迷路 絵本。 迷路絵本シリーズ

「迷路絵本」−シリーズ

迷路 絵本

送る 子ども向けのワークなどによくある迷路。 じつは、迷路で遊ぶと、子どもにとってさまざまな効果が期待できるのです。 今回は、迷路で遊ぶことのメリットや、おすすめの迷路絵本をご紹介しましょう。 迷路で遊ぶと頭が良くなる!? 知育玩具や絵本にも用いられることが多く、子どもはもちろん、大人も夢中になってしまいそうな迷路。 子どもが暇を持て余してしまう車やバス、電車での移動の際や、天気が悪い日のお家遊びツールとしても活用できるため、子育て家庭にとっては必須とも言えるアイテムのひとつです。 シンプルな遊びにも思える迷路ですが、 「ゴールにたどり着くためにはどこを曲がればいいのか考えながら線を引いていく」という作業は や 判断力が必要とされ、脳の活性化につながるのだそう。 医学博士の白澤卓二氏は、迷路遊びの効果について次のように述べています。 迷路には、脳の働きを活性化させる力があります。 お子さんが夢中になって迷路をとくことで、空間認識能力のアップや、認知機能の柔軟性が獲得されています。 また、お年寄りの認知症予防プログラムにも迷路は活用されています。 (引用元:絵本ナビスタイル| ) 「線を引く」ことのすごいメリット 迷路遊びでは、 「ゴールを目指して線を引く」という作業がメインになりますが、中学受験のプロとして活躍している小川大介先生いわく、 「線を線として書くこと」には以下のメリットがあるのだそう。 そして、線を書く遊びになじんでいる子となじめていない子では、本格的に 文字や数字を学び始めてからの定着に大きな差が出るのだそう。 幼少期に楽しく遊びながら、 文字・数字を書くための基本を身につけることができる点は、迷路遊びの大きなメリットです。 前述したように、子どもにとって線を引くのは難しい作業。 最初は紙に線を引く練習から始めましょう。 直線や曲線を書く練習から始めていき、慣れてきたら丸や三角、四角などの図形に発展させていくことで、 図形として物をとらえる目が養われ、ひいては 算数の図形問題にもなじめるようになります。 年齢別・おすすめの迷路絵本 さまざまな絵本のテーマにもなっている迷路。 ここでは、おすすめの迷路本を年齢別に紹介します。 著:かしわらあきお(幻冬舎) 大きくてわかりやすい迷路になっており、まだ線を書くのが難しい子どもでも指でなぞりながら遊べます。 「てくてく」「とことこ」など、子どもが好きな擬態語がいたるところに散りばめられており、言葉遊びも楽しめます。 (エド・インター) 絵本と木製の迷路がセットになった知育玩具です。 ストーリーに合わせてマグネットペンで玉を運ぶ迷路で、数の数え方や色の認識力、手先の器用性などが養われます。 著:キヨノサチコ(偕成社) 子どもに大人気のノンタンシリーズの迷路本です。 ノンタンが好きな子どもはもちろん、おばけが好きな子どもにもピッタリ。 ノンタンとおばけのやりとりを楽しみながら、迷路にふれるきっかけとして活用するのもおすすめです。 著:算数パズル開発室(世界文化社) 迷路をしながら、計算問題では身につかない考える力を養う絵本。 迷路で楽しく算数に触れることができるので、算数に苦手意識がある子どもにもおすすめです。 著:吉川めいろ(飛鳥新社) 50種類の動物が迷路になっており、動物が好きな子どもにおすすめです。 動物ごとに生態の解説も載っているので、図鑑のように楽しむこともできます。 監修:市川希(世界文化社) 完成後の迷路に色を塗ると動物などが出てくるページがあり、迷路でゴールにたどり着いたとき、そして色を塗って動物が出てきたときと、さまざまな達成感が味わえます。 知能研究所・所長の市川希先生による解説つきです。 *** 子どもから大人まで楽しむことができ、脳の活性化にも良い影響がある迷路。 ぜひ親子で取り組む趣味のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。 文/田口 るい (参考) マイナビウーマン子育て| 日経デュアル| 絵本ナビスタイル| 偕成社| 世界文化社| 世界文化社| 絵本ナビスタイル| 株式会社エド・インター|.

