とくダネ 終了。 (2ページ目)『とくダネ!』“終了説”浮上で小倉智昭ついに「ヅラ解禁」|エンタMEGA

とくダネ!が終了?終了の理由は?後番組の司会は独立した笠井アナ?

とくダネ 終了

9月末に出演者の入れ替えなど、大幅リニューアルをした情報ワイドショー番組『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系 平日午前8時)が来年10月に終了し、新番組がスタート予定だと週刊誌『週刊文春』が報じています。 『とくダネ!』は昨年4月に、伊藤利尋アナウンサーと山崎夕貴アナウンサーをサブMCに起用し、今年9月27日には1999年の番組スタートからメインアシスタントを務めていた笠井信輔アナウンサーが、フジテレビを退社しフリーに転身することを機に降板しました。 』MC陣の写真> (左から山崎夕貴アナ、小倉智昭さん、伊藤利尋アナ) 同30日からは番組がリニューアルし、各曜日にスペシャルキャスター枠を設け、月曜日は俳優・石黒賢さん、火曜日はお笑いコンビ『メイプル超合金』のボケ担当・カズレーザーさん、水・木曜日は社会学者・作家の古市憲寿さん、金曜日は元サッカー日本代表で実業家・鈴木啓太さんが出演しています。 こうしたリニューアルが行われたのですが、『週刊文春』によればフジテレビは、 「来年10月に『とくダネ!』を終了し、新番組を立ち上げる予定」といい、『とくダネ!』メインMCの小倉智昭さんは、その 後番組のMCを笠井信輔アナに務めてもらいたいと思っているようだとフジテレビ関係者が語っています。 しかし、『とくダネ!』の後番組では別の人物をメインMCに据えたいとフジテレビ関係者は考えているようで、 「笠井さんにお願いするなら小倉さんの半額程度のギャラが妥当。 でも、局としてはそれより新たに育てた方が話題性があって、ギャラも抑えられる。 今回抜擢した石黒さん等に注目しています。 (中略)関口宏さんのように俳優出身の司会者へ変貌する可能性もある」と語っています。 』スペシャルキャスターの写真> (上段左から月曜担当の石黒賢さん、火曜担当のカズレーザーさん、下段左から水・木曜担当の古市憲寿さん、金曜担当の鈴木啓太さん) また、ニュースサイト『日刊大衆』もこの話題に触れながら、フジテレビとしては伊藤利尋アナの活躍に期待しているのではないかとし、 「フジテレビ編成局アナウンス室情報担当部長という役職にも就いていて、今後もフジの出世コースを歩んでいくともっぱらのアナウンサーです。 局としては伊藤アナを朝の情報番組のメインに据えて、番組の質の向上や、後輩アナウンサーの手本になってもらいたいと考えているかもしれません。 フリーになった笠井アナに比べて、ギャラがかからないというのもフジとしては大きなメリット」だとキー局関係者が語っています。 平日午前8時台には、NHKも含めて各テレビ局が情報番組を放送し、熾烈な視聴率争いを繰り広げており、『とくダネ!』は年間平均視聴率が2014年~2016年まで3年連続民放トップでした。 しかし、2015年9月スタートの『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)が数字を大きく伸ばし、2017年から昨年まで2年連続民放トップの年間平均視聴率を記録、年度別(前年4月~翌年3月)の平均視聴率は2016年から3年連続トップでした。 こうして首位から陥落した『とくダネ!』は、現在も『スッキリ』(日本テレビ系)と民放2位争いを繰り広げており、9月末からスペシャルキャスターを投入したものの数字は伸び悩んでいる様子です。 このような状態からメインMC交代が以前より囁かれていたのですが、小倉智昭さんはかねてから東京五輪までは番組を続けたいとの思いを明かしており、東京五輪が終了後の来年秋の改編で『とくダネ』は終了、新番組がスタートとなるのかもしれないですね。 『週刊文春』によると、小倉智昭さんは後任として笠井信輔アナを希望しているそうですが、笠井アナは視聴者ウケがあまり良くなかったので、サブで起用されることがあったとしても、メインMCに起用される可能性はかなり低い気がします。 そのため、現在サブMCの伊藤利尋アナなどのフジテレビアナウンサー、他にスペシャルキャスターに起用された誰かがメイン昇格となる可能性の方が高そうですが、果たして『とくダネ!』は来年秋に終了するのか、後番組は誰がメインMCに起用されるのか、引き続き動向を見守っていきたいですね。

次の

とくダネの終了理由は笠井の卒業が原因?MC候補は古市?!

