大村知事 任期。 なぜ大村秀章と河村たかしはあんなに仲が悪くなったんですか?数年前までは仲良...

愛知「芸術祭」問題、百田尚樹氏参戦で白熱! 「大村知事は『表現の自由』理解していない」「人種差別も名誉毀損も可能に」

大村知事 任期

リコール成立までの流れ• 解職請求代表者による証明書の交付申請• 市選挙管理員会が証明書を交付• 署名集め期間(交付告示日から 1ヶ月間 2ヶ月間)• 必要な署名数以上なら役所で公開、本請求• 本請求から60日以内に住民投票• コメントにて情報頂きました、ありがとうございます。 高須クリニックの高須院長が動いた この数の署名をひと県で集めるのは至難の業と思われていましたが、高須クリニックの高須院長が大きく動いてくれたおかげで、複数の発起人によって行われていたであろう署名が分散されずに一点に集中して、これは良い流れのように感じます。 また、高須院長は知名度や話題性も十分で、その情報の発信力も強力なひとであります。 様々なことについて発言する人ではあるので、好き嫌い、応援したい人、そうでない人、様々な方がいらっしゃるとは思いますが、支持するしないの本題は大村知事を県知事として この先残り長い任期があることを認められるかどうかです。 また、高須院長がずっと愛知県民であること、個人的には数いる論者・著名人の中で発起人が高須院長であったことは適任、いや適任以上の方だったのではないかと思いました。 大村知事の反応は? 大村知事は知事のリコール署名運動が起こったことについて「驚いた」とコメントしており、高須院長は「驚いたことに驚いた」とTwitterで発言しています。 ちょっとクスっとしました。 新聞・テレビなどのメディアは当てにならない 度々として北海道などにつぐ民主王国のひとつと呼ばれてきたくらい(旧)民主党が強かった愛知県でありますので、今回の署名騒動はある意味として右vs左の構図でもあります。 署名活動に対して、前向きなメディア報道や高須院長の出演などは期待できそうにありません。 愛知県民として、民主王国とされるのは、県民自体の意思ではなく愛知県にある大企業さん達のおかげで民主王国とされてきたと感じているところです、ご理解下さい。 前代未聞の県知事リコールは成立するのか 以前ざっと調べたところ、日本全国、過去に県知事どころか市長レベルでもリコールが成立したことはないのです。 町長で一回成立したことがあったかどうかだったでした。 そもそも、県知事のリコール運動が起こったこと自体が前代未聞レベルらしいです。 (いや、大村知事ほどじゃないにしても過去に問題視されてきた知事や市長達は、リコール署名なんてものが始まるタイミングにて自ら辞職していて署名活動とまで至っていないとかなのかな?) それほどまでに、あいちトリエンナーレの大村知事の一件は、県民・国民の逆鱗に触れたのだと思われます。 そしてトリエンナーレは愛知県だけではない闇。 それに加えコロナの混乱の中での発言は酷いと通り越して酷い。 最近も「東京・大阪は医療崩壊していた」とかの謎の発言が話題になっていましたが、それ以前から事あることに「東京と大阪の状況は酷い、それに比べて愛知県は良好」という趣旨の、自身の能力をアピールするために東京・大阪をダシに使うような発言を繰り返してきていました。 個人的には、2016年頃のCoCo壱番屋事件での大村知事の発言・対応に吐き気を感じて以降、ずっと苦手な人ではありますが、ここにきてそういった部分が全国に知れ渡った感じでもあります。 詳しくは「」でググって見て下さい。 かなり脱線しましたが、知事に就任して一定期間リコールの署名活動ができないルールがあったため、実際に署名活動を開始できるタイミングまで愛知トリエンナーレの話題から随分と期間が必要でした。 今年の春からリコール署名活動が可能になったわけですが、コロナの問題が発生して更に遅れ、忘れられていくのではと、危惧する状況でした。 しかし、高須院長のおかげで、これだけ話題性が生まれ、ネットで署名運動に強力してくれるメンバーを集める手法なども取り入れていることから、86万人分の署名が集まる可能性も出てきたように思います。 言っても、ネット上での適当な署名運動なんかではなく、署名集めが可能な期間も短く、対面・直筆での名前や住所を必要とする厳格な基準の署名をひと県で86万人というのは物凄い数なので、大変なことには変わりありません。 署名が集まれば、住民投票となりますが、住民投票の過半数は達成できるのではないかな、と思っています。 署名は準備を整え8月頃から開始するとのことです。 署名するしないは、当然個人の判断で決めることですが、もし署名されるのであれば、署名が有効かどうかの審査はかなり厳しいものになると思われますので、せっかく署名したのに無効とかならないようにしっかりと記述していきましょう。

