ちょん すん う ぉ ん サッカー。 【サッカー】清水、ラフプレー連発の韓国チーム城南との試合打ち切り 「もう韓国と試合すんな」「韓国相手に試合組む事自体が判断ミス」: 2chサッカーまとめブログ

こんな白熱すんの!?サッカー「FIFA20」の esports大会に潜入してきた

ちょん すん う ぉ ん サッカー

韓国初の市民クラブで、ホームタウンは韓国の南西部、全羅北道の全州市である。 国際タイトルでは2006年と2016年のを2回、国内タイトルではを4回、を3回、(2006年大会を最後に廃止された)を1回の優勝を果たしている。 韓国初の市民クラブ。 12月、財政悪化のためクラブ解体の危機に陥るが、現地に商用車生産拠点を置くの出資により 全北ダイノス( Chonbuk Dinos)として生まれ変わる。 1997年(全北現代ダイノスに改称) [ ] 全北現代ダイノスに改称。 2000年(全北現代モータースに改称) [ ] 5月、 全北現代モータースに改称。 当時、クラブ自体はリーグ戦だと上位進出が少なく、、、さらにはといったカップ戦に強いことで知られるチームであった。 2006年(AFCチャンピオンズリーグ初優勝) [ ] では、グループステージで、準決勝でを下し、初の決勝進出を果たす。 そして決勝戦では、のアル・カラマを第1戦・第2戦通じて3-2で下し、初のアジアの王者に輝いた。 同年12月、アジア代表としてに出場するも、出場6チーム中5位に終わった。 翌にも、前回優勝チームとして決勝トーナメントから出場したものの準々決勝でに敗れた。 この試合でナショナリズム剥き出しのラフプレーを行った挙句、全北の韓国人主将が試合後にレッドカードを提示されて中指を突き立てるという、前代未聞の悪態を晒した。 2009年(リーグ戦初優勝) [ ] クラブ創設15年目にしてリーグ戦1位でチャンピオン決定戦に進出し、に勝利しリーグ戦初優勝を達成した。 2011年 [ ] のグループリーグで、、のグループGを5勝1敗の首位通過で決勝トーナメントに進出した。 のラウンド16でと対戦した。 ホームでの一発勝負を3-0で勝利して準々決勝に進出した。 準々決勝でC大阪と対戦した。 アウェイの第1戦を3-4で敗れたが、ホームの第2戦で6-1と勝利し合計スコア9-5で準決勝に進出した。 の準決勝でと対戦した。 アウェイの第1戦を2-3で勝利するとホームの第2戦でも2-1で勝利し合計スコア5-3で決勝に進出した。 決勝でと対戦した。 ホームでの一発勝負を2-2 PK2-4 で敗れ準優勝に終えた。 2006年以来の優勝はならなかった。 リーグ戦ではチャンピオン決定戦でに勝利し、2年ぶり2度目のリーグ戦優勝を飾った。 「大地震お祝い」横断幕事件 [ ] 2011年9月27日、準々決勝第2戦、全州ワールドカップ競技場でのセレッソ大阪戦で、一部の全北サポーターが「日本の大地震をお祝います(原文ママ)」と、同年に日本で発生したを用いて、を誹謗中傷するを観客席で掲げたため、セレッソ大阪のスタッフが運営側に指摘し、前半途中に幕は撤去された。 当時C大阪社長の藤田信良は「国のことを言われれば、我々としては抗議しなくてはいけない」として試合後、に抗議文を提出した。 これに対し、全北側は謝罪を行い、「今回の一件で失意にくれる日本の国民とサッカーファンに深々とお詫びの言葉を述べさせていただくとともに、今後はこのようなことが再発しないように努力していきます」といった謝罪文を公式ウェブサイトに掲載し 、横断幕を掲げたサポーターには、10年間のホームスタジアム入場禁止の処分が下された。 