スラムダンク デフォルメ。 【スラムダンク】もし三井寿が怪我をしなかったら全国制覇出来たのか?

漫画家の井上雄彦氏は画風が変わっていませんか? スラムダンク...

スラムダンク デフォルメ

C-Z AAA AKB48 BMW HKT48 DAIGO EXILE Flash FRIDAY GACKT GU Hey! Say! ユチョン ユニクロ ライフスタイル ポールスミス ボクスター リップル ブーツ フォルクスワーゲン フォーマル フライデー フリース フルラ ブブカ ブルックリンスタイル プラダ ホワイトデー プレゼント プロテイン プロポーズ ヘアカラー ヘアスタイル ヘッドスパ ヘルス ヘルスケア ラルフローレン ルイヴィトン 付き合う前 乙葉 中島健人 中島知子 中島裕翔 中川翔子 中村獅童 中谷美紀 丸山隆平 亀梨和也 中居正広 二宮和也 二階堂ふみ 五十嵐圭 五関晃一 井上公造 井上真央 井川遥 中島久美子 中央大学 レイバン 一人暮らし レシピ レーティング ロエベ ロードバイク ワイン ワンルーム ヴィンテージマンション 三代目J Soul Brothers 上智大学 三宅健 三宅恵美 三浦春馬 三浦翔平 三菱東京UFJ銀行 上地雄輔 上川隆也 上戸彩 齋藤飛鳥 目次• 中学三年間で50人の女子生徒に告白するもフラれ続ける。 湘北高校入学式で一目ぼれした赤木晴子に勧められ、彼女目当てでバスケットボール部に入部します。 ルールもよくわかっていない全くの初心者で始めたが、地道な練習と強豪との試合を重ねていくうちにバスケットボールの面白さにハマっていく。 夏のインターハイ制覇を目指して、湘北高校が挑んだ神奈川県予選の初戦は、主将兼監督の藤間が率いる翔陽高校と戦い勝ち、牧率いる海南大付属高校 通称海南 に敗れたものの、武里高校、本物の天才仙道や魚住が率いる陵南高校を準優勝で破り、インターハイ出場を果たします。 湘北高校は、インターハイトーナメント1回戦で、大阪府代表の豊玉高校を破り、二回戦で秋田県代表の山王高校と対戦する。 一時は20点近い差を付けられるが、背中の負傷により下がった桜木以外のメンバー、特に流川の活躍で粘りを見せる。 というところで30巻が終わっています。 get0ver. 山王高校との試合は、前半戦部分はあっというまの印象ですが、後半戦がとても白熱した対戦になりました。 立っているのもつらそうな痛みをこらえながら試合に戻ってきた花道をみて士気が高まる湘北メンバー。 ラスト40秒で1点差の所まで山王高校を追い詰め、宿敵といっていいほどお互い嫌い合っていた花道が流川へパスし逆転、しかし12秒前に深津が点を取り返す。 絶望的かと思いきやまだ諦めない花道が走り出し、戻ってきたボールを流川が花道へパス、花道がシュートを決めてタイムアップのブザーと同時に2点が加わって試合が終了しました。 このあたりはセリフが一切なく、キャラクターの表情だけで臨場感が伝わってきますね。 ブザー後の、流川と桜木のハイタッチは一面で描かれているのがまた感動します。 試合後、雑誌「週刊バスケットボール」の記者である相田弥生と中村によって撮られた集合写真の解説で、山王戦での死闘を制した湘北高校が、3回戦目の愛和学院にボロ負けしたことがわかりました。 夏の大会後、3年生はキャプテンの赤木と小暮は引退、三井だけが残り、新キャプテンを宮城リョータ、マネージャーとして晴子が入ったメンバーで湘北高校は冬の選抜の準備を進めることになりました。 近況を手紙で晴子が送ってくれることに文通と浮かれている花道。 試合後、桜木花道は、背中のケガを治すためにリハビリを海辺の医院で受ける。 海辺に座っている花道のもとへ走り込みをしていた流川が「Japan」のユニフォームを見せびらかして走り去る。 今日のリハビリはキツイよ、と発破をかける先生へ愚問だと笑い、いつものセリフ「天才ですから」と振り返って終わります。 pinterest. そして同年の12月、神奈川県立三崎高等学校の黒板に、作者である井上雄彦が本編終了から10日後のストーリーを描いているんです。 題名『10 DAYS AFTER』として晴子が書いた手紙に桜木が返信を送り、それを読むシーンから始まります。 