年賀状 口コミ。 プリントパックの口コミ・評判 | みん評

プリントパックの口コミ・評判 | みん評

年賀状 口コミ

しまうまプリント年賀状印刷の口コミ・評判は? 年賀状の印刷をしまうまプリントに依頼するかどうか決める上で最も参考になるのが、実際にしまうまプリントで年賀状印刷をおこなった経験のあるユーザーの口コミや評判です。 そこでまずは、しまうまプリントの年賀状印刷を利用したことがあるユーザーの口コミや評判についてみていきましょう。 良い口コミ 私は年賀状はだいすけお兄さんのしまうまプリントでした。 宛名印刷も無料でしてくれるのでとってもラクでしたよw ちょっとした印刷写真ももUSBプチュで簡単ですしね。 — ひめだか@投資ブロガー kotsu2life ようやく年賀状を投函。 びっくりしたのはしまうまプリントがむちゃくちゃ使いやすくなっていたこと。 なんでエクセルのデータ形式じゃないといけないのか。 CSVでいいじゃないか… — 瀬戸弦 setogen しまうまプリント年賀状印刷が選ばれる5つの理由 今回しまうまプリントについての口コミや評判をリサーチしていると、しまうまプリントの年賀状印刷サービスはかなり評判がいいということがわかりました。 もちろん悪い口コミがゼロというわけではありませんが、そういった悪い口コミも細かな部分に対する口コミばかりで、基本的な仕上がりには満足しているようなものばかりでした。 そして、しまうまプリントの年賀状印刷サービスが多くのユーザーに選ばれる理由は、評判の良さだけではありません。 しまうまプリントの年賀状員サービスが選ばれる理由についてみていきましょう。 というのも、 しまうまプリントの利用者は年間250万人以上で、毎年右肩上がりに増え続けているからです。 何かしらのサービスを利用する上で、利用者が多いかどうかはとても重要なポイントになると言えます。 しまうまプリントはとにかく利用者の多いサービスなので、評判が評判を呼び、ここまで多くのユーザーに選ばれるようになったというわけですね。 その数なんと2,000種類以上。 市販の年賀状だと似たりよったりのデザインになってしまいがちですが、しまうまプリントで用意されているデザインはテイストもさまざまで、必ず自分好みの1枚が見つかるはずですよ。 しまうまプリントでは、 データを入力するだけで宛名の印刷ができてしまうので、宛名を書くのにとにかく時間がかかりません。 そのため、あっという間に年賀状を用意することができるようになっています。 送料が高いといくら印刷代が安くても意味がなくなってしまいます。 でも、しまうまプリントならそんな心配をする必要はありません。 というのも、 しまうまプリントは印刷が完了したはがきの送料が無料になっているので、「印刷代は安かったのに送料で結構かかってしまった…」となってしまうことがないからです。 必ずしもパソコンを持っている人ばかりではないので、これはかなり嬉しいポイントの一つと言えるのではないでしょうか? こういった細かなユーザーへの配慮も、しまうまプリントの年賀状印刷サービスが多くのユーザーから選ばれている理由の一つだと言えるでしょう。 しまうまプリント年賀状印刷と当サイトNO. 1、NO. 2を比較! サービス名 しまうまプリント 【NO. 1】おたより本舗 【NO. 上記の表は、当サイトでおすすめしている年賀状印刷サービスである、「おたより本舗」「挨拶状ドットコム」としまうまプリントを比較した比較表になります。 印刷料に関してはおたより本舗が他の年賀状印刷サービスが追随できないくらい安くなっているので、その点に関してはおたより本舗に軍配が上がると言えます。 しかし、 しまうまプリントには宛名印刷の料金や送料が無料という大きなメリットがありますし、専用のアプリを使ってスマホから年賀状のデザインを編集できるというメリットもあるので、利用のしやすさを重視する方はしまうまプリントを選んだほうがいいと言えるでしょう。 クーポンコードはなくても、割引キャンペーンを受けれるというとてもお得なサービスです。 宛名印刷も依頼したからと言って料金が発生するようなことはありません。 できません。 宛名印刷は年賀状の印刷サービスを依頼したユーザーのみが利用できるオプションサービスです。 もし複数のデザインで依頼したい場合には、分けて注文する必要があります。 可能です。 JPEG画像でオリジナルのデータを入稿して印刷することができるようになっています。

