ペリ メーター ゾーン。 業務効率にも影響する・・!?ペリメータゾーンについて解説!!

個別空調とセントラル空調、何が違う?それぞれのメリット・デメリットを解説|officee magazine

ペリ メーター ゾーン

熱輸送方式にはいくつかの種類があり、それぞれ適合する用途が異なりますので、ここで紹介していきます。 外気の熱エネルギーが室内のエンタルピーより低い場合に外気を取り入れることにより、室内を冷房すること。 設備のイニシャルコストで高い割合を占める空調設備の簡易的な負荷計算方法を説明します。 デフロストとは除霜のことで、暖房時は室外機が冷房運転しているようなものなので、その為外気温が低く、湿度が高めの場合室外機熱交換器が霜付きを起こします。 インテリアゾーンとは、建築物内部で外壁からの熱的影響を受けない区域のこと。 手計算による最大負荷計算法は、ブラックボックスのない、合理的で、グレイドの高い計算結果が得られます。 「手計算による最大負荷計算法」と「設計用最大熱負荷計算法」の相違を比較すれば、前者は Respones Factors 法を用いた、非定常の計算法であり、後者は旧来の手計算法(空気調和ハンドブック等)と同等の、定常計算による計算法であり、計算法の合理性及び計算精度は、以前に発表された「前者」の方が、最近発表された「後者」より、数段グレイドが高いといえます。 冷房負荷とは、一定の温湿度条件を保つために冷房時に取り除かなければいけない熱量のことをいいます。 暖房負荷とは冷房負荷とは逆で、暖房時に必要な熱量のことをいいます。 湿り空気線図といえば、主に「湿り空気h-x線図」の事を指すのが一般的になっている。 空気の状態や熱的変化知るのために、主に用いられる。 空調・換気設備に関する用語について説明します。 エアハンドリングユニット(エアハン)は一般的に空調機と呼ばれていますが、エアコンディショナー(エアコン)も空調機といわれています。 この際、一般に冷房基準で送風量を算出します。 エアハンドリングユニットの温水コイルの加熱能力の求め方について、例題を用いて説明します。 室1の熱負荷計算を行った結果、冷暖房負荷の最大値を示します。 エアハンは空調を行いながら換気を行いますが 、この際必要換気量分を取込み外気量とします。 空調機における冷房除湿量についての計算方法を紹介します。 必要加湿量の計算方法 必要加湿量は次式によって求めることができます。 つまり、デシカント空調とは乾燥剤を使用し空調を行うシステムです。 放熱器は基本的に外気に面するガラス窓に沿って配置し、窓からの冷気が室内に侵入してくるのを防ぐと暖房効果があがります。 冷凍機を容量を求めるにあたり、建物全体の冷房負荷を処理できる容量が必要になります。 空調の系統がいくつにも分かれている場合、個々の系統の最大負荷時を処理できる能力が必要になります。 容量を求める際は、建物全体としての熱負荷が最大となる時間の系統ごとの負荷値の合計で算定します。 熱負荷計算には、定常熱負荷計算と非定常熱負荷計算の方法があり、主に数値の最大値から機器等の容量を求めたり、年間熱負荷集計からランニングコストを算出するのに用います。 熱負荷計算では、設計条件の熱整備が必要となります。 クリーンルームとは、『空気中における浮遊粒状物質が規定されたレベルに管理され、必要に応じて温度、湿度、圧力などの環境条件も管理されている囲まれた空間』とJISに定義されています。 空調ゾーニングとは、範囲ごとに空調系統を区分し、その区分ごとに空調方式を定めることをいいます。 主に、方位別ゾーニング、使用時間別ゾーニング、空調条件別ゾーニング、負荷傾向別ゾーニングがあり、空調計画においては最も重要になります。 冷却塔を設置する際に騒音対策が必要とされます。 冷却塔設置場所に防音壁などを設置し、騒音防止条例の値より低くなるよう設計する必要があります。 ここでは、エアコンのポンプダウンの手順について説明していきます。 尚、冬や長期間使用していない場合については、10分運転、10分停止、してからポンプダウンの手順に入ります。 エアコンの取外し方の手順、ポンプダウン方法を説明していきます。

