鬼束 ちひろ ツイッター。 鬼束ちひろの結婚相手は誰?馴れ初めは?昔と現在の顔画像を比較!|PLEASANT ZONE

鬼束ちひろ激変!DV彼氏のせいで精神病か?

鬼束 ちひろ ツイッター

「カッコイイ」称賛の声相次ぐ 2017年10月31日、鬼束さんの公式サイトとSNSに3枚の写真が掲載された。 そのうち2枚には、髪型を丸坊主にした鬼束さんの写真が掲載されている。 髪は青白い地肌が透けて見えるほどの短さまで刈られている。 もう1枚の写真は、鬼束さんが記したという手書きのメッセージだ。 「ファンの皆さん、いきなりびっくりさせてごめんなさい」と切り出し、「あたし、ボウズになっちゃいました笑」と続けている。 その上で、突然のイメージチェンジの理由については、 「実は、身近な大切な人が、ガンと診断され、もしかしたら、多分、抗がん剤治療を始めると思います。 で、髪の毛が抜けてく、って聞いたから、あたしも一緒に頑張らないと!と応援の意味で、こう決めました」 と明かした。 メッセージの末尾では、「その人が、元気になるようにと、ファンの皆も、よかったら祈ってね」とも呼び掛けている。 取材すると、鬼束さん本人からコメントが 今回の鬼束さんの行動に、ツイッターやフェイスブックでは、 「身近な方が良くなる事祈ってます。 坊主も似合ってるし、カッコイイ」 「鬼束さんの大切な人をとことん大切にできる、そんなところ尊敬します」 「大切な人の為に女性の命ともいえる大切な髪を... 感動です」 「鬼束さんの御心も髪型も、とてもかっこよくてお似合いで素敵です」 といった称賛の声が相次いでいる。 J-CASTニュースが11月1日夕、所属事務所のNAPOLEON RECORDSに取材したところ、鬼束さん本人から次のようなコメントが事務所の担当者を通じて返ってきた。 「私がボウズにしたところで相手の病気が治るわけでもないし、『わざわざ何やってるの?』と思われてるかもしれませんが、治療で苦しくなった時に思い出して笑ってくれればいいです」.

次の

鬼束ちひろが「丸坊主」にした理由 知人のがん発覚で、「あたしも一緒に...」: J

鬼束 ちひろ ツイッター

12月7日、『FNS歌謡祭2016』(フジテレビ系列)が放送された。 視聴率も12. 6%となかなかの好成績だ。 豪華アーティスト同士のコラボなど見どころ満載であったが、鬼束ちひろの『月光』に心を奪われた方も多かったのではないだろうか。 『月光』がテレビで披露されるのは実に約12年ぶりだったらしい。 そんな鬼束であるが、数年前までは奇抜すぎる風貌や言動が話題になり、精神的に不安定なのではと囁かれることも多かった。 そんな時期に起きた騒動で、もっとも問題になったものといえば、Twiiterでのあの発言だろう。 「和田アキコ殺してえ」鬼束ちひろの衝撃呟き 鬼束がTwitterを開始したのは、2012年6月22日。 しかし開始早々、呟く内容といえば、「異常ありぃぃぃい!!!! イィィぃエェェェェエ!!!!!!」など、ハイテンション過ぎる内容ばかり。 さらには、 「あ~和田アキコ殺してえ」「なんとか紳助も殺してえ」と衝撃的ともいえる呟きをしたのである。 ちなみにここまでの投稿はすべて、Twitterを開始した6月22日の出来事だ。 「さすがになりすましなのでは?」と疑う声もあったが、鬼束の公式サイトでもアカウントが告知されており、まぎれもない本物。 大問題になったことを受けて、翌日には公式サイト上に謝罪文が掲載され、Twitterのアカウントも非公開になった。 奇行が指摘されていた鬼束ちひろ このTwitter騒動が起きる前から、鬼束は度々奇行が指摘されていた。 2011年には夏フェスで"怪演"を見せて話題になったり、ニコニコ生放送で大暴走して運営が自主規制を行ったりしたこともあった。

