指 しゃぶり 絵本。 ゆびたこ【みんなの声・レビュー】

2歳児の指しゃぶりはどうしたらいい?指しゃぶりの疑問点と解決法

指 しゃぶり 絵本

本人が一番直したい、でも吸っちゃう! 「すったらだめ!」とお母さんには指に包帯を巻かれ、お姉ちゃんには「あんたのためやで」と、指にわさびを塗るという荒療治を施され、お父さんには1時間もお説教されて……。 一番やめたいのは、「わたし」なのに、眠たくなると指は口の中に吸い込まれていきます。 ああ、読んでいると私の中にもほろ苦い思い出がよみがえります。 我が家にも、指しゃぶりをなかなかやめられない子がいました。 眠くなると、お気に入りのタオルとセットで、指をチュパチュパ。 小学生になっても続きました。 体の大きくなった子が、赤ちゃんのように指を吸っている姿を見ると、どうしても、「指吸ってるよ」「なかなか直らないなあ」。 本人も気にしていることを重々承知ながら、どうしても口から出てしまうのです。 歯並びやあごの発達への影響など、大人は大人なりに心配して、どうしたらやめられるのかなあと、思いを巡らせてしまうものです。 立派に成長したゆびたこが、しゃべり出した! 絵本では、女の子の指で立派に成長したゆびたこが、顔を現してしゃべり出します! 目鼻立ちのはっきりした大きな顔が現れる場面は、大人でも意表をつかれます。 指の節にできたたこが顔になるなんて、妖怪話!? 子どもは怖がる!? しかし、目のクリッとした憎めない顔つきに、ユーモアたっぷりのゆびたこの口調に、グイッとひきつけられる子どももいるようです。 ゆびたこは、家族が見ていないときにだけ、女の子に話しかけてきます。 「あんたがいっぱいすうてくれたから、こんなにせいちょうできたわ」「もっとゆびしゃぶりして、わいのことおおきくしてや~」。 あわてた女の子は、必死に指を吸うことを我慢します。 吸われなくなって次第に小さくなったゆびたこが、消え入りそうな声で頼みます。 「さいごにいっかいだけ、ゆびすってくれ……」。 ずっと頑張って吸わなかったのに、吸ったらどうなっちゃうの!? お話はクライマックスを迎えます。 どうして指しゃぶりを直せたのかな? やがて入学式を迎え、ランドセルを背負い、お母さんと手をつないで校門をくぐる女の子。 教室からは、入学を喜ぶお姉ちゃんが笑顔で手を振っています。 もう、指しゃぶりは卒業できたようです。 どうして卒業できたのでしょうか? 誰に言われてもなかなか卒業できなかった指しゃぶり。 女の子が一番つらかったかもしれませんね。 女の子は、自分でゆびたことしっかり向き合いました。 たくさんおしゃべりをしました。 そんな中でゆびたこは、女の子の成長を感じ、ちょっと意地悪な物言いをしたり、からかうような素振りを見せたりしながらも、最後は潔く身を引いていったのかもしれません。 小学生になっても指しゃぶりがなかなかやめられなかった我が子、「寝るときだけはどうしても吸いたいんだ……」と言っていました。 穏やかに眠りに入る儀式ぐらい、どうぞどうぞ、と親も思っていたら、いつの間にか卒業。 高学年になったら、この絵本のゆびたこが大のお気に入りで読んで読んでとせがんでくる1歳の弟をひざにのせ、「こんな頃、あったなあ」と懐かしがりながら、何度も読んでいます。 期限を決めて頑張らなくても大丈夫ですよ! 指しゃぶりを卒業したいなあと思っている子どもたちに、私からもエールを送ります。

