きめつの刃 胡蝶 しのぶ 胡蝶 カナエ。 きめつの刃 折り紙 飾り方

胡蝶カナエ (こちょうかなえ)とは【ピクシブ百科事典】

きめつの刃 胡蝶 しのぶ 胡蝶 カナエ

使用する呼吸:蟲の呼吸 誕生日:2月24日 年齢:18歳 身長:151cm 体重:37kg 出身地:東京府 北豊島郡 滝野川村(現:北区 滝野川) 趣味:怪談話 好きな物:生姜の佃煮 蟲の呼吸の使い手で、蟲柱。 蝶の髪飾りと、蝶の羽を模した羽織を着用している。 善逸が「それ(容姿)だけで食べていけそう」というほど美人である。 那多蜘蛛山での戦いで初登場となった。 幼少期に鬼によって家族を惨殺された。 そこを鬼殺隊の隊員に助けられ、姉に胡蝶カナヲと共に鬼殺隊へと入った。 しかし、姉は上弦の弐である童磨に殺害されてしまう。 姉は「鬼と仲良くしたい」という考えを持っており、しのぶはその意思を受け継ごうとする。 しかし、鬼への憎悪を払拭できず、カナヲの意思は歪な形でしのぶに受け継がれている。 那多蜘蛛山で鬼に命乞いをされた際には、「正しく罰を受けて生まれ変わるのです。 そうすれば私たちは仲良しになれます。 」と笑顔で話し、目玉をほじくり出したり、腹を切って内臓を引き摺り出したり、拷問を行おうとした。 自身の考えが歪んでいるのは自覚しており、炭治郎に鬼への憎悪が捨てられないことを打ち明けた。 その際、鬼の境遇を理解して同情する炭治郎に、「自分の代わりに君が頑張ってくれていると思うと私は安心する。 気持ちが楽になる。 」と話した。 か細い女性であり、柱の中でも最も非力である。 鬼の頸を斬り落とす力を持っていないが、鬼が嫌う藤の花から抽出した毒で鬼を滅する。 この毒はしのぶが独自に作り上げたものである。 鬼の頸を刎ねる必要がないので、しのぶの日輪刀は刀の中間部分だけが極端に細く、先端が鉤爪のようになっている。 この部分を敵に刺して毒を注入する。 刀を鞘にしまう際に毒の配合を変えることができる。 その際には「バチン」という特殊な音がなる。 鬼と戦う場合には頸を斬らなければならない為、ほとんどの呼吸の技が切断する技になっているが、しのぶが使う蟲の呼吸は刺突技が多い。 医学にも精通しており、しのぶが所有する『蝶屋敷』では鬼殺隊士の手当てが行われている。 炭治郎たちも那多蜘蛛山での戦いの後に蝶屋敷へと運ばれた。 それ以降、炭治郎たちにとって蝶屋敷は拠点のような場所になっている。 それ故、しのぶと炭治郎たちの距離は近く、母親のことを忘れてしまっている嘴平伊之助は、しのぶのことを母親と重ね合わせていた。 継子に炭治郎と同期である栗花落カナヲがいる。 カナヲは親が人買いに売り渡されており、しのぶとカナエが保護した。 胡蝶しのぶの来歴・活躍 拷問を迫るしのぶ 水柱の冨岡義勇と共に那多蜘蛛山の戦いに援軍として現れる。 鬼殺隊の面々を操って殺し合わせたり、繭にして殺害していた鬼の元に訪れる。 しのぶの強さを肌で感じた鬼は、下弦の伍である累に無理やり従わされていることを告げる。 しのぶは笑顔で「それは痛ましい。 助けてあげます。 仲良くしましょう。 」と言うが、しのぶは鬼に人間を何人殺したのかを問い質す。 その鬼は80人以上の人間を殺していた。 しのぶは「人の命を奪っておいてなんの罰もないなら、殺された人が報われません。 人を殺した分だけ私がお嬢さんを拷問します。 目玉をほじくり出したり、お腹を切って内臓を引き摺り出したり、その痛み、苦しみを耐え抜いた時、あなたの罪は許される。 」と告げた。 それを聞いた鬼はしのぶを攻撃する。 しのぶは『蟲の呼吸 蝶の舞 戯れ』を使って鬼を毒殺した。 その後、しのぶは禰豆子を見つけ、即座に殺害しようとする。 しかし、それを義勇に阻止される。 