次の

吉村知事 ツイッター4連続投稿で大村知事に反論→大村知事の反論を聞きたい

大村知事 任期

歴史 [ ] 「知事」という呼称について、日本では古くはのなどの例がある。 近代の地方官の呼称としては後の(4年)閏4月に出されたにおいて 知府事・ 知県事が設けられたのが最初である。 これにより、以後、旧・領やにおける藩からの接収地などに順次府県が設置され、知府事・知県事が任命された。 また、(2年)6月の後、全国のを治める(旧)たちを に任命した。 「知府事」、「知県事」、「知藩事」のいずれについても、特に任地を前置する場合には、「」、「」、「」などの形で呼ぶことが多かった(ただし、「」などという呼称も多くみられる)。 ()7月のでは府県ともにその地方長官を 知事と呼んだが、県については同年11月から(明治19年)まで と称した。 1886年(明治19年)以降は再び 府知事・ 県知事の呼称となって現在に至る。 一方、の地方長官は 北海道庁長官(1886年(明治19年) - (22年))、編入されたの地方長官は 樺太庁長官((明治40年) - 1947年(昭和22年))、の地方長官は 東京都長官((昭和18年) - 1947年(昭和22年))と呼んだ。 初期の知事・県令には、知事のや知事の、知事(令)の(兵庫県知事も歴任)など後にと呼ばれる人々をはじめとする系の人々が多く任じられた。 その後、との提携を模索していた後期から最初のである(隈板内閣)にかけては政党員が知事に任命される例が続いた。 (明治32年)、によってが改正されて知事がから外され、政党員が排除されてもっぱら官僚が任命されるようになり、省内出世のコースの一つとなっていった。 からにかけてはから毎年30〜40名ほどが採用されていたのに対して道府県の知事ポストは47あるため、彼らの誰もが到達可能な最も高いポストとして出世の目標とされた。 もっとも、人事が完全に省内で完結するようになったわけではなく、・時代にの下で(政友会)の影響が強まって以降、によるがみられた後期から初期の政党内閣期には内務官僚も政友会ともう一方の大政党である・(民政党)のそれぞれの系列に分かれ、それがにも反映した。 下における知事は、地方長官として管轄する府県の区域内で国の一般行政を担任し、内務大臣を上官とした。 ただし知事の管轄権限は幅が広く内務省以外の各省の管轄事務にも及ぶので、運用上はおよび各省大臣のいずれもが知事に対する上級官庁としての地位を有した。 同時に知事はとしての府県の長でもあり、議決機関であるおよびの議決に基づき等を執行した。 府県会・府県参事会の議決権の範囲が限定的であるのに対して、知事は府県会の招集権を一方的に有するなど、議決機関に対する知事の権限は強大であった。 政治任用が行われた時期も含め知事の在任期間は一般的に短く、1年半〜2年ほどで交替するのが普通で、内務官僚の知事の場合は他府県や本省との間で異動を繰り返した。 府県知事はであったが(東京府知事も含む)、東京都長官はそれよりも一段地位の高いとされていた。 、における「占領政策」の一環として(昭和21年)9月に府県制およびが改正され(「府県制」は「道府県制」と改称)、従来、いわゆる 官選であった地方長官(府県知事・北海道庁長官・東京都長官)を住民の直接投票によってする 公選制が導入された。 (昭和22年)の施行を前に同年4月に行われた最初の知事公選はこの改正された道府県制およびによるものである。 、日本国憲法とともにが施行されると、4月に公選された地方長官はそのまま地方自治法による 都道府県知事に移行した。 地位と職務 [ ] 都道府県知事は、都道府県を統括し、これを代表する()のであり、の適用がない のである。 日本国憲法下では「地方公共団体の長」であるが、であるの議員と同様に、住民のによって公選される。 それゆえ、知事と議会は対等の関係にある。 被選挙権 [ ] 以下のすべての要件を満たしている者は、都道府県知事の被選挙権を有する(第2項)。 日本国民• 年齢満30年以上 都道府県知事の被選挙権については、ののそれとは異なり、当該都道府県に住所を有していることは要件とはされない。 