これに対して韓国メディアは、「気分の良い勝利だったが、グラウンドの外で問題が発生した」と報じ、韓国のインターネット上の一部に「日本のサポーターもを持ち込んだりする」と、本件を擁護する意見があることも報じた (ただしにおけるの発端とされた旭日旗は、当日の試合会場には存在しなかったことが確認済み )。 また一部の韓国メディアは、日本のマスメディアが横断幕を掲げた人物に、モザイクをかけずに横断幕の写真を掲載したことに対して、「物議を醸す出来事を報じる際には観衆の顔をそのまま露出させてはいけない」「特定人物の人格を毀損することになる」と非難した。 一方は、「全州で見られた言葉は、に関係なく、人間として考えられないほど低劣だった」と、横断幕を掲げた人物を厳しく非難した。 2014年-現在(クラブ初のリーグ連覇) [ ] 8回目の出場となったのグループリーグでは、、、 のグループGを2勝2分2敗で2位通過して決勝トーナメントに進出した。 のラウンド16で同国のと対戦した。 ホームの第1戦を1-2で敗れるとアウェイの第2戦でも0-1で敗れ合計スコア1-3で敗退した。 では3回目のリーグ制覇を果たした。 9回目の出場となったではベスト8となった。 Kリーグクラシックでは第5節に首位に立つと、その後一度も譲ることなく連覇を達成した。 八百長事件 2013年に全北現代のスカウトが審判2人に500万ウォン(約46万円)を渡し、チームに有利な判定をするように要求したことが発覚。 このスカウトは懲役6ヶ月、執行猶予2年の有罪判決を受けた。 チームに対しては9月30日、韓国プロサッカー連盟から勝ち点9剥奪と罰金1億ウォン(約920万円)の処分が下った。 勝ち点が剥奪されてもリーグ首位を維持していたが、11月6日、2016年リーグ最終節で同じ勝ち点に並ばれ優勝を争っていたとの直接対決に敗れ、2位でシーズンを終えリーグ3連覇はならなかった。 の出場権を獲得したが、2017年1月に審判買収事件で剥奪された。 2度目のAFCチャンピオンズリーグ優勝 審判不正買収の発覚による勝ち点はく奪でKリーグクラシック3連覇には失敗したが、11月26日、でを下し、2006年以来10年ぶりとなる2度目の優勝を決めた。 2006年以来なる2回目の出場となったにAFC代表として出場し、準々決勝で北中米カリブ王者・(メキシコ)に1-2で敗れ、5位決定戦ではアフリカ王者・(南アフリカ)を4-1で下して5位に終わった。 1月18日、アジアサッカー連盟は審判買収事件での出場権を剥奪する決定を下したと発表した。 全北現代はこの判定を不服としてスポーツ仲裁裁判所へと訴えを起こしたが 、スポーツ仲裁裁判所はこの訴えを受理しないことを決め、全北現代の出場停止は妥当であると認めた。 「処分保留狙い」は失敗になった。 タイトル [ ] 国内タイトル [ ]• :7回• 2009, 2011, 2014, 2015, 2017, 2018, 2019• :3回• 2000, 2003, 2005• :1回• 2004 国際タイトル [ ]• :2回• 2006, 2016 過去の成績 [ ] シーズン ディビジョン チャンピオンシップ リーグ 試 勝 分 敗 得 失 点 順位 1995 前期7位 後期4位 - 資格なし 1996 Kリーグ 前期5位 後期7位 準々決勝敗退 資格なし 1997 Kリーグ 6位 ベスト16 