次の

プリントパックの口コミ・評判 | みん評

年賀状 口コミ

しまうまプリントとは|どんなサービス? インターネットを使って写真のプリント(現像)やフォトブックを注文できるサービスです。 デジカメやスマホで撮った写真をホームページから入稿すると、プリントして自宅まで配送してくれます。 郵便年賀. jpやカメラのキタムラといった大手の写真プリントと比べて、知名度は低いかもしれませんが、我が家は頻繁に利用しているヘビーユーザーです。 なぜかというと、安くてクオリティが高いからです。 とにかくコスパがいいんですよね。 年末になると年賀状印刷のサービスもはじめるので、今回使ってみました。 しまうまプリント年賀状の口コミ評価 品質良好!写真もきれいに印刷 年賀状の仕上がりは「印刷仕上げ」「写真仕上げ」「最高級仕上げ」の3種類から選べます。 それぞれの違いを比較しました。 最新情報は をご覧ください。 印刷したときの写真のキレイさと、それに伴って料金が異なります。 私はデザインに写真を使っていたので「写真仕上げ」にしました。 上記の写真は実際に届いた年賀状です。 シンプルなデザインに子どもと家族の写真を配置してます。 ぼかしているところには、住所と名前が入ってます。 発色がよく、光沢感ががあり、想像していたよりきれいで満足しました。 この品質と価格なら、リピート確定です。 なお「写真仕上げ」はがき貼りあわせなので、通常ハガキより厚みがあります。 もしも「印刷仕上げ」と迷っているなら「写真仕上げ」がおすすめです。 「印刷仕上げ」のサンプルがクーポンと一緒に届いてたので比較してみると、「印刷仕上げ」の方は少しざらっとした感じで、発色が違います。 「写真仕上げ」と「印刷仕上げ」との1枚あたりの差額は4円。 100枚印刷しても400円しか違いがありません(ただし基本料金は800円違う)。 文字とちょっとしたイラストだけなら「印刷仕上げ」でもいいかも。 「最高仕上げ」は価格がグっと高くなります。 ハイクオリティの年賀状を目指すなら選択の余地はありますが「そこそこキレイならいいよ」とこだわりが少ないのであれば、「写真仕上げ」でいいかと思います。 私はこの品質に満足しました。 お年玉付き年賀はがきも選べる!ハガキの種類 ハガキは以下の4種類から選べます。 年賀はがき(お年玉付き年賀状) 62円 ディズニー年賀はがき(お年玉付き年賀状) 62円 スヌーピー年賀はがき(お年玉付き年賀状) 62円 通常はがき(ヤマユリ) 62円 料金はどれも同じです。 私は、年賀状として最も定番の「年賀はがき(お年玉付き年賀状)」にしました。 ディズニーやハローキティの年賀はがきも人気がありますね。 年賀はがきの種類と基本料金については、以下ページをご覧ください。 宛名印刷も無料 しまうまプリントでは、オプションで宛名印刷も無料で行ってくれます(宛名印刷のみの注文はできません)。 ちなみに、私は注文しませんでした。 手書きしたかったのと、氏名や住所のリストを送らないといけないので、大量の個人情報を渡すのに抵抗があったからです。 宛名印刷のみ自宅のプリンタでやるのもありですね。 なお、宛名印刷ありで年賀状印刷を注文した場合のみ、投函代行を無料で行ってくれます。 あなたの代わりにポストに入れてくれるサービスですね。 楽ですが、印刷の仕上がりが確認できないデメリットもあるので注意しましょう。 誰でも簡単にデザインできる豊富なテンプレート 年賀状のデザインは「テンプレートを使って作成するか」、「他のソフトで自分で作ったデザインを入稿するか」の2パターンを選べます。 最も簡単なのが、しまうまプリントが用意している年賀状テンプレートで作成する方法です。 利用は無料です。 実際に私も使用してみました。 使い方は、500種類近いテンプレートから好きなデザインを選んで、写真や名前、住所、メッセージを入力するだけで、クオリティの高い年賀状に仕上がります。 詳しい使い方は、後ほど紹介します。 もう一つは、他のソフトで自分で作ったデザインを入稿する方法です。 