たまき。 たまき

たまき

たまき

円卓の中央でランプの炎が揺れる。 暖色の光に照らし出されるのは、円卓をぐるりと囲むように席についた五人の男だ。 部屋の主からの歓迎の挨拶もそこそこに、五人は互いに視線を投げあった。 誰が最初だ? 「じゃあ、僕から始めよう」 無言の問いに軽く手を上げたのは、学生然とした青年だった。 仕立ての良いシャツや手入れの行き届いた髪型は、都会に慣れた一人前の大学生、という印象を抱かせる。 しかし白い頬や細い首には、まだギムナジウムに通っていてもおかしくないと思わせるような少年らしさが残っていた。 「まずは、お招きありがとう。 僕はエルンスト。 エルンスト・フォン・ヘルツ。 生まれも育ちもこの街で、今は大学で自然科学や哲学を学んでる。 僕はまだ学生で、人生経験も浅い。 皆さんがこれから話してくれる物語と比べたら、僕の話なんて取るに足らないものだろうけれど。 楽しんでもらえるように頑張るよ」 エルンストは少し恥ずかしそうに微笑んでみせた。 それから小さく咳ばらいをすると、頭の中に作った原稿を読み上げるように、ゆっくりと話し始めた。 「信じてくれても信じなくても構わないが、とりあえずお決まりの台詞から始めよう。 「見ての通り自動人形だよ。 ぜんまいを巻くと言葉を発するように作ったはずなのだが、どうにもうまくいかなくてね」 研究室で見せられたのは、等身大の人形だった。 見たところ手足や頭は木製で、布の服を着せられている。 口元やまぶたが動くようにできているのだろう、顔面はいくつかのパーツに分かれていた。 教授の言うとおり、ぜんまい仕掛けで動かすための形だ。 だがその人形の問題は別のところにあった。 「それで、どうしてこの人形の顔は僕にそっくりなんです?」 「うん、それは偶然というほかない。 私もそれが気になって君をここに呼んだのだから」 疑わしいと思ったが、僕は何も言わなかった。 椅子に座らされた人形を見下ろす。 髪の癖の付き方まで僕とそっくりだ。 正直に言ってしまえば、吐き気を催すほど気味が悪かった。 あまりに精巧に人を模した人形は、往々にして見る者にある種の不安感を抱かせるものだ。 それが自分と瓜二つなのだから、なおさらだった。 「まあ、ものは試しだ。 ヘルツくん、ちょっとぜんまいを巻いて、話しかけてみてくれないか」 そのとき、僕の心の中では絶対にやりたくないという気持ちと好奇心がせめぎあっていた。 目を閉じて動かない状態でこれだけ気持ち悪いのだ、おどけた表情とともに喋り出すところなんて見たくない。 だがちょっと待ってほしい。 こんなに精巧にできた人形なのだ。 内部の構造も相当細かくできているに違いない。 もしかすると未だかつて誰も見たことのないクオリティで動くかもしれない。 それは見てみたいではないか。 結局のところ、好奇心が勝った。 僕は教授からぜんまいの鍵を受け取ると、人形のうなじのあたり、襟からのぞく穴に差し込んで五回程度回してみた。 「それで、何を話しかければいいんですか?」 「なんでもいいよ。 こんにちはとか、はじめましてとか」 人形の前に屈みこみ、その顔を正面から見据えた。 いつの間にかまぶたを上げていた人形も僕を見つめている。 「えー、はじめまして」 すると、人形は口元をわずかに動かして、笑った。 「はじめまして。 やっと会えたね、エルンスト兄さん」 その一連の台詞を吐き出し終わると、人形は口を閉じ、あとはただ微笑んでいるばかりだった。 「なんてことだ!」 僕はしばらくぼんやりしていたが、背後から聞こえた教授の大声で我に返った。 「ヘルツくん! よくやってくれた、この人形はね、今まで誰が、何を話しかけても何も言わなかったんだ。 ただ目を開けて、正面を見つめるばかりでね。 それがどうだ。 私の勘は正しかった! 君に声をかけてみてよかったよ。 ほんとうにありがとう!」 教授は僕の両手を掴んで引っ張り上げると、ぶんぶんと上下に振った。 そして呆気にとられる僕を放って机に向き直ると、猛然と紙切れに何かを書きつけ始めた。 「いや、ちょっと待ってください先生。 どうしてこの人形は僕の名前を知ってるんです? 兄さんってどういうことですか」 僕が背中に問いを投げると、教授は振り返りもせずにただ鬱陶しそうに首を振った。 「分からん! この人形が何を話しだすかは私にも予測がつかんのだ。 そういう人形なんだ!」 