ヘレン・メリル。 “ニューヨークのため息”ヘレン・メリルの歌声に酔いしれて…|TAP the DAY|TAP the POP

青木高見(あんちゃん)のジャズ・コレクション・ウェブサイト / 【 Helen Merrill 】

ヘレン・メリル

1曲まるごと収録されたCDを超える音質音源ファイルです。 <フォーマット> FLAC (Free Lossless Audio Codec) サンプリング周波数:44. 1kHz|48. 0kHz|88. 2kHz|96. 0kHz|176. 4kHz|192. 0kHz 量子化ビット数:24bit• ハイレゾ商品(FLAC)の試聴再生は、AAC形式となります。 実際の商品の音質とは異なります。 ハイレゾ商品(FLAC)はシングル(AAC)の情報量と比較し約15~35倍の情報量があり、購入からダウンロードが終了するまでには回線速度により10分~60分程度のお時間がかかる場合がございます。 ハイレゾ音質での再生にはハイレゾ対応再生ソフトやヘッドフォン・イヤホン等の再生環境が必要です。 詳しくは をご確認ください。

次の

HELEN MERRILL / ヘレン・メリル商品一覧|JAZZ|ディスクユニオン・オンラインショップ|api.rethinkrobotics.com

ヘレン・メリル

来歴 生まれ。 両親は移民だった。 14歳でのジャズクラブで歌うようになり、からにかけて、レジー・チャイルズ・オーケストラ(Reggie Childs Orchestra)というの一員として活動。 、奏者の()と結婚するが、に離婚。 2人の長男のは、後に元のと共にで活動したシンガーソングライター、ギタリスト、また、英国でのバンド、アローズの時代の世界的大ヒット曲「」 1975年 の作詞・作曲家、オリジナル・レコーディング・アーティスト、パフォーマーでもある。 からにかけて、初のリーダー・アルバム『ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン』を録音。 に早世する奏者のが全面参加し、がを担当。 同作収録の「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」(作詞・作曲は)は、メリルの代表的なレパートリーとなった。 1956年の作品『ドリーム・オブ・ユー』ではと初共演。 末期になるとでの活動が増し、録音のアルバム『ローマのナイト・クラブで』ではと共演。 その他、多くのジャズ巨匠と共演しており、、、らがプロの仲間、また、友人として挙げられる。 11月、初の公演を行う。 にも日本を訪れ、等と共演。 頃、のアジア総局長ドナルド・ブライドンと2度目の結婚し、それを機に日本に移住。 以後、との共演盤『ボサ・ノヴァ・イン・トーキョー』、との共演盤『オータム・ラヴ』、と共に制作したのカヴァー集『ヘレン・メリル・シングス・ビートルズ』、当時やはり日本在住だったとの共演盤『スポージン』等を発表。 その後、ブライドンと離婚し、にはアメリカに帰国して音楽活動を停止するが、にはとの共演盤『ジャンゴ』を発表し、活動再開。 であり、活動再開後は数多く来日、ライブ・活動をしている。 近年では2015年に続いて、2017年4月に最後となる来日公演を行った。 また、、日本映画『』(監督)の主題歌として、「」を英訳してカヴァーする。 クリフォード・ブラウンとの共演から40年後に当たるには、『ブラウニー〜クリフォード・ブラウンに捧げる』発表。 『あなたと夜と音楽と』()ではと共演。 録音の『ライラック・ワイン』()では、の「ラヴ・ミー・テンダー」やの「ユー」をカヴァーした。 ディスコグラフィ リーダー・アルバム• 『ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン』 - (EmArcy、1955年)• 『ヘレン・メリル・ウィズ・ストリングス』 - (EmArcy、1955年)• 『ドリーム・オブ・ユー』 - (1956年、1957年録音)(EmArcy、1957年)• Merrill at Midnight(1957年)• 『』 - (1958年)• You've Got A Date With The Blues(1959年)• 『アメリカン・カントリー・ソングス』 - American Country Songs(1959年)• 『ローマのナイト・クラブで』 - Parole e Musica(1960年)• 『』 - Helen Merrill in Tokyo(1963年)• The Artistry of Helen Merrill(1965年)• The Feeling is Mutual(1965年)• 『シングス・フォーク』 - Helen Merrill sings Folk(1966年)• Autumn Love(1967年)• 『ボサ・ノヴァ・イン・トーキョー』 - Helen Merrill sings Bossa Nova(1967年)• A Shade of Difference(1968年)• 『シングス・スクリーン・フェイヴァリッツ』 - Screen Favorites(1968年)• Plaisir D'amour(1969年)• 『ヘレン・メリル・シングス・ビートルズ』 - Helen Merrill Sings The Beatles(1970年)• 『ヘレン・シングス、テディ・スウィングス』 - Helen Sings Teddy Swings(1970年)• ・トリオと共同名義, 『スポージン』 - Sposin' with Gary Peacock trio(1971年)• と共同名義, 『ジャンゴ』 - Helen Merrill John Lewis(1976年)• 『ラブ・イン・ソング』 - Love in Song(1977年)• 『チェイジン・ザ・バード』 - Chasin' The Bird(1979年)• 『クール&ボッサ』 - Casa Forte(1980年)• Imagination(1982年)• Affinity(1982年)• Helen Merrill sings Rogers and Hammerstein(1982年)• No Tears No Goodbyes(1985年)• Cole Porter Album(1986年)• Jerome Kern Album(1986年)• HM sings Irving Berlin(1986年)• Musicmakers(1986年)• と共同名義, 『コラボレイション』 - (1987年8月録音)(、1987年)• と共同名義, Duets(1987年)• と共同名義, 『』 - Just Friends(1989年)• Clear Out of This World(1991年)• Christmas Songbook(1991年)• Helen Merrill in Italy(1991年)• 『ブラウニー〜クリフォード・ブラウンに捧げる』 - Brownie(1994年)• 『あなたと夜と音楽と』 - You And The Night And The Music(1997年)• Carousel(1997年)• 『ヘレン・メリル』 - Jelena Ana Milcetic AKA Helen Merrill(2000年)• 『ライラック・ワイン』 - Lilac Wine(2003年)• 『ライブ・アット・ニュー・ラテン・クォーター』 - Live At New Latin Quarter(2013年).

