うつぶせ 1 分 で 健康 に なる。 健康はうつぶせから!うつぶせのメリットと1日1分簡単実践法

楽天ブックス: うつぶせ1分で健康になる

うつぶせ 1 分 で 健康 に なる

皆さんは、うつぶせにどんな印象を持っていますか。 休んでいる、だらけている、寝ている……、こんなところですよね。 ところが、うつぶせになるだけで不調が消えるって言うんですよ。 『』の著者は理学療法士。 さらに本書の監修は、整形外科専門医と総合内科専門医という充実ぶり。 かなり気になりますよね。 日頃感じる不調といえば、猫背、肩こり、腰痛、ぽっこりお腹、等々。 こういった原因は姿勢の悪さにある、と本書は説いています。 パソコンやスマートフォンの操作、車や電車の多用など、現代社会には姿勢を悪くする要因がいっぱい。 本書は「 前傾姿勢が長時間続くと、骨や内臓の配置が変わっていきます」と指摘。 そして本書がすすめるうつぶせの利点がふたつ。 うつぶせになる前に うつぶせの効果を最大限に生かすために、いくつか注意点がありますので、本書から紹介しますね。 1 食後30分以上経ってから行ってください。 2 はじめて行う時はゆっくりとうつぶせの体勢になってください。 まずは30秒から始め、うつぶせの姿勢が少しでもつらいと感じたら無理をしないようにしてください。 3 体に痛みや苦しさを感じた場合はすぐに中止してください。 4 妊娠中の方はお腹に圧がかかるのでお控えください。 5 風邪などで体調がすぐれない時はお控えください。 6 体の負担になる場合があるので、 うつぶせのまま眠ってしまわないように注意してください。 また、長時間うつぶせをする場合は体の様子を見ながら行い、決して無理をしないようにしてください。 7 うつぶせのまま本を読んだり携帯などを操作したりすると腰に負担がかかる場合があるので、うつぶせ以外の行為は控えてください。 うつぶせになるだけでこんなに注意事項が?とびっくりしましたが、特に7は私だけではなく皆がやりがちだと思うので、ここはしっかりうつぶせに集中しましょう。 実践! ザ・うつぶせ では本書から、正しいうつぶせのやりかたを解説します。 ・行う場所は平らであれば、布団の上などでもOK。 ・顔の向きはラクなほうでOK。 つらくなければ、時々反対側を向くとなおいい。 ・ 手のひらは下向きに。 ・腰痛や反り腰の強い人は、お腹の下に枕やクッションを入れてもOK。 ・ はじめは30秒、慣れてきたら1分間、うつぶせ姿勢をキープ。 ・うつぶせが苦痛でなければ、1分間以上行ってもOK。 ・うつぶせを行うのは、 夜、寝る前の1分間がおすすめです。 慣れてきたら、朝起きたばかりの状態でも行うとより効果的です。 うつぶせという姿勢自体に、健康とか体操といったイメージがなかった私。 単純に、だらけポーズとしか考えていませんでしたが、注意事項とやりかたを頭に叩き込み、実際にうつぶせをしてみたら……。 日によってうつぶせのコンディションが異なる!という事実に驚きました。 これはつまり、日々、身体の疲れ具合が異なるということですよね。 普段は、ただなんとなく疲れている、という感じ方だったのが、うつぶせになることにより、「今日は肩が重い」「昨日は体がかたくて、うつぶせになるのがしんどかった」など、自分の身体に対して敏感になるのです。 特に驚いたのが、うつぶせ1分間なんて余裕、と高を括っていたのが、1分間きつくてできなかった日があったこと。 でも、うつぶせをした後は、心なしか体がスッキリしているのです。

次の

うつぶせ寝健康法―日野原先生も毎日実践!