次の

迷路絵本シリーズ|香川元太郎/香川志織『スポーツの迷路』|PHP研究所

迷路 絵本

内人、創也といっしょに閉じこめられた!! このピンチから「きみ」は無事に脱出できるか? 自分で物語をえらびながら読む、「ゲーム・ブック」第2弾! 主人公(きみ)と、内人、創也の3人は、修学旅行のお土産の礼がしたいという栗井栄太に、彼らの仕事場『ゲームの館』へ招待される。 しかし、なぜか館に閉じこめられてしまう。 栗井栄太の4人とも連絡がつかない。 どうやらみんな、館の中にいるようなのだが……。 きみは、内人、創也と協力し、暗号や仕掛けに満ちた『ゲームの館』から脱出しなくてはならない。 よーく見てくさい。 あれれ? 一匹、甲羅の中にかくれているカメさんがいます。 帯をぺろんとめくると、そこには一匹だけ歩いてるカメさんが! この絵本は、ブリッタ・テッケントラップさんのデザインが思う存分に楽しめる美しい「さがしえ」絵本なのです。 木坂涼さんの心地よい言葉にのって、一匹だけほかの動物と異なる動物をさがしていきます。 はやおき とりさん おはようさん あさの あいさつ チュピ チュピ チュピ ほらほら みて! いちわだけ ちいさな みみずを くわえているよ どこにいるか わかるかな? 黄色のページには、赤、オレンジ、黄土色、黄色、灰色、鼠色、素敵な風合いの絶妙な色の鳥たちが ところせましと並んでいて、その中に一匹だけミミズを加えている鳥がどこかに潜んでいるのです。 どのページを見ても圧倒的なカラフルな配色とそのままテキスタイルにしたいほど 可愛らしいデザインに心がときめきます。 子どもも大人も夢中になるハイセンスな絵本。 贈り物にもぴったりですね。 世界初! ブラックライトで妖怪が出てくる絵探し本 付属のブラックライトで本を照らすと……何もなかったところに妖怪が出てくる! 「妖怪探偵」になって、絵探しで問題を解決しよう! 特許印刷技術を使用した、まったく新しい絵探し本の登場です。 10の絵さがし場面には、ライトを当てないと見えない妖怪が120種族のべ300匹以上もうじゃうじゃ潜伏。 「暗黒電灯(ブラックライト)」を手に入れた人間の男の子・ハルトと、「妖怪探偵」として修業中のひとつめこぞう・イチと一緒に、妖怪やアイテムを絵の中から探して遊びます。 絵探し問題はおよそ120問と盛りだくさん。 その上巻末では、問題で扱われなかった妖怪も含めた全種族の「妖怪カード」に出没情報を掲載。 きみは発見コンプリートできるかな? 全員見つけたら妖怪探偵マスター! 絵探し10場面:家・学校・町・お寺・花火大会・森の廃墟・海・遊園地・雪山……そして驚きのラスト1場面! みどころ 子どもたちが大好きな迷路。 夢中にさせてくれる迷路絵本もたくさんありますよね。 でも、この本「時の迷路」はちょっと違うのです。 迷路で遊びながら、いろんな時代を旅することができてしまうのです。 どういうことでしょう? 旅の始まりは「現代」です。 私たちのよく見慣れた風景が迷路になっています。 それをうまく乗り越えながら、かくし絵のクイズを解き、時の石をひろって、時をこえるトンネルがあるトビラを目指します。 見開きページで楽しめる迷路は2つ。 簡単に通り抜けられる迷路とむずかしい迷路です。 隠し絵はひとつではありません。 思わぬところに思わぬ絵、たくさんの数を見つけなければなりません。 さらにクイズはじっくり絵を読み解きながら解いていきます。 そうして、やっとのことで最初の時のトンネルをこえると、次に待っていたのは・・・「恐竜時代」! なんと1億年以上も前の世界です。 ティラノザウルスが、ガリミムスの群れをおそっている!? 驚いている暇はありません。 ここでも迷路やクイズ、隠し絵などたくさんの遊びが待ち受けているのです。 こんな風にして、「氷河時代」「縄文時代」「弥生時代」「古墳時代」「奈良時代」「平安時代」「鎌倉時代」「戦国時代」「江戸時代」そして最後に時間のさけめとなっている「時の回廊」まで全12画面、12の時代を旅していくのです。 (続きはコチラ).