出てきた主要キャラクターの本編終了から10日後が描かれています。 naver. 朝から安西先生とマネージャーの彩子は走り込みをし、ダイエットといいつつ体力づくりをしているみたいですね。 流川は英語のリスニングを聞きながら自転車をこいでいるのでアメリカへ行く土台を固めているようです。 赤木はバスケがしたい欲でもんもんとして勉強に集中できなくなり、宮城はキャプテンになったことで授業をさぼってリーダーシップや部下育成の本を読みあさっています。 翔陽メンバーも大幅なイメチェン、魚住は引退したにも関わらず毎日練習に顔を出し、逆に仙道は釣りに出て練習をさぼり喝を入れられます。 海南の牧の肌が黒いのは自黒でも、練習焼けでもなく、サーフィン焼けでした。 喫茶店のような所で国体のメンバーを決める話し合いをしている田岡監督と高頭監督。 山王の河田兄弟は仲良く自主練をし、高校No. 1プレイヤーと称された沢北は飛行機の中で英会話の練習をしているので、「夏が終わったらオレはアメリカだ」の言葉通り、アメリカへ向かっている最中のようです。 花道のいない桜木軍団の4人組は気が抜けたようにボケーっとしています。 高宮の「おめーらもよう・・・自分の何か見つかるといいな・・・」というつぶやきが、白熱した試合や花道のふんばりを応援していた人らしいセリフだと感じますね。 そして場面は花道のリハビリ前になり、晴子からリバウンド王も早く見たいという返信を読んでいるシーンになります。 リハビリの先生が桜木を呼び戻し、NBAに日本人初の選手が出たことを伝えます。 そこで先生から「ムリだっていうのはいつだってチャレンジしていない奴よね」と名言が出てきます。 次に アメリカに 行くのは俺だという花道に、行けるの?と聞く先生。 それに対し、本編の最終回とは逆向きで振り返って、「天才ですから」と答える花道。 新しい段階のリハビリに入ると言っているので、リハビリは順調のようですね。 みんな続編を期待していた インターハイ優勝校はどこだったのかわからずじまいですが、この黒板をみに3日で5,000人のファンが訪れたそうです。 ジャンプで連載した時には、一部完となっていたため、続編の連載再開を期待する声も大きいですが、作者曰くインターハイの山王戦を最後にして、テンションが高いままで終わらないと、作品が不幸になると答えています。 個人的には山王戦で終わっているので、せめてアニメでも山王戦までやってほしいなと思います。 Sponsored Links アニメと漫画の違い アニメ最終回はドリームチームと対戦 まずアニメの最終回は、インターハイトーナメントの前で終わっています。 安西先生から一週間でシュート2万本のノルマを出され、猛特訓しもちまえの運動神経と根性で達成します。 単行本でいうと、コミックスなら22巻までです。 その後アニメオリジナルのストーリーで、陵南の仙道・魚住・福田、翔陽の藤間・花形、との夢の混成チームと対戦し勝利、花道や湘北メンバー全員が成長しており、チームとしてもベストなコンディションと意気込みでインターハイに挑む、というストーリーで終わっています。 Tの解説がおもしろい アニメではDr. T ドクターティー というキャラが時々ルールの解説をしています。 漫画ではバスケットボールの試合のルールについてマネージャーの彩子や他のキャラが説明していたり、脚注で入っているシーンです。 陵南との練習試合で、花道が相手監督の田岡監督にカンチョーをしたシーンのテクニカルファールの説明をしにきたのが始まりとされています。 井上雄彦本人をデフォルメしているみたいですね。 桜木軍団のバイトシーンの追加 インターハイは広島で行われるため、応援しにいくには交通費がかかります。 そのために海の家でアルバイトをする4人の場面がアニメでは追加されています。 漫画ですと、チラッと水戸が晴子にこれからバイトと言っているくらいです。 pinterest. 最終回の山王戦の白熱した対戦やその後は、単行本でも良いですが、完全版でぜひ読みかえしていただきたいです。 連載していたころのカラーページが追加されてイラストのデザインの綺麗さが相まっておすすめです。