次の

ゆびたこ【みんなの声・レビュー】

指 しゃぶり 絵本

目次 1 2 3 4 4-1 4-2 4-3 5 なぜ指しゃぶりをするの? 赤ちゃんにとって指しゃぶりは、自分の意志で手が動くようになってからの 楽しい遊びのひとつ。 赤ちゃんの成長過程において、とても自然な行動なのです。 自分で物を掴めるようになり、一人で歩くことができるようになり、いろいろな遊びを覚えていく中で、指しゃぶりは自然としなくなることが多いです。 乳児期:楽しい遊びのひとつ。 生後2~4か月頃の指しゃぶりは、口のそばにきた指や物を無意識に吸っています。 5か月頃には、いろいろな物を手に取りしゃぶって形や味などを学習していると考えられています。 幼児期前半 1~2歳 :退屈な時や眠い時に見られるように。 この頃になると、ひとりで歩くこともでき、物を使って遊ぶことを覚えます。 そうすると、以前のように、楽しい遊びとしての指しゃぶりは減り、退屈な時や眠い時に見られるようになります。 幼児期後半 3歳~就学前まで :自然に減少。 家でママやパパと遊ぶだけではなく、外で友だちと遊ぶようになると指しゃぶりは自然に減少します。 夜寝る時などにクセとして出ることがあっても、起きている時にはしなくなっていきます。 5歳を過ぎるとほとんど見られなくなります。 学童期:完全になくなる。 6歳になっても、まれに指しゃぶりをする子どもがいます。 この頃になると 、止めさせるように、ママやパパ、周りの大人たちが特別な働きかけをすることで、次第におさまっていくようです。 指しゃぶりはいつ頃から始まる? 一般的には生後2~4か月頃からと考えられています。 しかし、授乳期には指しゃぶりをしなかったのに、断乳・卒乳をした後に始める子どももいます。 これには個人差があるので、「うちの子は指しゃぶりを始めたのが早すぎる・遅すぎる・全くしない」といった心配はしなくて大丈夫です。 指しゃぶりはいつまで続く? 指しゃぶりを始めるのと同様に、しなくなる時期にも個人差があります。 指しゃぶりは、成長とともに自然となくなるもの。 保育園や幼稚園に通い、日中に遊ぶことを覚え、他のものに興味を持つことで徐々になくなっていきます。 だいたい 2~3歳くらいが目安と言えるでしょう。 意識して止めさせるべき? 心配する保護者も多い、子どもの「指しゃぶり」。 止める時期には個人差があり、年齢や環境によって、指しゃぶりをする理由も様々です。 止めさせるタイミング ただ、2~3歳になったら止めさせる工夫を少しずつ始めてみるのがいいでしょう。 その頃になっても頻繁に指しゃぶりをしているのは、遊ぶ機会が少なく、退屈しているなどの生活環境も影響している可能性があります。 止めさせるための具体的な方法 指しゃぶりを止めさせる工夫の具体例をご紹介します。 指しゃぶりが続いて心配な時、参考にしてください。 何か興味を持てるものや集中できる遊びを! 積み木、ブロックなど、指を使った遊びをさせてあげましょう。 外で体を使って、エネルギーを発散する遊びも手持ちぶさたになりません。 絵本の読み聞かせやスキンシップをとる! 満足するまで絵本を読んであげることや、添い寝をして手を握りながら話をすることで安心して眠れます。 8 指しゃぶりをしなくても眠れる習慣をつけましょう。 絆創膏を貼る! 口にいれた瞬間に違和感を覚えます。 嫌な感覚は避けるようになります。 「出っ歯」など歯並びの心配について 指しゃぶりをしていると歯並びに影響が出て、「出っ歯」になると聞いたことありませんか。 歯並びについて、親としてはやはり心配ですよね。 でも 3歳くらいまでの指しゃぶりは特に心配する必要はありません。 でも説明したように、その頃になると、他のことに興味を持ちいろいろと遊ぶことを覚えます。 そうして自然に指しゃぶりはなくなっていくからです。 しかし、 4歳を過ぎると成長とともに、歯並びにも影響が出てくると言われます。 なかなか指しゃぶりを止めず歯並びが心配な場合、小児歯科医に相談してみるのもひとつの方法です。 まとめ 指しゃぶりは吸啜運動の機能を育成するために、生理的に口周りの筋肉を動かす行動でもあります。 吸啜運動とは、食べ物を飲み込む嚥下(えんげ)過程の最初の作業にあたります。 口の中の空間で舌と唇・頬を協調させて食べ物を喉に送り込む高度な筋肉運動です。 ですから、指しゃぶりはある程度の時期までは成長に必要なプロセスと言えます。 乳歯列が完成する3〜4歳からは、歯並びなどにも影響が出る可能性が高まりますので止めさせるようにしていきますが、個人差もありますので無理のないように徐々に止めさせるようにしていくと良いと思います。 とにもかくにも、成長については、個人差があります。 3歳くらいまでは、無理に止めさせる必要はありません。 誰にでも癖があるように、子どもにも「指しゃぶりの癖がある」と考えましょう。 もし4歳を過ぎても止める気配がないなら、その子の成長を見極めながら、止めさせる工夫を。 ここに挙げられている方法を試しても効果が出ない場合には、個別にその子の状況に合わせた方法を模索することになります。 担当の 小児歯科医にご相談していただくとよいと思います。

次の

指しゃぶりをやめさせる方法は?防止するグッズも紹介します!