「はあ!? これを作ったのは先生なんでしょう? なのに分からないって一体どういうことですか」 「それはだね、そもそもこの人形が何の情報をもとに動いているのかという話だが……、いや、駄目だ! 君に説明している間にアイデアが頭の中からこぼれ落ちていく!」 「じゃあ明日また来ればいいですか? このままじゃ納得いきませんよ」 「ああ、そうだな。 明日来てくれたまえ。 君にはまだ人形に話しかける仕事が残っているからな」 僕は教授に対して反感のようなものを抱きながら、仕方なくかばんを手に取って出口に向かった。 「おっとそうだ、ヘルツくん。 君、兄弟はいるのかい?」 「はあ? いませんよ。 僕は生まれたときから今までずっと一人っ子です」 とは答えたものの、家に帰ったあともなんとなく気になってしまって、夕食の席で両親に聞いてみた。 僕に兄弟がいたかどうか。 すると二人はなんとなく気まずそうな顔を見合わせたあと、隠していたわけじゃないんだけど、と前置きをして話しだした。 「実は、お前には双子の弟がいたんだ。 でも、生まれても息をしなくてね。 そのまま死んでしまった。 ……どうして急にそんなことを聞くんだい」 いや別に、なんとなく気になっただけだと答えて席を立つ。 本当になんでもないよ、心配しないで。 前に父さんか母さんからそんな話を聞いたような気がして、確かめてみただけ。 うん、大丈夫だから。 その夜は妙な夢を見て、あまりよく眠れなかった。 車輪の夢だ。 視界いっぱいに、無数の車輪が回っている。 一つ一つ大きさの違うそれらの隙間からは、見たことのある景色や懐かしい人の面影が見え隠れした。 そこで僕は、僕の弟の姿を探していた。 毎朝鏡で見るのと同じ顔を。 しかしいくら目を凝らしても、弟は見つけられなかった。 それなのにどうしてか、僕はひどく安堵していた。

次の

たまき。の店のたまき。さん

たまき

生涯 [ ] 生い立ち [ ] 1884年(明治17年)2月22日、(現在の内の)に生まれる。 (現・)出身での柴田孟甫(本名・熊太郎)を父に、同県城東郡(現・)出身の永田登波を母にそれぞれ持ち 、3歳の頃からを、6歳の頃からとを各々習い始める。 その後、虎ノ門の東京女学館に入学。 そこで(現・)出身の音楽教師・杉浦チカから音楽家になることを強くすすめられ、1900年(明治33年)に東京音楽学校に入学。 をに、をにそれぞれ師事、更にはもアウグスト・ユンケルについて学ぶようになる。 入学直前に父親の勧めで陸軍三等軍医正、藤井善一と結婚(1907年離婚)。 日本人初のオペラ [ ] 東京音楽学校在学中の1903年(明治36年)7月23日、に於いて催された日本人の手による初めての公演に出演し、成功を収める。 (明治37年)に同学校を卒業した後、奨学金を得て研究科に入ると同時に「授業補助」の辞令を受けて声楽を教えるようになる。 その後、となる。 この間にらを指導した。 にに所属して、1912年3月に初吹き込みを行い、として活躍を続ける。 欧米各国での活躍 [ ] 1913年に柴田家ので(東京帝国大学医学部助手を経てシンガポールの三井ゴム園病院院長)の三浦政太郎と結婚した後、夫とともに1914年ににする。 しかしの戦火を逃れてに移動。 三浦環 1917年 1915年のイギリス・デビューの成功を受けて同年に渡米し、で初めて蝶々さんを演じる。 好意的な批評によって、その後『蝶々夫人』やの『』をや、で演ずることができた(三浦環はに迎えられた最初の日本人歌手である )。 その後に戻りロンドンで歌劇団と共演した。 1918年にに戻り、『蝶々夫人』との『お菊さん』を上演するが、後者は「蝶々さん」の焼き直しに過ぎないとして不評であった。 1920年に、、、、、の歌劇場に客演する。 1922年に帰国するとに留まり、『蝶々夫人』とゆかりの土地を訪ね歩き、演奏会を開いた。 またレコードも大ヒットし、同年11月時点でだけで8万枚を売り上げた。 1924年に再び渡米し、サン・カルロ・オペラ団に出演する。 1925年にシカゴに行き、アルド・フランケッティから献呈された『浪子さん』を初演する。 その後はで歌手活動を続け、1935年にはので『蝶々夫人』出演2000回の記録を達成した。 永住帰国 [ ] パレルモで『蝶々夫人』自身出演2000回目を達成した環は、これを機に永住帰国を決断、1935年11月に帰国。 