大会なし 1998 Kリーグ 6位 ベスト16 資格なし 1999 Kリーグ 7位 準優勝 資格なし 2000 Kリーグ 27 11 4 12 34 40 37 4位 優勝 4位 2001 Kリーグ 27 5 10 12 23 33 25 9位 準決勝敗退 大会なし 2002 Kリーグ 27 8 11 8 37 36 35 7位 準々決勝敗退 大会なし 2003 Kリーグ 44 18 15 11 72 58 69 5位 優勝 大会なし 2004 Kリーグ 24 8 8 8 23 18 32 前期2位 後期12位 準々決勝敗退 資格なし 2005 Kリーグ 24 4 6 14 24 41 18 前期11位 後期12位 優勝 資格なし 2006 Kリーグ 26 5 11 10 24 34 26 前期7位 後期13位 ベスト16 資格なし 2007 Kリーグ 26 9 9 8 36 32 36 8位 ベスト16 資格なし 2008 Kリーグ 26 11 4 11 39 37 37 6位 準々決勝敗退 2回戦敗退 2009 Kリーグ 28 17 6 5 59 33 57 1位 準決勝敗退 優勝 2010 Kリーグ 28 15 6 7 54 36 51 3位 準々決勝敗退 3位 2011 Kリーグ 30 18 9 3 67 32 63 1位 ベスト16 優勝 Kリーグ 44 22 13 9 82 49 79 2位 準々決勝敗退 大会なし 2013 38 18 9 11 61 49 63 3位 準優勝 2014 Kクラシック 38 24 9 5 60 22 81 1位 準決勝敗退 Kクラシック 38 22 7 9 57 39 73 1位 ベスト16 Kクラシック 38 20 16 2 71 40 67 2位 準々決勝敗退 2017 Kクラシック 38 22 9 7 73 35 75 1位 ベスト32 2018 Kリーグ1 38 26 8 4 75 31 86 1位 ベスト16 2019 Kリーグ1 38 22 13 3 72 32 79 1位 ベスト32 2020 Kリーグ1 位 注:Kリーグは2018年からKリーグ1(1部)・Kリーグ2(2部)の2部制に移行している。 2018年以降のリーグ戦の成績はKリーグ1のもの。 現所属メンバー [ ] No. Pos. 選手名 1 2 4 6 7 8 9 10 11 チョ・ギュソン 13 14 15 17 19 No. Pos. ローン移籍 [ ] out No. Pos. この間クラブは監督職を置かず、監督代行が指揮を執った) 歴代所属選手 [ ]• 、産経ニュース 2011年9月28日• サッカーキング. 2011年9月28日. 2011年9月29日閲覧。 サッカーキング. 2011年9月30日. 2011年10月1日閲覧。 、『韓国人がタブーにする韓国経済の真実』• 産経新聞. 2011年1月28日. 、FNN 2011年9月28日• 中央日報. 2011年9月30日. 2011年9月30日閲覧。 Qoly Football web magazine. 2017年1月19日閲覧。 Qoly Football web magazine. 2017年1月28日閲覧。 Qoly Football web magazine. 2017年2月5日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (朝鮮語) (英語)• (朝鮮語)• (朝鮮語)• (朝鮮語).

