ブログ 100記事 アドセンス。 副業ブログで月5万円から月100万円の収益を稼ぐために行った僕の施策と全技術

ブログの収益化は、100記事・3ヶ月継続・1万PVの3つのステップを踏んでから。

ブログ 100記事 アドセンス

予備校で講師&学習アドバイザーをしている冒険者です。 冒険者ブログを運営しています。 冒険者ブログは「幼児教育~大学受験」や「大人の学び」といった生涯にわたって学び続ける人生偏差値の高い人向けに記事を書いています。 この度、 この記事をもって100記事達成しました。 100記事書いたことで、一つの目標がクリアできたわけですが、脱初心者ということで新たにスタートラインに立った気持ちです。 今回は・・・ ・アドセンス記事100記事での収益は? ・アドセンス記事100記事でのPV数は? ・100記事書いた期間、その感想は? こんな疑問にお答えしたいと思います。 個人が発信できるようになった時代、ブログで収益を狙っているわけではないのですが、 やはりやるからには「それなりのリターン」を期待しますよね? では、さっそく公開していこうと思います。 これが良いのか、悪いのか、ハッキリ言ってわかりません。 というか、あまり気にしていないというのが正直な話しです。 気になる人のために、僕のブログでよければ以下に書く詳細をご覧ください。 アドセンス記事 100記事到達した時の収益 それでは、 アドセンス記事を100記事書いた時の収益の詳細です。 PV数の割にアドセンスクリック率は高い気がします。 そんなに稼ぎたいと思っているわけではないのですが、記事の内容は「学び」を中心に、持てる知識を全てさらけ出しています。 ですから、 自信をもってその情報を調べたい人には良質な情報を提供しています! ちなみに、参考までに以下の情報も載せておきますね。 ・アドセンスクリック率は=4. 41 ・平均ページ滞在時間=3:36 です。 まぁまぁではないでしょうかね。 アドセンス記事 100記事到達のPV数 では アドセンス記事を100記事書いた時のPV数の詳細を公開します。 最初はヘタレでした。 みんなそうではないでしょうか。 当たり前ですが、記事数が増えていけばそれだけ読まれていくので、自然にPV数が増えていきますよね。 本日が6月18日ですので、一番最後のグラフはまだ伸び途中です。 他のサイトを覗くと、 100記事で1万PV達成!と書いてある記事も多く、 自分のブログは足元にも及ばないですね。 徐々に検索数も増えてきていて、 検索順位も1位をたたき出した記事もあります。 やっぱり1位を取るのは嬉しいです! アドセンス記事 記事のカテゴリー では、ここからは冒険者ブログがどんなカテゴリーで100記事書いてきたかを紹介します。 アドセンス記事 子育て・教育・受験情報 予備校講師ですので、 一番は受験情報です。 受験情報、教育関連、子育て、学習などの記事は、記事数も多く、さらに一番読まれています。 この 教育関係の記事で検索1位を獲得した記事が数記事あります。 教育はロングテール記事になり得ますので、一度書いて検索上位にヒットすると安定的にPV数を稼ぐことができますね。 しかし、 爆発的に増えることは絶対にないし、検索する人の割合もかなり少数派です。 スマホを持ち始める高校生でも意識が高い学生、教育に熱を注いで受験情報を調べている保護者、どう考えても少ないですよね。 ただ少子化とは言え、 10年先の未来も子育てや教育は息が長い記事になっていくと思います。 そこを狙ったわけではなく、 純粋に予備校の知識を世の中に無償で提供できたらと考えていますけどね。 アドセンス記事 大人の学び 続いて多く書いているカテゴリーは 大人の学びです。 教育関係に勤務して15年以上になりますが、 自分自身も勉強しないと時代の流れを子供たちに教えることができないため、自己啓発を欠かしていません。 そうすると本を読み、トレンドを知り、情報を集め、インプットしたものをアウトプットすることを繰り返していくうちに「大人の学び」というカテゴリーも作りたくなりました。 社会で働くこと、人生について、幸せについて、お金について、様々な角度からアプローチした記事を書いています。 教師をしていると教えることが好きなので、 こういった自分の知識を発信できるのは楽しいです! ぜひ、参考になるものがあれば記事を読んでみてください。 アドセンス記事 旅行・アウトドア記事 最後のカテゴリーとしては 完全に僕の趣味のカテゴリーです。 旅行記事、アウトドア関連の記事を書いています。 旅行は家族で行った先の思い出をただ綴っています。 アウトドアはキャンプ場の紹介記事、ランニングの記事、登山の記事、それに関わるアイテムの紹介記事です。 でも、 意外と読んでくれる方が多くてびっくりしています。 わからないものですね、ブログって。 記事数は少ないのですが、自分の趣味の範囲で書いていますので、本当に参考程度に読んでくれるとありがたいですね。 アドセンス記事 100記事書いた感想 最後にアドセンス記事を100記事書いた感想です。 正直に言ってしんどい! 自分が持っているプロの予備校の知識を文字化するだけでも重労働です。 知識があればあるほど、まとめるのも難しく1記事書くのに丸一日かけたこともあります。 ちょっと自慢話?努力の自慢?になりますが、 僕の記事の最低文字数は3000文字です。 必ず3000文字以上書くようにしています。 というか、どんな情報でも世の中に発信するのであれば、なるべくわかりやすく、そして情報はたくさんあった方がいいと思っています。 個人の意見ですが、 他の方の教育関係のブログ記事を読んでいると内容が薄っぺらいのに検索上位に載っていて「なんだこれは?これで1位か ? 」って思うことが多々あります。 文字数が多ければ良い、ということではないのですが、教育や子育てってそんなに簡単にいかないことが多いんですよ。 それをわかっていて、 記事にしているのは「悪」と思うくらいです! すみません、最後は思いの丈をぶちまけました。 失礼しました。