次の

個別空調とセントラル空調、何が違う?それぞれのメリット・デメリットを解説|officee magazine

ペリ メーター ゾーン

個別空調とセントラル空調の違い 個別空調は、フロア毎あるいは部屋毎に空調のON/OFFや冷暖房の切り替え、温度調節ができるタイプ。 各フロアまたはゾーン毎に熱源が分散設置されています。 中規模以下のビルは、ほとんどこの個別空調方式を採用しています。 一方、セントラル空調は別名「中央管理空調/中央式空調」とも呼ばれ、中央管理室等で一元的に制御されているタイプ。 熱源は一箇所(地下や屋上にある機械室など)にまとまっています。 1フロアが300坪を超えるような大型ビルでは、ほとんどがセントラル空調が採用されています。 ごく稀ではありますが、ビルオーナーによっては大型物件でも個別空調を採用している場合も。 また、元々セントラル空調しか設置されていなかったビルに後から個別空調を設置するなどして、セントラル空調・個別空調が併用されているケースもあります。 個別空調のメリット・デメリット 個別空調には、下記のようなメリット・デメリットがあります。 使用制限もなく、基本的には24時間使用可能です。 ただし、中には個別空調でも自由に設定を変更できないケースがあるので、内見の際などに必ずご確認ください。 内装工事で各部屋毎に独立させることもしやすく、たとえば執務室では暖房を、サーバールームでは冷房を入れるなど、目的に応じて設定を変更することができます。 電気基本料金がある場合は、その料金にプラスされます。 セントラル空調のメリット・デメリット 一方、セントラル空調のメリット・デメリットとしては下記が挙げられます。 コアタイム間の空調使用料は共益費に含まれているケースがほとんどのため、別途費用はかかりません。 ただし、コアタイムは土日祝日が除外されるケースが多く、「7:30~19:00、9:30~18:00」など建物全体で一律設定されている場合もあれば、「一日連続9時間」という形で時間帯をテナント毎に設定できる場合など、ビルによって実に様々。 コアタイム以外での営業活動がほとんどない企業であれば、費用を抑えることができます。 特に季節の変わり目では、ビル全体で暖房/冷房が一斉に切り替えられるため、暑さ、寒さを感じる場面も多いようです。 ただ、中には各室で温度調整ができるセントラル空調もありますので、賃貸前に確認することをおすすめします。 大型ビルの空調について 大型のオフィスビルの場合、導入している空調システムや管理方法は実に様々です。 ここでは、オフィスを借りる際に意識しておくべきポイントをいくつかご紹介します。 たとえば、ゾーン毎にオンオフを切り替えることができれば、不必要に空調を稼働させることもなく、無駄な電力消費を減らすことができたりします。 また、古いセントラル空調だとコアタイム外の空調利用が1時間単位になってしまうところを、新しいタイプだと分単位で調整ができる場合もあります。 新築物件などで導入されるケースが増えてきました。 運用上はセントラル空調ですが、手元のスイッチで個別に風量を調整をすることができます。 VAV方式空調が注目されている最大の理由は、省エネルギーや節電、経費削減が期待できるということ。 テナントのコストもかなり軽減されます。 こうした最新の空調システムを採用している物件では、テナントの業務時間帯にあわせてコアタイムを申請できる場合もあり、セントラル空調ではながら個別空調と同等以上の利便性を享受できます。 これが、セントラル空調と個別空調の併用です。 全体的な温度管理はセントラル空調で行い、時間外空調を使用したい際や、温度・風量の微調整として個別空調を用いることができます。 VAV方式空調ほどではありませんが、コストを抑えやすく快適性も上がるので、メリットが多いです。 ペリメータゾーンとは、建物の窓や外壁に面するエリアのこと。 屋外の影響(外気温や日差し等)を受けるため、空調で設定した温度通りにならず、高温・低温になりやすいという不便さがあります。 一方、インテリアゾーンは屋外の影響を受けにくいため、空調効率が良いエリアとされています。 オフィスビルを選ぶ際は、ペリメーターゾーンの空調対策を行っているかどうかも重要なポイントになります。 大型物件のセントラル空調の場合、ペリメーター空調とインテリア空調に分けられているビルがあります。 空調が分かれていることにより、それぞれ適切な温度設定をすることができ、どのエリアでも快適に過ごせるよう工夫されているのです。 入居後の稼働シーンを想定し、適切な空調選びを 個別空調とセントラル空調にはそれぞれメリット・デメリットがあり、「どちらが良い」と一概には言えないのが空調選びの難しさでもあります。 また、大型物件の場合はセントラル空調・個別空調の併用があったり、セントラル空調でも個別空調のように調整できるシステムがあったりと、ビルによってかなり異なってくるものです。 企業ごとに営業時間や利用人数、部屋数など異なってくるため、実際の利用シーンを想定しながらベストな選択をする必要があるでしょう。 移転先オフィスを探す際には、あらかじめ仲介業者に希望条件を伝え、内見時にも必ず空調設備を確認することをおすすめします。

