コロナ禍 渦中。 コロナ禍、コロナ渦を使い始めたのはいつから?『禍』、『渦』の違い、誤りの可能性についても調べました!

コロナ渦とは (コロナウズとは) [単語記事]

コロナ禍 渦中

コロナ渦・コロナ渦中の読み方「うず」は間違い? 世界中で猛威を振るっている新型肺炎コロナウィルス。 世界中でも多くの死亡者を出して、私たちの日本でも猛威を振るい自宅待機など生活や経済に多大な影響をもたらしていますよね。 そんな中で皆さん 「コロナ渦」「コロナ渦中」という言葉や文字もよく目にしませんか? これ・・実際に皆さんなんて読んでいますか? 「 渦」というのは、「 うず」と読むのですが「 コロナ渦中」は「 コロナうずなか」? 実は、この漢字を読めない人が最近大勢いて勘違いが発生しているそうです! 「 渦(うず)」という漢字は存在するのですが、 「コロナ渦」という日本語は存在しません。 という所で大きな驚きですが、ではどうしてテレビや新聞などで「 コロナ渦」という文字を私たちは目にするのでしょうか? 実はテレビや新聞で使用されているのは「渦」という漢字ではないのです。 正しい漢字はこちらです。 「 禍」で、皆さん読めますか? この「禍」は、音読みで「 カ」と読むので「コロナ禍」と書かれていると「 コロナカ」と読むことになります。 訓読みでは「わざわい」とも読むらしく、漢字って難しいですね・・。 コロナ禍・コロナ禍中の意味は? ではそもそも 「 コロナ禍」ってどういう意味なのでしょうか。 日本人を30数年やってきましたが、全く知らない言葉なのですが皆さんいかがですか?笑 コロナ禍の意味はこちらです。 「 新型コロナウィルスが招いた危機的、災厄的な状況」 コロナ禍という言葉に、そこまでの意味が含まれていたなんて知りませんでした。 そしてもう一つ目にする「 コロナの禍中」の意味は分かりますか? こちらです。 「 新型コロナウィルスが原因で混乱した騒ぎの中」 ~の禍中という言葉は聞いたことがありますので「コロナの禍中」の意味は理解できますが、日本語は奥深いですね・・。 コロナ禍・コロナ禍中の使い方は? コロナ禍の意味は理解しましたが、では日常的に私たちはどのように「 コロナ禍」という言葉を使えばいいのでしょうか? 「 コロナウィルスによって私たちがもたらされる不幸」 というのが、大体の意味ですので「まじで、最近コロナ禍だよね~(最近、コロナで私たち不幸だよね~」という様な意味で使うのが正しいのかちょっと難しい所だと思います。 しかし調べてみると、私が上記で書いた「 最近コロナ禍だよね~」という意味の使い方ではなく、正しい使い方があるようです。 例文をいくつか見つけました。 「 コロナ禍によって客足が激減し、閉店を余儀なくされた。 」 政府から出された全国緊急事態宣言によって、営業を自粛に追い込まれた飲食店やホテルなどの現状もニュースなどで連日取り上げられています。 外出自粛などによって、客足が激減し閉店するしかなくなった。 という状態を「コロナ禍」と表現するのですね! 「コロナ禍は学生たちの就職活動にも多大な影響を与えている。 」 新型コロナの影響で、営業などが悪化し内定を受けていた学生たちの多くが営業不振で内定取り消しになった。 というニュースも多く目にしました。 そのような学生たちの現状も「コロナ禍」になるのですね! コロナ禍の間違いやすい漢字まとめ コロナ「禍」の漢字って一目見て、一発で「カ」と読む人って少ないのではないでしょうか。 実際に間違いやすい漢字が多く存在しています。 事実、私自身も恥ずかしいですがずっと「 禍」ではなく「 渦」と読んでいました。 他にも「 渦」だけでなく「 鍋」と勘違いしていた人もいたようです! 「コロナ禍ってずっと、コロナ渦(うず)だと読んでた。 恥ずかし」 「え・・コロナ「カ」って読むの?コロナ鍋だと思ってたんですけど!!なんか鍋の中でコロナに煮られているみたいな表現なんだ。 と思ってたww」 と勘違いしていた人が多いようで、私だけでなくちょっと安心しました。 笑 なんでコロナ禍って言われるの? 「コロナ禍」と言われるようになった理由については、分かっていません。 しかし、確実にコロナが世界で特に日本で猛威を振るうようになったのは2020年からです。 なので2020年以降にコロナが猛威を振るいだして、その現状を伝えるために 新聞やネットニュースなどのマスメディアで使用されることが増えたからなのではないか。 と言われています。 なので、コロナが発生していなければ「 コロナ禍」という言葉は存在しなかったわけです。 まさに新しい日本語が誕生した。 という事になります。 今回は、コロナ渦・コロナ渦中の読み方や正しい漢字、そして意味について記載しました。 見たことがある漢字にどうしても思えてしまうんですね。 恥ずかしい思いをしないように、これからはしっかりと見たいですね!.