次の

スラムダンクの感動的な最終回を振り返って。アニメとマンガの違いも解説します。│No Title Journal

スラムダンク デフォルメ

SLAM DUNK(スラムダンク)の感想やレビューです。 当サイト内でシーン別や巻別にも感想を書いているスラムダンクですが、 今回は改めて全体的な内容を扱ったものとなっています。 概要 主人公は赤い髪をした不良、桜木花道。 彼は高校入学後、赤木晴子に出会い一目惚れ。 その彼女からの一言、「バスケットは好きですか?」の言葉に誘われ、 彼は不純な動機ながらもバスケットを始める。 しかし練習や試合を通して、 バスケットそのものにはまっていく桜木だった。 と言うのが大体のあらすじになります。 やはり一番の読みどころは 桜木の成長ですね。 初心者であり問題児である彼が徐々にバスケットにハマり、 そしてものすごい勢いで伸びていく様は見ていて気持ちがいいです。 また、 試合の熱さも忘れてはいけません。 大黒柱の赤木に、初心者桜木、ルーキー流川が加わり、 更に物語の途中で復帰する宮城・三井。 彼ら5人や赤木と共にチームを支えてきた木暮が 繰り広げる 熱い試合はスポーツマンガの中でもトップクラスでしょう。 他にも相手チームには相手チームの良さがあったり、 時折挟まれるギャグのセンスがよかったりと、読んでて飽きる事がありません。 桜木の成長 彼が主人公である所以であり、 スラムダンクで一番の読みどころと言えると思う点がこれです。 最初は本当に完全な初心者で基礎の基礎からの練習が行われ、 一つ一つ出来る事が増えていく様が描かれています。 ドリブル、パスの基礎から始まり、庶民シュート(ランニングシュート)、 リバウンド、ゴール下シュートなどなど。 身体能力は飛び抜けてる桜木ですが、バスケットに関しては素人。 そんな桜木が覚えた事を活かして徐々に試合で活躍していくのは 一つのカタルシスを生んでいる部分です。 があるのですが、 読者もそれに近い感覚を持つことが出来るマンガです。 スポーツマンガでは練習したことが試合で活きるというのは 王道の展開ですが、その描き方が特にスラムダンクは優れていますね。 試合の熱さ スラムダンクの面白さの大きな部分のもう一つはこれでしょう。 1試合1試合が非常に熱くて面白いです。 試合自体の展開、人物の動きのダイナミックさ・躍動感、 キャラの心理描写など、どれをとっても一級品。 そのダイナミックで躍動感溢れる動きがマンガから伝わるのは凄いです。 1試合に2~3巻ぐらいかかってますが、 その量に負けないだけに熱さがあり、読み応えがあります。 特にはこれでもか!と言わんばかりの熱さ。 個別レビューでもここは詳しく触れているので、ぜひご参照ください。 キャラクターの良さ これは 湘北だけでなく、相手チームの選手にも言える部分です。 個性的なだけでなく、それぞれにバスケットにかける想いがあり、 その気迫などがそれぞれのキャラから伝わります。 