翌1936年の6月26・27両日、東京のに於いて開かれた原語(イタリア語)による『蝶々夫人』公演に自身2001回目の出演を果たした。 以後、日本国内に於いてオペラへの出演やリサイタル開催、レコーディングなどを重ねていった。 ことに『蝶々夫人』に関しては、自身による日本語訳の歌詞にて上演したこともあった。 その疎開先では、同じく疎開した母親の登波を看病する傍ら、ピアノも疎開先に持ち込み、地元民と気さくに交流したり、同じく疎開してきた多くの文化人らとの語らいを楽しんだりしていた。 また、子供好きの性分から、近所の子供達に歌を教えたりしていたともいわれている。 終戦そして人生の終焉 [ ] 太平洋戦争の終戦から4ヶ月弱経った1945年12月1・7両日、に於いて作曲『』全24曲のリサイタルを計4回開いた。 この一連の公演では自身が疎開中に翻訳した日本語の歌詞が用いられている。 1946年に入ると目に見えて衰弱し始め、3月には大東学園病院に入院、のため一人では歩けない身体となっていた。 それでも同年3月21日に日比谷公会堂でシューベルトの歌曲集『』全20曲のリサイタルを開いたほか 、翌4月にはNHKからの依頼を受けて計3回の録音を行った《4月5・9・16各日》。 NHKに於ける3回目の録音から9日経過した1946年4月25日、大東学園病院から東京帝国大学(現・東京大学)付属病院に転院。 手術の可能性を探りたいという医師側の意向からを受けていた。 しかし、翌5月22日には状態に陥り、その4日後の5月26日午前5時20分に息を引き取った。 なお、死の2日前(5月24日)には、状態の中、ドビュッシーの『バルコン(露台)』〔歌曲集『シャルル・ボードレールの5つの詩』から第1曲〕を口ずさんでいたという。 環の死去を受けて、死後2日経過した1946年5月28日に最初の入院先だった病院の母体である大東学園の講堂に於いてが営まれた他、翌6月7日には日比谷公会堂に於いて音楽葬が盛大に営まれ、かつて世界三大『蝶々夫人』歌手の一人として知られたや、環との共演者の一人である歌手の等から追悼メッセージが寄せられた。 亡骸は、生前残した「の見える湖畔で母とともに眠りたい」という遺言に基づき 、前年(1945年)に亡くなった母・登波と共に、山中湖東岸に程近い平野部に所在する寿徳寺に葬られている。 その裏手に建立された墓碑には「うたひめはつよき愛国心持たざれば 真の芸術家とはなり得まじ」と実筆の詩が刻まれている。 評価 [ ] お蝶夫人三浦環の像 (にある銅像) 作曲者自身から激賞されたように「蝶々さん」が当たり役であり、その正統的で模範的な演技で評価された。 少女時代にを学んでいたこともあり、美しく自然な所作によって成功を掴むことができたといわれている。 その名声ゆえに、やといったスター芸術家とも共演する。 三浦環が蝶々さんに扮した姿の銅像は、プッチーニの銅像とともに長崎市のに建っている。 のプッチーニ博物館(晩年の家)の歌手たちの写真を集めた一角には、日本語で「親愛なるジヤコモ・プチニ先生へ」と書かれたサイン付きの三浦環の写真が展示されている。 にも歴代のプリマ・ドンナと並んで写真が展示されている。 関係者 [ ]• 著名な門弟に、長坂好子、、鈴木乃婦、、、がいる。 - 夫の時代の親友で、三浦夫妻のシンガポール時代の総領事であり、アメリカ時代には参事官としてに赴任していた。 - 夫の帝大時代の恩師• イギリス時代には、、、、、、の妻・雪、夫妻らと交流を持った。 アメリカ時代には、、、一家、らと交流を持ち、15年間の滞米中に、、、と三代の大統領の前で歌う機会に恵まれた。 環の元情夫と噂された新聞記者の千葉秀甫(秀浦)は、帝劇出演に際し環が世話になった人物で、環に結婚を迫り、シンガポール、ドイツまで追いかけたとされる。 千葉は語学が得意で、翻訳書などの著書があるほか 、渡欧後はスライドを見せながら日本の文化を紹介する講演会で各地を回り、第一次大戦でスイスに逃れたのちに落ちぶれてローザンヌで没したという (で客死とも )。 座光寺秀次郎(天卿)の名で書生芝居の役者をしていたこともあり、明治の女性落語家・の元夫。 