増加 の 一途 を たどる。 増加の一途をたどる新薬の開発コストをいかにして回収するか

増加の一途をたどるインバウンド/日下部 聡

増加 の 一途 を たどる

増加の一途をたどっている うつ病ですが、具体的にはどのような病気なのでしょうか。 私のブログ、「症状で調べる心の病気」で何度も出てきましたが、あらためて2回に分け、より詳しく説明していきます。 今回は、その第1回目です。 【どんな病気?】 気分の落ち込みのほか、身体面にもさまざまな症状が見られる うつ病というと、「憂うつな気分が続く病気」というイメージをもっている人が多いと思われます。 おおむね間違いではありませんが、症状は精神面だけでなく、身体面にも現れます。 まず、精神面の症状を見てみると、前述の「憂うつな気分が続く」「イライラする」のほか、「普段は楽しいと感じる活動に喜びや興味を失う」「考えが浮かばない」「頭の回転が鈍くなる」「集中できない」「決断できない」「能率が低下する」などがあります。 これは、「抑制症状」と呼ばれる症状です。 さらに進むと、悲観的になって、自分には生きている価値がないと考えるようになり、「この世から消えたい」「自殺したい」と思うようになります。 身体面の症状としては、以下のものが典型的です。 眠りが浅い。 途中、何度か目覚めてしまう。 早朝に目が覚める。 好物を食べてもおいしく感じられない。 身体が重い。 すぐに横になる。 息苦しい。 めまい。 口が乾く。 吐き気がする。 便秘と下痢を繰り返す。 性欲がない。 体重が減る。 うつ病の患者は多くの場合、身体の不調のために元気が出ないのだと考えて、内科や整形外科、脳外科などを受診します。 そのとき、患者が精神的苦痛を訴えないと、更年期障害や自律神経失調症と診断されることも少なくありません。 なかには原因不明の病気とされ、いくつもの病院を回ったり、必要のない精密検査を繰り返したりすることもあります。 うつ病にかかりやすい人は、気分がすぐれなくても相手への配慮からにこやかな対応を心がける傾向にあるため、医師が内面の深刻な苦痛に気づかず、正しい診断が下されないケースもあります。 日本における年間自殺者は2012年以降、3万人を下回るようになりましたが、そのなかにはうつ病を患っていた人も多数含まれていると考えられています。 うつ病を放置すると死に至る危険もあることから、早期発見、早期治療が望まれます。 そのためにも、医療機関で正しく症状を伝えられるように注意が求められます。 鍛治 剛史.

次の

取り締まり不可能? 非合法な白タクが増加の一途をたどる理由

増加 の 一途 を たどる

かつての営業スタイルに加えて、外国人向けの白タクも タクシー事業は、法律上「一般乗用旅客自動車運送事業」と定められていて、いろいろ厳しい規定がある。 この法律に反し、二種免許を取らずに国土交通大臣の許可もなく、自家用車の白地のナンバープレートのクルマで送迎サービスを提供し、対価を得るのは「道路運送法」の違反行為。 国土交通大臣の許可なくタクシー事業を行うと、「三年以下の懲役若しくは三百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科」という罰則になっている(罰せられるのはドライバーだけで、乗客にはペナルティはない)。 国土交通大臣の許可を得たタクシーは営業用の緑地のナンバーをつけているのに対し、上記の違法なタクシーは、白ナンバーの乗用車を使っているので「白タク」と呼ばれている。 この白タクは、運転免許(一種)とクルマさえあれば、手っ取り早く稼げる副業としてかなり昔から存在し、深夜・終電近くになると、各地の駅前で白タクが目撃されていた。 そうしたトラディショナルな白タクに加え、近年増えているのは、外国人観光客向けの「白タク」。 羽田や成田、関空などの主要な国際空港を舞台に、年間3000万人を突破(2018年)した訪日外国人を相手に、中国系の白タクが急増中。 これらの白タクは、事前にインターネットの「配車アプリ」を使って予約し、ネット上で支払いも完了。 現場で現金でのやり取りは基本的に行わない。 すでにかなり大きな規模になっていて、都内だけでも2000~3000人の登録ドライバーがいるらしい。 非合法の白タクなので、サービスも悪くぼったくられる心配もあるが、これら「配車アプリ」を使った新しいタイプの白タクは、ドライバーごとにレビューがつくので、ドライバーは評価を下げないようにサービス精神は旺盛のようだ。