これは、当該普通地方公共団体の住民以外からも広く有為な人材を求めるためである。 (なお、も同様に当該市区町村に住所を有していることを要件とはされていない) 任期 [ ] 任期は4年()。 地方公共団体の長の任期は選挙の日から起算する(公職選挙法第259条本文)。 ただし、任期満了による選挙が地方公共団体の長の任期満了の日前に行われた場合において、前任の長が任期満了の日まで在任したときは前任者の任期満了の日の翌日から、選挙の期日後に前任の長が欠けたときはその欠けた日の翌日から、それぞれ起算する(公職選挙法第259条但書)。 地方公共団体の長の職の退職を申し出た者が当該退職の申立てがあったことにより告示された地方公共団体の長の選挙において当選人となったときは、その者の任期については当該退職の申立て及び当該退職の申立てがあったことにより告示された選挙がなかったものとみなして公職選挙法第259条の規定が適用される(公職選挙法第259条の2)。 なお、住民のの制度として 解職請求()の制度があり、4年の期間満了前に都道府県知事の地位を失うことがある。 兼職禁止 [ ] 都道府県知事は、又はと兼ねることができない。 また、地方公共団体の議会の議員並びに常勤の職員及び短時間勤務職員と兼ねることができない()。 よって、知事が国会議員選挙に出馬する場合や、逆に、が知事選挙に出馬する場合は、まず、辞職をしてから立候補する必要がある。 辞職せずに立候補したときは立候補の届け出をもって辞職したとみなされる。 なお知事がと兼任することについては明確に禁ずる規定は存しないが 、は「兼任を禁止する明文の規定はない。 しかしながら、内閣の一員として国政を担う国務大臣には全力を尽くして職務に専念することが求められており、を統轄しこれを代表する知事も同様である。 こうした職責の重大さにかんがみ、現に都道府県知事である者を国務大臣に任命することは考えられない」と答弁している。 兼業禁止 [ ] 都道府県知事は、• 当該普通地方公共団体に対しをする者及びその 又は• 主として同一の行為をする法人の無限責任社員、、若しくは若しくはこれらに準ずべき者、支配人及び清算人 たることができない()。 ただし、法人について、当該普通地方公共団体が資本金の2分の1以上を出資するものを除く。 これは、地方公共団体と請負関係にある法人の中には、地方公共団体が主体となって設立し、本来当該地方公共団体が主体となって行う事業を当該地方公共団体にかわって運営しているものがあるという実態にかんがみて認められているものである。 このような場合においては、知事を代表者などとして置くことにより、当該法人の対外的な信用を高めることができる・当該法人に地方公共団体の意向をより反映させることができると考えられている。 権限の強さ [ ] 地方自治法は首長制()を採用しており、知事と都道府県議会との関係についても大統領制下におけるの権限に類似しているが、議会による知事の不信任決議(178条)、知事による議会の解散権(同条1項)や議案提案権(149条1号)等、一部議院内閣制的な要素もみられる。 特徴的な権限は以下のとおりである。 議会を解散する権限 議会が知事の不信任の議決をした場合および不信任の議決をしたと見なせる場合にはその通知を受けて10日以内に議会を解散する権限を有する。 条例案に対する拒否権 議会が議決した条例や予算について再議に付す権限を有する。 ただし、議会が3分の2以上の多数で再可決をすればその議決が確定する。 予算の調製と執行 予算を調製して議会に提出する権限を有する。 議会には予算の増額修正権が認められているが、長の予算案提出権限を侵すような修正はできない。 国家予算の場合、国会は自由に増額・減額修正を加えることができる(ただし、実例はない)。 過去にはこの権限をフル活用して、 国のダム建設 [ ]や大規模博覧会の中止など大胆な行動に出た知事もいる。 人事権 職員などを除く知事部局職員の人事権を自由に行使する権限を有する。 一部の行政委員会については委員の任命権を持ち、政治的影響力の行使が可能。 