次の

おススメの絵探し・迷路・間違い探し絵本

迷路 絵本

香川元太郎(かがわ・げんたろう) 1959年愛媛県生まれ。 武蔵野美術大学大学院修了。 かくし絵・迷路イラストを制作するほか、歴史考証イラストレーターとして歴史教科書などに多数の作品を描く。 『歴史群像』(学研プラス)では毎号、城の復元イラストを発表。 著書に、算数絵本「かずの冒険」シリーズ(小学館)などがある。 城に関する著書も多い。 また、日本画家として複数の教室で講師を務めている。 オフィシャルサイト 香川志織(かがわ・しおり) 1991年、埼玉県生まれ。 女子美術大学美術学科 日本画専攻 卒業。 迷路絵本シリーズでは『動物の迷路』以降、制作に関わる。 著書 香川元太郎との共著 に、『おもちゃの迷路』 PHP研究所 、『光の杖』 河出書房新社 がある。 今度の迷路はスポーツ! 制作前から、共著の香川志織と「今回はかなり大変だろうね」と話していました。 数々の競技を調べながら描くのも、それを同じ場面に押し込めるのも、難題なのは分かっていたからです。 案の定、予定より大幅に遅れてしまいましたが、多くの方々のご協力のおかげで、なんとか完成しました! 今回の特徴は、とにかく多くの人を描いたこと。 客席の人が英単語を作る「英語ひともじ」を全部の場面に入れました。 人が集まって作るかくしえもたくさんあります。 迷路マラソンの選手たちにも、色々な出来事が起きています。 人間以外の観客もいますし、どこかにトライアスロンと近代五種競技の選手もいます。 そんな小さな秘密もちりばめました。 ぜひ発見してみてください! 香川さんの迷路シリーズはどちらかというと芸術品に近く、迷路するより一つ一つの表情をみると大人目線では楽しさ倍増と思います。 日頃、歴史に触れる事が少ないのと勉強不足もあり多く知らないこともあり勉強になりました。 子供の絵本だけにするにはもったいないくらいで、おとなの塗り絵と同様に世代関係なく愛される本と思いました。 姉妹とも何度も何度も好きな絵を見せにきて、自慢しています。 指でたどったり、同じものを見つけたり、数を数えたり何も教えなくても姉妹で学んでいる様子に1冊の本でこんなに広がりがあるのにびっくりしています。 普通の迷路と違い色もきれい、発見もある様子で今度は他のシリーズを読みたがっています。 『続・時の迷路』 7歳女子、4歳女子のママ 昆虫の絵がとても精巧に描かれていますし、草むらの昆虫を見つけるように、絵本でも昆虫を見つける楽しさがあります。 また昆虫の絵だけではなく、昆虫の絵の近くに必ずその名前が隠れて書いてあるのがとてもいい点で、単なる探し絵だけではなく、昆虫図鑑のようでした。 ただの昆虫図鑑でしたら、本棚にしまってあるだけになってしまいがちですが、なんども読み返したくなります。 答えも載っていない本もあるのですが、この本は載っているので安心して読めます。 全部クリアしたと思ったらまたまた指令が・・思いがけないところに思いがけないものが隠れているので面白いです。 迷路もかくし絵も大好きです。 何度も子供が本を持ってきては、「みつけあいっこしよう」と競争しながら見つけています。 子供の方が見つけるのが早いんですよね・・・ 『昆虫の迷路』 2児のパパ 子どもが、いろんな物語に興味を持つきっかけになり、とても良かったです。 長く楽しめるという点も魅力です。 子ども向けの本ですが、大人も一緒に楽しめるところも良いです。 大人の方が、かくし絵を見つけるのが下手だったりして家族で盛り上がれます。 長男が、大喜びで読んでいます。 知っている物語は、特に嬉しそうです(ガリバーやアリス、ピーターパン、オズの魔法使いなど)。 知らない物語は、逆にこの本で興味を持ったようで、「どんな物語?」と聞いてくるので、本に興味を持つきっかけにもなりました。 「めいろ」「かくし絵」「クイズ」と楽しめるので、まだまだ見飽きていないようすです。 また、長男が入院している時にいただいて、とても重宝しました。 贈り物にもピッタリです。 『物語の迷路』10歳女子、7歳男子のママ 迷路をゲーム感覚で楽しくさまよいながら、いつの間にか知識まで身についてしまう香川元太郎さんの迷路シリーズ。 もともと我が家では好評で、とくに『昆虫の迷路』は下の子が1歳からハマって繰り返し読んでいます(カバーも帯も無くなりました)。 このように男女問わず幅広い年齢層にウケる作品なので、イベント時のキッズプレイコーナーに持っていくと、大きい子から小さい子まで誰かしら必ず開いてくれるお役立ち絵本です。 そこに満を持して登場した、子どもウケ鉄板ネタの「お化け」。 面白くない訳がないとページを開いたところ、身近な公園での都市伝説から学校の怪談、日本のみならず世界のレジェンド妖怪総出演とカテゴライズも秀悦。 