次の

本田圭佑、新型コロナに発言「これ以上俺らの邪魔すんな」

ちょん すん う ぉ ん サッカー

韓国初の市民クラブで、ホームタウンは韓国の南西部、全羅北道の全州市である。 国際タイトルでは2006年と2016年のを2回、国内タイトルではを4回、を3回、(2006年大会を最後に廃止された)を1回の優勝を果たしている。 韓国初の市民クラブ。 12月、財政悪化のためクラブ解体の危機に陥るが、現地に商用車生産拠点を置くの出資により 全北ダイノス( Chonbuk Dinos)として生まれ変わる。 1997年(全北現代ダイノスに改称) [ ] 全北現代ダイノスに改称。 2000年(全北現代モータースに改称) [ ] 5月、 全北現代モータースに改称。 当時、クラブ自体はリーグ戦だと上位進出が少なく、、、さらにはといったカップ戦に強いことで知られるチームであった。 2006年(AFCチャンピオンズリーグ初優勝) [ ] では、グループステージで、準決勝でを下し、初の決勝進出を果たす。 そして決勝戦では、のアル・カラマを第1戦・第2戦通じて3-2で下し、初のアジアの王者に輝いた。 同年12月、アジア代表としてに出場するも、出場6チーム中5位に終わった。 翌にも、前回優勝チームとして決勝トーナメントから出場したものの準々決勝でに敗れた。 この試合でナショナリズム剥き出しのラフプレーを行った挙句、全北の韓国人主将が試合後にレッドカードを提示されて中指を突き立てるという、前代未聞の悪態を晒した。 2009年(リーグ戦初優勝) [ ] クラブ創設15年目にしてリーグ戦1位でチャンピオン決定戦に進出し、に勝利しリーグ戦初優勝を達成した。 2011年 [ ] のグループリーグで、、のグループGを5勝1敗の首位通過で決勝トーナメントに進出した。 のラウンド16でと対戦した。 ホームでの一発勝負を3-0で勝利して準々決勝に進出した。 準々決勝でC大阪と対戦した。 アウェイの第1戦を3-4で敗れたが、ホームの第2戦で6-1と勝利し合計スコア9-5で準決勝に進出した。 の準決勝でと対戦した。 アウェイの第1戦を2-3で勝利するとホームの第2戦でも2-1で勝利し合計スコア5-3で決勝に進出した。 決勝でと対戦した。 ホームでの一発勝負を2-2 PK2-4 で敗れ準優勝に終えた。 2006年以来の優勝はならなかった。 リーグ戦ではチャンピオン決定戦でに勝利し、2年ぶり2度目のリーグ戦優勝を飾った。 「大地震お祝い」横断幕事件 [ ] 2011年9月27日、準々決勝第2戦、全州ワールドカップ競技場でのセレッソ大阪戦で、一部の全北サポーターが「日本の大地震をお祝います(原文ママ)」と、同年に日本で発生したを用いて、を誹謗中傷するを観客席で掲げたため、セレッソ大阪のスタッフが運営側に指摘し、前半途中に幕は撤去された。 当時C大阪社長の藤田信良は「国のことを言われれば、我々としては抗議しなくてはいけない」として試合後、に抗議文を提出した。 これに対し、全北側は謝罪を行い、「今回の一件で失意にくれる日本の国民とサッカーファンに深々とお詫びの言葉を述べさせていただくとともに、今後はこのようなことが再発しないように努力していきます」といった謝罪文を公式ウェブサイトに掲載し 、横断幕を掲げたサポーターには、10年間のホームスタジアム入場禁止の処分が下された。 これに対して韓国メディアは、「気分の良い勝利だったが、グラウンドの外で問題が発生した」と報じ、韓国のインターネット上の一部に「日本のサポーターもを持ち込んだりする」と、本件を擁護する意見があることも報じた (ただしにおけるの発端とされた旭日旗は、当日の試合会場には存在しなかったことが確認済み )。 また一部の韓国メディアは、日本のマスメディアが横断幕を掲げた人物に、モザイクをかけずに横断幕の写真を掲載したことに対して、「物議を醸す出来事を報じる際には観衆の顔をそのまま露出させてはいけない」「特定人物の人格を毀損することになる」と非難した。 一方は、「全州で見られた言葉は、に関係なく、人間として考えられないほど低劣だった」と、横断幕を掲げた人物を厳しく非難した。 