地方税の賦課 議会の議決との同意を取り付ければ新たな租税()を創設することができる。 例えば、が作り出したやの産業廃棄物税がこれに当たる。 専決処分権限 議会を招集する時間的余裕がないと認められる場合など、独自の判断で条例を制定することができる。 ただし次の議会で承認を求めなければならない場合もある。 の調製・執行• 議案の提案• の賦課徴収、分担金・使用料・加入金、または手数料の徴収、を科すること• を普通地方公共団体の議会の認定に付すること• 会計の監督• 財産の取得・管理・処分• 公の施設の設置・管理・廃止()• 規則制定権(第1項)• 補助機関たる職員の指揮監督権()• 当該普通地方公共団体の区域内の公共的団体等についての指揮監督権()• 支庁・地方事務所、保健所・警察署その他の行政機関及びその他必要な内部組織に係る設置権限• 組織に関する総合調整権 なお、普通地方公共団体の事務を執行することは、一般に長の権限に属するものとされる(第9号)ことから、明文により他の執行機関の権限に属するとされる事務以外は長の権限であると推定される。 機関委任事務について [ ] 「」および「」も参照 各都道府県知事の名で授与される賞。 全国規模または各都道府県規模で開催される文化的なコンクールの上位入賞者や、各都道府県において顕著な功績を挙げた者に対して 知事賞が贈られている。 また、特定の高等学校の卒業式において、在学中に学業または部活動で顕著な功績を挙げた者に対して 知事賞が贈られることがある。 就任者の傾向 [ ] 現在の知事の傾向としては過半数が中央官僚や県庁職員出身である(最終履歴が財団法人や社団法人関連の幹部であっても、それ以前は中央官僚であったという例は多い)。 次いで多いのは国会議員、県議会(市議会)議員、市町村長、民間(からまで)の順である。 中央官庁出身者 [ ] 中央官庁出身者が多いことには「中央官庁や地元選出の政治家との太いパイプ」を強調し大きい公共事業を呼び込むことが期待できるため、地元財界や建設業者は歓迎する一方で、一部メディアなどからは、「政・官・業の癒着になりやすい」、「中央官庁にコントロールされやすく真の地方自治からはほど遠い」という批判がある。 ただし、中央官庁出身者とはいえ、全員が全員このようなタイプというわけではなく、の()やの()のように改革派として実績を挙げ、後に民間閣僚としてに就任する知事も少なからずいる。 タレント・文化人 [ ] 近年はなどが「」として多数知事選挙に参加しており、都道府県知事になるケースも多い。 (平成7年)にで、でが相次いで当選したことにより一種の「タレント知事」ブームが起きた。 その後、国政経験のない()、()、(大阪府)、()、()などが当選してタレントや文化人などの有名人が知事になることは今やすっかり定着したといえる。 東京都では青島からを経てまで、3代続けて作家出身の知事が誕生している。 国政政党の公認との関わり [ ] 前述の青島知事、横山知事がの公認や支持を得ない、いわゆる「」知事であったことや、の崩壊などによる政界再編で国政政党と地方会派の結びつきが弱くなっている現状から、近年、国政政党の公認を受けるケースはまれである。 ただし、政党のであっても選挙ではとして当選した人物は少なくない。 現職の知事で国政政党の公認を得て知事選で当選した者は一人もおらず、など「その他の政治団体」を含めても、大阪府の(公認)のみである。 直近の国政政党による公認者の当選例は(平成19年)、群馬県の(公認)であり、彼は(平成8年)の富山県知事選挙で再選した以来11年ぶりの公認知事となった(なお、大沢は2011年(平成23年)の再選時に無所属に転じた)。 しかし、選挙の際には政党が公認ではなく「推薦」または「支持」という形で支援するケースは多く存在する。 それでも無党派層を取り込むため、政党の推薦・支持があっても政党色を薄めて選挙を戦うことが比較的多い。 地域政党 [ ] 他方で、2010年頃から知事や市長が地域政党を立ち上げて、彼らの政策を支持する都道府県議を取り込んだり議員選挙に新たに候補を擁立したりする例が出ている(代表例:大阪府知事の橋下徹と府議会議員らが立ち上げた、名古屋市長のが立ち上げた)。 