著書 [ ]• 柴田環『世界のオペラ』共益商社 1912• 『わが芸術の道』世界創造社 スメラ民文庫 1942• 『お蝶夫人』編 右文社 1947• 『お蝶夫人 伝記・三浦環』大空社・伝記叢書 1996• 『人間の記録 三浦環 お蝶夫人』日本図書センター 1997 翻訳 [ ]• 『お蝶夫人 歌劇』音楽世界社 1937 関連書籍 [ ]• 吉本明光『三浦環のお蝶夫人』音楽之友社・音楽文庫 1955• 『三浦環 永遠の歌姫』ポプラ社・偉人伝文庫 1956• 『永遠の蝶々夫人三浦環』春秋社 1995• 『考証三浦環』近代文芸社 1995 フィクションにおける三浦環 [ ] 小説• 『お蝶夫人 小説三浦環』講談社 1969 のち文庫 映画• ( 演:) テレビドラマ• ( 演:)• ( 演:)• ( 演: ) - 「双浦環」として登場。 ラジオドラマ• ( 演:) 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 出生地を「(東京・芝)」としているサイトも存在する。 但し、少なくとも(現・)入学以降の時期には「東京市芝区」内に在住していた• 「ピアノを瀧廉太郎に、をユンケルに習う」というふうに記述するものも存在する• この公演は、(現・東京芸術大学美術学部)、東京音楽学校の学生や卒業生たちにより催された。 演目は作曲『』で、三浦はこの主役にあたるエウリディーチェ役を演じた。 なお、当時は未だ本格的なは存在しなかったため、ピアノ伴奏により行われたとされている• 環が務めた(蝶々夫人)以外の主要キャストとして、海軍士官ピンカートン役にはと渡邊光の、アメリカ領事シャープレス役には下八川圭祐が配された。 このほか、演出はが担い、管弦楽は篠原正雄指揮が担っていた。 この大阪市内に於ける公演は、東京音楽学校(現・東京芸術大学音楽学部)卒業生で組織する「同声会」の大阪支部の主催により開かれたもので、開催時点で同支部の支部長を務めていたはの創立者としても知られている• 当該リサイタルの開催にあたっては、当時入院していた大東学園病院の荘司医師が付き添っていたほか〔注射したりもしていた〕、舞台上へはマネージャーや弟子の手を借りながら登場していた。 なお、舞台衣装としてを着用した。 1回目の録音は4月5日に行われ、シューベルトの歌曲集『冬の旅』全曲を収録。 3回目は4月16日に行われ、「庭の千草」・「ケンタッキー・ホーム」・「ホーム・スイート・ホーム」等のポピュラー曲を管弦楽伴奏付きで収録している。 これら計3回の録音のうち、2回目の録音では当時のNHK第1スタジオが使用され、管弦楽(クラウス・プリングスハイム指揮)が用意された一方、舞台裏には簡易便器も用意されていたという 出典 [ ]• マダム・バタフライとは. マダム・バタフライ インターナショナル財団. 2016年2月22日時点のよりアーカイブ。 2016年2月21日閲覧。 2016年2月22日時点のよりアーカイブ。 2016年2月21日閲覧。 酒井義夫(いずみ書房創業者) 2014年5月26日. 児童英語・図書出版社 創業者のこだわりブログ. 2016年2月22日時点のよりアーカイブ。 2016年2月21日閲覧。 :海外に雄飛した歌い手の先人たち』、2005年、10頁。 一般・図書館向け~文芸・読みもの. 1997年6月. 2016年2月22日時点のよりアーカイブ。 2016年2月21日閲覧。 坪井賢一、ダイヤモンド社、ダイヤモンドオンライン、2014. 春祭ジャーナル~東京・春・音楽祭. 東京・春・音楽祭実行委員会. 2016年2月22日時点のよりアーカイブ。 2016年2月21日閲覧。 坪井賢一(ダイヤモンド社論説委員) 2014年8月22日. ダイヤモンド・オンライン. 2016年2月22日時点のよりアーカイブ。 2016年2月21日閲覧。 『自伝 若き日の狂詩曲』()、1996年6月。 「改版あり(初回刊行「2016年1月21日」・ISBN「4122062187」)」• 『』1922年8月3日(『日本レコード文化史』(東書選書 124)、1992年、113頁。 ダイヤモンド・オンライン. ダイヤモンド社. 2016年3月12日時点のよりアーカイブ。 2016年2月21日閲覧。 2016年3月13日閲覧。 昭和音楽大学オペラ研究所オペラ情報センター. 2016年3月12日時点のよりアーカイブ。 2016年3月12日閲覧。 おんがく日めくり. ヤマハ. 2007年11月5日時点のよりアーカイブ。 