2014年-現在(クラブ初のリーグ連覇) [ ] 8回目の出場となったのグループリーグでは、、、 のグループGを2勝2分2敗で2位通過して決勝トーナメントに進出した。 のラウンド16で同国のと対戦した。 ホームの第1戦を1-2で敗れるとアウェイの第2戦でも0-1で敗れ合計スコア1-3で敗退した。 では3回目のリーグ制覇を果たした。 9回目の出場となったではベスト8となった。 Kリーグクラシックでは第5節に首位に立つと、その後一度も譲ることなく連覇を達成した。 八百長事件 2013年に全北現代のスカウトが審判2人に500万ウォン(約46万円)を渡し、チームに有利な判定をするように要求したことが発覚。 このスカウトは懲役6ヶ月、執行猶予2年の有罪判決を受けた。 チームに対しては9月30日、韓国プロサッカー連盟から勝ち点9剥奪と罰金1億ウォン(約920万円)の処分が下った。 勝ち点が剥奪されてもリーグ首位を維持していたが、11月6日、2016年リーグ最終節で同じ勝ち点に並ばれ優勝を争っていたとの直接対決に敗れ、2位でシーズンを終えリーグ3連覇はならなかった。 の出場権を獲得したが、2017年1月に審判買収事件で剥奪された。 2度目のAFCチャンピオンズリーグ優勝 審判不正買収の発覚による勝ち点はく奪でKリーグクラシック3連覇には失敗したが、11月26日、でを下し、2006年以来10年ぶりとなる2度目の優勝を決めた。 2006年以来なる2回目の出場となったにAFC代表として出場し、準々決勝で北中米カリブ王者・(メキシコ)に1-2で敗れ、5位決定戦ではアフリカ王者・(南アフリカ)を4-1で下して5位に終わった。 1月18日、アジアサッカー連盟は審判買収事件での出場権を剥奪する決定を下したと発表した。 全北現代はこの判定を不服としてスポーツ仲裁裁判所へと訴えを起こしたが 、スポーツ仲裁裁判所はこの訴えを受理しないことを決め、全北現代の出場停止は妥当であると認めた。 「処分保留狙い」は失敗になった。 タイトル [ ] 国内タイトル [ ]• :7回• 2009, 2011, 2014, 2015, 2017, 2018, 2019• :3回• 2000, 2003, 2005• :1回• 2004 国際タイトル [ ]• :2回• 2006, 2016 過去の成績 [ ] シーズン ディビジョン チャンピオンシップ リーグ 試 勝 分 敗 得 失 点 順位 1995 前期7位 後期4位 - 資格なし 1996 Kリーグ 前期5位 後期7位 準々決勝敗退 資格なし 1997 Kリーグ 6位 ベスト16 大会なし 1998 Kリーグ 6位 ベスト16 資格なし 1999 Kリーグ 7位 準優勝 資格なし 2000 Kリーグ 27 11 4 12 34 40 37 4位 優勝 4位 2001 Kリーグ 27 5 10 12 23 33 25 9位 準決勝敗退 大会なし 2002 Kリーグ 27 8 11 8 37 36 35 7位 準々決勝敗退 大会なし 2003 Kリーグ 44 18 15 11 72 58 69 5位 優勝 大会なし 2004 Kリーグ 24 8 8 8 23 18 32 前期2位 後期12位 準々決勝敗退 資格なし 2005 Kリーグ 24 4 6 14 24 41 18 前期11位 後期12位 優勝 資格なし 2006 Kリーグ 26 5 11 10 24 34 26 前期7位 後期13位 ベスト16 資格なし 2007 Kリーグ 26 9 9 8 36 32 36 8位 ベスト16 資格なし 2008 Kリーグ 26 11 4 11 39 37 37 6位 準々決勝敗退 2回戦敗退 2009 Kリーグ 28 17 6 5 59 33 57 1位 準決勝敗退 優勝 2010 Kリーグ 28 15 6 7 54 36 51 3位 準々決勝敗退 3位 2011 Kリーグ 30 18 9 3 67 32 63 1位 ベスト16 優勝 Kリーグ 44 22 13 9 82 49 79 2位 準々決勝敗退 大会なし 