次の

ヘレン・メリル

ヘレン・メリル

『 ヘレン・メリル・イン・トウキョウ』 の リリース 録音 、 アルバム 年表 Parole e Musica (1960年) Helen Merrill in Tokyo (1963年) The Artistry of Helen Merrill (1965年) 『 ヘレン・メリル・イン・トウキョウ』 Helen Merrill In Tokyo は、の女性・シンガーであるが、日本人の伴奏者により東京で録音したスタジオ・アルバム。 に2度目の来日をしたメリルは 、にNHKの音楽番組『』に出演するなどした後 、、にこのアルバムの録音セッションに臨んだ。 伴奏は、ピアニストにが在籍していたとウエストランダーズがつとめ、ゲストとしてが追加されてリード楽器が補強された。 リリースとリイシュー [ ] オリジナル盤のLPは、からにリリースされた SKJ 5。 その後、には、アルバム名の日本語表記を『 ヘレン・メリル・イン・トーキョー』と改め、キングレコード参加のジャズ専門レーベル「パドル・ホイール」から、ジャケットデザインと一部の曲順を変えた形で、すなわちB面の最後に置かれていた「」とB面の冒頭に移す形で、LPがリイシューされた K23P-6222。 後に「パドル・ホイール」からCDがリリースされた際にも、この曲順が維持された。 「パドル・ホイール」レーベルが休止した後、キングレコードから出されたリイシューは、1995年のLP、2012年以降のCDともオリジナル盤LPに準じたアルバム名の表記、曲順に復している。 トラックリスト [ ] LPでは、A面に5曲、B面に5曲が収録されていた。 曲順は、オリジナルLPに準じた、後年のCDによる。 「パドル・ホイール」レーベルのものは一部曲順が異なる。 タイトル 作詞・作曲 時間 1. 猪俣猛とウエストランダーズ• - 、• - 、• - 、• - 、 脚注 [ ].

次の