柱たちが一堂に会する『柱合会議』で禰豆子のが人を襲わないことが証明され、しのぶは負傷した炭治郎を自身の屋敷で引き受ける。 数日後、屋敷で訓練する炭治郎の元へ現れる。 しのぶは「君には私の夢を託そうと思って」と話した。 その時、炭治郎はしのぶから怒りの匂いがすることに気付く。 それを指摘されたしのぶは、姉が鬼に殺害された事、姉が炭治郎のように優しく鬼に憐れみの心を持っていたことを話した。 しのぶは姉の想いを継ごうとしたが、鬼への憎しみは募るばかりだった。 しのぶは立ち去る間際に「自分の代わりに君が頑張ってくれていると思うと私は安心する。 気持ちが楽になる。 」と話して姿を消した。 姉の仇である童磨との遭遇 童磨と遭遇したしのぶ 異空間・無限城にて、姉であるカナエを殺害した上弦の弐である童磨と遭遇し、戦闘となる。 しのぶは童磨に「今まで会った柱の中で最も早い」と称された。 そのスピードを持って童磨に毒を注入することができたが、童磨は毒を分解してしまった。 しのぶは毒の配分を変え、何度も毒を打ち込む。 しかし、しのぶは童磨から斬りつけられ重傷を負う。 童磨は「毒じゃなく頚を斬れたら良かったのにね。 あーー無理かあ君小さいから」と話した。 しのぶは「あとほんの少しでも体が大きかったら鬼の頚を斬ってたおせたかなあ」「姉さんは華奢だったけど私より上背があった」「悲鳴嶼さんいいなあ。 あの人が助けに来てくれたら皆安心するよね」と泣き言を吐いた。 その時、しのぶの前に姉のカナエが現れ「しっかりしなさい。 泣くことは許しません。 立ちなさい。 蟲柱 胡蝶しのぶ。 」「しのぶならちゃんとやれる。 頑張って。 」と言う。 しのぶは立ち上がり、渾身の突きを童磨の頸に叩き込んだ。 しかし、童磨は全ての毒を分解した。 そして童磨はしのぶを抱きしめ「えらい!よく頑張ったね!こんな弱い女の子がここまでやれるなんて!姉さんより才も無いのによく鬼狩りをやってこれたよ!今まで死ななかったことが奇跡だ!」と涙を流した。 童磨から最後の言葉を聞かれたしのぶは「地獄に堕ちろ」と言う。 そこへしのぶの継子である栗花落カナヲがやってくる。 しのぶはハンドサインで童磨の血鬼術の能力を知らせる。 そして童磨に喰われて死亡した。 童磨を倒すために喰われることを決めていた しのぶは鬼殺隊の長である産屋敷耀哉から、上弦の鬼には藤の花の毒が効かないことを予見されていた。 そこで無惨に反旗を翻している鬼・珠世と共に毒を改良していた。 そして、藤の花の毒を日々摂取していた。 それにより、しのぶの身体自体が毒の塊となっていた。 しのぶはカナヲに童磨を倒す方法を伝えていた。 それはしのぶが喰われて、童磨を弱体化させる方法だった。 伊之助がカナヲに合流し、二人で童磨と戦うが、それでも童磨は優勢に戦いを進めていた。 そこでしのぶを喰ったことで毒が回り、童磨の身体が溶け出す。 カナヲは動体視力を極限にまで引き上げる技『花の呼吸 終ノ型 彼岸朱眼』を使い、童磨の頸に迫る。 童磨の血鬼術で凍らされるが、伊之助が日輪刀を投げ、カナヲの刀を押し込んだことで、童磨は頸を落とされた。 童磨は死後の世界でしのぶに再会する。 しのぶは童磨に「あ、やっと死にました?良かった。 これで私も安心して成仏できます。 」と言う。 童磨は生まれてこのかた、何も感じたことが無かった。 しかし、そんなしのぶを見て、童磨は初めて恋心を抱いた。 童磨は「今はもう無い心臓が脈打つような気さえする。 これが恋というやつかなぁ。 可愛いねしのぶちゃん。 俺と一緒に地獄に行かない?」と言うが、しのぶは「とっととくたばれ糞野郎」と返した。 その後、しのぶは姉のカナエと共に両親の元へたどり着いた。