2016年3月12日閲覧。 大阪音楽大学創立100周年誌編集室. 学校法人大阪音楽大学100周年記念事業. 2016年3月12日時点のよりアーカイブ。 2016年3月12日閲覧。 山中湖村ホームページ(旧). 山中湖村. 2008年5月15日時点のよりアーカイブ。 2016年3月12日閲覧。 工藤正義(三島由紀夫文学館). 山中湖村エコツーリズム. 山中湖村エコツーリズム推進協議会. 2016年3月12日時点のよりアーカイブ。 2016年3月12日閲覧。 ダイヤモンド・オンライン. ダイヤモンド社. 2016年3月12日時点のよりアーカイブ。 2016年3月12日閲覧。 山中湖観光協会. 2016年3月12日時点のよりアーカイブ。 2016年3月12日閲覧。 山中湖村観光課公式サイト. 山中湖村. 2016年3月12日時点のよりアーカイブ。 2016年3月12日閲覧。 「ナガジン」発見!長崎の歩き方 -• 国立国会図書館デジタルコレクション• 『実話ビルディング : 猟奇近代相』武内真澄 著 宗孝社, 1933• 『茶話 大正六(一九一七)年』、大阪毎日新聞• 吉田昌志、学苑 日本文学紀要第855号、2012• コトパンク• スポニチAnnex 2020年2月3日閲覧 参考書籍 [ ]• New Grove Dictionary of Opera Vol. 3, NY: Macmillan 1972. Michael Scott, The Record of Singing, Vol. 2 1914-1925, London: Duckworth 1979. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 環の両親の出身地である静岡に於いて、1996年から3年おきに開催 外部リンク [ ]• is」内に残存• 1917年録音.

次の

たまき。の店のたまき。さん

たまき

経歴 [ ] 生い立ち [ ] (現在の)に生まれ 、父の仕事の都合により各地を転々として育つ。 出生後ほどなくして転居した両親の出身地であるにて幼少期の数年間を過ごし 、 の時からは、5年生時から高校卒業まではの、及びで育った [ ]。 、中退。 高校生時代、同級生に、「涼しそうな顔をしている」と言われたことが、女優になろうと思ったきっかけであるという。 芸能活動 [ ] 1993年に女優としてデビュー。 2005年1月よりのバラエティ番組『』内のコーナー「ガセビアの沼」にて「 ウソつき」と喋りかける役でレギュラー出演していた。 ただし番組内で名前の字幕表記やクレジットが出たことは一度もない。 絶叫マシーン編で具合を悪くしたとが語っている。 私生活 [ ] 2009年3月6日、37歳でと結婚。 人物 [ ] 出身。 家族構成は父、母、一つ違いの兄。 には祖母が住んでいる。 芸名の「たまき」はの妻の名から(実際は竹久夢二の小説に、自身と似て手足が大きめであったといわれる「たまき」という女性が登場することから)。 趣味の幅は広く、読書では、、、などのを好み、またでは自らの撮影による旅行記を発表し、雑誌のコラム連載などでも活躍する。 他に、ファンとして『ウクレレ・ラヴ』という本で紹介されている。 出演 [ ] 映画 [ ]• (1994年) - 諸凪花世 役• (1995年) - ヒロミ 役• (1995年) - 天気予報のお姉さん 役• (1998年) - 溝口小春 役• (2000年) - 木下岬 役• Stero Future(2000年) - 桃崎薫 役• (2002年) - 大田静 役• Hogi-Lala(2002年) - キララ 役• (2005年) - 木下芙蓉 役• 蟲たちの家(2005年) - 御厨留以子 役• 第九夜(2007年) - 母 役• (2007年) - 主演・名取弥生 役• (2008年、) - ジュピター 役• へんりっく 寺山修司の弟(2009年)• 紙風船(2011年) - 妻 役• (2011年) - キリコの母 役• (2013年) - 緑 役• (2015年) - カルラ 役• (2017年) - 貴婦人 役• (2018年) - 神山ユーコ 役• (2019年) - 青木保子 役 テレビドラマ [ ]• (1993年、) - 坂口由香里 