インスタ インプレッション 意味。 最速でインスタフォロー数を増やす方法!インスタ側から優遇される条件を解説!

imp(インプレッション)とは

インスタ インプレッション 意味

Instagram インサイトについて インサイト機能では、プライベートアカウントとはまた異なる便利な機能が使用できます。 製品や広告宣伝:ブランディングや製品告知など• フォロワーの分析:マーケティングツールに• フォロワー・ビジターのアクティビティ分析:コンテンツの閲覧回数・アクセス時間帯 各アカウントの 目的に応じて様々な利用方法ができるよう工夫されています。 インサイト利用時に知っておきたい基礎用語 この機能を利用するにあたって知っておきたいのが、インサイトで使用されている基本用語です。 そこで、これだけは押さえておきたいという、主にインサイト機能で使われている用語を3点ご紹介します。 インプレッション インプレッションとは、 ユーザーが画面で広告を目にした回数を指します。 ここでいうユーザーは、フォロワーに限らず、タイムラインやストーリーでコンテンツを見たユーザー全てを含んでいます。 例えば、あるユーザーがタイムラインに表示された広告を見て、もう一度スクロールしコンテンツを表示・確認すれば、インプレッションは2回とカウントされます。 各コンテンツの注目度が一目でわかる• ユーザーの興味・好みの傾向を掴むことができる などのメリットがあります。 ユニークアカウント ユニークアカウントとは、 コンテンツを閲覧したユーザーのことで、これを「ユニークアカウント数」として数えることもできます。 ここで、インプレッション数とユニークアカウント数の違いと使い分けに関する疑問が出てきますね。 そこで、これらの違いをご紹介します。 インプレッション数とユニークアカウント数の違いとは 先ほど説明したインプレッションとユニークアカウントの違いは何だろう?と疑問に思う方がいるかもしれません。 その違いは、 カウント方法です。 インプレッション数=ユーザー数を関係なく コンテンツが表示・クリックされた回数。 ユニークアカウント数= コンテンツをクリックしたユーザー数。 どちらもクリック回数と関連する機能ですが、このような違いがあります。 どちらもユーザーの関心や動向調査に便利なツールとなっています。 インサイトが見れない時の対処法 インサイト機能を利用する際に注意したいのが、 パソコンやデスクトップからこれらの機能は利用できないことです。 そのほか、インサイト機能にアクセスできない場合は、次の対策を行ってみましょう。 Facebookとの連携を確認• アップデートが最新版になっているかチェック• 一旦本体をシャットダウンし再起動後、インスタグラムを開く 特にインサイトを利用するアカウントは、Facebookとの連携でアカウントが作成されており、 2つのアプリが最新版へアップデートされていない場合は、この機能が表示されない場合があります。 ぜひこれらを試してみましょう。 以上、Instagramのビジネスツールとして欠かせないインサイト機能についてご紹介しました。 今や幅広い世代で利用されているインスタグラムでは、その特徴を有効活用しようと試みる個人・企業が多くなっています。 ぜひこの機能を活用して、効率的にインスタを利用しましょう!.

