松下 洸平。 今一番気になる同世代俳優・松下洸平さんに20の質問vol.2~松下さんの好きなもの

松下洸平、朝ドラから久しぶりの“無名スター”に 今後は別畑から実力派起用も増える?|Real Sound|リアルサウンド 映画部

松下 洸平

ヒロイン・喜美子の相手役・八郎を演じている松下洸平である。 彼が登場してからというもの、作品の注目度は上昇、Twitterでは「八郎沼」なるハッシュタグが作られ、話題になったり、松下洸平自身のSNSのフォロワーが急増したりするなど、人気を集めている。 お茶の間的にほぼ無名だった俳優が、このように朝ドラ出演によって脚光を浴び、人気者になるケースは、『あさが来た』で五代才助(友厚)を演じたディーン・フジオカ以来ではないだろうか。 とはいえ、もちろんその起用法や注目のされ方は、大きく異なる。 朝ドラ出演=次のステップに行くための役割 思えば朝ドラは2010年代に入り、『ゲゲゲの女房』で放送時間を変えて再生したこと、『おひさま』(2011)や『梅ちゃん先生』(2012)頃から女性プロデューサーが増加したこと、SNSで感想が共有され、注目度が高まったことなどから「イケメン複数制」が定番になってきた。 ヒロインと最終的に結ばれる相手役のほかに、見守ってくれる幼馴染や、初恋相手、人生に影響を与える重要人物などにイケメン俳優が起用される。 近年は、『花子とアン』の幼馴染・窪田正孝のように、報われないからこそ人気者になるケースも多い。 そうした中、戦隊・ライダーなどの特撮系イケメン俳優が出演する流れが出来上がり、朝ドラはそこそこ知名度のある役者が次のステップに行くための役割も果たすようになった。 ただし、一気にたくさんの若手が登場したり、故郷編や上京編、仕事編など、舞台が変わるたびに新たなイケメン俳優が投入されたりすることが多いために、人気や注目が分散・あるいは一過性のものになりがちではある。 そんな中、抜きんでた注目度を獲得したのが、先述のディーン・フジオカである。 どこにいても浮き立つ異質な存在感こそが、同作の脚本家・大森美香に抜擢された理由だった。 英語を話し、あさに「ファーストペンギン」としての道を指し示す存在であることからも、手垢が全くついていないフレッシュさと異物感、圧倒的な華を持つ彼は最適な人材だったろう。 別の畑から逸材を引っ張り出してくる手法は、『あぐり』の野村萬斎と同じパターンでもある。

次の

松下洸平、朝ドラから久しぶりの“無名スター”に 今後は別畑から実力派起用も増える?|Real Sound|リアルサウンド 映画部

松下 洸平

ヒロイン・喜美子の相手役・八郎を演じている松下洸平である。 彼が登場してからというもの、作品の注目度は上昇、Twitterでは「八郎沼」なるハッシュタグが作られ、話題になったり、松下洸平自身のSNSのフォロワーが急増したりするなど、人気を集めている。 お茶の間的にほぼ無名だった俳優が、このように朝ドラ出演によって脚光を浴び、人気者になるケースは、『あさが来た』で五代才助(友厚)を演じたディーン・フジオカ以来ではないだろうか。 とはいえ、もちろんその起用法や注目のされ方は、大きく異なる。 朝ドラ出演=次のステップに行くための役割 思えば朝ドラは2010年代に入り、『ゲゲゲの女房』で放送時間を変えて再生したこと、『おひさま』(2011)や『梅ちゃん先生』(2012)頃から女性プロデューサーが増加したこと、SNSで感想が共有され、注目度が高まったことなどから「イケメン複数制」が定番になってきた。 ヒロインと最終的に結ばれる相手役のほかに、見守ってくれる幼馴染や、初恋相手、人生に影響を与える重要人物などにイケメン俳優が起用される。 近年は、『花子とアン』の幼馴染・窪田正孝のように、報われないからこそ人気者になるケースも多い。 そうした中、戦隊・ライダーなどの特撮系イケメン俳優が出演する流れが出来上がり、朝ドラはそこそこ知名度のある役者が次のステップに行くための役割も果たすようになった。 ただし、一気にたくさんの若手が登場したり、故郷編や上京編、仕事編など、舞台が変わるたびに新たなイケメン俳優が投入されたりすることが多いために、人気や注目が分散・あるいは一過性のものになりがちではある。 そんな中、抜きんでた注目度を獲得したのが、先述のディーン・フジオカである。 どこにいても浮き立つ異質な存在感こそが、同作の脚本家・大森美香に抜擢された理由だった。 英語を話し、あさに「ファーストペンギン」としての道を指し示す存在であることからも、手垢が全くついていないフレッシュさと異物感、圧倒的な華を持つ彼は最適な人材だったろう。 別の畑から逸材を引っ張り出してくる手法は、『あぐり』の野村萬斎と同じパターンでもある。