役• (1993年、フジテレビ) - 南陽子 役• (1994年、)• 第6回『蓼食う虫』・第10回『箱男』・第12回『斜陽』・第17回『朝雲』(1994年、フジテレビ)• 第3シリーズ 第1話(1995年、) - おはな 役• ラブラブ・トンマ計画(1995年、)• かしこ(1995年、フジテレビ)• 第7話『クィーン』(1995年、フジテレビ)• (1996年、) - 役• 第18話(1997年、フジテレビ) - 女 役• (1997年、NHK総合) - 主演・鳥居海子役• 立入禁止 STAFF ONLY 第1話『アンコール』(1997年、フジテレビ)• タイフーンシェルター(1997年、フジテレビ)• 生誕100年記念作品 (2003年、) - 坂本綾 役• 第10話(2003年、) - マリコ 役• 第40回、第41回(2003年、) - 高音 役• (2004年、) - 片桐すず 役• 第3話(2006年、テレビ朝日) - 道子 役• (2008年、) - 遠藤紗綾 役• 第4話(2011年、TBSテレビ) - 恵姫 役• 第6話(2012年、) - 佐藤伸子 役• 「心の音(ココノネ)」(2012年、テレビ東京) - 浅野 奈津子 役• シーズン3 第4話(2012年10月22日、NHK)• (2015年、テレビ東京) - 華本冬 役• スペシャルドラマ (2015年10月2日、フジテレビ) - 池島理沙 役• 「」(2016年2月 - 3月、WOWOW) - 湯川環季 役• (2016年、) - 矢萩多衣 役• Tokyo Stories 第8話「長芋のソテー」(2016年、) - 富士子 役• (2017年、NHK BSプレミアム) - 早川 役• 「夜逃げする女」(2017年、テレビ東京) - 須田類 役• (2017年、NHK BSプレミアム) - 磯山聖子 役• 大全力失踪(2019年、NHK BSプレミアム)• 「」(2017年12月3日、テレビ朝日) - 春日部瑠璃子 役 テレビ番組 [ ]• (1994年、フジテレビ)• (1994年、テレビ朝日)• (1995年、) - とともに司会• NG(THE NEXT GENERATION) (1996年、日本テレビ) - とともに司会• 竜馬におまかせ!のここが間違っている (1996年、日本テレビ)• とびっきり京都 第53回「洋館に息づく和のこころ」(・・)• (NHK教育) - サブ司会• (NHK総合・) - ナレーション• シネマ紀行() - リポーター• (2005年 - 2006年、フジテレビ) - 番組内のコーナー「ガセビアの沼」に「ウソつき」と言う役で出演• 世紀を刻んだ歌「明日に架ける橋 ~賛美歌になった愛の歌」(2006年、NHK BS2) - 後にNHK総合「」枠で短縮版が放送された• アフロディーテの羅針盤(2012年4月 - 、) - とともに司会• 第2回「竹取物語」(2012年4月23日、)• Moon Radio()• 東京ランドマーク図鑑(2012年、NHK - MCアシスタント• (2014年4月15日 - 、NHK Eテレ)• 伊藤梅子役 2015年8月26日、NHK• 「いのちの海」 2018年1月27日、NHK BSプレミアム - 語り 舞台 [ ]• 広島に原爆を落とす日(1997年、原作)• (2001年、原作、翻訳・演出)• ドラマコンサート「ミッシング・ピース〜あらかじめ失われた恋人たちよ」(2001年、演出、音楽) - 朗読劇• リーディングドラマ『恋のエチュード』(2003年、演出) - 「溺レる」「春の虫」を朗読• ワニを素手でつかまえる方法(2004年、作・演出)• 上海異人娼館(2004年、原作、芸術監督・台本、斉藤千雪・森崎偏陸演出)• 荒神(2005年、作、演出)• 30th SESSION「犬は鎖につなぐべからず 〜岸田國士一幕劇コレクション〜」(2007年、原作、潤色・構成・演出)• シェイクスピア・ソナタ(2007年、岩松了作・演出)• (2008年、原作、ケラリーノ・サンドロヴィッチ上演台本・演出)• ドラマ・リーディング29「醜男(ぶおとこ)」(2008年、マリウス・フォン・マイエンブルク原作、演出)• しとやかな獣(2009年、原作、ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出)• エドワード・ボンドの「リア」(2009年、演出)• 