メガ ドライブ ミニ 改造。 メガドライブミニ

yyoosskのメモ: メガドライブミニ ゲームを追加する方法(hakchi)

メガ ドライブ ミニ 改造

メガドライブミニ! 本日発売ですが早速分解してみました。 このハードは処理速度の高速性(16Bit CPU搭載)を謳っており、当時としては他のゲーム機を凌駕するグラフィックとオーディオを実現していました。 また本体にはボリューム端子とステレオヘッドホン端子まで設けられており、性能やゲーム体験に拘って設計されたハードであったと実感します。 ちなみにメガドライブに搭載された16Bitの高性能CPUとはモトローラ社製のであり、当時はパソコンのCPUにも使用されるほどの物でした。 これが30年の進化を遂げ、現代技術で小型・省電力化されたハードウェアが、「」という事になります。 メガドライブミニのパッケージをチェック まずはパッケージの外観をチェックしてみましょう。 収録ソフトは42タイトル パッケージ裏面には収録タイトルの一覧画像が掲載されています。 以下に収録タイトルをまとめてみました。 皆さま、思い入れのあるタイトルはありますでしょうか。 メガドライブミニのJANコードは 4974365144791 となっています。 型式は HAA-2520 でメーカー1年保証が付いていますね。 ・メガドライブミニ本体 ・コントロールパッド ・HDMIケーブル ・USBケーブル(電源供給用) ・本体取扱説明書 となっています。 そろそろ中身が気になるところなので、パッケージを開けてみました。 環境問題などもあり、最近は段ボール材で作られた梱包が一般的になりましたね。 当時のメガドライブは発泡スチロール容器だったように記憶しています。 内容物を取り出してみました。 接続方法がイラストで記載されており、どなたでも簡単に接続できますね。 メガドライブミニの本体裏面です。 裏面は当時のデザインを再現して、右側には拡張スロット、左には放熱スリットが入っています。 本体銘板をチェックしてみましょう。 MEGA DRIVE MODEL NO. : HAA-2520 RATING :5V 1. 0A SERIAL No. xxxxxxx SEGA Games Co. , Ltd. MADE IN CHINA 基本的にはすべて英語表記となっています。 HDMI出力とMicroUSBによる入力端子があります。 最後に本体正面の端子部です。 コントローラーがUSBタイプとなったことで、本体のコネクタもUSBに変更されています。 この手法はプレイステーションクラシックでも使われており、今や一般的となりましたね。 本体上面です。 この写真だけ見ても、メガドライブ本物なのか、メガドライブミニなのか区別がつかないほど忠実に再現されています。 ちなみにカートリッジスロット、ボリュームスイッチなど、当時のギミックも忠実に再現。 これは元祖メガドライブオーナーとしては非常にうれしいポイントですね。 カートリッジスロットにはスプリング式の扉が採用されています。 もちろんすべてのスイッチが稼働可能です。 最後に気になるのは電源LED。 というわけで電源を投入してみました。 手に持った感じは違和感なく、存分にゲームを楽しめそうです。 先ほどチェックした通り、コントローラーの端子はUSBタイプとなっています。 付属のHDMIケーブルはSEGAロゴなどはなく、汎用品となっていました。 メガドライブミニを分解してみた お待たせいたしました。 いよいよ今回の購入目的でもある本題の分解に移りましょう。 本体裏面を確認すると、6本のビスで固定されていました。 まずはプラスドライバーでビスを外していきましょう。 取り外したビスは一般的なもの。 いじり止めのトルクスタイプ等は採用されておらず、分解は容易です。 6本のビスを外すだけで、パカッと本体カバーが開きました。 本体カバー裏面です。 カートリッジ部はビス止めされた別部品で構成されており、ここにも手間がかかっていますね。 電源スイッチ、リセットスイッチは実際に基板上のスイッチと接触する形になっています。 大きめのシールド板がかぶさっており、ビス止めされています。 ではシールド板と基板を固定している4本のビスを外しましょう。 ここも一般的なプラスタイプのビスなので分解は容易です。 本体から基板が取り出せました。 