仮想 通貨 チャート 見方。 仮想通貨投資に役立つローソク足チャートとは?見方や分析方法を徹底解説!|カネット!

ビットコインのチャートの見方

仮想 通貨 チャート 見方

ビットレ君はGMOコインでのビットコインFX専門のアプリとなっていて、 使いやすさ・見やすさにとても評判があります。 コインパートナー編集でも使っている人が多く、評価はとても高いものとなっています。 ただスマホでチャートが見れるだけでなく、チャートに色々な指標を書くことができます。 bitFlyerのチャートは現在15種類あるのですが、本格的にトレードしたいという方には ライトニングチャートをおすすめします。 ライトニングチャートのなかにも3種類あって、 デフォルトタイプ、 クリプトウォッチ、 オリジナルのものがあります。 以下がデフォルトのチャートです。 また 追証もなしとなっていたりなどおいしいポイントがたくさんあります。 そのため 板が厚く、多くの枚数を取り扱う人にとってはとてもやりやすい取引所となっています。 暗号資産 仮想通貨 のチャートだけでなく、株式や為替などのチャートもあるので、その知名度はとても高いです。 人気に理由としては豊富な種類のインジケーターはもちろんのこと、チャートの操作性・ペイントツールなども使うことが出来ることにあります!また 売り・買いサインも出てきますので、それをトレードの参考することも出来ます。 機能が多すぎて最初は使うことになれないかもしれませんが、 駆使することができれば非常に心強いツールとなってくれるでしょう! 欠点としては、取引所がリリースしている暗号資産 仮想通貨 チャートではないので、普段使っている取引所のチャートと形が異なる可能性があるということです。 そうなるとチャート分析する上でちょっとした、誤差が生じてしまいます。 国内のbitFlyerなど国内の主要取引所の多くに対応していたり、日本語にも対応していることからとても日本人の方にもおすすめできるアプリとなっています。 UIがとても使いやすいという評判で、どこの取引所にどれだけの資産があるかを簡単に把握することができます。 自分のみたい取引所を選択することで、その取引所のチャートを見ることが出来る優れものとなっています。 またそれ他の機能として、 暗号資産 仮想通貨 界隈のニュースを配信してくれる機能もついています。 価格の変動を予測する際にはとても役に立つかもしれません。 理由としては チャートの機能がとてもよい、 板がしっかりしているというところにあります。 時間足としては一般的な時間足に加えて、自分で任意の期間を設定することもできるという変わった特徴もあります。 もちろんインジケータも色々なものが使えるので、 自分でいろいろカスタマイズしたい人にはとてもおすすめの取引所となっています。 チャート機能としてはとても優秀なのですが、スマホアプリとして使うと正常に操作できないことがあります。 ですので、スマホで使用する際にはチャートを参照する程度にしておくことをおすすめします。 多くの海外取引所ではドルでの資産管理がメインですが、円換算もしっかりとやってくれる機能があるのでとてもおすすめのアプリです。 またこのアプリのおすすめの点としては、 暗号資産 仮想通貨 を登録しておくことで自分の資産推移が確認できることあります。 価格変動を確認できながら、ポートフォリオまで管理できるおすすめアプリとなっています! 黒マチャートは別名わくわく黒まランドとも言われています。 機能としては、今までご紹介してきたbitFlyerやBitMex、bitfinexなどの 暗号資産 仮想通貨 チャートアプリを同時に画面に表示することが出来るサイトです。 UIはとてもbitFlyerに似ているので、とても使いやすいチャートアプリとアプリとなっています。 最大の特徴としては4つのチャートを分割して見ることができるということです。 以下の画像が実際の画面となっています。 現在の相場ではBitMexやBitfinexが手動となって相場が動くこともあるので、そこのチャートを見ながら取引をすると参考になるかもしれません。 黒マチャートの詳しい内容・使い方に関して知りたい方はコインパートナーの記事をご覧ください!.

