藤を全部経験したことがあるわけじゃないけど、「あの時ってこういうこと考えたりするよな」と。 今だったら、おとなしく一歩引いて何も起こらない平和な道を行くのに、ムキになって衝突するって、あの世代じゃないとないことだと思います。 叫び合うとか今じゃ絶対しないし、まさに青春だなって。 一番の青春シーンはどこでしょうか? 徳田:僕が印象に残ってるのは、久々にじんたんが登校してきた日に、あなるがうわさで騒がれる場面。 じんたんはあなるを庇って、クラス全員に向かって 「俺を見ろ」って言うんです。 じんたんだって、久々に登校してきた感がヤバいのに(笑)。 好きな人にこれをやられたら、たまらないでしょう。 思春期男子の前にあんなかわいい幽霊出てきたら大変(羨ましい) 徳田:めんまは物を触ることができて、じんたんとは話せる。 成仏しなくていいんじゃないかと思いました。 じんたんも後半で「成仏しなくていいじゃん」て言っちゃってたんで、あれが素直な気持ちだよなって。 めんまは見た目は成長してるのに、中身は幼少期のままで素直すぎますよね。 「あなる」って呼んじゃうところや、引きこもりのじんたんを学校へ連れ出そうと奮闘したりとか、皆がギスギスしてきたら「皆仲良くしなきゃ駄目だよ」って訴えたり、健気な姿がかわいいです。 じんたんがずるいですね。 久しぶりに見て「成長してる、かわいい!」って思いますよね。 乗っかられたりお風呂上がりシーンもありましたし……ずるいっすね。 まさに妄想が具現化されていて、28歳になっても羨ましさを感じてしまいます(笑)。 めんまはじんたんの留守の間、ベッドでごろごろゲームして、窓に座って帰りを待っていたり、普通に生活している感がいいなぁと。 家に帰るのが楽しみになっちゃいますよ。 あんなかわいい幽霊なら出てほしい。 今もちょっと出てきてほしい。 最後に、注目すべきポイントはどこですか? 徳田:注目してほしいわけではないですが、 自分が注目してしまうのは車でしょうか。 僕は車が好きなので、アニメを見ていても車の描写を見てしまうんです。 小さい頃からトミカやイニシャルDで遊んでいて、大学ではモータースポーツをやってたのでサーキットも走っていました。 アニメで印象的な車のシーンというと、『SHIROBAKO』のOPのカーチェイスとか……。 徳田:ほかの作品にもいろいろな車シーンが出てきますよ! 『あの花』で目に付いたのは、銀色っぽい車体の前後のバンパーが黒色に変わってるセダンのシャコタン。 ヤンキーが乗ってそうなデザインの車が3回ぐらい登場しています。 実は、僕も昔はあんな感じの車に乗ってたことがあります(笑)。 ゆきあつ(CV. 櫻井孝宏)がランニングしてるところにじんたんが待ち伏せするシーンと、めんまのお父さんにゆきあつが直談判するシーンの駐車場。 3回目は決起集会の帰り道であなるとつるこ(CV. 早見沙織)が話しているシーン。 どれもいいシーンなのですが、その車ばかり通る(笑)。 全体が銀色っぽいのに前後だけ黒い車なんてなかなか見ないし、きっと地元の暇なヤンキーが乗っているんだと思います。 ぜひ今度は車に注目して見ようと思います(笑)。 (C)ANOHANA PROJECT 《スーサイド・モモ》.

