ヤマキ マルシェ。 口コミレポート一覧|ヤマキマルシェ-美濃加茂市/カフェ-レッツぎふグルメ

農園カフェ ヤマキマルシェで話題の旬のスイーツ<美濃加茂市>

ヤマキ マルシェ

ちなみに、この日のお昼は釜ケ谷マス園。 2018年08月27日 13:43• ずっとパフェが食べたかったのに、メニューをみたらフルーツサンドに早変わり。 今日のフルーツは、バナナとキウイでした。 フルーツサンデーは、桃です。 テラス席は心地よい風が通りゆったりまったりしたい空間です。 だから、時間は気にしてなかったのに、待たせてしまったからとサービスのいも切りケーキとレモンケーキをいただきとても美味しかったです。 お会計の時、ツリーハウスの話を聞き、見に行くとブランコもあり、乗ってしまった。 (笑) ツリーハウスからの眺めも良かったですよ。 7月7日にイベントあります。 七夕ライブコンサート13:00から無料です。 農園の中のお店 ドライフルーツおすすめ ツリーハウス• 2018年06月24日 10:17• 2017年05月13日 23:16.

次の

ヤマキ農園【岐阜県・美濃加茂市】

ヤマキ マルシェ

梨農園から発信 生産している梨の種類は愛甘水、幸水、豊水、南水、二十世紀、新高、愛宕、あきづき、王秋、にっこり、洋梨など、「梨ってこんなにいっぱいがあったんだ!」と驚くほどの品種の数。 さすが梨専門の農園。 また果樹園の中には、樹齢76年で1,000個もの実をつける梨の木があり、「じーちゃんの樹」と呼ばれています。 しっかりと張った力強い根に、太い幹は樹の下の方から枝分かれし、四方八方にしっかり太い枝を伸ばしています。 その端から端まで15m。 密かなパワースポットという噂も。 そんなヤマキ農園が、美味しく安全なフルーツが一年中味わえる幸せを届けようと、 ドライフルーツの生産販売も始めました。 自家製ドライフルーツがいっぱい ヤマキ農園のドライフルーツは、さすが梨農園発、なんと二十世紀、南水、幸水、豊水と、梨の品種ごとにドライフルーツが作られているのです。 収穫の季節でなくてもドライフルーツとしていろいろな品種の梨が味わえるなんて、梨好きには堪りませんね。 ヤマキ農園のドライフルーツは、自家農園製や全国の農園から厳選したフルーツを全て無添加、無着色、無香料、オイルフリーで作っています。 果物の味をそのまま生かし、低温でじっくり干して作られたセミドライフルーツは、 しっとり柔らかな食感で、果実のジューシーさもほんのり感じることができます。 是非味わいたいドライフルーツです。 ヤマキマルシェで会いましょう ヤマキ農園のドライフルーツや果実には「農園カフェヤマキマルシェ」で出会えます。 ヤマキマルシェは岐阜県美濃加茂市山之上町にあるヤマキ農園直営のカフェです。 コーヒーの他に「クラッシュオレンジと梨のジェラート」「茶菓(水果茶)」「洋梨のスパークリング」「ローゼルティー」など、楽しめるようです。 ここは農園の横にあるので、果樹の花期には、桃や梨の花が満開になっているところを眺めながらお茶がいただけます。 そしてお目当てのドライフルーツは、たくさんの種類の梨の他にも、みかん、トマト、りんご、キウイ、富有柿(スライス)、スイカなど、どれもしっかりと美味しそう。 お店では試食もできます。 ローゼルで元気に 先ほどあげたメニューの中に「ローゼル」とありましたが、これはなんでしょう? ローゼルは今、ヤマキ農園の長尾さんが力を入れている農作物です。 長尾さんは、数年前偶然出会ったこのローゼルがクレオパトラも愛用した美容と健康に良い植物と知りました。 さらに育てやすく収穫しやすいとも、様々な加工が出来るとも知り、ローゼルなら重労働の農作業が辛くなっている高齢者でも、育てて収穫でき、また畑に出られた喜びで元気になれるのでは、ローゼルで美濃加茂を元気にできるのではと思いつき栽培を始めたそうです。 聞きなれない名前ですが、実は乾燥したものはハイビスカスティーに使われています。 赤い色素(フラボノイド)がキレイな実です。 ローズヒップティーとブレンドで使われることも多いです。 このローゼルもヤマキマルシェで味わえます。 オンラインショップあります 遠方の方にはオンラインショップがあります。 ヤマキ農園製のドライフルーツと果実で作ったコンフィチュールが購入できます。 梨は30g入り648円(税込)、りんご、スイカなどは20g入り648円、5,000円以上の購入で送料無料になります。 ヤマキ農園のHPをご覧ください。