まだシールド板と基板はくっついた状態になっています。 シールド板が装着された状態で基板を撮影してみました。 マジックで「J」と記載されているのは、日本市場向けという意味でしょうか。 裏面はチップコンやチップ抵抗などがメインで、ICの類は装備されていません。 シールド板を外してみました。 シールド板には放熱ゲルが貼り付けされており、長時間のプレイでも安心して遊べそうです。 シールド板を外した状態の基板です。 基本的にはニンテンドークラシックミニと同じような雰囲気ですね。。 メガドライブミニの基板をチェック まずは電源部のICを確認しましょう。 X-Powers社の「 」を搭載しており、ニンテンドークラシックミニと同じ部品です。 周辺チップの配置はニンテンドークラシックミニとは異なりますので、開発元は違うように感じます。 つづいてHDMIコネクタ付近に装着されているHDMIインターフェースICです。 EPMI社の「 」を搭載。 こちらもニンテンドークラシックミニと同じ部品です。 一般的なHDMI1. 4対応となっておりどのテレビとも相性良く接続そうです。 生産ロットは19年12週となっていました。 メインCPUはZUIKI社の 「」が搭載されていました。 メーカーサイトにも令和最初のゲーム機に搭載されたSoCと記載されています。 組み合わされるメモリはUnilC社の「 」となっていました。 JEDEC準拠の256MB DDR3 SDRAMです。 続いてソフトウェア格納用のフラッシュメモリです。 搭載チップはSAMSUNG社の「」で、512MB SLCフラッシュです。 最後はUSBコントローラーICです。 搭載チップはProlific社の「」で、USB2. 0 4ポートHUBになります。 主要チップの構成としてはニンテンドークラシックミニに近い思想と考えてよさそうですね。 現時点ではメインCPUの仕様は調査できていませんが、メモリ容量、ROM容量などが同じであったり、電源周りや映像出力周りも同様にですね。 電源スイッチとリセットスイッチは面実装タイプとなっていました。 あまり力がかかる箇所でもないので耐久性としては問題ないでしょうか。 ちなみに電源スイッチはリードタイプの部品にも対応できるようにするホールが仕込まれていました。 これは修理という点でもありがたい構成ですね。 そしてゲーム中に応力がかかるであろうUSBコネクタ部分です。 裏面からみて分かる通り、リードタイプの部品が採用されており、ハードなプレイでも故障の心配はないでしょう。 電源部のMicroUSBとHDMIコネクタは面実装タイプです。 ただし、コネクタを構成するハウジングはスルーホールにガッチリと固定されているので、こちらも強度的には安心ですね。 最後にコントローラーをチェックしてみましょう。 コントローラーの型式は HAA-2522 となっていました。 コントローラー裏面には5本のビスがあります。 こちらも一般的なプラスタイプのビスなので、サクッと分解してみましょう。 ビスを外すとパカッと開きました。 コントローラ基板は片面基板で非常にシンプルな構成です。 USBケーブルも直付けタイプとなっていました。 すべてのボタンはメンブレンタイプのスイッチで構成されています。 コントローラー基板表面です。 搭載されるチップは「A31419」と記載されていますが、情報は見当たりませんでした。 おそらくカスタムチップの類ではないでしょうか。 そうそう、コントローラーのモードスイッチのみマイクロスイッチとなっていました。 ちなみにコントローラをWindows10のパソコンに差し込んでみたところ、追加ドライバー無しで普通に認識してくれました。 十字キーは斜め入力もOK、スタートボタンやモードボタンも反応しました。 メガドライブミニのまとめ 購入してすぐに分解してみましたが、本体の細部にわたる再現度の高さはなかなか感動ものです。 基板構成としては後発という事もあり目新しさはありません。 しかし、当時のメガドライブは非常にたくさんのICを搭載していたこともあり、このチップ構成でゲームが構成できることに時代の進化を感じます。 当時実機で遊んでいたユーザーも、新たにチャレンジしてみるユーザーにも楽しんでもらえるのではないでしょうか。 まずはソニックでスピード感あふれるゲームを楽しんでみたいと思います。