次の

松下洸平、朝ドラから久しぶりの“無名スター”に 今後は別畑から実力派起用も増える?|Real Sound|リアルサウンド 映画部

松下 洸平

来歴 [ ] 幼少期よりとに慣れ親しみ、である母の元でを、中学からはを始める。 美術系の高校に進学して油絵を専攻 、高校3年生の時に見た映画『』に感動して歌手を志し、高校卒業後はヴォーカル学科 へ進学する。 より自作曲に合わせて絵を描きながら歌う「ペインティング・シンガーソングライター」の 洸平として都内および関東近郊でライブ活動を行う。 同年6月から3ヶ月連続で配信限定シングルをリリースした後、11月にシングル「STAND UP! 」でよりCDデビュー。 「」のイメージソングとして採用される。 には『』()のエンディングに出演し、オリジナル楽曲「おはよう おやすみ」が挿入歌として使用される。 メジャーデビューから1年ほどしてミュージカルのオーディションの話があり、2009年のBROADWAY MUSICAL『GLORY DAYS』で初めての舞台に立つ。 同作への出演を機に「どうしても芝居を続けたい」との思いが芽生え、翌2010年5月に所属事務所をに移籍しあわせて芸名を本名の 松下洸平へと改めて、音楽活動を一時休止して・を中心に俳優として活動を開始する。 舞台・ミュージカル作品への出演を重ねるかたわらで、1月には『』でテレビドラマ初出演、同4月期に『』で連続ドラマ初レギュラー出演を果たすなど、テレビドラマ・映画・CMなどの映像作品にも進出。 一方で、俳優活動の合間を縫って自身の活動の原点と語る音楽制作を再開し、2016年7月にはチャンネルを一般公開して自ら映像編集したミュージックビデオを配信、また年1回のペースでライブを開催する。 続いて2018年に三部作最後の1作となる監督の映画を舞台化した『』に出演し 、同作での演技により平成30年度(第73回)の演劇部門にて新人賞を受賞。 また同作とミュージカル『』 での演技により、第26回にて優秀男優賞ならびに顕著な活躍をした新人に贈られる杉村春子賞を受賞した。 何度もオーディションに落選し「縁がない」と諦めかけていたに、2019年度後期放送の『』で念願の初出演を果たす。 演じるヒロイン・喜美子の相手役となる十代田八郎役に抜擢され、上ではその魅力にどっぷりハマっている意の「沼」を用いた「 八郎沼」が生じるなど 、繊細な演技により一躍注目を集める。 2020年には『』でかつてワークショップに参加した監督により役に起用され、時代劇映画に初出演する。 2020年4月から5月に東京と大阪でソロライブを開催し、音楽活動を本格再始動する。 バラエティ番組でダンス披露 人物 [ ] 特技は絵画、ダンス。 趣味は料理、舞台鑑賞。 曲作りは主にギターで行う。 音楽劇『魔都夜曲』の役作りでピアノを習得し、自身の楽曲で弾き語りを披露している。 性格は自己分析によるとマイペース。 休日はあまり外出せずおひとり様で、掃除好きなことからくまなく掃除をした後、撮り溜めた朝ドラなどを見て過ごすという。 自身も含め、家族全員が。 しかし、朝ドラ『』に出演した際は、基本的には右で作陶するという設定上、右利きを演じた。 文字だけは右手で書けず 、劇中で似顔絵を描くシーンでは左手で描くと上手すぎるとしてあえて右手で描いている。 映画『』では左利きだったとされる役にリアリティを追求し左利きの俳優を求めていた監督により、中でも新鮮でこれからの活躍が期待できるとして起用された。 にて漫画家のが連載している「書き出し小説」に作品を応募したことがある。 出演 [ ] 舞台 [ ]• BROADWAY MUSICAL「GLORY DAYS」(2009年) - ジャック・モイヤー 役• 「」(2010年) - ハチ 役• BROADWAY MUSICAL「ALTER BOYZ Orange」(2010年) - マーク 役• BROADWAY MUSICAL「ALTER BOYZ TOUR FINAL」(2010年) - マーク 役• 「」(2011年) - オサム 役• 音楽劇「リタルダンド」(2011年) - 笹岡恵治 役• ミュージカル「」(2011年、2012年、2013年、2014年、2018年 )- 私 (ネイサン)役• 「恋するブロードウェイvol. 