湘北で言えば、個人的なお気に入りはやはり三井。 実際彼が試合を動かす事は多いですし、 も好きです。 他にも序盤から登場するや 神奈川王者、そしてなど、 いいキャラしている人物が多いです。 安西先生を始めとして、各チームの指導者たちも それぞれに個性があるのも面白いところですね。 先ほど述べた試合の熱さは、彼らそれぞれの熱さが 集まってより素晴らしいものになっていると思います。 ギャグのセンス 全体的に熱いマンガですが、 節々に感じられるギャグのセンスも 漫画としての面白さをより押し上げてくれています。 どちらかと言うと露骨に笑わしに来ているのではなく、 話の流れの中でニヤリとさせてくれる言葉回しや デフォルメ絵の挿入などのセンスが素晴らしいという感じ。 なので試合の中でちょこっと笑わせてくれたりしても、 試合の熱さ自体を妨げるものではありません。 そういうところも物語にのめり込める一因になっていますね。 あとは個人的に好きなのが 単行本の一話毎の区切りに載っている 一コマのセンス。 左の画像は例ですが、 話の流れに沿ったモノが多く、 クスリとさせてくれます。 総評 誰が読んでもその楽しさは感じられると思うので、 未読の方には是非一度目を通して欲しい作品です。 主人公の成長要素、試合の熱さ、登場人物の良さ、 散りばめられたギャグセンスなど、文句のつけようがないほど。 どちらかと言うともう古い作品になりますが、 今読んでもそこにある面白さは色褪せていません。 マンガ好きなら全ての人にオススメしたいぐらいです。 特に スポーツマンガが好きな人、バスケット好きな人には 確実に楽しめる作品となっているでしょう。 世代が異なる方にも是非読んでもらいたい作品ですね。 スラムダンクのシーン別・巻別レビュー記事一覧はこちら• 最近のコメント• すらっしゅ. comさん、コメントありがとうございます~。 お気になさらないで結構ですよー。... 訪問遅くなり申し訳ありません。 なんせコメントに気付くのが遅かったもので…笑... ぱぴぷぺもこさん、コメントこちらこそありがとうござい... コメントありがとうございました! ハイスコアガールのレビューを見ましたが確かに読んでみた... 葉月涙さん、コメントありがとうございます~。 ブログは楽しく拝見させていただいているので、紹介させて... こんにちわ。 ブログでご紹介いただきありがとうございます。... 葉月涙さん、コメントありがとうございます~。 文化部の楽しさ、ってのは確かにわかりますわ。... 私も「げんしけん」は好きな作品の一つです。 二代目になって更に面白くなったかなぁという印象があり... 無様な愚か者さん、コメントありがとうございます~。 短編集なんかはそれこそ人づてに聞いたりしないと、... こんにちは こんな短編集があったなんて知りませんでした。 今度読んでみたいと思います。...