次の

コロナ禍とは|読み方や意味、使い方・「災」との違い・コロナ禍の影響を受けた業界、働き方の変化を解説

コロナ禍 渦中

目に見えない感染症ウイルスが全世界を揺さぶり、日本もその脅威との過酷な闘いの渦中にあります。 封じ込めは思うように進まず、医療態勢は切迫、経済活動は停滞を余儀なくされ、国民の暮らしは不安と困窮の様相を濃くしています。 この未曽有の事態が私たちに問うているもの、そして危機を乗り越えるために見据えるべきものは何でしょうか。 それはの理念にほかなりません。 憲法の根幹である自由権や生存権といった基本的人権が今、まさしく脅かされているからです。 「人類は4年ごとに夢をみる」。 1964年東京五輪の記録映画で登場する印象的な言葉です。 首相は今年1月、国会の施政方針演説で、この言葉を引用し「夢の実現は私たちの行動にかかっている。 国のかたちに関わる大改革を進めていく時だ」と力説しました。 夢とは憲法の改正です。 首相はそれが「国会議員の歴史的な使命だ」と訴え、改憲に向けた議論の加速を促しました。 それを阻むかのように広がった禍は、首相からすれば「悪夢」と言うべきものかもしれません。 こんな格言が思い浮かびます。 一つの事にとらわれて全体像を見失い、災いを招いてしまう。 国政もこの落とし穴にはまっていないでしょうか。 政治の議論では、憲法あるいは国防といえば「9条」を軸にした安全保障問題が常に主題とされます。 しかし、列島各地で相次ぐ地震や豪雨などによる大規模災害も「憲法問題ではないか」と指摘する声があります。 一度に多くの命や財産が奪われ、生活再建に苦悩する人々の自殺などという不幸の連鎖も続く。 そうした、まさに人権に関わる悲劇が繰り返されながら、防災対策は後手後手に回っているからです。 感染症のまん延による社会の混乱も、災害と捉えることができます。 (世界的大流行)への備えは、それこそ「国防」とも言えます。 残念ながら、現実はあまりに無防備だったと言わざるを得ません。 コロナ禍は、高齢者や障害者施設での集団感染、非正規で働く人の解雇、中小企業の倒産、の失業など、弱者に深刻なしわ寄せをもたらしています。 福祉の脆弱(ぜいじゃく)さ、格差の固定化、セーフティーネットの欠如など、裏返せば、日本社会の病理そのものをあぶり出しています。 感染者やその周囲への差別や偏見がじわじわ頭をもたげているのも気掛かりです。 憲法を巡っては、この二者択一的な議論が先行しがちです。 今の政治でも、安倍政権の「改憲ありき」の姿勢に野党が待ったをかける図式が続いています。 そうした中で叫ばれている言葉があります。 「活憲」です。 憲法の条文にこだわるのではなく、憲法に照らして現実の社会をつぶさに見詰め、矛盾や問題を地道に解決していく。 そんな営みこそが重要ではないかという訴えです。 つまり、理念をどう生かしていくのか。 現下のコロナ対策は休業要請など私権制限の是非、それに伴う補償の在り方、弱者の救済方策、緊急事態に備える法の在り方など、難しい課題を伴っています。 しかし、これらも憲法を物差しに冷静な議論を進め、ウイルスとの闘いを克服していかなければなりません。 きょうで憲法の施行から73年になります。 平時であれば、読み返す人は少ないかもしれません。 その点、今年の大型連休は「ステイホーム」が合言葉とされています。 多くの人が、歳月を経ても色あせていない憲法にいま一度目を通し、崇高な理念を再確認してみる。 そんな時間を共有できればと思います。

次の

コロナ禍の読み方は?鍋(なべ)、渦(うずにしめすへん)?と読めない人が続出!意味と使い方、影響を調べました!

コロナ禍 渦中

コロナ渦とは、が渦巻いている様子である。 概要 : (か) 伝染病による・損失には「」という言葉をあまり使わず、「 禍(か)」という言葉を使って表現する。 「禍」というには、• (かこん)を残す• の惨禍(さんか)• 舌禍(ぜっか)を招く• 禍(わざわい)を転じて福となす• 禍々しい(まがまがしい) などの用例がある。 「渦」単体では「禍」と同じ意味にはならず、誤記である。 しかし、「渦」を使った言葉である「」が「した中」という意味であるので、全く意味が異なるわけではない。 以前から「ト禍」「禍」という表現があるため、それに倣って「」が生まれたものと思われる。 末ごろから徐々に使われ始め、同年下旬から広く使われるようになってきている。 実際に起こっているについては「 」の記事を参照。 他の誤記 コロナ鍋(コロナなべ) が入った。 々しい…いや、禍々しい。 なお、の直箸を通じてが感染する可性は低い()。 しかし、複数人で向かい合ってを食べるは多くの場合「」に該当してしまうため、にかかわらず感染の危険がある。 コロナ過(コロナすぎ) が過ぎたころ。 妙に的に感じられる。 「 」という言葉があるので、そちらを参照。 コロナ蝸(コロナかたつむり) に感染しつむり。 のへの感染例は複数確認されているが、に感染するのかは不明である。 コロナ堝(コロナるつぼ) を溶かすためのるつぼ。 「るつぼ」はを溶かすためののこと。 多分使用中のるつを入れたら高温で死滅する。 しかし人体や付着面からを分離してるつ入れることは難しいので、堝は感染防止には有効ではないと思われる。 コロナ 萵(コロナレタス) の形をした。 にするとおいしい。 関連項目• 他にも、「戦禍」と「戦渦」は両方の表記が辞書に掲載されていることが多い。 「」は「による」、「」は「による」という意味である。 なお、としての「」「」はもちろん辞典などに掲載されているが、辞典の単としての「禍」は「」「」「」ので掲載されており、「渦」は「」のだけが掲載されている。 また、今回のような病原菌の名に「禍」をつけて表す言葉の用例はまだ多くの辞書には掲載されていないと思われる.

次の