2013 38 18 9 11 61 49 63 3位 準優勝 2014 Kクラシック 38 24 9 5 60 22 81 1位 準決勝敗退 Kクラシック 38 22 7 9 57 39 73 1位 ベスト16 Kクラシック 38 20 16 2 71 40 67 2位 準々決勝敗退 2017 Kクラシック 38 22 9 7 73 35 75 1位 ベスト32 2018 Kリーグ1 38 26 8 4 75 31 86 1位 ベスト16 2019 Kリーグ1 38 22 13 3 72 32 79 1位 ベスト32 2020 Kリーグ1 位 注:Kリーグは2018年からKリーグ1(1部)・Kリーグ2(2部)の2部制に移行している。 2018年以降のリーグ戦の成績はKリーグ1のもの。 現所属メンバー [ ] No. Pos. 選手名 1 2 4 6 7 8 9 10 11 チョ・ギュソン 13 14 15 17 19 No. Pos. ローン移籍 [ ] out No. Pos. この間クラブは監督職を置かず、監督代行が指揮を執った) 歴代所属選手 [ ]• 、産経ニュース 2011年9月28日• サッカーキング. 2011年9月28日. 2011年9月29日閲覧。 サッカーキング. 2011年9月30日. 2011年10月1日閲覧。 、『韓国人がタブーにする韓国経済の真実』• 産経新聞. 2011年1月28日. 、FNN 2011年9月28日• 中央日報. 2011年9月30日. 2011年9月30日閲覧。 Qoly Football web magazine. 2017年1月19日閲覧。 Qoly Football web magazine. 2017年1月28日閲覧。 Qoly Football web magazine. 2017年2月5日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (朝鮮語) (英語)• (朝鮮語)• (朝鮮語)• (朝鮮語).

次の

【1977年生まれ】サッカー歴代年代別ベストイレブン

ちょん すん う ぉ ん サッカー

韓国初の市民クラブで、ホームタウンは韓国の南西部、全羅北道の全州市である。 国際タイトルでは2006年と2016年のを2回、国内タイトルではを4回、を3回、(2006年大会を最後に廃止された)を1回の優勝を果たしている。 韓国初の市民クラブ。 12月、財政悪化のためクラブ解体の危機に陥るが、現地に商用車生産拠点を置くの出資により 全北ダイノス( Chonbuk Dinos)として生まれ変わる。 1997年(全北現代ダイノスに改称) [ ] 全北現代ダイノスに改称。 2000年(全北現代モータースに改称) [ ] 5月、 全北現代モータースに改称。 当時、クラブ自体はリーグ戦だと上位進出が少なく、、、さらにはといったカップ戦に強いことで知られるチームであった。 2006年(AFCチャンピオンズリーグ初優勝) [ ] では、グループステージで、準決勝でを下し、初の決勝進出を果たす。 そして決勝戦では、のアル・カラマを第1戦・第2戦通じて3-2で下し、初のアジアの王者に輝いた。 同年12月、アジア代表としてに出場するも、出場6チーム中5位に終わった。 翌にも、前回優勝チームとして決勝トーナメントから出場したものの準々決勝でに敗れた。 この試合でナショナリズム剥き出しのラフプレーを行った挙句、全北の韓国人主将が試合後にレッドカードを提示されて中指を突き立てるという、前代未聞の悪態を晒した。 2009年(リーグ戦初優勝) [ ] クラブ創設15年目にしてリーグ戦1位でチャンピオン決定戦に進出し、に勝利しリーグ戦初優勝を達成した。 2011年 [ ] のグループリーグで、、のグループGを5勝1敗の首位通過で決勝トーナメントに進出した。 のラウンド16でと対戦した。 ホームでの一発勝負を3-0で勝利して準々決勝に進出した。 準々決勝でC大阪と対戦した。 アウェイの第1戦を3-4で敗れたが、ホームの第2戦で6-1と勝利し合計スコア9-5で準決勝に進出した。 