そのような潮流の中、では大阪維新の会公認のが国政政党の支援する候補を破り、それ以降のとの選挙も同党の公認候補が当選を重ねることとなり、地域政党の勢いに国政政党が翻弄されている状況も存在する。 学歴 [ ] 現職の知事47人中46人がもしくはそれ以上の教育機関に入学しており(所轄ではないおよび日本国外の大学を含む)、その中でも出身者が最も多数を占める(特に西日本の知事に東大出身者が多い)。 学部別では、法学部出身者が最も多い。 沖縄県のは、現職で唯一最終学歴が卒である。 知事の歴任 [ ] 戦前の官選時代には複数の府県で知事を歴任する例も見られたが、戦後の公選制のもとでは、都道府県知事の経験者が他の都道府県で知事選に立候補した事例はあるものの、当選した事例は2017年時点で1例もない。 また戦後の公選知事で知事を一旦離れて別の人が就任していたがその後の知事選で当選して再任となった例としては(群馬県)と(高知県)の2例がある。 記録 [ ] 最多当選知事 [ ] 8選• 石川県知事• 奈良県知事• 現職では石川県知事が7選(2018年3月現在) 最長在任知事 [ ] 31年間• 中西陽一石川県知事• 千葉県知事(111日間、逝去によるものとして)• 富山県知事(211日間、辞任()によるものとして)• 徳島県知事(338日間、不信任案可決・失職に伴う出直し選挙における落選によるものとして)• 東京都知事(372日間、辞任(公職追放以外)によるものとして) 最年長在任公選知事 [ ] 88歳• 岐阜県知事• 現職では大分県知事(生まれ、2019年4月10日現在76歳) 最年少就任公選知事 [ ]• 35歳5ヶ月:知事(を含めると、1844年8月20日生まれ、就任時、1869年7月28日に24歳で第4代に就任した)• 現職では知事(生まれ、2011年4月21日の就任時は36歳8ヶ月) 親族関係にある知事 [ ]• 父・山梨県知事、子・山梨県知事(父子2代・24年間の空白期間あり)• 祖父・広島県知事、孫・広島県知事(大原の娘が藤田の母・31年間の空白期間あり)• 祖父・富山県知事、孫・北海道知事(高辻の娘が高橋の母・47年間の空白期間あり) 現任都道府県知事の一覧 [ ]• なお、内務省は官選の地方長官が在職のまま公選に立候補することを望ましくないとする見解を示しており、このため官選の地方長官の中には一旦辞職して最初の知事公選に臨む者があった。 また、これとは別に地方長官を辞任して国政に転じる者も相次ぎ、(昭和22年)3月から4月にかけて地方長官の交代が行われて在任期間が30日から40日余りの「最後の地方長官(官選知事)」が相次いで誕生した。 但し、大阪維新の会は国政政党の大阪府総支部を兼ねている。 一例として、には(兵庫県)、(熊本県)、(宮城県)、(岩手県)、(神奈川県)、(宮崎県)といった知事経験者が立候補した事例があるが、いずれも落選している。 出典 [ ]• 『昭和戦中期の議会と行政』(吉川弘文館、)、p196• 大橋洋一『行政法 現代行政過程論[第2版]』(有斐閣、)、p226• 地方自治法第177条第1項および同条第2項により、「非常の災害による応急若しくは復旧の施設のために必要な経費又は感染症予防のために必要な経費」を議会が削除し又は減額する議決をしたときは知事は理由を示してこれを再議に付さなければならず、再議に付してもなお議会が当該経費を削除し又は減額する議決をしたときは知事は地方自治法第177条第4項によりその議決を不信任の議決と見なすことができる。 不信任の議決と見なす場合には知事は議会から予算の送付を受けてから10日以内に議会を解散する(全国都道府県議会議長会事務局内地方議会議員大事典編纂委員会『地方議会議員大事典』280)。 なお、要件を満たさない知事の議会解散権の行使は無効とされ(仙台高裁昭和23年10月25日判決(『地方議会議員大事典』p542))、内閣が衆議院を任意に解散できるのとは異なり知事が任意に議会を解散することはできない。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