1」(2011年)• 「ヴィラ・グランデ青山〜返り討ちの日曜日〜」(2011年) - 日野康也 役• 朗読劇「緋色の研究」(2012年) - 役• ミュージカル「ネクスト・トゥ・ノーマル」(2013年) - ヘンリー 役• 「十九歳のジェイコブ」(2014年) - ユキ 役• リーディングドラマ「その後のふたり」(2014年) ー 純哉 役• 「PRINCE LIVE 〜2014 Xmas〜」(2014年)• 「」(2015年) - アドルフ・カミル 役• 「PRINCE LIVE 〜2015 SUMMER〜」(2015年)• 崩壊シリーズ - 看場徹 役• 「九条丸家の殺人事件」(2016年)• 「リメンバーミー」(2017年)• ミュージカル「ラディアント・ベイビー〜の生涯」(2016年6月) - カルロス 役• 「」(2016年 、2019年 ) - 新兵 役• 音楽劇「魔都夜曲」(2017年) - 鳥谷良治 役• ミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」(2017年) - アルマン・サン・ジェスト 役• 「TERROR テロ」(2018年) - コッホ少佐 役• 「」(2018年) - 福原浩二 役 テレビドラマ [ ]• (2012年1月3日、)• (2012年4月20日 - 6月22日、) - 進藤松二 役• (2012年10月27日 - 12月15日、) - 平原明憲 役• (2012年11月23・24日、フジテレビ) - 新人俳優 役• 第1話(2013年1月8日、) - 亮 役• (2013年1月12日 - 3月23日、フジテレビ) - 末松進 役• 第11 - 最終話(2013年6月20日 - 7月4日、) - 実行委員長 役• (2013年10月25日 - 12月13日、フジテレビ) - 石和晴彦 役• (2014年4月3日 - 6月29日、) - 辻恵一 役• 第2話(2014年10月21日、フジテレビ) - 松原巡査 役• 第1話(2014年11月22日、NHK)• 第3話(2015年2月2日、フジテレビ) - 奥田 役• 第5話(2015年8月4日、TBS) - 朝比奈公彦 役• 第3話(2015年10月21日、フジテレビ) - 篠崎大和 役• (2016年1月7日、フジテレビ) - 矢島太郎 役• (2016年4月20日、) - 斎藤拓也 役• 第2話(2016年10月28日、) - 野口正晃 役• 第1話(2018年4月14日、) - 北島雄一 役• (2018年7月15日 - 9月2日、NHK BSプレミアム) - 松井広樹 役• 捜査会議はリビングで おかわり! 第3話 - 最終話(2020年2月16日 - 3月22日、NHK BSプレミアム)• 第3話、第5話 - 第7話(2018年7月28日、8月11日 - 9月1日、) - 村田英寿 役• (2019年1月6日、フジテレビ) - 碓氷慎 役• 第3話(2019年4月22日、フジテレビ) - 平田公太 役• (2019年11月20日 - 2020年3月28日、NHK) - 十代田(川原)八郎 役• 最終回(2019年12月20日、NHK BSプレミアム) - 半七 役• (2020年5月18日 - 5月22日 予定 、NHK総合〈関西地域〉) - 常林浩也 役 その他のテレビ番組 [ ]• (2009年4月27日 - 8月28日、) 映画 [ ]• ラララ・ランドリー(2013年、)• (2019年3月15日、) - 下河辺 役• (2020年5月22日公開予定だったが、の影響で延期。 公開日は未定。 「」(2015年)• いきものがかり「」(2016年) CM [ ]• ナロンエースR(2011年)• 「新天地の出会い篇」(2012年)• 「朝マック」(2013年)• 伊右衛門(2014年)• 2015年ホワイトデーTVCM メロディー「Serenade」篇(2015年)• SUUMO(スーモ)カウンター「悩める家族」篇(2018年) ライブ [ ]• 洸平Special Live 〜太陽と星の下で〜(2008年)• 洸平画廊(2009年)• 洸平1st Anniversary Live(2009年)• gravity Live vol. 4(2010年) - ゲスト出演• gravity Special Live in PARCO!! (2010年) - ゲスト出演• 松下洸平 Birthday Event2011〜年男のつぶやき〜(2011年)• KOUHEI MATSUSHITA LIVE 2013 『HOME』」 2013年)• 松下洸平 LIVE 2014 -image-(2014年)• 松下洸平 LIVE 2015 〜CALM〜(2015年)• 松下洸平 LIVE 2016 〜LIVING XMAS〜(2016年)• KOUHEI MATSUSHITA LIVE2017 -acoustic-(2017年)• WEB「松下洸平イラストブログ【絵心伝心】」() 脚注 [ ] []• ニュース. 2019年5月29日. 2019年11月28日閲覧。 