次の

【チャートの見方⑥】ボリンジャーバンドの使い方を覚えよう!【仮想通貨】

仮想 通貨 チャート 見方

ビットコインチャートの見方とラインの引き方 コロナショックにより、パラダイムシフトが起きてもおかしくない世界情勢の中、これから仮想通貨トレードを初めようと思っている方が増えてくるようになりました。 しかしこれまで投資を行なったことがない方が投資をスタートするというのはとても不安な点が多くあるでしょう。 ここでは、仮想通貨投資の初心者に向けてテクニカル分析の方法の基礎を解説し、最初のトレードの一歩を踏み出せるよう後押しできる内容を一つでもお伝えできればと思っています。 まずは、テクニカル分析の基礎としてチャートの見方、そして相場の変化や節目を視覚的に把握するためのラインの引き方をご紹介していきます。 チャートの見方 まずチャートの見方から簡単に説明したいと思います。 チャートは「ローソク足」と呼ばれる箱型のようなものが連続し並びながら形成されています。 ローソク足の基本的な見方は下記の図をご覧ください。 左の図は「陽線」という形です。 これは設定した時間軸のローソク足がスタートした価格から、時間軸における取引価格が上昇していた場合が陽線です。 設定した時間軸の間に上昇した場合に表示されます。 右の図は「陰線」という形です。 これは先ほどの陽線とは逆の動きで、設定した時間軸の間下落した場合に表示されます。 このように一つの形でたくさんのヒントが得られることからトレーダーはこのローソク足で分析していることが多いため、ローソク足が示しているものを覚えておきましょう。 チャートの見方(ローソク足と移動平均線) 次にチャートを見ながら移動平均線とローソク足について解説します。 上記のチャートはビットコイン円の日足チャートです。 上記のチャートはローソク足と25日単純移動平均線で構成されています。 移動平均線は一定期間の価格の平均を1本ラインで表示しています。 つまりこの移動平均線に価格は収斂しやすいとも言えるため、この移動平均線の方向性や移動平均線からどの程度価格が乖離しているのかをトレーダーはチェックしています。 この上記で見る基本的なポイントは3点です。 チャートラインの引き方 次に先ほどご覧頂いたチャートにラインを引いて視覚的にどこで価格が止まりやすいのか、どこが節目となっているのかをチェックしていきたいと思います。 このチャート上の節目をチェックする事はとても重要です。 節目とはそのラインを抜けるとトレンドや相場の雰囲気が変化する重要なラインです。 この節目を把握する事はトレードの基本であり、そのラインを見極めることができない限り継続的な利益をあげる事は難しいでしょう。 では実際のチャートを見ながらラインの引き方を解説します。 上記のチャートは最初にご覧頂いたチャートと同じビットコイン円の日足チャートです。 ラインの種類には、レジスタンスライン(上値抵抗線)とサポートライン(下値支持線)というものがあります。 サポートラインとは「下落した際に投資家が止まると意識している水準」で、レジスタンスラインとは「上昇した時に投資家が止まると意識している水準」です。 重要な点は「サポートラインやレジスタンスラインを突破すると役割が反対となること」です。 急落しサポートラインを突破すると、元々のサポートラインはレジスタンスラインに転換します。 一方で、急騰しレジスタンスラインを突破すれば、レジスタンスラインはサポートラインに転換します。 この意味は、投資家がセンチメントが転換したと判断して方向感を変えてきているという予想が、チャート上で視覚的に判断できるという事です。 これが節目を把握する重要なポイントなので覚えておきましょう。 この節目を把握するためのラインの引き方はとてもシンプルです。 「ローソク足の上ヒゲ、下ヒゲのラインを引くこと」のみです。 上記のチャートの 緑の丸印がそのポイントになります。 ご覧頂くとわかる通り、そのラインで綺麗に止まっていることが多いでしょう。 そしてその引いたラインを突破すると、そのトレンドが継続しているケースが多いです。 ではなぜこのような動きになるのか?これは投資家が見ているポイントのラインを正しく引いているからです。 ラインの引き方はとてもシンプルですが、一方で安易に自分の想像のみで、「この辺りではないか」と引いてしまうことは誤ったトレードに繋がってしまうため注意しましょう。 大事なことは「自分が思っているラインを引くことではなく、 大勢の投資家がチェックしていると思われるラインを引くこと」です。 チャートの基礎は徹底的に ここでご紹介したことは、チャートの基礎中の基礎の内容です。 しかしレジスタンスラインやサポートラインを把握することはとてもトレードに役に立つものであり、基礎を疎かにしては利益を継続的に出すことはできないため、軽率にせずしっかりと自身で取り組むことが大切です。 特に大事なことは、ラインを引き、 その後の値動きの結果から自身の引いたラインが正確に節目を捉えているのか振り返る癖をつけましょう。 どうしても人間は結果ばかりに目がいってしまい、自身のミスを認めたがらない生き物です。 しかし、フィードバックをして常に見つめ直すことが、新たな知識を身につけることよりも遥かに大事なことです。 ここでご紹介したラインの引き方一つでもしっかりと節目を捉えることができれば、大きく損失を被るトレードを行う可能性は大きく減少します。 またトレードで利益を出し続けるためには、知識よりもリスク管理が遥かに大事なことであり、そのリスク管理を行う上で節目を捉えるラインの引き方というのは必須の項目になります。 レジスタンスラインとサポートラインの引き方はどのような投資対象でも利用できるものであるため、色々なチャートをチェックしながら練習し実際のトレードに活かせるように練習しましょう。