大村知事の任期はいつまで?リコールはなぜ?理由や支持率まとめ!|Rioの日々、気になるコト。

大村知事 任期

大村秀章知事の出身地や出身大学・経歴は?愛知県知事の任期はいつまで? 愛知県知事の大村秀章氏。 最近ニュースで見かけますが、いったいどのような人物なのでしょうか? 今回は愛知県知事の大村秀章氏の出身地や出身大学、経歴、愛知県知事の任期はいつまで?なのかなどを、プロフィールと併せて調べていきます! 大村秀章氏のプロフィール 名前 大村 秀章(おおむら ひであき) 生年月日 1960年3月9日 出身地 愛知県碧南市 血液型 A型 身長 168cm 体重 74kg 出身高校 愛知県立西尾高等学校 出身大学 東京大学法学部 趣味・特技 読書、アメフト(学生時代)、サッカー、ラグビー 好きな食べ物 みそ煮込みうどん、うなぎ、名古屋コーチンの味噌鍋 前職 農林水産省職員、衆議院議員、経済産業政務官、内閣府厚生労働副大臣 所属政党 日本一愛知の会 2020年5月時点で60歳です。 ) 読書も好きですが、アメフトやサッカーもするという 文武両道タイプのようですが、 コスプレも話題になっています。 愛知の大村知事のコスプレ死ぬほど面白い — KFC komuromodoki コスプレにかける熱意もアツいですね。 大村秀章氏の出身地・出身高校&大学は? 大村氏は 愛知県碧南市(へきなんし)の出身です。 父親が大工、母親が農業に従事した家庭で 長男として生まれました。 両親は口数が少なく「ああしろ、こうしろ」と言われた事が殆どなかったのだそうです。 子どもの意志を尊重した子育てだったのでしょう。 父方の伯父が地域活動に熱心だったので、そこから 大きく影響を受けたのだとか。 「世の中に出たら人の為にに役立つことをやるべきだ」といつも言われていたそうです。 「今で言う貧困家庭だったけれど、それでも僕を含めた兄弟3人が大学を出させてもらえた。 経済成長という時代に恵まれたからだと思う」 とインタビューで語っています。 出身高校の 愛知県立西尾高等学校は、愛知県内の 西三河地方では 偏差値の高い高校です。 地元では名門校として知られています。 中学時代にいじめにあい、そこから勉学に励んだという大村氏。 高校時代から、 東京大学に進学して官僚を経て政治家になるという進路を決めていたのだそうです。 志が高いですね。 そこから 1978年4月に 東京大学法学部へ進学し、 学生時代はアメリカンフットボールをしながら、勉学に励んだそうです。 そして、 1983年3月に卒業されています。 大村氏の出身大学は 東京大学 法学部)です。 大村秀章氏の経歴 東京大学卒業後、 1982年4月に農林水産省に入省します。 1987年にご結婚され、現在は一男三女で 4人のお子さんがいらっしゃいます。 1988年: 徳島市ニューフロンティア推進部長兼理事に就任。 1991年: 農林水産省経済局農業協同組合課課長補佐に就任。 1993年: 食糧庁企画課課長補佐(総括)に就任。 農水省でのキャリアを積んでいきます。 しかし、1995年に当時の安城市長の杉浦氏から出馬を要請されます。 奥さんや奥さんの両親から 猛反対されるも、 出馬を決意。 1996年10月の 衆議院議員総選挙では、 比例復活で 初当選しました。 2001年:第1次小泉内閣で 経済産業大臣政務官に就任。 2002年: 内閣府大臣政務官に就任。 2006年: 内閣府副大臣に就任。 2008年: 厚生労働副大臣に就任。 2010年: 衆議院決算行政監視委員長に就任。 2011年1月に 衆議院議員を辞職。 2011年2月の 愛知県知事選挙に立候補し、見事 当選。 愛知県知事となります。 現在は3期目を務めています。 大村秀章知事の任期はいつまで? 2019年2月3日から、愛知県知事として3期目を務めている大村氏。 都道府県知事の任期は「4年」とされています。 なので、 任期は2023年まで になる見込みです。 まとめ 愛知県碧南市出身の大村秀章氏。 高校は地元で名門の愛知県立西浦高等学校へ入学。 地域活動に熱心だった伯父に影響を受け、高校時代には東京大学に進学して官僚を経て政治家になると決意していました。 そして、その決意通りに東京大学法学部へ進学し、卒業後は農林水産省へ入省します。 農水省でキャリアを積んでいきますが、当時の安城市長からの要請を受け、衆議院選挙への出馬を決意。 1996年に初当選し、経済産業大臣政務官、内閣府大臣政務官、内閣府副大臣、厚生労働副大臣などを歴任ご、衆議院議員を辞職。 2011年に愛知県知事選挙に立候補し、当選してから、現在3期目を務めていらっしゃいます。 コスプレも話題になっている大村知事。 任期は2023年までの見込みです。 いろいろと話題を振りまいていらっしゃいますが、愛知・東海地方を含めて、日本全体が良い方向にいくような政治を期待しています。 最後までお読みいただき、ありがとうございました!.

次の