何度繰り返してもまったく飽きないおもしろさで、見るたびに新たな発見が! 今後もシリーズの新たな展開と拡充を楽しみにお待ちしております。 上の子はクイズやすごろくを楽しみながら、下の子はイラストそのものとかくし絵、迷路を楽しみなら一緒に読んでいます。 このぐらい歳の差があるとなかなかふたりで楽しめる作品は少ないので助かります。 ただし、我が家の場合は「妖怪ウォッチ」「ゲゲゲの鬼太郎」というアニメ作品による妖怪への親しみがありましたので、そうでない幼児さんにはちょっと怖いかもしれませんね。 『お化けの迷路』 10歳女子、3歳女子のママ 事細かに描かれた忍者や動物など工夫がいっぱいで迷路、かくし絵、また最後の「さがせ動物」「さがせ人」など繰り返しみたり、目をこらしてみたりして、1冊で本当にあきることのない本だと思いました。 大人にとっても難しく、かなり手ごたえのある問題が載っていて驚きます。 歴史上の人物やめずらしい生き物などもでてきて、いろいろと勉強にもなると思いました。 子どもはこのシリーズが大好きで、借りたり買ったりしていました。 子どもは私と一緒に本をみたがり、二人で協力して問題を解いて読み進めていきました。 かなり時間がかかるのですが、本を開いたら最後まで一気に問題を解かないと気がすまないようで、一生懸命にみています。 子どもにとっても抜群に面白いようで本当に子どもの心をひく1冊だと思います。 『忍者の迷路』 5歳女子のママ 大人もかなりムキになってしまいますね。 特に「かくし絵」は息子と協同で探しているハズが、いつの間にか競争になっていたり。 一通り遊んだ後は、落ち着いて物語を楽しみました。 絵本でもあり、クイズでもあり、図鑑でもあり。 楽しんでいるうちに、自然に知識がついてきて、何倍も楽しめる絵本ですね。 このシリーズの他の6冊も、読んでみたいです。 息子は勿論、娘も一緒に楽しめたのには驚きました。 とは言っても、娘は本当の意味はまだわかっていないと思います。 でも家族全員で絵本を囲んで、コミュニケーションをとる時間はとても素敵でした。 他の絵本にはない、類まれな、素晴らしい絵本だと思います。 ベストセラーとなった理由が、とてもよくわかりました。 『昆虫の迷路』 6歳男子、4歳女子のママ 長男はこのシリーズが大好きで、学校の図書館で探すのですが、いつも貸し出し中のため、去年ぐらいから『伝説の迷路』『進化の迷路』『宇宙の迷路』と、お誕生日や何かあるたびに買っています。 今回の『乗り物の迷路』は、男の子が大好きな陸、海、空とすべての乗り物大集合に大興奮! 迷路も簡単なものから難しいものまであり、大人も意地になってしまいます。 特に、かくし絵は、ゲーム感覚で家族やいとことタイムを計って探したり、かくし絵が見つかると「あったー! こっちやー!」とだんだん声が大きくなってしまいます。 最後のページ「夢の乗り物王国」を見て、「いつかこの中のどれか実現するといいね? 」と話しています。 『乗り物の迷路』13歳女子、8歳男子のママ 迷路シリーズも12作目ですね。 国産ゲームブックの代表格になりました。 舞台は水の中。 ますます緻密さを増して、図書室に来る魚好きの子たちに紹介するのが楽しみです。 魚大好きさん、釣り大好きさんの顔が何人か思い浮びます。 巻末に「登場するおもな生き物」の一覧もついてきっと大満足なはず。 迷路シリーズ…… 実は「お話が苦手」「フィクションが苦手」な子たちの救世主でもあります。 お話を読んでもらうのはいいけど、自分で読むのはイヤな子が一定数います。 そこを無理やり矯正してしまうのは私の本意ではないので、少なくとも本を手に取る習慣を…… との思いからゲームブックも蔵書の一ジャンルとして置いています。 これはこれで楽しい経験ができるのだから、子ども時代には必要なことだと思うのです。 『水の国の迷路』小学校図書室司書 以前、プレゼントで『乗り物の迷路』をいただいたことがあるので、『おもちゃの迷路』をみた瞬間、子どもたちが喜んで飛びついてきました。 絵が細かく、迷路だけでなく、かくし絵やいくつもの設問が隠してあるので何回も楽しめる本でした。 旅行の移動用などにも最適だと思いました。 子どもたちはそれぞれお気に入りのページがあるようです。 よくよく絵を眺めているとおもちゃ同士の会話や動きがあって、見つめていたら動きだしそうな気もしてきました。 子どもの頃、絵本の挿絵の中に入り込んで遊んだことを思い出しました(その時もくるみ割り人形のおもちゃたちの挿絵だった気がします)。 トイストーリーではないけれど、絵本の中で、子どもの想像の世界を広げられると思います。 先日遊びに来てくれた小3の従姉も楽しそうに集中して読んでいました。 『おもちゃの迷路』 6歳女子、4歳男子、1歳女子のママ.

次の