次の

ブログ100記事達成~収入、収益、PV、アクセスはどうなったか~

ブログ 100記事 アドセンス

クリック率・・・広告CTR• クリック単価・・・CPC この中でも、最もコントロールが可能なのが アクセス数です。 クリック率は工夫次第で上げることはできますが、クリック単価は広告主が決めること。 なので、アドセンスで収益を上げるためには、アクセス数を上げることが最も重要! クリック率を気にするのは、アクセスが来た次の段階の話。 アクセス数を上げることだけに集中すれば良いので、初心者向きの特化型ブログアフィリエイトと言えます。 アドセンスで月10万円稼ぐためのアクセス数 では、月10万円稼ぐためには、どれくらいアクセス数があれば良いのか・・・? わかりやすく公式に当てはめると・・・• 月間33万PV=1日あたり11,000PV となり、月間33万PV(1日11,000PV)が必要となります。 『えええ、月間33万PV!?無理じゃん・・・』 と思いましたか?? 確かに、いきなり月間33万PV(1日11,000PV)と聞くと果てしない数字です。 ですが、1記事だけで月間33万PV集めるのではなく、全ての記事を合わせた1ブログなら十分可能な数字です。 月間33万PVをもう少し細分化してみましょう。 アドセンスで月10万円稼ぐための記事数 月間33万PV(1日11,000PV)だとしても、記事数が多ければかなり現実的な数字になります。 例えば・・・• 100記事・・・1記事110PV(1日)• 200記事・・・1記事55PV(1日)• 300記事・・・1記事36PV(1日) 1記事36PVだったら、十分可能な数字に見えませんか?? つまり、記事数を積み重ねるほど、月10万円稼ぐためのアクセス数は達成しやすくなるのです。 もし毎日1記事ずつ書いたら3カ月で100記事になりますし、毎日2記事書ければ3カ月で200記事は達成可能です。 アドセンスのみで収益化したかったら、300記事は欲しいですね。 アドセンスだけで稼ぐためにはアクセス数が最も重要! ということは、裏を返せば アクセス数さえあれば稼げるということ。 物販アフィリエイトでは、アクセス数だけでなく成約率なども考えるので、それに比べれば難易度は下がります。 そもそも検索需要がなければ、いくら記事を書いたところでアクセスは集まらないので。 なので、ブログを立ち上げる前にしっかりと検索需要(検索ボリューム)をしっかり調べましょう。 検索ボリュームは、キーワードプランナーというツールを使うことで調べることができます。 もしアドセンスだけで月10万円達成したいのであれば、 『月間平均検索ボリューム:1万~10万』以上は欲しいところ。 『ウォーキングデッド』なんかは、『海外ドラマ』と調べるよりも検索ボリュームが多いです。 実際に読者はどうやって検索するだろう?? と考えて、色んなキーワードで検索ボリュームを調べてみてください。 色んなキーワードを合わせても検索ボリューム1万以下であれば、物販アフィリエイトも組み合わせないとかなり厳しいです。 例えば、海外ドラマのジャンルであれば、毎月のように新しい海外ドラマが出てるハズです。 そういう新しい海外ドラマの場合は、前に書いてるライバルがいないため、上位表示しやすいのです。 (逆に超人気のドラマの場合は、後から書いても上位表示しにくい) 新しいドラマを先に書いておけば、もし後で注目度が上がった時に、一気にアクセスを集めることができます。 ドラマ系(国内ドラマ、海外ドラマ、韓国ドラマなど)• アニメ• スポーツ系(野球、サッカー、格闘技など)• 季節ネタ系(花火大会、イルミネーション、入学式、卒業式など)• 地域特化など このジャンルであれば需要がありますし、トレンド性もあるので、大量のアクセスを集めることが可能になります。 ただ、正直好きじゃないと続かないので、この中でも興味があるジャンルを選ぶようにしましょう。 物販アフィリエイトも組み合わせよう 特化型ブログの良いところは、物販アフィリエイトもしやすいところ。 ジャンルが絞られてるからこそ、物販アフィリエイトの誘導もしやすいのです。 例えば、ドラマやアニメ系のジャンルであれば、動画配信サービス(U-NEXT、Hulu、Amazonプライムなど)に興味がある人が多いですよね。 動画配信サービスは、1件成約すると1,000円~2,000円の案件が多いので、組み合わせると収益が上がりやすくなります。 ただ、張ってれば成約されるってものでもないので、多少難易度が上がります(アフィリリンクを張ると、アドセンスのクリック率は下がります) しかし、もし物販アフィリエイトも組み合わせるのであれば、ジャンルの幅もかなり広がります。 アドセンスだけの場合は、アクセス数が必要なのでトレンド性が大事になりますが、物販アフィリエイトの場合はトレンド性がなくても収益は上げられるので。 【トレンド性が必要ない=収益も安定しやすい】 ということでもあります。 トレンド性のあるジャンルは早く稼ぐメリットもありますが、収益が安定しにくいというデメリットもあります。 アドセンスと物販アフィリのハイブリッドでやりたい場合のジャンル選定については、以下で詳しく解説してるので参考にしてみてください。