の準決勝でと対戦した。 アウェイの第1戦を2-3で勝利するとホームの第2戦でも2-1で勝利し合計スコア5-3で決勝に進出した。 決勝でと対戦した。 ホームでの一発勝負を2-2 PK2-4 で敗れ準優勝に終えた。 2006年以来の優勝はならなかった。 リーグ戦ではチャンピオン決定戦でに勝利し、2年ぶり2度目のリーグ戦優勝を飾った。 「大地震お祝い」横断幕事件 [ ] 2011年9月27日、準々決勝第2戦、全州ワールドカップ競技場でのセレッソ大阪戦で、一部の全北サポーターが「日本の大地震をお祝います(原文ママ)」と、同年に日本で発生したを用いて、を誹謗中傷するを観客席で掲げたため、セレッソ大阪のスタッフが運営側に指摘し、前半途中に幕は撤去された。 当時C大阪社長の藤田信良は「国のことを言われれば、我々としては抗議しなくてはいけない」として試合後、に抗議文を提出した。 これに対し、全北側は謝罪を行い、「今回の一件で失意にくれる日本の国民とサッカーファンに深々とお詫びの言葉を述べさせていただくとともに、今後はこのようなことが再発しないように努力していきます」といった謝罪文を公式ウェブサイトに掲載し 、横断幕を掲げたサポーターには、10年間のホームスタジアム入場禁止の処分が下された。 これに対して韓国メディアは、「気分の良い勝利だったが、グラウンドの外で問題が発生した」と報じ、韓国のインターネット上の一部に「日本のサポーターもを持ち込んだりする」と、本件を擁護する意見があることも報じた (ただしにおけるの発端とされた旭日旗は、当日の試合会場には存在しなかったことが確認済み )。 また一部の韓国メディアは、日本のマスメディアが横断幕を掲げた人物に、モザイクをかけずに横断幕の写真を掲載したことに対して、「物議を醸す出来事を報じる際には観衆の顔をそのまま露出させてはいけない」「特定人物の人格を毀損することになる」と非難した。 一方は、「全州で見られた言葉は、に関係なく、人間として考えられないほど低劣だった」と、横断幕を掲げた人物を厳しく非難した。 2014年-現在(クラブ初のリーグ連覇) [ ] 8回目の出場となったのグループリーグでは、、、 のグループGを2勝2分2敗で2位通過して決勝トーナメントに進出した。 のラウンド16で同国のと対戦した。 ホームの第1戦を1-2で敗れるとアウェイの第2戦でも0-1で敗れ合計スコア1-3で敗退した。 では3回目のリーグ制覇を果たした。 9回目の出場となったではベスト8となった。 Kリーグクラシックでは第5節に首位に立つと、その後一度も譲ることなく連覇を達成した。 八百長事件 2013年に全北現代のスカウトが審判2人に500万ウォン(約46万円)を渡し、チームに有利な判定をするように要求したことが発覚。 このスカウトは懲役6ヶ月、執行猶予2年の有罪判決を受けた。 チームに対しては9月30日、韓国プロサッカー連盟から勝ち点9剥奪と罰金1億ウォン(約920万円)の処分が下った。 勝ち点が剥奪されてもリーグ首位を維持していたが、11月6日、2016年リーグ最終節で同じ勝ち点に並ばれ優勝を争っていたとの直接対決に敗れ、2位でシーズンを終えリーグ3連覇はならなかった。 の出場権を獲得したが、2017年1月に審判買収事件で剥奪された。 2度目のAFCチャンピオンズリーグ優勝 審判不正買収の発覚による勝ち点はく奪でKリーグクラシック3連覇には失敗したが、11月26日、でを下し、2006年以来10年ぶりとなる2度目の優勝を決めた。 2006年以来なる2回目の出場となったにAFC代表として出場し、準々決勝で北中米カリブ王者・(メキシコ)に1-2で敗れ、5位決定戦ではアフリカ王者・(南アフリカ)を4-1で下して5位に終わった。 1月18日、アジアサッカー連盟は審判買収事件での出場権を剥奪する決定を下したと発表した。 全北現代はこの判定を不服としてスポーツ仲裁裁判所へと訴えを起こしたが 、スポーツ仲裁裁判所はこの訴えを受理しないことを決め、全北現代の出場停止は妥当であると認めた。 「処分保留狙い」は失敗になった。 