IllustratorやPhotoshopを使えるデザイナーや他のソフトを使える人はこれでもOK。 ただし対応しているデータ形式は「JPEG、画像モード:RGB 解像度:300dpi(推奨)」のみになっています。 最短で即日発送!配送日数について 配送は、最短で即日〜翌日発送に対応しています。 4日で手元に届いたので思ったより早かったです。 現在の発送の目安は、ホームページに記載されています。 およそ3〜4営業日での発送をみておくのが無難です。 スポンサードリンク 料金を安くするには?割引クーポンや早割について 普段からしまうまプリントを利用しています。 そのため、はがきで200円割引のクーポンが届いていたので使いました。 また、料金を最も安くするには「早割」を使うのが得策です。 期間中に早く注文すればするほど、割引で安くなります。 半額ってすごいですね。 料金はいくらかかるの? 料金の合計は、以下の4つで決まります。 家庭用プリンタであろうとどこであろうとはがき代は絶対かかるので、印刷と諸経費で約3,700円くらいです。 純正のインクカートリッジを買うとそれくらいするので、面倒さを軽減できることを考えるとお得です。 枚数は、4枚以上から1枚単位で注文できます。 「32枚」みたいに中途半端な枚数でもOKですよ。 クーポンや早割がある場合は、その金額に対して適用されます。 他社と比較するときは、印刷代と送料をみておくといいです。 はがき代は、どこも同じくらいの料金なので。 ただ、他社の年賀状印刷サービスも早割を採用していることがほとんど。 今現在の料金で比較すれば、しまうまプリントは決して高くないと思います。 それと自分で作ったデザインを入稿したい場合、JPEG形式にしか対応していません。 aiやpsd、pdfのファイルであればJPEG形式に書き出し・変換しましょう。 送料について 送料は、枚数に関わらず500円(税抜)かかります。 送料無料はやってないみたいです。 ただ、年賀状印刷自体が安いので、他社と比較しても気になりませんでした。 しまうまプリント年賀状の注文方法とデザインツールの使い方 ここからは、注文の流れとテンプレートを使ってデザインできるツールの使い方を紹介します。 (1)しまうまプリント年賀状印刷へアクセス 以下ボタンより、公式サイトにアクセスして、右サイドにある「今すぐ注文する」をクリック。 迷っているなら、候補をピックアップすることもできます。 印刷の仕上がり方法を選んだら、次に写真の配置やテキストの入力など、チュートリアルに沿ってレイアウトしていきます。 説明ができるので簡単ですよ。 以下のようなことが簡単にできます。 写真の移動、写真の回転、写真の拡大縮小、スタンプ、差出人入力、メッセージ入力、プレビュー 写真は複数枚アップロードできるので、はめたり、外したりいろんな組み合わせで試せます。 時間がなくなったら「編集内容を保存」しておくこともできます。 レイアウトできたらプレビューで確認します。 文字の入力ミスがないかは、しつこいくらい徹底的にみておきましょう。 ここまでの所要時間は30分くらいでした。 もちろん、人によって選ぶ時間や凝りかたが違うので一概にはいえませんが、使い方自体は簡単なのですぐにできると思います。 (3)仕様選択・注文 はがきの種類や割引クーポン番号の入力、住所などを入力していきます。 リピーターであればログイン、はじめての利用であれば、会員登録(無料)することになります。 決済はクレジットカード、コンビニ後払い、代引きい対応しています。 最終の支払金額を確認して、問題なければ注文完了です。 お疲れさんでした。 我が家は写真を選ぶ時間などを含めても、1時間くらいで年賀状が完了しました。 注文確認や発送日時はメールで知らせてくれます。 上記のようなパッケージで届きます。 ポストに入るので、不在時でも受け取れます。 パソコンが苦手な方は、アプリを利用しましょう。 スマホからレイアウト・注文できて簡単です。