次の

エンゲージメント率の定義とは? Facebook、Twitter、Instagram、計算方法と違いを解説

インスタ インプレッション 意味

インターネットの広告業界でよく使われる言葉の中に「imp(インプレッション)」や「PV(ページビュー)」、「リーチ」といった言葉があります。 webマーケティングで当たり前の様に使われている言葉なのですが、非常に似通っている部分があり、混同して使ってしまっている人も多いです。 混同しやすい用語の違いを知っておくことは、マーケティングをする上でも非常に重要なので、確認してみてください。 IMP(インプレッション)とは IMP(インプレッション)とは、広告が表示された総回数のことです。 「インプレッション」や「インプ」と読まれることが多くあります。 IMPと似た用語を以下で紹介するので、確認してみましょう。 IMPと似た用語 PV PV(ページビュー)とは、アクセス数を表す単位のひとつで、インターネットのページが表示された総回数のことです。 例えば、100回ページが表示されたら「100PV」といった表し方をします。 「ページビュー」や「ピーブイ」と読まれています。 リーチ リーチとは、「UU(ユニークユーザー)」と同じ意味で、広告のページ・メールを見てくれたユーザー数の数を指します。 IMPとPV・リーチ数の違い IMP=PVである、とよく勘違いされやすいのですが、実際には異なることが多くあります。 まず1ページに表示されている広告欄に、毎回同じ広告が表示されるのではなく、広告がローテーションで表示される設定の場合があるとします。 こういったケースでは、IMPとPVはイコールにはなりません。 例えば、Aさんが同じWEBページを5回見ていたとしましょう。 この際に広告は、ローテーションで表示され広告aが2回、広告bが2回、広告cが1回の表示されました。 上記の例でIMPとPV、リーチの数値を表すと以下の様になります。 広告a:IMP=2、PV=5、リーチ=1 広告b:IMP=2、PV=5、リーチ=1 広告c:IMP=1、PV=5、リーチ=1 Aさんは1人なので、リーチは変わらず1になります。 そしてWEBページは5回表示されたのでPVは5です。 しかし広告は、aとbとcがローテーションで表示されたので、数値が変わってくるという結果になりました。 まとめ IMP(インプレッション数)を知ることで、どの程度広告が見てもらえたかを確認することが出来ます。 また、インプレッション数からクリック率を算出することで、広告を見てくれた人が実際に広告をクリックしてくれたかどうかを確認することも可能です。

次の

インスタグラムのインサイト(分析)で見る、ホーム、発見、その他の意味

インスタ インプレッション 意味

imp(インプレッション)とは、広告表示回数のこと impとは、impression インプレッション の略で、広告表示回数のことです。 出稿した広告がどのくらい表示されているのかを示しています。 広告効果測定の指標として、また広告出稿価格の指標等に用いられます。 impの定義は媒体毎に異なります。 広告が一瞬でもロードされて部分的に表出していればインプレッションにカウントする媒体もあれば、全て表出されて初めてインプレッションにカウントする媒体もあります。 例 媒体Aでは広告が画面に全て表出して1imp 媒体Bでは広告が一部でも表出すれば1imp PV・リーチ・エンゲージメントとの違い インプレッションと混同されやすい類似指標として、PV・リーチ・エンゲージメントがあります。 それぞれの違いについて解説します。 PVとインプレッションの違い は、ユーザーがページを閲覧した回数を示す指標です。 インプレッションは、広告が表示された回数を示す指標です。 1ページ内に広告掲載枠が2つあったとします。 ユーザーが該当ページを閲覧した際に、そのページ内にある二つの広告掲載枠どちらにも自社の広告が表示されれば、PVは1で、impは2になります。 リーチとインプレッションの違い は、広告の到達率を示す指標で、 何人のユーザーが特定の広告に接触したかを示します。 一方インプレッションは、広告が表示された回数を示す指標です。 違いがイメージしづらいかもしれないので、テレビCMの例を挙げます。 一人暮らしの男性が19時~20時の番組をチャンネルを変えることなく見ていました。 その際、19時~20時の番組枠内で、6回同じCMが流れました。 この時、男性に対し6度CMが流れている為、インプレッションは6になります。 しかし、リーチは1になります。 ネット広告においても同様の考えた方になります。 該当期間内に二つの広告掲載枠を持つwebページにユーザーが二回来訪したとすれば、2PV4imp1リーチになります。 エンゲージメントとインプレッションの違い インスタやTwitterなどのSNS運用において混同しやすいのが、 です。 SNS運用におけるエンゲージメントはユーザーが投稿に対して起こしたアクション いいね、リツイート、ハッシュタグなど の総数です。 一方インプレッションは投稿の表示回数です。 すなわちエンゲージメントは投稿におけるユーザーのリアクション数、インプレッションは投稿の表示回数ということになります。 まとめ いかがでしたでしょうか?imp インプレッション は、広告出稿やSNS運用において非常に重要な指標となります。 広告においては、そもそもクリック率を算出する際に必要な指標になりますし、SNS運用においては、自社のアカウントがどのくらい露出されているのか、という運用における前提条件を知る指標になります。 正しく理解して、パフォーマンスの高いデジタルマーケティング施策を実践していきましょう。 【関連記事】.

次の