次の

美濃加茂市観光協会

ヤマキ マルシェ

農園カフェ ヤマキマルシェのおすすめ ヤマキマルシェのおすすめはなんといっても旬のフルーツをつかったスイーツ。 旬のフルーツは楽しめる期間も限定されているため、その時にしか味わえないとっても貴重なスイーツもあります。 季節限定のスイーツもあり、かき氷はうめ、みかん、ローゼル、ゆずのコンフィチュールをシロップとして使用していて、他でななかなか味わうことができないおすすめのメニュー。 店内は木のぬくもりを感じ、窓からは農園が一望できるとっても明るく自然のを感じながらゆったりとすることができます。 こちらの開放感のあるテラス席からも果樹園を眺めながらスイーツや食事を楽しめ、時期によってはフルーツの甘い香りを感じながら過ごすことができます。 農園カフェ ヤマキマルシェには季節ごとに楽しめるなしやももなどの果樹園の一角にツリーハウスがあり、天気のいい日には気軽に遊ぶことができこどもは大喜び。 大人も入ることができ、童心にかえってワクワクします。 店内にはヤマキマルシェのセミドライフルーツやコンフィチュールなどの販売もしていて、買い物だけに立ち寄るお客さんも多いそうです。 旬のスイーツ(桃) キウイと桃のフルーツサンド(700円)は程よい甘さの生クリームとキウイと旬の桃の甘味が相性ばっちりでペロッと食べれてしまいます。 1日限定10食の朝採り桃のプレミアムパフェ(1,200円)をいただきました。 甘くてみずみずし桃をこれでもかってくらい楽しめる贅沢なパフェ。 ももの時期は限られていて、もものパフェが味わえるのは2週間ほどしかないとのことです。 旬のスイーツ(苺) 4月いっぱまで楽しめるいちごのパフェ。 たっぷりのいちごと苺をつかったアイスなど旬のいちごを堪能。 ボリューム満点ですが、美味しくてペロッと食べれてしまいます。 旬のスイーツ(ローゼル) 某雑誌にもとりあげられたローゼルサンデーはローゼルの甘酸っぱいジェラートとヨーグルトが相性ばっちり。 トッピングされているドライフルーツが見た目にも可愛いだけでなく、とっても美味しい。 ローゼルのジュースは甘酸っぱくてさっぱりした感じで美味しくて、 ティーはローゼルの果肉付きでお好みでティに入れて飲むことができて、それがまた美味しかったです。 デザートメニュー• ジェラート…400円• サンデー…500円• しゅんパフェ…800円• チョコフォンデュ…750円• ブランヨーグルト…350円 フードメニュー• クロワッサンサンド(サラダ・スープ付き)…800円• 気分YAスープ(パン・サラダ付き)…900円• フルーツサンド…700円 ハーフサイズ…350円• フレンチトースト…450円 おすすめメニュー• ケーキ各種…150円~• グレープフルーツ&ローゼル…450円• フルーツサンド…700円 仕入れによりフルーツが変わります ドリンク• ブレンドコーヒー…400円• ICEコーヒー …400円• ゆず茶 …400円• はちみつゆず茶 …430円• ゆずソーダ …400円• ローゼルティ(ホット、アイス)…400円• ローゼルコーディアル…680円• 茶菓~ドライフルーツ紅茶~(梨・みかん・りんご・パイン)…650円• ストレートティー…550円• ミルクティー …550円• ほうじ茶ラテ…450円 基本情報 店名:農園カフェ ヤマキマルシェ 住所岐阜県美濃加茂市山之上町1004-3 電話:0574-26-5596 営業時間: 10:00~1700 定休日:月曜(祝日の場合は翌日) 駐車場: あり 地図(場所).

次の