携帯 契約更新月。 Y!mobile(ワイモバイル)利用者は『更新月』を確認しておこう

【違約金0円のタイミングは?】ソフトバンクの解約月・更新月・一括購入割引

携帯 契約更新月

ドコモやau、ソフトバンクなどのスマホ契約を見直そうとすると、直面するのが「2年縛り」という言葉。 2年ごとに3カ月間しか解約金がかからない月が訪れないことを指して、俗にこう呼ばれています。 NTTドコモでは、2年定期契約あり(2年縛り)プランと、2年定期契約なしのプランが選択できます。 長期利用を前提とした2年契約ありプランのほうが割安に設定されていることもあり、ほとんどのユーザーが2年契約プランを選んでいるはずです。 ただし2年契約ありプランは、2年縛りが解ける「更新月」に解約や他社への乗り換えをおこなわないと、たいていは解約時に高い違約金(解約金)を支払うことになります。 そこで本記事では、NTTドコモで2年縛り明けの契約更新月を確認する方法を紹介します。 たとえば、2019年8月に2年契約の満了を迎えるユーザーなら、7月まで解約金が発生することとなります。 他社への乗り換えなどで契約を解除する場合、2年契約が満了する月を含めた3カ月である2019年8月〜10月のみが解約金のかからない「契約更新月」に該当します。 なお通常、2年契約は自動更新されるため、契約更新月の翌月(上の例では2019年11月)からは再び解約金がかかってしまう点には特に注意が必要です(「自動更新なし」を申し出ることも可能)。 また、MNPで他社に移る場合、契約更新月内に移転先で契約手続きを完了(この時点で解約となる)する必要があります。 この2年縛りをめぐっては消費者トラブルも多かったことから、総務省はずっとキャリア各社に是正を求めてきました。 これを受けてドコモ・au・ソフトバンクは、2016年に契約更新月を1カ月間から2カ月間に延長、そして2019年3月に従来の2カ月間から3カ月間に拡大しています。 ドコモで2年契約の「更新月」を調べる方法 自分がいつ契約をしたか、いちいち覚えている人は少ないのではないでしょうか。 ドコモでは、自分の契約満了月を電話問い合わせ、またはウェブでMy docomo(マイドコモ)から確認することが可能です。 電話による確認方法 ドコモへの問い合わせ電話番号(いずれも無料)は以下の通りです。 契約の電話番号とネットワーク暗証番号(4ケタ)を準備しておくとスムーズですが、混雑していて繋がらないことも多くなっています。 時間に余裕のあるとき向けの手段です。 ドコモの携帯電話から:151• その他の電話から:0120-800-000 My docomo(マイドコモ)による確認方法 My docomoにログインして、契約内容の確認・変更画面で契約更新月を確認することができます(もあります)。 まずは、にアクセスし、[dログイン]をタップします。 dアカウントのIDおよびパスワードでログインしてください(契約中のドコモスマホからモバイルデータ通信でアクセスすれば、dアカウントによるログインが省略されて手軽な場合があります)。 My docomoにログインできたら、[契約内容・手続き]を選択した画面で下方までスクロールします。 新たにスマホを購入する時、おもに2年間で分割してスマホの利用料金から一定額を毎月引いてくれる「月々サポート」という割引サービスがあります(現在は受付終了)。 たとえば、通常(一括)7万2000円の機種を2年間(24カ月)で実質2万4000円にて購入した場合、機種代金の支払いは毎月実質1000円ですが、月々サポートによって毎月のスマホ利用料金から月2000円が値引きされていることになります。 ただし通常、途中で機種変更や解約をすると、当たり前ですが機種代金の残り(残債)は払い続けなければならず、月々サポートも打ち切られます。 割安で機種を手に入れたように錯覚しがちですが、たとえば機種購入から1年で解約しようという場合、残債3万6000円は解約後も負担しなければなりません。 このように、2年使わないと割引が受けられなくなるようにすることにより、料金プランの解約金とは別の「2年縛り」として機能しているといえるわけです。