とくダネ 終了

— 2017年 4月月10日午後11時19分PDT 笠井アナは小倉さんと共に「とくダネ!」を支えてきたのですが、9月末でフジテレビを退社され現在はフリーとなっています。 番組で自由な発言をする小倉さんを笠井アナが常にフォロー。 番組関係者は、伊藤・山崎アナや新キャスターに小倉さんのフォローができるのか不安があると語っているようです。 笠井アナは小倉さんと同じ芸能事務所に所属しているとのことですが、笠井アナは現在56歳。 この先、管理職としての生活を送るより現場にいたいと考え、小倉さんに相談したことでフリーとなる決断に至ったのかもしれません。 そんな笠井アナに対する小倉さんの想いはとても大きいのかもしれませんね。 スポンサーリンク とくダネ! 終了報道!小倉智昭は笠井信輔アナを後継者に?世間の反響は? この報道を受けて、視聴者側はどのように見ているのでしょうか? 1つには、小倉さんの体調を心配する声がありました。 「小倉さんの健康面はかなり心配だから、体調不良で降板というより、しっかり小倉さんの司会で幕を閉じてほしい。 」 「小倉さんも体力の限界が来たのかも。 長い間ご苦労様でした。 」 「膀胱ガンの後遺症は、思いのほか、大変なのだと思う。 知人のお兄さんが膀胱ガンの手術をして、今療養してるけど、 体に力入らなくなったり、不眠など、いろいろ大変みたいだから。 毎朝早朝の出社は、きついと思う。 笠井アナにバトン渡して正解だと思う。 」 笠井アナに関しては少し厳しい声が多いようです。 「笠井さんはいつになっても下手なんだよね 伊藤さんの方が安定感あるよ」 「笠井はメインには向かないタイプ。 もしまたMCなんかしてみろ、裏の羽鳥との差を思い知るだけだ。 」 「軽部もそうだけど、笠井は自分の好きな事(興味のある事)には真剣なんだけど、興味ない事柄に対してはすごい雑 しかも、自分でストーリー 推論 作っちゃうタイプだから、ものすごくズレた意見の時がある」 小倉さんが番組を降板されるということであれば、何十年という歴史を引き継ぐよりも、新しい番組にガラリと変更される方が話題にもなってよさそうですね。

次の

とくダネ! 終了報道!理由は?後任MCは誰?いつから開始?

とくダネ 終了

「とくダネ!」打ち切りはなぜ?理由と真相は? 結論から言うと、 「とくダネ!」打ち切りの理由は• 番組のマンネリ化• 視聴率の低迷• 番組内でのミス・不祥事の連続 などが挙げられるそうです。 番組のマンネリ化、と言うのはやはり 「とくダネ!」=小倉智昭MC というイメージができているので、 新鮮さがなく飽きられてしまったというところでしょうか。 しかし「とくダネ!」は4月から 伊藤利尋アナ 45 ・山崎夕貴アナ 31 を新キャスターに迎えて イメージを一新したばかり。 これによって一時的に視聴率は上昇したものの 羽鳥慎一アナ 47 がキャスターを務める『羽鳥慎一のモーニングショー』 に 大惨敗状態なんだそう。 視聴率戦争にはもう勝てない状態だったんですね・・・。 2つのミスが続いた 2017年は、フジテレビにとってとても大事な時期でした。 というのも、宮内正喜氏の社長就任直後という 新体制がスタートしたばかりのタイミングだったからです。 連続して起きてしまった不祥事に宮内社長は激怒したと言われていて、 このときに 20周年のタイミングで番組打ち切りという方向性が決定したのではないか と、関係者の間では話が広まっているそうです。 「とくダネ!」打ち切りで小倉智昭の今後は? 小倉智昭さんは現在「とくダネ!」のMCの他に ナレーションの仕事などをされていますが、 レギュラー番組は「とくダネ!」を除くと BS日テレの『恋するクラシック』だけ なんですよね・・・。 この番組がなくなったら、小倉さんは事実上テレビ界から姿を消してしまうことになります。 小倉智昭さんも 現在71歳ですから、 とくダネ!が打ち切りになったあとは少しずつテレビの仕事を減らして 次の世代へとバトンタッチするのかもしれません。 とはいえ、まだまだお元気ですから 頑張ってほしいと思いますが・・・。

次の