黴菌(2010年、ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出)• 赤色エレジー(2011年、脚本・構成・演出) - オフィスコットーネプロデュース• 祈りと怪物 ~ウィルヴィルの三姉妹~(KERAバージョン)(2012年、ケラリーノ・サンドロヴィッチ脚本・演出)• 大西洋レストラン(2013年、作・演出)• SWANNY公演 の「ゴミ、都市そして死」(2013年、千木良悠子演出)• 天野天街 presents 歌と朗読「時計台の夜」(2014年)• 緒川たまき(朗読)&クリス・デフォート(ピアノ)(2014年、武蔵野スイングホール) - 夏目漱石「夢十夜」から1、3、7、9、10夜を朗読• 夕空はれて ~よくかきくうきゃく~(2014年、原作、ケラリーノ・サンドロヴィッチ潤色・演出) - プロデュース• 狂人なおもて往生をとぐ ~ 昔、僕達は愛した ~(2015年、Roots vol. 2 作、熊林弘高演出) - 東京文化発信プロジェクト事業• SWANNY 二本立て公演 『ゴミ、都市そして死』『猫の首に血』(2015年、千木良悠子演出)『ゴミ、都市そして死』に出演• KERA・MAP 006『グッドバイ』(2015年、ケラリーノ・サンドロヴィッチ脚本・演出)• 世田谷パブリックシアター+KERA・MAP 007『キネマと恋人』 2016年、ケラリーノ・サンドロヴィッチ脚本・演出)• シアターコクーン・オンレパートリー2017+キューブ20th,2017 陥没 2017年、ケラリーノ・サンドロヴィッチ脚本・演出)• KERA・MAP 008『修道女たち』(2018年、ケラリーノ・サンドロヴィッチ脚本・演出)• 世田谷パブリックシアター+KERA・MAP 009『キネマと恋人』 2019年、ケラリーノ・サンドロヴィッチ脚本・演出)• ドクター・ホフマンのサナトリウム 〜カフカ第4の長編〜(2019年、ケラリーノ・サンドロヴィッチ脚本・演出)- KAAT神奈川芸術劇場プロデュース コンサート [ ]• 時々自動コンサートvol. 7『耳時々眼』(2009年5月) - ゲスト出演• 時々自動スペシャルコンサート『ほとんど全部今井さん』(2013年3月) - ゲスト出演 ラジオ [ ]• (2005年10月 - 2006年3月、・) - 案内役• あんずのお酒• キャッチホン• シャープ替芯「私タコなのにね」• 資生堂• GOLDEN NOODLE• フェナティ• Best Songs 〜We Love 80's〜(2007年9月)• LaBLIFe『ステレオ』(1998年)• 初恋の嵐『真夏の夜の事』(2002年)• SOB-A-MBIENT SUPER DELUXE『ちりぬるを』(2003年、監督)• 『』(ミュージックビデオ)(2017年) - 執事長 役 ゲーム [ ]• (1999年) - 声の出演 書籍 [ ]• 1997(1996年、)• 写真集。 『』などの撮影で有名なが返還間近ので撮影した。 Mexico ガイコツ祭り(2002年、)• 『対談集 夢の中で会えるでしょう』 2018年10月10日発売、mille books、 C0073 - 対談相手の1人。 受賞歴 [ ]• 演劇新人賞『広島に原爆を落とす日』• 第13回 最優秀助演女優賞『』 脚注 [ ]• VIPタイムズ社. 2017年12月10日閲覧。 きらら山口 Vol. 2003年春. 2017年12月11日閲覧。 ブログ. 2017年12月10日閲覧。 島根PR情報誌 シマネスク No. 2003年春. 2017年12月11日閲覧。 2020年4月22日閲覧。 この様子は、テレビ番組『かしこ』(フジテレビ)にて平成7年5月15日放送• ケラリーノ・サンドロヴィッチblog「日々是嫌日」 2009年3月6日. 2015年2月11日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年8月23日. 2016年8月23日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の