次の

当サイトについて

鬼束 ちひろ ツイッター

鬼束ちひろさん(33)が仰天の変貌をし、 現在『最終進化』と話題になっているんです!! 壮絶な過去の状況をぶっちゃけたり、奇怪な行動や発言で、 鬼束さんのギャップに唖然としたしたね・・・。 時は流れ、現在ナチュラルビューティーに変わり、 いったい本当の姿はどちらなんでしょうか? 爆発した、変貌・・・ 鬼束さんは、2000年にデビュー。 高校3年生に進級してすぐに、オーディションを受けグランプリを受賞。 自身が作った「call」を披露し、その才能に高評価されたらしいですね。 学校の閉塞感や同調を強制させることに嫌悪感を持っていたらしく、 最初から進学することは考えてなく、歌手志望という理由で高校3年生の1年間は、 ほとんど学校へ行ってなかったらしいです。 この時から、独自の世界観を持っていた方だったんでしょうね。 その後、デビューし2枚目のシングル「月光」でヒットし、 一躍有名人になりましたね。 清楚なイメージ、その歌唱力にとり憑かれる魅力がありました。 また、「裸足の歌姫」とも呼ばれ、束縛間を嫌い厚着をしないなど、 独特な雰囲気の人でしたね。 2002年に、全国ツアーの時観客の顔が悪魔に見え、マイクを持つ手が震えると・・・パニック障害に。 その前にも、何かと事務所と揉めることがあったりとか、何度か事務所も移籍。 2003年には声帯結節になり、休業したり・・・と、 目まぐるしく環境が変化していったようです。 2010年8月18日には、元カレからのDVで大けがを負った。 回し蹴りをされ、頭を何度も打ち付けられ、目つぶしまでされるという凶悪な犯行。 「左眉毛部挫傷、左眼窩(か)底骨折、左ろっ骨骨折、右結膜下出血」という診断。 全治1か月なんて重傷ですね。 その後も、不眠症に悩まされたり、自殺未遂をしたり・・・。 さらに、変貌した姿に世間は、「あの鬼束ちひろ?!」と驚きが目立ちましたね。 ちょうど、絶好調に病んでいた時期でしょう。 元カレのDV、自分は寂しがりやなど、他にも異様な発言も目立ったり。 デビュー当時の、清楚な服が「超」嫌だったと告白。 何かと事務所に縛られていたんでしょうね。 事務所はその後変わり、 変貌の時の事務所は「好きにやっていい」と言ってくれたらしいですね。 好き放題が爆発ですね。 とにかく昔の面影なく、「別人」と化してしまった・・・。 ニコニコ動画でも、放送事故と言われる行動が目立ったり、 著名人へのあだ名や、 2012年には大御所への殺害発言も飛び出し、謝罪にまで発展するほど。 清楚な鬼束さんは、どこにもいなくなりました。 情緒不安定な姿ばかりが目立っていました。 スポンサードリンク 最終進化は・・・本当の姿なのか?! しかし、ここ最近・・・元の姿に戻りつつあるのです。 やっぱり、綺麗と話題になるほど、またまた注目があがっている状況。 しかし、発言は相変わらずな発言ですが、 これが本来の姿なんでしょう。 自由に、好き放題やり、少しづつ回復してきたのではないでしょうか。 素の「鬼束ちひろ」を隠され、真逆の「清楚」な自分に我慢し、 環境の変化に耐えられなくなったあの時の壮絶な過去も、 自らカミングアウトし・・・これこそが「鬼束ちひろ」なんでしょうね。 独自の世界観を持ち、だからこそ、人を引き付ける曲がかけるんでしょうね。 6月28日(土)には、 鬼束さんが主題歌『祈りが言葉に変わる頃』を歌う映画「呪怨」が公開されます。 映画に合っている曲だと思います。 独特な感じが出てますよ。 少しづつメディアで見ることが多くなって行くかもしれませんね。 今後も、時に鋭く世の中をぶっ刺すような発言を、注目していきたいです。 スポンサードリンク.

次の