次の

はがきの宛名印刷・住所録管理用の無料ソフトおすすめ3選 [フリーソフト・シェアウェア] All About

年賀状 口コミ

今回は「ノハナ年賀状」の特徴をご紹介します。 選べる種類が豊富!? ノハナ年賀状では、写真入りはもちろん可愛い・おしゃれなイラストの年賀状が選べます。 選べるカテゴリーは、• おすすめ• 写真年賀状• イラスト• 挨拶状 の4つからお好みのものを選べます。 300種類から選べる!! 画像はイメージですが、かわいらしいものや和テイストなどとても種類が豊富です。 また年賀状作成自体もアプリ上から写真を選択したり、文章を入力したりとお手軽です。 料金は写真の有無に関わらず共通!? ノハナ年賀状はなんと 写真の有無や枚数・テンプレートの種類に関わらず料金は共通です。 また注文枚数に応じた枚数割というのもあるので、写真入りの年賀状を作りたい方や年賀状を出す枚数が多い方にもノハナ年賀状はオススメです。 支払い方法も豊富!? 「いざ年賀状ができたけど、支払いが銀行振り込みだけ!? そんな時間ないよ~ 汗 」 と、年末は何かとすることが多くなかなか銀行に行く時間も惜しいものです。 そんな時にも便利なのがノハナ年賀状!! 支払い方法が豊富です。 クレジットカード• ソフトバンクまとめて支払い• ワイモバイルまとめて支払い• ドコモ払い• auかんたん決済 またノハナ年賀状から、注文した年賀状が出荷されると案内メールが届きます。 さらに配送方法も、ゆうパケット・ゆうパックどちらを選択しても追跡機能があるため、いつ頃年賀状が届くのかの目安が分かるので安心です。 年賀状アプリ「ノハナ」の口コミと評判!危険はないのか調査 では実際にノハナ年賀状を使ってみた方の口コミをご紹介します。 印刷品質につきましては、私の場合はすべてアイフォン5Sで撮影した写真ですので、自身ではそこそこ満足しておりますが、多少画像の荒さと色味が青いかな、という程度の印象はありました。 これは、アイフォン5Sとノハナの組み合わせでこのような結果になったのか、他端末やデジカメ等では違いがあるのかは検証しておりませんので確認することはできなくて申し訳ないのですが、自宅のプリンターで試し印刷した写真付き年賀状とは比べ物にならない高品質な仕上がりであることは間違いないです。 少なくとも色が淡くて画像が不鮮明であるとかそういったチープさや残念な感じは全くありません。 写真屋さんできちんと注文したんだろうな、程度の感想は持っていただけると思います。 ハナ年賀状アプリを利用することで、12月27日にわずか10分足らずで年賀状の作成から注文までを完了することができました。 ノハナ年賀状を利用すれば、めちゃくちゃ手軽に年賀状を作成できることが分かっていただけたと思います。 しかも、「特急オプション」を利用すれば、当日17時までの注文で翌日に発送してくれますから、注文してから2日後には年賀状が自宅に届くというミラクルスピードです。 実際に私も、12月27日の午前中 10:55 に注文しまして、29日の夜 19:56 に注文していた年賀状を受け取ることができました。 探せばもっと安く仕上がる会社もあるだろうし、自宅でやればもっともっと安く仕上げることが出来るだろうけど、私は断然『手間なし』を選びます。 あまり良すぎるサービスな為、危険と調べる人がいるのでしょうかね? スマホによっては、ノハナ年賀状との相性からか写真の色味にやや偏りが出る場合があるようです。 それ以外を除けばやはり手軽に年賀状が作れるのがノハナ年賀状の特徴です。

次の