ORICON STYLE. 2015年5月1日. 2015年6月11日閲覧。 インタビュー. 2019年12月7日閲覧。 松下洸平 official web. 2013年3月5日閲覧。 Victor Entertainment. 2013年3月5日閲覧。 2015年6月11日閲覧。 松下洸平 2010年5月1日. 松下洸平 official web. 2013年10月26日閲覧。 インタビュアー:武田吏都. ローチケ演劇宣言! 2019年12月5日閲覧。 松下洸平 2016年10月7日. インタビュアー:片桐ユウ. ローチケ演劇宣言! 2019年12月5日閲覧。 インタビュアー:宮崎新之. ローチケ演劇宣言! 2019年11月27日閲覧。 ステージ ナターシャ. 2016年4月17日. 2016年11月14日閲覧。 松下洸平 2016年10月21日. インタビュアー:. スターファイル. 2019年11月27日閲覧。 ナターシャ. 2018年4月8日. 2019年11月27日閲覧。 松下洸平 2018年9月1日. インタビュアー:大原薫. 2019年11月27日閲覧。 ナターシャ. 2018年12月27日. 2019年11月27日閲覧。 インタビュアー:田中里津子. SPICE. 2019年11月27日閲覧。 ナターシャ. 2019年2月5日. 2019年2月5日閲覧。 松下洸平 2019年3月1日. インタビュアー:こむらさき. SPICE. 2019年11月27日閲覧。 インタビュアー:井ノ口裕子. PRIME. 2019年11月28日閲覧。 NHKドラマ. ドラマトピックス. 2019年5月23日. 2019年5月23日閲覧。 ナターシャ. 2019年5月23日. 2019年10月16日閲覧。 Lmaga. 2019年5月28日. 2019年11月27日閲覧。 、2019年、「連続テレビ小説〈スカーレット〉 十代田八郎役・松下洸平 インタビュー」、『』(号)、 p. 2020年1月6日. 2019年12月16日. 2020年3月7日閲覧。 小山美咲 2019年11月27日. シネマトゥデイ. 2019年11月27日閲覧。 安田周平 2019年11月29日. 映画部 blueprint. 2019年11月29日閲覧。 スポーツニッポン新聞社. 2019年12月7日. 2019年12月7日閲覧。 シネマトゥデイ. 2020年3月7日閲覧。 ナターシャ. 2020年2月3日. 2020年2月9日閲覧。 VIPタイムズ社. 2019年11月28日閲覧。 Lmaga. jp、2019年12月30日• 松下洸平 Instagram• Instagram• 松下洸平 2019年12月30日. インタビュアー:岩本. Lmaga. 2020年3月7日閲覧。 松下洸平OFFICIAL WEBSITE 2016年8月19日. 2020年3月31日閲覧。 松下洸平 2019年4月28日. インタビュアー:井ノ口裕子. PRIME. 2019年11月28日閲覧。 スポニチアネックス 2015年12月22日. 2015年12月22日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2018年11月20日. 2018年11月20日閲覧。 、 2019年11月29日閲覧。 NHK連続テレビ小説「スカーレット」 スカーレットブログ• ORICON NEWS. オリコン. 2020-05-14. 2020年5月19日閲覧。 VIPO 若手映画作家育成プロジェクト. 2013年3月5日閲覧。 、 2019年11月29日閲覧。 com. 2020年4月7日. 2020年5月22日閲覧。 クランクイン! ハリウッドチャンネル. 2019年11月28日. 2019年11月28日閲覧。 ORICON STYLE. 2015年3月10日. 2015年6月11日閲覧。 外部リンク [ ]• - (2012年7月13日アーカイブ分)• - チャンネル•

次の