次の

きめつの刃 折り紙 飾り方

きめつの刃 胡蝶 しのぶ 胡蝶 カナエ

胡蝶しのぶとは、鬼殺隊の最高戦力「柱」の1人です。 自身の開発した 鬼殺しの毒を、日輪刀を通じて鬼に注入することで鬼を倒します。 首を切らずに鬼を倒すことができる唯一の柱です。 首を切らない特殊な戦闘方法のため、蝶のように舞い蜂のように刀を突き刺す独自の型「蟲の呼吸」を使い戦います。 隊士の怪我の治療も行う 両親が薬学の仕事に従事していたこともあり、鬼を殺す毒の開発だけでなく、回復医療にも精通しています。 怪我を負った隊士の治療も行う、鬼殺隊に欠かせない存在です。 胡蝶しのぶの来歴 竈門炭治郎立志編 那田蜘蛛山での戦いで初登場。 残虐な言葉で鬼を追い込み、流麗な蟲の呼吸で鬼を討伐。 過去、鬼に姉を殺されており、鬼を恨んでいます。 しかしその裏には 「鬼と仲良くする」という姉の想いを継ぎたいと思う面もあり、鬼との接し方に日々葛藤しているのでした。 2つの想いに長年悩んできたしのぶは、炭治郎に「鬼と仲良くしてほしい」と姉の夢を託すのです。 無限城編 産屋敷にもとに鬼舞辻無惨が襲来。 隊士たちは無惨の根城「無限城」に吸収され、ついに総力戦が始まります。 しのぶは無限城内で、 姉の仇である童磨と対峙。 柱3人分に匹敵する上弦の鬼を相手にしながら戦うしのぶ。 渾身の一撃を放つも毒を分解され、童磨に吸収されてしまうのでした。 しかし、土壇場で しのぶが体に仕込んでいた毒が童磨を弱体化。 その隙をついて、カナヲと伊之助が童磨の首の切断に成功するのです。 最終決戦編 鬼の始祖無惨と生き残った隊士たちがついに対峙。 しかし、無惨の圧倒的な力を前に次々と柱が離脱していきます。 ついには炭治郎1人になってしまいますが、 しのぶと珠世が共同開発した薬が発動し、無惨を大幅に弱体化。 無惨討伐の逆転の一手となります。 主役級キャラクターの紹介記事 最愛の姉の死後、姉の思いを絶やさぬために、しのぶは2つのことを実行します。 1つ目は「 姉が好きだと言ってくれた笑顔を絶やさぬこと」。 元々短気な性格でしたが、頻繁に笑顔を振りまくようになります。 2つ目は「 鬼を殺し、鬼と人を救うこと」。 これは胡蝶カナエの夢であり、しのぶはこの夢を受け継ぐことを決意します。 鬼を哀れみ、殺しの因果から解放しようとした姉カナエの願いを実現するために。 しかししのぶは、鬼を哀れむ気持ちをずっと理解できずにいました。 鬼に対して募るのは憎悪ばかり。 「 鬼を哀れむべき。 でも憎んでしまう。 」という2つの思いに板挟みになりながら、しのぶは鬼殺を続けるのです。 可愛さとは裏腹に毒舌 しかしこれは、格上である上弦の弐に勝つためにしのぶが考えた、捨て身の罠でした。 しのぶは上弦の弐が女を喰うという情報を事前に手に入れており、自分の体に毒を仕込みあえて喰われることで倒すことを画策していたのです。 約1年間かけて しのぶの全身に仕込まれた毒は計37kg。 致死量の70倍に相当する毒を摂取した童磨は、全身がドロドロに崩れ落ち、立つこともままならない状態。 そして毒で弱りきった童磨を、カナヲと伊之助が追い詰め、ついに首を切断するのです。 上弦の弐に勝てたのは、しのぶの死があってこそでした。 主要キャラの生存・死亡状況 現代にて転生者が登場 現代編にて、しのぶの転生者と思われる人物が登場。 高校生として、 カナエの転生者と仲良く登校する姿が描かれています。 カナエと姉妹の関係かは確定していませんが、現代にて再び最愛の姉と再会することができたのでした。 現代編の子孫・転生者について 胡蝶しのぶの名言セリフ(毒舌) 元々短気で勝気な性格だったこともあり、時おり刺々しい言葉を放つしのぶ。 そんなしのぶの印象的なセリフを一部ご紹介します。 「とっととくたばれ糞野郎」 カナヲと伊之助に首を切られた上弦の弐「童磨」は、死後の世界と思われる場所でしのぶと再会。 そこでしのぶは、童磨からまさかの愛の告白? を受けます。 それに対して遠慮なく、笑顔で「とっととくたばれ糞野郎」と言い放つのです。 「そんなだからみんなに嫌われるんですよ」 那田蜘蛛山で、鬼をかばう冨岡義勇に対して放った言葉。 感情をあまり出さない義勇ですが、この一言には流石に気にする仕草を見せます。 また、しのぶが人に対して初めて辛辣な言葉を口にしたシーンでもあり、しのぶのセリフの中でも特に印象的です。 「できて当然ですけれども」 「全集中の呼吸・常中」の会得に苦労している伊之助に対して放った言葉。 プライドの高い伊之助の心に深く突き刺さります。 一見意地悪な発言にも見えますが、実は伊之助を鼓舞するためでした。 しのぶの初登場は5〜6巻 胡蝶しのぶの初登場巻は5巻。 そして6巻では、ふわふわしているように見えながらも、 実は心の底では抑えきれないほどの「怒り」を持っているしのぶの内面が描かれています。 U-NEXTではお試し登録することで、無料で鬼滅の刃6巻を読むことができます。 アニメとは少し違った漫画版の演出を見たい方は、以下のリンクから6巻を無料で読みましょう! 胡蝶しのぶの担当声優・基本情報 声優は早見沙織さん 胡蝶しのぶの声を担当されたのは「早見沙織」さんです。 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 』の雪ノ下雪乃や『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の新垣あやせなど、可愛らしい女性キャラを演じられています。 プロフィール 名前 胡蝶しのぶ 階級 蟲柱(むしばしら) 誕生日 2月24日 身長 151cm 体重 37kg 出身地 (東京都 北区 滝野川) 趣味 怪談話 好きなもの 生姜の佃煮 主役級キャラクターの紹介記事.