次の

増加の一途をたどる新薬の開発コストをいかにして回収するか

増加 の 一途 を たどる

Paul, et. Nature Reviews Drug Discovery 2010,vol9,203-214. 多大な期間とコストを投じて開発される新薬。 近年は上市 市場への正式な発売 の認可となる「承認取得」の確率も低下しており、新薬開発の所要コストは増加の一途をたどっている。 こうした投資コストを回収するための取り組みが、今日の製薬メーカー各社には求められているといえよう。 そこでは最適な上市戦略 上市価格と上市の順序 をグローバルレベルで適切に管理することが重大となることは言うまでもない。 しかし多くの製薬企業が、この上市戦略に課題を抱えている。 本稿では、ライフサイエンス領域における上市戦略の重要性を改めて提言するとともに、そこではどのような課題が存在しているのか。 SAS Instituteが提供するソリューションがどのように課題を解消するのかを紹介したい。 IRPを採用する国では規制当局が当値を定める。 注目すべきは、ある国でのわずかな価格変動が、世界全体の価格と収益、利益に大きな影響を及ぼすという事だ。 これは逆も然りであり、薬価が下降することで、いとも簡単に何千万ドルもの収益が損なわれる恐れがあるのだ。 市場参入を急ぐあまり上市戦略を厳かにした場合、製品ライフサイクル全体にわたって相当な収益を犠牲にするリスクを内包することとなる。 安定した収益の確保には、外部要因による収益影響を可能な限り排除することが重要だ。 つまり、今日の製薬会社には、全ての販売対象国を横断して「望みうる最大の上市価格の、規制当局との交渉」と「各国での上市タイミングの慎重な判断」を行って、国際参照価格の影響を最小限に抑えることが求められるのである。 以上のとおり、上市戦略を最適化することの重要性は明白であるが、理想的な戦略立案を難しくする課題がそこには存在している。 これは主に「IRP枠組みの複雑さ」と「大局的なビジョン、ガバナンスの欠如」、「高度なアナリティクスの不在」の3つに分類できる。 IRP枠組みの複雑さ IRPを定める枠組み マトリクス は極めて複雑だ。 理解せねばならないことは「ほとんどの国が独自の計算式を用いている」こと、そしてその国々の多くが参照価格とルールを順次進化させ続けていることである。 たとえば5年 60ヶ月 間で75ヶ国に製品を上市することを計画した場合、先の「上市価格」と「上市のタイミング 順序 」の組み合わせは、【60の75通り】という膨大な桁数の数値となる。 この中から最適な組み合わせを見つけるには、そのための方法論からまず考える必要がある。 大局的なビジョン、ガバナンスの欠如 1. で挙げた方法論の検討や組み合わせを選定する上では、当然ながら各国とその市場を横断的にみる視点が必要だ。 しかし、多くの企業組織が、大局的なビジョンを意識することなく各国レベルで上市価格を設定しているのが現状だ。 よって、上市戦略を各国ではなく、グローバルで一元管理するための仕組みを構築し、それを統制することが求められる。 高度なアナリティクスの不在 1. で例に挙げた【60の75通り】という膨大な桁数の組み合わせから最適なものを選択するには、当然ながら人の力では限界がある。 収益に大きく影響するがゆえに、上市価格の設定は大雑把な経験則に頼るのではなく、データに基づいた根拠ある結果として設定せねばならない。 しかし、先のAccenture社のレポートでは、上市価格設定のための高度なITを整備していない製薬会社が全体の3分の2に達していることを報告している。 最適化を完遂するためには、創造を絶する回数の順列置換に耐え得るアナリティクスを整備することが求められる。 これらの課題を解消し上市戦略を最適化するには、下の表にある4つの機能を備えたITを活用せねばならない。 上市戦略の最適化に必要な機能 1 上市戦略の一元管理 「大局的な視点からの上市戦略設定」をおこなうための、ビジネス構造とプロセスを一元管理する機能 2 新薬の上市結果の、短期間でのシミュレート 異なる上市価格・上市順序で利益効果の差異をシミュレートする機能。 検討するシナリオの数を制限しないためには、1つのシナリオ実行に要する処理時間を最小化することが求められる 3 上市価格とグローバルな上市順序の最適化 2 の情報にくわえて上市日も変数に含め、最適化を実行するための機能 4 市場価格のモニタリングと分析 政府の指示による価格変更や市場で発生するイベントからの影響を検討するための機能 SAS InstituteのLROソリューションによる、一元管理のアプローチ それではここからは、SAS Instituteが提供する上市収益最適化 Launch Revenue Optimization:LRO ソリューションによる一元管理のアプローチについて紹介していこう。 同ソリューションは、業界三指に入る製薬会社向けにSAS Instituteが開発したシステムを前進とし、それに利便性やレポート機能を強化して一般提供を開始したものとなる。 上市戦略を設定する上で重要となるのは「最適化の精度」だ。 いかに綿密な計算から結果を導き出したとしても、その精度が低ければ収益への悪影響は避けられない。 そしてこの精度こそが、SAS Instituteの特徴となる。 市場にある上市順序最適化製品の多くは、モンテカルロ・シミュレーション 最適化対象の解空間の一部のみをランダムにサンプリングして解を導き出す手法 に代表される単純な分析手法を使用している。 一方、SAS Instituteのソリューションでは、極めて高い水準で構造化されていることが数学的に認められている「 分枝切除ソルバーにもとづく混合整数線形計画法」を利用。 高い精度を持った分析手法のもと、下図にあるフレームワークで、上市戦略の最適化を支援するのだ。 SAS Instituteの最適化エンジンでは、この図にあるフレームワーク内で、制約を満たす決定変数に値を割り当てて結果を算出する処理を反復。 目的のパフォーマンス指標が最大になる値 の組み合わせ を判定する。 もちろん、SAS InstituteのLROソリューションは、「表. 上市戦略の最適化に必要な機能」に挙げた各種要件も網羅している。 1 上市戦略の一元管理 各国の系列会社や外部のデータソース 基幹データ、価格データ、市場規模、予測販売量、為替レートなど から、プラットフォーム、フォーマット、保管場所を横断してデータの統合が可能。 全ての国の基準価格設定ルールを一元的に管理することができる。 さらにユーザーの役割に応じてアクセス権限が定義でき、全ての活動について監査証跡も生成されるため、ガバナンスの統制も測ることが可能。 グラフィカルなユーザー インターフェイスによって、専門家でなくても高度な分析を実行することが可能 上市の最適な順序、最適な価格を設定することに成功すれば、特許を独占できる7~10年にわたって増収効果を持続することが可能。 たとえ市場価格が徐々に下落するとしても、最初の出発点が最適であれば、巨額の収益増につながる可能性があるのだ。 冒頭のとおり、新薬開発の所要コストは増加の一途をたどっている。 高度なアナリティクスを整備している製薬企業はいまだわずかだ。 この状況下でアナリティクスを整備することは、単なる収益確保に留まらず、グローバルの競争力向上にも大きく貢献するだろう。 本稿を参考に、上市戦略の課題をぜひクリアにしてほしい。

次の