タイトル [ ] 国内タイトル [ ]• :7回• 2009, 2011, 2014, 2015, 2017, 2018, 2019• :3回• 2000, 2003, 2005• :1回• 2004 国際タイトル [ ]• :2回• 2006, 2016 過去の成績 [ ] シーズン ディビジョン チャンピオンシップ リーグ 試 勝 分 敗 得 失 点 順位 1995 前期7位 後期4位 - 資格なし 1996 Kリーグ 前期5位 後期7位 準々決勝敗退 資格なし 1997 Kリーグ 6位 ベスト16 大会なし 1998 Kリーグ 6位 ベスト16 資格なし 1999 Kリーグ 7位 準優勝 資格なし 2000 Kリーグ 27 11 4 12 34 40 37 4位 優勝 4位 2001 Kリーグ 27 5 10 12 23 33 25 9位 準決勝敗退 大会なし 2002 Kリーグ 27 8 11 8 37 36 35 7位 準々決勝敗退 大会なし 2003 Kリーグ 44 18 15 11 72 58 69 5位 優勝 大会なし 2004 Kリーグ 24 8 8 8 23 18 32 前期2位 後期12位 準々決勝敗退 資格なし 2005 Kリーグ 24 4 6 14 24 41 18 前期11位 後期12位 優勝 資格なし 2006 Kリーグ 26 5 11 10 24 34 26 前期7位 後期13位 ベスト16 資格なし 2007 Kリーグ 26 9 9 8 36 32 36 8位 ベスト16 資格なし 2008 Kリーグ 26 11 4 11 39 37 37 6位 準々決勝敗退 2回戦敗退 2009 Kリーグ 28 17 6 5 59 33 57 1位 準決勝敗退 優勝 2010 Kリーグ 28 15 6 7 54 36 51 3位 準々決勝敗退 3位 2011 Kリーグ 30 18 9 3 67 32 63 1位 ベスト16 優勝 Kリーグ 44 22 13 9 82 49 79 2位 準々決勝敗退 大会なし 2013 38 18 9 11 61 49 63 3位 準優勝 2014 Kクラシック 38 24 9 5 60 22 81 1位 準決勝敗退 Kクラシック 38 22 7 9 57 39 73 1位 ベスト16 Kクラシック 38 20 16 2 71 40 67 2位 準々決勝敗退 2017 Kクラシック 38 22 9 7 73 35 75 1位 ベスト32 2018 Kリーグ1 38 26 8 4 75 31 86 1位 ベスト16 2019 Kリーグ1 38 22 13 3 72 32 79 1位 ベスト32 2020 Kリーグ1 位 注:Kリーグは2018年からKリーグ1(1部)・Kリーグ2(2部)の2部制に移行している。 2018年以降のリーグ戦の成績はKリーグ1のもの。 現所属メンバー [ ] No. Pos. 選手名 1 2 4 6 7 8 9 10 11 チョ・ギュソン 13 14 15 17 19 No. Pos. ローン移籍 [ ] out No. Pos. この間クラブは監督職を置かず、監督代行が指揮を執った) 歴代所属選手 [ ]• 、産経ニュース 2011年9月28日• サッカーキング. 2011年9月28日. 2011年9月29日閲覧。 サッカーキング. 2011年9月30日. 2011年10月1日閲覧。 、『韓国人がタブーにする韓国経済の真実』• 産経新聞. 2011年1月28日. 、FNN 2011年9月28日• 中央日報. 2011年9月30日. 2011年9月30日閲覧。 Qoly Football web magazine. 2017年1月19日閲覧。 Qoly Football web magazine. 2017年1月28日閲覧。 Qoly Football web magazine. 2017年2月5日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (朝鮮語) (英語)• (朝鮮語)• (朝鮮語)• (朝鮮語).

次の