日本 コロナ 海外 の 反応。 海外「こんなネタが出てくるとは…」日本のテレビ局が報道した「日本でコロナ感染が緩やかな理由」に驚き!?

【海外の反応】コロナウイルス、世界に広まる。海外「まるでゲームだな」

日本 コロナ 海外 の 反応

東京の3月26日の新規感染者数は72人だって! 4月1日以降の最低値だよ!!! 東京都 新たに72人感染確認 13日ぶり100人下回る 新型コロナ 東京都は26日、都内で新たに72人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。 これで都内で感染が確認された人は、合わせて3908人になりました。 都内で新たに感染が確認されたのは、10歳未満から90代までの男女あわせて72人です。 このうち、およそ72%にあたる52人が今のところ感染経路が分かっていないということです。 都内で1日に感染が確認された人が100人を切ったのは、今月13日以来、13日ぶりです。 nhk. html 【SARS2被害による中国共産党政府に対する損害賠償請求】 もう既に、世界各国や各国の企業や人々は、今回のSARS2で失った被害、身内が死亡 企業が損害などの損害賠償請求が中国共産党政府に対して始まっています。 今回の被害は国際裁判所へ中国共産党政府を提訴しないと賠償してもらえない事態になっています。 この場合の方法として、弁護士には2種類います。 国内問題だけの資格を持つ一般弁護士と、他国の国、そのものを訴える「国際弁護士」または「渉外弁護士」です。 今回のSARS2で被害を受けた人々や企業は、「国際弁護士のもとえ行き、中国共産党政府に対して損害賠償請求しましょう。 今後、どれ程の規模になるかは想像がつかないですね。 アメリカ圏内、ヨーロッパ圏内、そこに、日本企業が国際訴訟を行うのかは、まだ情報は入っていない。 東京オリンピック延期損害の賠償請求を中国政府に対してやるのかどうかも未定。 記事は、香港経済日報の29日付報道を引用。 現在、米国、英国、イタリア、ドイツ、エジプト、インド、ナイジェリア、オーストラリアの8カ国の政府や民間機関が、新型コロナウイルスの感染拡大を招き、自国に大きな被害をもたらしたとして、中国政府に賠償を求める訴訟を起こしていると紹介。 「外国による中国への賠償請求を『100国連合』と形容する人もいるが、あながち言い過ぎではないだろう」と伝えた。 そして、8カ国が中国政府に対して求めている賠償額の合計は約49兆5000億米ドル(約5300兆円)となり、これに米ミズーリ州の推定賠償請求額を加えると100兆ドル(約1京1000兆円)を上回り、中国のGDP(国内総生産)7年分に相当する額に達すると伝えた。

次の

なぜ日本の感染者は少ないのか……海外が見る「日本の謎」 新型肺炎

日本 コロナ 海外 の 反応

これまで感染者が少なく、何とか持ちこたえてきた日本の新型コロナウイルス対策だが、3月下旬から感染者が急増している。 日本は検査数を絞ったクラスター叩きを戦略としてきたが、もう限界だという見方が海外では優勢だ。 政府は感染拡大を受け緊急事態宣言で市民の外出や店舗などの営業自粛を求めているが、罰則つきの欧米式ロックダウンではないため、効果に疑問の声が出ている。 もっとも明白な理由は指摘されておらず、さまざまな憶測が飛び交っていた。 米は、予定通りの五輪開催のために、政府が数字を抑えようとしていたという噂を紹介している。 米ウェブ誌『』は、政府が肺炎患者に十分なコロナウイルス検査をしていない可能性もあると指摘。 一方で、日本はもともと挨拶としての握手やハグ、キスなどが少ない文化だったこと、マスクの着用が浸透していたこと、早めに大型イベントの自粛や学校休校などの社会的隔離措置が取られたことなどが功を奏したとも見ている。 こういった日本独特の理由が感染を遅らせたという認識が海外メディアには共通だ。 しかし、今後の感染拡大は回避できないという見方が圧倒的だ。 海外の見方は、によるアジアの国別新型コロナウイルス感染の概要をまとめた記事に集約されている。 これによれば、3月中旬までは五輪開催を議論できるほど感染は抑えられてきたが、以後東京の感染者が増加。 ロックダウンの遅れによって起きた海外の悲惨な状況を目にしていたにもかかわらず、政府は企業や国民に対して活動の自粛程度しか求めなかった。 4月7日に緊急事態宣言が出されたが、相変わらず自粛の域を出ず、ロックダウンと呼ぶには不十分なものだった。 その一方で、検査数は限定され、公式の感染者数をはるかに上回る感染者がおそらくいるのではという見方が広がった。 いまや感染は急増しており、欧米の後を追うのではないかいうことだ。