指 しゃぶり 絵本

日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。 現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。 妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... はたからみると赤ちゃんらしくてかわいく見える指しゃぶり。 でも、発達面や心理面へ影響がある!?なんて噂を聞くと、ママとしては心配になってしまいますよね。 そこで今回は、赤ちゃんの指しゃぶりについて、いつから始めていつまでしていても良いものなのか、赤ちゃんが指しゃぶりをする原因とやめさせる方法についてご紹介します。 新生児・赤ちゃんの指しゃぶりはいつから始める?いつまでするもの? 指しゃぶりといえば赤ちゃんの代名詞のような行動ですが、早い子だと新生児のころから、もっというと胎児のころからお腹のなかで指しゃぶりを行う子もいます。 一般的には生後2ヶ月以降から始める子が多く、遅くとも5歳までには終わるようです。 1歳までの指しゃぶりは全く心配する必要はありません。 2~3歳くらいになっても短い時間や寝ているときだけであれば、やはり心配しなくていいでしょう。 ただし、4歳を過ぎても長時間指しゃぶりをしていると、成長に影響を及ぼすことがあります。 3歳頃から少しずつ頻度を減らしていくようにしたいですね。 新生児・赤ちゃんが指しゃぶりをする原因は?どんな心理なの? 赤ちゃんや幼児が指しゃぶりをする原因は月齢によって変わってきます。 ここでは、成長の段階別に指しゃぶりをする原因をまとめました。 胎児~新生児の指しゃぶり この頃の赤ちゃんに見られる指しゃぶりは、「吸啜反射」と呼ばれるもので、口に触れたものになんでも吸い付く動作のひとつです。 このようにして、赤ちゃんは無意識に母乳やミルクを飲む練習をしています。 関連記事 生後1ヶ月~1歳の指しゃぶり 生後2~4ヶ月になると、何でも口に持っていってしゃぶるようになります。 これは目と手の協調運動の学習や、色々な物をしゃぶって形や味を学習するためで、手や口を刺激することで脳の発達が促進されます。 1歳くらいまでの指しゃぶりは、本能による生理的なもので、悪い癖というわけではなく、指もおもちゃのひとつになっているようです。 1~2歳の指しゃぶり 1~2歳頃になると手よりもおもちゃで遊ぶようになり、昼間の指しゃぶりは減って退屈なときや眠いときにのみ見られるようになります。 保育園や幼稚園へ通ってお友達と遊ぶようになると、指しゃぶりは自然と減少する傾向にあります。 赤ちゃんの指しゃぶり、悪影響があるってほんと? 「指しゃぶりをするのはいけないので、いますぐやめさせるべき」という意見を聞いたことがある人もいるかもしれませんね。 前述のように2~3歳くらいまでの指しゃぶりは、成長のひとつとして見守っていて問題ないものです。 具体的には、前歯が突出する上顎前突、上下の前歯の間に隙間が空く開咬、上下の奥歯が横にずれて中心が合わなくなる片側性交叉咬合といった異常がみられることがあります。 これらが引き金となり、舌足らずな発音になりやすかったり、口が開きがちなので口呼吸になって、虫歯や風邪を引き起こしやすくなったりするなどの影響も考えられます。 関連記事 指しゃぶりを防止する方法は? 4歳以降になっても指しゃぶりをしている場合や、2~3歳くらいでも将来習慣化させないために指しゃぶりをやめさせることを考えた方が良さそうですね。 そのためには、以下のように他のことに意識をそらして、指をしゃぶっている時間を減らすことが効果的です。 子供の生活のリズムを整え、外遊びや運動をさせてエネルギーを十分に発散させる• 手や口を使う機会を増やすようにする• 集中して遊べる環境づくりやおしゃべり、スキンシップを増やす• (指しゃぶりをしていたら)他に興味のありそうなことに誘ってあげる 指しゃぶりが一番よく見られるのは、寝るときです。 指をしゃぶりそうになったら、子供の手を握ってあげたり、絵本を読んであげたりして、指が口に行かないように寝かしつけてあげましょう。 「指しゃぶりを止めなさい!」と言って手を払いのけて強制的に止めさせるのではなく、自然と忘れられるようにしてあげるのがポイントです。 また、子供自身が止めようと思うことも大切です。 進級やお誕生日などのタイミングで「もうおにいさん・おねえさんになったから、指しゃぶりはやめようか」と自覚を促してみましょう。 赤ちゃんの指しゃぶりは成長を見ながら、都度対応を 子供の指しゃぶりを強引にやめさせようとすると、本人にストレスがたまりかえってやめられなかったり、他の癖が出てきたりすることもあるので注意が必要です。 ママが気にして過剰に注意するのは逆効果となることもあります。 ママひとりで抱え込むことがないように、5歳頃になっても頻繁な指しゃぶりが続く場合や、小学校に入学してからもやめられない場合は、小児科医、小児歯科医、臨床心理士などに相談しましょう。

次の