次の

「雲」の見方 〜仮想通貨fxのチャート分析〜

仮想 通貨 チャート 見方

リアルタイムで仮想通貨を見る必要性 仮想通貨で資産運用する場合、原則は 安いタイミングでコインを購入し、値上がりしたところで売却することです。 こうすれば、利ザヤを稼げ、自分の資産を増やせます。 仮想通貨で運用する場合、チャートの見方をマスターすることは大事です。 チャートはリアルタイムにおけるそれぞれのコインの価値の推移を表示したものです。 チャートを見ることで、今後その通貨がどのような値動きをするか予測が立てられます。 そして今買いなのか、通貨を持っているなら売り時はいつなのかを予想して、自分のトレードに反映させるわけです。 仮想通貨のトレードをする場合、リアルタイムで値動きに関するチャートが出てきます。 そのほかに数字がいろいろと書かれている表も表示されるはずです。 こちらの数字の表は テクニカル指標と呼ばれています。 いろいろな方法で指標を定めて、一種の基準とするものです。 このテクニカル指標をチェックすることで、これから先どのように相場が展開されていくかを予想するわけです。 このようにチャートには、これからどう運用すればいいかについての道しるべ的な情報が網羅されています。 もし本格的に仮想通貨を使った資産運用を検討しているのであれば、チャートの見方をマスターしておくことがおすすめです。 ローソク足の見方をマスターすること 仮想通貨のチャートをマスターするにあたって、何はともあれ、ローソク足の見方を理解する必要があります。 ほとんどのチャートで、ローソク足は表示されているからです。 文字通り、ローソクのような形をしたチャートのことで、 始値・終値・高値・安値といった情報をすべて網羅しています。 そのほかにも一定時間の値動きについてもローソク足で表示されます。 1秒単位のリアルタイムで表示されるものもあれば、長いと1か月を一つの単位にして表示するローソク足も見られます。 その一定期間の中で、仮想通貨がどのような値動きをしたのか、価値として上がったのか下がったのかが把握できます。 ローソク足は、赤と青or緑で表示されます。 前者を陰線・後者を陽線といいます。 陽線とは一定期間でその通貨の価格が上昇したこと、陰線は逆に下落したことを意味します。 ローソク足を見てみると、四角い本体からひげのような細い線が伸びているはずです。 上部に出ているひげを上ひげ・下部に出ているひげを下ひげといいます。 陽線の場合、上ひげが高値と終値の間・下ひげが始値と安値の間になります。 陰線の場合、上ひげが高値と始値の差・下ひげが終値と安値の差を意味しています。 ローソク足の見方はいろいろとあって、まず始値と終値の差についてチェックする方法があります。 始値と終値の大きい状態を、大陽線もしくは大陰線といいます。 大陽線は大きく価格上昇を意味していて、当面その銘柄は価格が上昇すると見られます。 逆に大陰線は勢いがない状態で、今後も当面価格の下落する可能性が高いと推測できます。 逆にあまり始値と終値との間に差のない状態を 小陽線・小陰線といいます。 ローソクの本体の四角い部分が短い状態でチャートには表示されます。 