次の

【違約金0円のタイミングは?】ソフトバンクの解約月・更新月・一括購入割引

携帯 契約更新月

ソフトバンクの2年縛りの契約期間満了月を確認する方法です。 [2019年1月17日 更新] 2019年3月1日より、ソフトバンクとワイモバイルが2年契約などの自動更新がある料金プランの契約解除料がかからない更新期間が、2カ月間から3カ月間に拡大すると発表しました。 また、自動更新がない2年契約などの料金プランについても、契約期間満了月の契約解除料が不要になります。 この2年契約をする事で基本使用料が安くなります。 2年契約しないと基本料金が高くなるので契約している人がほとんどだと思います。 ただ、2年契約していているのに2年以内に解約したら契約解除料(違約金)9,500円~が掛かります。 おそらく2年縛りと呼ばれるのもその為です。 しかもこの2年契約って契約満了しても自動更新されるので、知らずに2年契約が更新されてたって事がよくあります。 ドコモやauにお乗り換え(MNP)を考えていたけどこの違約金のせいでソフトバンクを利用し続けたっていう人も多いのではないでしょうか? 違約金を支払わずに解約や他社にのりかえ(MNP)するには契約満了月を含めた、3ヶ月の間に行動する必要があります。 解約やのりかえ(MNP)を予定しているのであれば、事前にその3ヶ月間を確認しておき計画的に行動する事をおすすめします。 その3ヶ月間は「」で簡単に確認する事ができます。 ソフトバンクショップでも確認する事は可能なので不安な人はソフトバンクショップに行きましょう! My SoftBankから確認する方法以下になります。 ソフトバンクの契約更新月を確認する方法 「」にアクセスしたらログインします。 ログインしたら「契約確認」を押します。 更新期間のところに 「20XX年XX月XX日~20XX年XX月XX日」と記載されています。 この期間であれば解約やお乗り換え(MNP)しても契約解除料(違約金)9,500円~が発生しません。 スマホがソフトバンクなら「SoftBank 光」がお得! ソフトバンクの携帯電話をお持ちなら、自宅のネットをSoftBank 光にきりかえるだけで携帯代が一生割引! 携帯代が毎月500~2,000円割引! フレッツ光を利用中なら工事も解約金も不要! ネットも最大1GbpsなのでWi-Fiで快適に! ソフトバンクユーザーならお得になること間違いないので、まだフレッツ光を利用しているという人は「SoftBank 光」チェックしてみてください。 カテゴリ• usedoorについて• usedoorをフォロー.

次の

【ソフトバンク】更新月と解除料を徹底分析!賢く乗り換えられる時期はいつ?

携帯 契約更新月

契約事務手数料」と 「2. MNP転出手数料」です。 それ以外の費用が必要かどうかは利用状況によって人それぞれ変わりますが、MNPをする際に躊躇してしまう一因となるやっかいものが 「3. 契約解除料(定期契約分)」です。 この費用は 契約更新月に解約した場合は不要となるため、 解約するタイミングが重要になってきます。 契約解除料(そのほか)」「5. 端末代金」 についてはここでは割愛します。 まずはそれぞれ見ていきましょう。 契約解除料(定期契約分) 3大キャリアで契約すると、ほとんどの人が2年の定期契約をしているかと思います。 これはいわゆる 「2年縛り」などと呼ばれているものですが、 長期契約を条件とすることで月額料金の割引を受けることができますが、最低でも2年間利用し、 契約が更新される月(更新月)に解約しなければ契約解除料(解約金)がかかってしまいます。 最も料金が安くなる定期契約は2年縛りが都度自動更新されるので、 契約解除料を発生させない解約のタイミングは2年に3ヶ月間だけあると考えてください。 MNPや解約をする場合にはこの2年に3ヶ月間だけある 更新月に解約することが費用を抑えるための重要なポイントとなります。 それでは各社の定期契約 定期契約の契約解除料と 更新月、そして 解約するベストタイミングを紹介していきます。 「2年契約N」となっている2年定期契約の場合は契約解除料が1,000円。 なっていない2年定期契約は契約解除料が9,500円と考えておくとよいです。 auだけは、ケータイ系のプランについては、1,000円ルールの猶予期間中(2020年からルール適用開始)ということもあるためか、2019年10月以降の契約でも9,500円のままな点は注意しましょう。 ただし例外があります。 一例としては、 iPhone MNP au購入サポートを利用した方で、規定の利用期間(12ヶ月)以内で解約する場合は 高額な解除料(「4. 契約解除料(そのほか)」の1種)が必要になるものなどがあったりします。

次の