次の

【スラムダンク】もし三井寿が怪我をしなかったら全国制覇出来たのか?

スラムダンク デフォルメ

SLAM DUNK(スラムダンク)の感想やレビューです。 当サイト内でシーン別や巻別にも感想を書いているスラムダンクですが、 今回は改めて全体的な内容を扱ったものとなっています。 概要 主人公は赤い髪をした不良、桜木花道。 彼は高校入学後、赤木晴子に出会い一目惚れ。 その彼女からの一言、「バスケットは好きですか?」の言葉に誘われ、 彼は不純な動機ながらもバスケットを始める。 しかし練習や試合を通して、 バスケットそのものにはまっていく桜木だった。 と言うのが大体のあらすじになります。 やはり一番の読みどころは 桜木の成長ですね。 初心者であり問題児である彼が徐々にバスケットにハマり、 そしてものすごい勢いで伸びていく様は見ていて気持ちがいいです。 また、 試合の熱さも忘れてはいけません。 大黒柱の赤木に、初心者桜木、ルーキー流川が加わり、 更に物語の途中で復帰する宮城・三井。 彼ら5人や赤木と共にチームを支えてきた木暮が 繰り広げる 熱い試合はスポーツマンガの中でもトップクラスでしょう。 他にも相手チームには相手チームの良さがあったり、 時折挟まれるギャグのセンスがよかったりと、読んでて飽きる事がありません。 桜木の成長 彼が主人公である所以であり、 スラムダンクで一番の読みどころと言えると思う点がこれです。 最初は本当に完全な初心者で基礎の基礎からの練習が行われ、 一つ一つ出来る事が増えていく様が描かれています。 ドリブル、パスの基礎から始まり、庶民シュート(ランニングシュート)、 リバウンド、ゴール下シュートなどなど。 身体能力は飛び抜けてる桜木ですが、バスケットに関しては素人。 そんな桜木が覚えた事を活かして徐々に試合で活躍していくのは 一つのカタルシスを生んでいる部分です。 があるのですが、 読者もそれに近い感覚を持つことが出来るマンガです。 スポーツマンガでは練習したことが試合で活きるというのは 王道の展開ですが、その描き方が特にスラムダンクは優れていますね。 試合の熱さ スラムダンクの面白さの大きな部分のもう一つはこれでしょう。 1試合1試合が非常に熱くて面白いです。 試合自体の展開、人物の動きのダイナミックさ・躍動感、 キャラの心理描写など、どれをとっても一級品。 そのダイナミックで躍動感溢れる動きがマンガから伝わるのは凄いです。 1試合に2~3巻ぐらいかかってますが、 その量に負けないだけに熱さがあり、読み応えがあります。 特にはこれでもか!と言わんばかりの熱さ。 個別レビューでもここは詳しく触れているので、ぜひご参照ください。 キャラクターの良さ これは 湘北だけでなく、相手チームの選手にも言える部分です。 個性的なだけでなく、それぞれにバスケットにかける想いがあり、 その気迫などがそれぞれのキャラから伝わります。 湘北で言えば、個人的なお気に入りはやはり三井。 実際彼が試合を動かす事は多いですし、 も好きです。 他にも序盤から登場するや 神奈川王者、そしてなど、 いいキャラしている人物が多いです。 安西先生を始めとして、各チームの指導者たちも それぞれに個性があるのも面白いところですね。 先ほど述べた試合の熱さは、彼らそれぞれの熱さが 集まってより素晴らしいものになっていると思います。 ギャグのセンス 全体的に熱いマンガですが、 節々に感じられるギャグのセンスも 漫画としての面白さをより押し上げてくれています。 どちらかと言うと露骨に笑わしに来ているのではなく、 話の流れの中でニヤリとさせてくれる言葉回しや デフォルメ絵の挿入などのセンスが素晴らしいという感じ。 なので試合の中でちょこっと笑わせてくれたりしても、 試合の熱さ自体を妨げるものではありません。 そういうところも物語にのめり込める一因になっていますね。 あとは個人的に好きなのが 単行本の一話毎の区切りに載っている 一コマのセンス。 左の画像は例ですが、 話の流れに沿ったモノが多く、 クスリとさせてくれます。 総評 誰が読んでもその楽しさは感じられると思うので、 未読の方には是非一度目を通して欲しい作品です。 主人公の成長要素、試合の熱さ、登場人物の良さ、 散りばめられたギャグセンスなど、文句のつけようがないほど。 どちらかと言うともう古い作品になりますが、 今読んでもそこにある面白さは色褪せていません。 マンガ好きなら全ての人にオススメしたいぐらいです。 特に スポーツマンガが好きな人、バスケット好きな人には 確実に楽しめる作品となっているでしょう。 世代が異なる方にも是非読んでもらいたい作品ですね。 スラムダンクのシーン別・巻別レビュー記事一覧はこちら• 最近のコメント• すらっしゅ. comさん、コメントありがとうございます~。 お気になさらないで結構ですよー。... 訪問遅くなり申し訳ありません。 なんせコメントに気付くのが遅かったもので…笑... ぱぴぷぺもこさん、コメントこちらこそありがとうござい... コメントありがとうございました! ハイスコアガールのレビューを見ましたが確かに読んでみた... 葉月涙さん、コメントありがとうございます~。 ブログは楽しく拝見させていただいているので、紹介させて... こんにちわ。 ブログでご紹介いただきありがとうございます。... 葉月涙さん、コメントありがとうございます~。 文化部の楽しさ、ってのは確かにわかりますわ。... 私も「げんしけん」は好きな作品の一つです。 二代目になって更に面白くなったかなぁという印象があり... 無様な愚か者さん、コメントありがとうございます~。 短編集なんかはそれこそ人づてに聞いたりしないと、... こんにちは こんな短編集があったなんて知りませんでした。 今度読んでみたいと思います。...

次の