次の

【アニメ】あの花の声優・キャスト陣をまとめてみた【あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない】

あの 日 見 た 花 の 名前 を 僕たち は まだ 知ら ない アニメ

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 あらすじ 昔は仲良しだった幼馴染男女6人。 高校生になった彼らの距離はいつの間にか離れてしまっていた。 ヒキコモリぎみの主人公"じんたん"(宿海仁太)。 ギャル友達に流され気味の"あなる"(安城鳴子)。 進学校に通う"ユキアツ"(松雪集)、"つるこ"(鶴見知利子)。 高校に進学せず旅を重ねる"ぽっぽ"(久川鉄道)。 仲良しだった小学生の頃から、それぞれが変わっていく中で変わらない少女"めんま"(本間芽衣子)。 ある日、"お願いを叶えて欲しい"とじんたんにお願いをするめんま。 困りながらも"めんまのお願い"を探るじんたん。 そして、めんまのお願い事がきっかけとなり、それぞれのテリトリーでそれぞれの生活を送っていた幼馴染達が再び集まり始る。 めんまのお願いとは一体何なのか。 願いが叶った先に幼馴染を待ち受けるものとは…。

次の

名作『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない』はNetflix / Hulu / FODプレミアム / Amazonプライムビデオ他どこで動画見れるの?

あの 日 見 た 花 の 名前 を 僕たち は まだ 知ら ない アニメ

第1話『超平和バスターズ』 引き篭もり気味の主人公「じんたん」の前に、幼馴染みの少女、「めんま」が突然現れる。 自分の願いを叶えて欲しいと頼む「めんま」に、途惑う「じんたん」は…。 第2話『ゆうしゃめんま』 秘密基地で再会した「ぽっぽ」に「じんたん」は、「めんま」が願いごとを叶えてほしいと自分の前に現れたことを正直に打ち明ける。 それを素直に信じた「ぽっぽ」は、「じんたん」にアドバイスするのだが…。 第3話『めんまを探そうの会』 「めんま」の願い事が、もしかしたら『「じんたん」が学校へ行くこと』かもしれないと思った「じんたん」は、「あなる」との約束も兼ねて、学校へ登校することを決意する。 第4話『白の、リボンのワンピース』 「ゆきあつ」から「めんま」を見かけたと告げられた「じんたん」たち。 隣に「めんま」がいるのにと訝しむ「じんたん」だったが、真相を確かめるために、皆と一緒に「めんま」を捜しに向かう。 第5話『トンネル』 「ゆきあつ」が見たという「めんま」は「ゆきあつ」自身が女装した姿だった。 その事実に戸惑いを隠せない「じんたん」たち。 「じんたん」は倒れたまま動かない「ゆきあつ」に声を掛けるが…。 第6話『わすれてわすれないで』 「めんま」を成仏させるために、「じんたん」は学校へ行くことを再び決意する。 しかし「めんま」には無理して行くことはない、怖い顔をしていると心配されてしまう。 第7話『ほんとのお願い』 秘密基地に家出してきた「あなる」に「じんたん」は、ずっと学校を休むことなんて出来ない、家出なんてずっと続くわけがないと話す。 それと聞いた「あなる」は「じんたん」は昔と変わらないと告げる。 第8話『I wonder』 花火を上げることを「めんま」の父親に反対されていたと知り、ショックを受ける「じんたん」たち。 どうにか「めんま」の願いを叶えたいと、「めんま」の母親を説得しようと試みるが…。 第9話『みんなとめんま』 目の前に差し出された蒸しパンを見て、動揺しながらも「めんま」の存在を信じる「あなる」たち。 しかし「ゆきあつ」は、「じんたん」にしか「めんま」が見えないということに複雑な想いを抱く。 第10話『花火』 とうとう明日に迫った「めんま」の願いを叶える日。 そのことを仏壇に手を合わせて「じんたん」の母親に報告する「めんま」は、ふと見た自分の手が、薄く透けはじめていることに気付く。 その手を見つめる「めんま」は…。 第11話(最終回)『あの夏に咲く花』 花火を上げても「めんま」は消えなかった。 その事実に呆然とする「じんたん」。 うなだれる超平和バスターズの面々。 何も知らない聡史は、「じんたん」たちに今日のことに対して感謝を告げる。 シリーズ/関連のアニメ作品.

次の