次の

ブログ100記事での収入は?PVは?見えた景色と変化

ブログ 100記事 アドセンス

スポンサーリンク こんにちは。 いねだ()です。 ブログを始めて、 この記事で 100記事目になる。 先月の運営報告記事に書いていた 『まず100記事書くこと』を達成できてよかった。 あなたは ・ブログ初心者で、収益も、アクセスも伸びない ・記事を書くモチベーションが下がってきた と悩んでいないだろうか。 私も初心者の身を脱したわけではないが、 少しずつ成果が出てきたり、 モチベーションを保ち続けられている。 この記事がそんなあなたに、 少しでも力になればと思い書いたので、 お読みいただきたい。 それでは、100記事を振り返って、 総括と、ブログを始めたばかりの人に、 伝えたいことを書いていきたい。 50記事の頃は そんな気配すらなかったが、 目に見える結果として、 一番大きな変化だったように思う。 初めてアドセンス収益が発生してから、 その後も何度かクリックされるようになった。 単価が少し低くなってきたが、 徐々に収益は上げてきている。 50記事の時点では特に読まれる記事というのはなかった。 よく読まれる記事が書けたことによって、 PV数、ユーザー数が底上げされたように思う。 振り返ってみて思ったが、 50記事時点でのユーザー数が びっくりするほど少なかった。 ユーザー数79って。。 今も決して多くないが、 確実に成長していることは感じられた。 50記事書いた頃は、 SNSから少しのアクセスが入る程度だったため、 Twitterを更新しなければ ほとんどアクセスがなかったが、 今では50%以上が検索流入によるものである。 だから今は、多少放っておいても アクセス数に大きな違いは見られなくなってきた。 反省点は、『管理の甘さ』 反省点に関しては、山ほどあるのだが、 一言で言うと、 『管理が甘い』ことだと思う。 ・カテゴリが整理できていない ・アフィリエイトの期限切れ広告の処理ができていない ・内部リンクが充実していない ・SNSの発信力の弱さ この辺りが目下の課題ではないかと思う。 100記事という目標を達成したため、 記事単位ではなく、ブログ全体、 そしてSNSとの連携を考えた上での 価値を高める努力をしていきたいと考える。 新規記事をどんどん書いていくことよりも、 過去記事のリライトにも力を入れつつ、 カテゴリ分け、内部リンクなどの整理にも 取り組んでいきたい。 100記事分ののリライト、カテゴリ分けは 思っている以上に大変な気がするが、 めげずに取り組んでいく所存である。 自分なりに試行錯誤し、 フォロワー200人を目標に 取り組んでいきたい。 最後に:100記事書いてみて伝えたいこと ブログを始めたばかりで ・アクセスが伸びない方 ・収益が伸びない方 ・モチベーションが下がってきた方 に伝えたいことは以下のことだ。 100記事書けば何かしら変化がある。 だから続けよう。 はじめのうちは アクセスがほとんどなくて悲しくなるし、 ブログを書く気が失せるような時もあるかと思う。 しかし、 とりあえず頑張って 100記事を書いてみてほしい。 どんな凡人でも100記事書けば、 何かしらの変化が出てくるはずだ。 そして、たとえ小さな変化でも、 それに気づくことが大事だ。 私だって、ただの凡人である。 上手な人なら100記事もあれば 食っていける人もたくさんいる。 こんなしがない状況でも 私が続けられている理由は、 100記事を書いていく過程で、 小さな変化に気づくことができたから。 あなたの頑張りは数字になって表れているはずである。 頑張っても必ずしも報われない 会社のノルマに詰められ、 体調を壊すことと比べれば、辛いことではないだろう。 100記事書き続けられる人って、 意外と多くないと思う。 だから100記事書けたという実績だけでも、 あなたは1ランク上の段階にいると言っても良い。 100記事書き続けることの価値はある。 必ず何かしらの変化がある。 小さな変化に気づいて、モチベーションを維持していってほしい。

次の