次の

ペリメーターゾーン(ぺりめーたーぞーん)

ペリ メーター ゾーン

【ペリメーターゾーンとインテリアゾーン】 オフィスの空調に関わる言葉として、オフィスには、「ペリメーターゾーン」と「インテリアゾーン」に分けられることをご存じですか?オフィス環境に大きく関わる言葉ですので、是非おさえておきましょう。 空調の管理が難しいスペース 一般的には外壁から内側に3~5mほどの、インテリアの外周部分を指します。 このぺリメーターゾーンは、建物の壁面によってある程度は外部の影響は遮断されているものの、外気や日光によって問題が生じるエリアで、同じように空調を効かせていても、この辺りだけは効きが悪いような場合が頻繁にあります。 外壁や壁から離れた空調の管理が可能スペースです。 夏は冷房、冬は暖房によって空調を調整しますが、近年ではOA機器により冷房負荷が大きくなっている傾向にあります。 オフィス内でよくある現象として、室内中心部のインテリアゾーンが快適なのに、ぺリメーターゾーンでは暑さや寒さが厳しく感じられる場合があります。 単に空調の設定を強くするだけは、今度はぺリメーターゾーンが快適になっても中心部では効きが強すぎるということになってしまいます。 これを解消するために、現在はぺリメーターゾーンに対して有効な解決方法が登場しており、室内温度の一定化や空調効率の改善の為には、考えておきたいものとなっています。 【ぺリメーターレス空調とは】 ぺリメーターレス空調とは、その名の通りぺリメーターゾーンを解消する目的で作られた空調設備のことです。 室内の空気に流れを作ることで、空調の混合損失を解消し、空調機器の効率を改善することと同時に、室内の快適性を確保することを目指せます。 混合損失は空調効率を悪化させるという点で会社のエネルギー事情を悪化させるだけはなく、自然環境にも負担になります。 そのため、働く環境だけでなく、環境問題という点でも今後考える必要があります。 空調は長時間にわたって使うものであるため、無駄の多い状態で長く使えば使う分、実際には不要な費用が発生し続けることとなります。 ぺリメーターレス空調の導入により、イニシャルコストは掛かっても、空調全体のランニングコストを効果的に下げることができれば、それは有益な事でしょう。 企業の資金計画の最適化の為にも、ぺリメーターゾーンへの対策は早めに考えておいても損は無いはずです。 Photo via 【ぺリメーターレス空調の例】 近年様々な終ペリメーターレス空調が出ていますが、とくに有名なぺリメーターレス空調である「エアフローウィンドウ式」と「エアーバリア式」についてご紹介します。 2重ガラス窓の間にブラインドも設置されているので、更に日光を遮る力も強くなっており、この方式は、従来でも高い断熱性を誇る2重ガラス窓よりも強い効果を発揮します。 エアバリア式は一枚ガラス窓でも運用可能なので、比較的導入しやすいと考えられるでしょう。 これらの設備は夏場だけはなく、冬場にも貢献を期待できます。 費用対効果や導入コストなどは、建物ごとに変化するでしょうから、これらの点については、取り扱いのある業者に問い合わせてみると良いでしょう。 空調設備の運用は、企業にとっては悩みの種になることも少なくないでしょう。 ランニングコストももちろんですし、適していない室内温度では職場の人間トラブルに繋がる事もあります。 外壁をリニューアルするなどの大掛かりな対策もありますが、より手軽な方法とも言えるぺリメーターレス空調を使った対策は一考に値するはずです。 大規模改修よりもコストは抑えられるでしょうから、空調システムを入れ替えるのと同時にぺリメーターレス空調による断熱対策を行ったり、照明の交換、断熱窓の導入と併せて行うと言った事も考えやすいでしょう。 ぺリメーターレス空調を導入する方針で考えれば、ビルのリニューアル計画を考える時にも、選択肢を増やせると考えられます。 近年はエアーバリア、エアフローウインドウともに取り扱う業者が増えてきていますので、資料請求をしたり、相談をしてみて、自社オフィスに合ったものを検討して見ては如何でしょうか。

次の