このような状況に陥っている仮想通貨があれば、当面売りと買い注文が拮抗して、均衡状態を保つ可能性が高いです。 ただしリアルタイムでこまめにチェックしておいたほうがいいでしょう。 何かをきっかけにして、一気に上昇・下降に転じる可能性があるためです。 また十字線と呼ばれるチャートの出てくることもあります。 文字通り十字の形になったローソク足のことです。 始値と終値が全く一緒だと、ローソクの本体も一本の線となります。 その結果上ひげと下ひげを合わせて、ちょうどクロスしたような状態になるわけです。 これは一種の転換期を迎えているといえます。 もし低値の時に現れれば今後上昇する可能性、高値の場合には今後下落する可能性が極めて高いです。 低値であれば買いですし、高値でそのコインを持っていれば売り時と解釈できます。 このようにローソク足をマスターすることで、今後どのような値動きをするか、予想ができます。 より正確な予想ができれば、資産を増やせる可能性も高まるわけです。 リアルタイムでチャート確認できるおすすめのアプリは? 仮想通貨のチャートを見てみると、常に値動きをしています。 そして時として、大きく値が動くこともあります。 そこでリアルタイムのチャートをできるだけこまめにチェックし、必要に応じてトレードをするのが、仮想通貨トレーダーとしての心得といえます。 リアルタイムでチャートのチェックをしたければ、 スマホアプリをダウンロードしておく のがおすすめです。 現在仮想通貨の値動きをリアルタイムでチェックできるアプリもいくつか出ています。 その中でもおすすめのアプリをいくつかピックアップしましょう。 コインチェック コインチェックとは国内にあるビットコインなどの仮想通貨の取引所です。 「日本一簡単にビットコインが返る取引所」をキャッチコピーにしています。 このコインチェックでは、ユーザーの皆さんを対象にしてチャートチェックできるアプリを配信しています。 iPhoneでもアンドロイドでも対応していますので、ほとんどのスマホユーザーがインストールし利用できます。 上記の画像がcoincheckのツールの Tradeviewです。 様々なデータをみながら、買い注文・売り注文を同画面ですることも可能です。 コインチェックの口コミを見ると、チャートが見やすい、リアルタイムで表示してくれるとおおむね高評価です。 それぞれの1通貨単位当たりの日本円をリアルタイムで表示してくれるところもおすすめポイントです。 BtcBox BtcBoxのチャートアプリも高い人気があります。 BtcBoxは日本国内でも最大級の取引所で、リアルタイムのチャートを表示してくれるのがおすすめポイントといえます。 しかも取引しやすいところも魅力で、売買ともにかなり活発にオーダーの出る傾向が見られます。 思った価格で取引成立する可能性が高く、利益確定を逃す、損切りできないといったトラブルも起こりにくいです。 取引手数料は無料で、こまめにどんどん取引を進めていきたい人にはコストもかからず気軽にトレードを進められます。 こちらもiPhoneとAndroidのいずれにも対応しているので、仮想通貨で資産運用しようと思っている人はダウンロードしておいて損のないアプリといえます。

次の