次の

日本のコロナの謎、ついに崩れる? 海外の見る日本の対策、今後のゆくえ

日本 コロナ 海外 の 反応

昨年から今年3月初旬まで海外を転々とし、帰国しました。 コロナウイルスの対応の良い国・悪い国のランキング、海外の反応、外国人の反応など、海外にいたからこそ見えてくる視点で紹介します。 このページの目次 海外の反応、外国人の反応。 コロナウイルス編 3月初旬、日本に帰ると聞いた海外の友達の反応。 パキスタン人「日本は大丈夫?台湾にいた方がいいと思う」 ベトナム人「薬をあげる。 食事の前に手を消毒してね。 」 中国人「日本やばすぎだろ。 」 日本人「なんで中国人にまで言われるんだ・・・」 フランス人「風邪みたいなもんだから心配するな」 日本人「いや、おまえはもっと心配しろ・・・」 こんな調子で、海外の人は日本と危機意識がだいぶ違いました。 フランス人を除いて・・・ その後、このフランス人は帰国しロックダウン直前までサッカー観戦してました。 新型コロナウイルスの対応が良い国ランキング 方法論としてコロナへの対応が良い国と思う国。 実際に現地にいた国あり 【7位】韓国 2月上旬、早々に幼稚園、小学校、中学校、高校などを休園・休校。 1日で1万5000回の検査、全土で約20万回のPCR検査を無料で実施。 世界に先駆けて車に乗ったまま検査を受けられるドライブスルー検査を導入。 最近は感染者数増加が鈍ってきている。 ドライブスルー検査などを導入し、死者は少ない。 病院のパンクが見込まれるなら、予め隔離所を用意したり、軽症者は自宅待機させるなどやり方があるハズ。 【5位】タイ 2月上旬に学校を休校にするなどの措置。 大気汚染の影響もある 全入国者に対し、スマホのGPS監視、電話番号やeメールのTM8用紙・アプリへの記入義務化。 バンコクのモールなどではマスクを配布、バンコク市内の多くの人がマスクをしていた。 「マイペンライ どうにかなるさ 」が口癖のタイ人がマスクを徹底してるなんて、すごいことだ。 【4位】ベトナム 2月上旬から教育施設の休校措置。 感染者が数人出た北部の村を隔離。 連日30度を超える暑さの中、ベトナムのホーチミン市では、ほとんどの人が汗だくになってマスクをしていた。 新型コロナウイルスに対する注意喚起が、街の中では繰り返し放送されていた。 下記はベトナムのホテルの電光掲示板。 こちらは、ベトナム人にもらった薬。 多くのベトナム人が食事の前に手を消毒している。 衛生面にうるさい日本人だが、コロナウイルスに関してはベトナム人の方が気を使ってると感じた。 ベスト3の発表の前に・・・ 一方で、コロナウイルスが広まってる国は?・・・ イタリア 2月の前半頃は「インフルエンザみたいなものだから、心配するな」と言う声が多かった。 観光業界から「客足に影響が出るから恐怖を煽らないでほしい」という声も出ていた。 マスクを着用する文化が無く、日常的にスキンシップを欠かさないコミュニケーション。 イラン 科学より信仰を重視?モスクで感染が広がってしまう。 日本は? 毎日お風呂に入る清潔な民族 多くの国民が毎日お風呂に入る唯一の国 玄関で靴を脱ぐ文化。 マスクを着用することに抵抗が無い 欧米人はマスクを嫌がる 医療現場が優秀。 日本産BCGが重症化しにくい効果がある説もあり。 一方で、厚生労働省は謎のPCR検査渋り。 【3位】ミクロネシア 世界に先駆けて1月31日に、新型コロナウイルスに関して緊急事態宣言。 2月3日より日本が感染地域・国であるとして14日間の非感染地帯での滞在を求めるルールを適用。 ベトナムもマスクは品薄です。 街でたまに店の人が自作したであろうマスクは売ってますが、一般のマスクはあまり売ってません。。 日本語でバイクタクシーのお兄さんや、マッサージのお姉さんに声をかけられますが、いつも通りの光景です。 冗談で「コロナウイルス持ってるよー」と言っても、笑って「大丈夫だよー」と返されます。 街の放送では必死に注意喚起してるので、厚生労働省が「大丈夫だ大丈夫だ」と言ってるのに、民間企業や市民は自主的にマスクをしたり対策してるのと、まるで真逆ですね。 今日も友達がホーチミンに観光に来てますが、特に問題なく観光してます。 現段階で、旅行や移動となると、出国より帰国が危ぶまれるというのはかなり現実的な問題!委縮して沈んだ生活を送ることはないけれど、個人の判断力は大事です。 特に各国で色々と対応の仕方やタイミングがバラバラ違っていると慎重になります。 私は国外にいますが、「おいおい日本人大丈夫?」みたいなのはないです。 家族と離れていることに関しては案じてくれる人はいたけど、対応とか反応については一切何も言われませんでした。 個人的には、日本国民に注目していて、そうすると比較的落ち着いているように見えます、そこまでのパニックにはなってないですよね?それが落ち着きととるべきか、諦観しているととるべきなのかは線引きが難しいですが。 だから日本人の反応について怖くはないかなって思います。 日本の対応は分からない、中国との忖度が払拭できない対応ではあると考えています。 ただし!他の中国忖度組の国々はもっとパニックでえらいことになっているのを見れば、それはやっぱり国民性の違いじゃないかと思ってしまいます。 海外と比べて日本の状態が怖いとは全く思いません。 そんなの単にイメージでしかない。 日本は予防意識が非常に高いので、そもそもの感染者が他国に比べたら遥かに少ない。 これが検査一辺倒でなし崩しで感染者が増え続けている欧米だったら助からなかったかも。 重篤で回復して無事退院できたのは 日本が設定した基準のお陰。 ただ問題なのは日本への帰国者。 仕事の方は仕方ないにしても、今の時期に旅行に行き勝手にコロナを持ち帰り、日本で分散。 そもそも国の言う事を聞かない人たちが、今第二波となって一気に東京でも広げている。 第一波の時より明らかにスピードが速い。 そら言う事を聞かなかった人たちだからね。 他人がどうなろうと知ったこっちゃない。 こうなってくると欧州の様に検査量を増やさざるを得ない状況に陥る。 最後に、欧米人はもうほぼ感染している。 大の大人が指10本第二関節まで指舐り、それで色々触り、手洗いしない。 うがいなんてもっての外。 土足で上がり、下手したらベットの上も靴はいたまま着替えもせず寝る。 100%近いかもね。 東欧は今少ないけど時間の問題。

次の