次の

『鬼滅の刃』受け継がれる胡蝶カナエの遺志、果たされる胡蝶しのぶの怒り|Real Sound|リアルサウンド ブック

きめつの刃 胡蝶 しのぶ 胡蝶 カナエ

カナエはカナヲを見ると妹と共に奴隷商人からカナヲを買い取って保護します。 汚い格好だったカナヲを自分の屋敷で育てますが、感情が無くなっていて自分で何も出来ないカナヲを甲斐甲斐しく可愛がっていました。 まるで娘や末っ子の妹にように見ていたのかもしれませんし、カナヲ行動する際の指針となるコインを渡した張本人です。 カナヲの回想シーンで出てくるのが、しのぶとカナエだった事から、よほど自分の中でこの二人の存在がいかに大きいか分かります。 奴隷だった自分を救ってくれて、大きな愛情で育ててくれた二人はとても大切な存在でしょう。 二人とも鬼に殺されそうになっていた時に、岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)に助けてもらっており、その流れで二人とも鬼殺隊に入りました。 自分たちと同じ境遇で苦しんでいる人を一人でもなくしたい為です。 柱となっていてもカナエのキャラは変わらず、いつも正論を言ってる妹が姉を注意しますが、ほのぼのとした理屈の合ってない答えに怒ってしまいます。 仲がいい、睦まじい光景が三人の中には広がっていました。 カナエは炭治郎と同様に鬼に同情し、人と一緒に鬼も救いたいと考えていました、鬼に殺される時の瞬間まで。 しのぶには鬼殺隊を離れて普通の女の子として結婚して長生きしてほしいと死ぬ間際に伝えます。 しかし、しのぶは鬼に両親を、そして姉を殺されている状況でその言葉を受け入れる事が出来なかったのです。 しのぶは姉の『鬼とも仲良くできる』という言葉と、大好きで尊敬していた姉からの、『しのぶの笑顔が好き』と言った言葉が彼女の原動力となっています。 他にも、この素晴らしい世界に祝福を!の『ダクネス』役や、ソードアート・オンライン アリシゼーションの『アリス・シンセシス・サーティ』役などを担当されています。 ダクネスのドMのイメージが、カナエのほんわかした感じのギャップが凄くて流石声優さんって感じです。 まとめ 「あらあら」が口癖でほんわかした印象のカナエですが、柱になっているのは並大抵の努力では出来なかったはずです。 日常的にしのぶから突っ込まれているものの敬愛されており人柄も癖の多い柱の中でも相当まともな人物だったのでしょう。 またカナヲにとっては命の恩人にも当たる存在で、文字通り人生を変えてくれた大切な人です。 しのぶとカナヲにとってかけがえない存在だったカナエ。 次のアニメでもエピソードがあれば見てみたいです。 是非、鬼滅の刃の続編を出してほしいものです。 以上、元花柱・胡蝶カナエについてでした。

次の