うつぶせ 1 分 で 健康 に なる

本当にこれだけ?? 1日1分、うつぶせになるだけ! 2000人のリハビリを担当してきた理学療法士が教える、 ストレッチよりはるかに簡単な不調の改善・予防法。 だから、ズボラでも続く! 猫背、腰痛、肩コリ、首の痛み、 不眠、疲労、冷え、誤嚥予防… 痛みや不調が消え、 加齢とともに弱っていた体も死ぬまで健康、 自分で歩ける体に復活します。 子どもからシニアまで、寝たきりでも実践可能。 不調が消えて、体幹から若返る! 100歳まで自分で歩ける! 「うつぶせ」は、 理学療法士の世界では「腹臥位療法」として確立され 幅広い良い効果が実証されている療法です。 にもかかわらず、あまり一般には知られていません。 本書では、その「効果」と「正しいやり方」、 そして少しだけ発展させたエクササイズを紹介します。 そして、うつぶせになった人の多くが こんな感想を口にします。 うつぶせになるだけなのに効いた! 自分でも不思議です 30代・女性 うつぶせをしている時に腕を広げると、 胸の前から肩にかけてストレッチされて気持ちいいです。 1か月ほど継続しているのですが、 肩こりが軽減したように思います 30代・男性 寝る前にしばらくうつぶせになっていると 足先が温かくなるのが早く、 すぐに熟睡できるように感じました。 同じ睡眠時間でも疲れが取れています。 熟睡できるので眠りの質が上がっているのでしょうか 50代・男性 仕事と育児に追われ、 慢性的な疲れによる倦怠感に悩まされていましたが、 驚くほど体がラクになりました。 どうしても体がつらい時などは日中、 空いた時間にもうつぶせになるようにしています 30代・女性 うつぶせになると胃や腸がギュルギュルと鳴りだし、 内臓が正しい位置に戻ろうとしているように感じます。 次の日の朝は快便です。 快便になったからか体重が少し落ちました 30代・女性 足腰に力が入りやすくなりました 80代・女性 体が動きやすくなりました 80代・女性 少しずつですが床からの立ち上がりがしやすくなりました 70代・女性 ベッドに上がり寝転ぶまでも大変だったのが、 寝転ぶ動作がスムーズにできるようになりました 90代女性 乾 亮介 理学療法士。 1978年大阪府生まれ。 2001年3月、関西医療学園専門学校理学療法学科卒。 同年4月に理学療法士国家資格取得。 医療宝生会PL病院リハビリテーション科に勤務し、以来16年間でリハビリに関わった患者は2000人を超える。 整形外科疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患、心大血管疾患などあらゆる患者のリハビリに携わる。 同時に研究や教育にも力を注ぎ、国内外合わせて学会発表歴は30回以上、論文や書籍の執筆歴もあり。 また、理学療法士養成校や看護専門学校の非常勤講師、理学療法士協会の教育講演や研修会の講師も務める。 岡田欣之 整形外科専門医、医学博士。 医療法人社団岡田整形外科おかだ整形外科理事長。 杏林大学医学部卒業。 神戸大学大学院医学系研究科整形外科学講座博士課程修了。 神戸大学医学部整形外科学教室入局。 国立病院機構神戸医療センター、国立病院機構兵庫中央病院、兵庫県立がんセンター、六甲病院、六甲アイランド病院、公立和田山病院などの関連病院を経て、2011年より兵庫県立西宮病院医長。 2017年より現職。 岡田真理子 総合内科専門医、医学博士。 まりこ中町内科院長。 大阪医科大学卒業。 神戸大学大学院医学系研究科循環呼吸器病態学講座博士課程修了。 2017年より現職。 1978年大阪府生まれ。 2001年3月、関西医療学園専門学校理学療法学科卒業。 同年4月に理学療法士国家資格取得。 医療法人宝生会PL病院リハビリテーション科に勤務し、以来16年間でリハビリに関わった患者は2000人を超える。 整形外科疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患、心疾患などあらゆる患者のリハビリに携わる。 同時に訪問リハビリや学会発表、論文執筆、講演や理学療法士養成校の非常勤講師など精力的に活動し、2012年には畿央大学大学院健康科学研究科にて修士号 健康科学 を取得。 国内外合わせて学会発表歴は30回以上となる。 医療法人社団岡田整形外科おかだ整形外科理事長。 杏林大学医学部卒業。 神戸大学大学院医学系研究科整形外科学講座博士課程修了。 神戸大学医学部整形外科学教室入局、国立病院機構神戸医療センター、国立病院機構兵庫中央病院、兵庫県立がんセンター、六甲病院、六甲アイランド病院、公立和田山病院などの関連病院を経て、2011年より兵庫県立西宮病院医長。 まりこ中町内科院長。 大阪医科大学卒業。 神戸大学大学院医学系研究科循環呼吸器病態学講座博士課程修了。 2017年より現職 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです.

次の

腰痛、肩こりがラクになった!ズボラでも絶対続けられる、たった1分のうつぶせで長年の悩みが解決!

うつぶせ 1 分 で 健康 に なる

乾亮介(いぬい りょうすけ) 理学療法士、ピラティスインストラクター 関西医療学園専門学校理学療法学科卒業。 理学療法士資格を取得後、医療法人宝生会PL病院リハビリテーション科に勤務し、16年間でリハビリに関わった患者は2000人を超える。 整形外科疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患、心疾患などあらゆる患者のリハビリに携わる。 同時に訪問リハビリや学会発表、論文執筆、講演や理学療法士養成校の非常勤講師など精力的に活動し、2012年には畿央大学大学院健康科学研究科にて修士号(健康科学)を取得。 ピラティスインストラクター資格を取得後、2017年4月に独立して予防医学サロン&ピラティススタジオ「リハティスプラス」を開き、地域の予防事業や全国各地で研修会やセミナーの講師を務める。 うつぶせを実践すると、よく眠れるようになったという感想は、日々多くの方からいただきます。 私のサロンや講習会で、うつぶせを実践された方の感想を紹介します。 「うつぶせを始めて2、3日くらいから自分では気づかない間に爆睡してしまい、朝の目覚めもよくなりました。 寝る前に2分くらいうつぶせになっています。 最初は半信半疑でしたが、今では職場の人にもすすめています」【50代女性】 「夜中に目覚めた時に普通に仰向けで寝ていると、余計なことを考えてしまうんですけど、うつぶせになると、不思議と余計なことを考えないので寝つきがよくなります」【60代女性】 「寝る前にしばらくうつぶせになっていると、足先が温かくなるのが早く、すぐに熟睡できるように感じました。 また同じ睡眠時間でも疲れが取れています。 熟睡できるので眠りの質が上がっているのでしょうか? 朝はうつぶせになってしばらくしてから起き上がるようにすると腰への負担が少なく、体も無理なく目覚めてから起き上がるので動きがスムーズです」【50代女性】 眠りの質もさることながら、寝入るまでの早さ、「寝つき」に効果を感じる方が多いようです。 その理由は、第一に呼吸です。 呼吸が深くなると副交感神経が優位になり、リラックスすることが睡眠につながります。 次に、 全身の血流がよくなり、足先まで温かくなることがあげられます。

次の