次の

メガドライブ・ミニ(その2) : てきとうにブログ

メガ ドライブ ミニ 改造

概要 [ ] からにかけてセガゲームスの前身「セガ・エンタープライゼス」時代に販売していた家庭用ゲーム機「」を、現代のアーキテクチャで復刻した。 2001年のの生産停止以来18年ぶり、セガゲームスとしては初となる家庭用コンピュータゲーム機である。 なお、セガグループ全体としては、からにかけてから、本機と同様にメガドライブ用ゲーム数作がプリインストールされたゲーム機・が計3バージョン発売されている。 また、「メガドライブ ミニ」は公開されたゲームプラットフォームではないため、本機が出てもドリームキャストは最後のゲームプラットフォームである。 2018年4月14日に開催されたセガフェス2018にて、第一報がなされた。 当時「メガドライブ ミニ」という名称は仮称で、2019年の続報発表時にそのまま正式な名称となった。 当初は同年内のリリースを予定していたが、反響がセガの予想を越えて大きく、海外からの要望にも適切に応える必要が生じてきたため、2018年9月、2019年に販売時期を延期すると発表 して、当初の仕様も白紙に戻して一から再設計した。 日本では発売時期が、からへのの時期にあたっていたため、「令和最初の新(ゲーム)ハード」というセールスコピーが使われた。 基本的には各地域でしか買えないものだが、日本のセガも特別に数量限定で発売している。 下記は日本のセガが直接発売に関与したバージョンに限定して記載。 SEGA Genesis Mini 北米市場向けバージョン。 日本では2019年9月27日にAmazonで数量限定発売された。 メガドライブ ミニ・アジアエディション 日本以外のアジア(中国を中心とした地域・東南アジアなど)市場向けバージョン。 2020年、このアジア版にしか収録されていない『』が発売25周年を迎えたことを記念し、同年3月25日にセガストアとAmazonで数量限定発売予定。 (『エイリアンソルジャー』の要素が多々登場するコミック『』の作者「殆ど死んでいる」が書き下ろしたスペシャルポストカード付き) メガドライブミニ 3ボタンコントロールパッド オリジナルメガドライブの初期に同梱されていた、ボタンが3つだけ付いたパッドは後述するように海外版では現地向けの3ボタンパッドが同梱されているが、日本でも3ボタンパッドが欲しいという声があがり、これに応える形で日本版の3ボタンパッドがセガストアにて少量限定発売された。 このスケーリングサイズはなどの先だってリリースされた他メーカーの復刻系ゲーム機に近く、並べて置いた際に「納まり」が良くなることを意識したものである。 なお、他の復刻系ゲーム機では電源スイッチ・リセットボタンをのぞいて省略されていた本体の各部品可動が、ダミーパーツであり実際の機能が付加されていないものの、オリジナルと同様に動かせるようになっている。 なお、全地域共通で収録される作品と、それぞれの地域限定で収録されるタイトルの2種類に大別できるため、総タイトル数は若干多くなっている。 他メーカーの復刻系ゲーム機同様、オリジナルのロムカセットをスロットに装着して遊ぶことは出来ない。 また、公開された仕様ではソフトのは出来ない。 対応言語は「日本語」のほか、「英語」「フランス語」「イタリア語」「ドイツ語」「スペイン語」「繁体字」「韓国語」の計8言語。 設定を変更することでメニューのタイトル名、ゲーム紹介テキストのほか、一部ゲームを除き、メニューに表示されているパッケージデザインやゲームのバージョンも該当地域向けに変更され、海外版を遊ぶことが出来るようになる。 例えば『バンパイアキラー』の場合、言語設定を「英語」に変更した場合は北米版『Castlevania: Bloodlines』が、「フランス語」に変更した場合は欧州版『Castlevania: The New Generation』が遊べるようになる。 ソフトの移植は「シリーズ」など、レトロゲームの移植で多数の実績を持つが担当した。 メガドラミニと同時期に展開されているレトロゲームシリーズ「SEGA AGES(Nintendo Switch版)」とは別ラインで制作されている。 なおSEGA AGESのようなゲームへの付加価値要素は基本的に無いが、プレイ途中のセーブ(ステートセーブ)機能は付けられている。 ゲームをセレクトする際のメニュー画面で流れるBGMは『』などメガドライブのゲーム音楽を多数手がけたによる新規書き下ろし楽曲が使われた。 ハード関係 [ ] 国内では、オリジナルハード後期モデル「メガドライブ2」 MD2 リリースの頃に製作・単品販売(MD2にも付属)したゲームコントローラ「ファイティング6Bパッド」を、同じサイズのまま接続端子を 仕様にしたコントローラ「メガドライブ ミニ コントローラー」が1個付属する基本モデルと、2個付いている「メガドライブ ミニW」モデルの2種類が発売された。 北米・欧州版では初期型の3ボタン仕様コントローラが付属する。 なお一部の収録作品は3人や4人のマルチプレイが可能だが、オリジナルのコントローラー接続端子拡張ユニット「セガタップ」に変わって、IT系周辺機器メーカー・とタイアップした特定の汎用USBハブを2Pコントローラー接続端子に接続することで、マルチプレイに対応する。 なお、「メガドライブ ミニ コントローラー」はセガ直営のECショップ「セガストア」でも単品販売するが入手性には限界があるため、前述したBUFFALO製のUSBゲームコントローラーのうち、セガが指定した特定の機器のみ、代替品として使用が可能となっている。 指定された機器以外は、基本的に動作しない仕様である。 映像、音声出力用に端子が用意されており、本機販売時には標準的に家庭用テレビやモニターにHDMI端子が備わっているので接続出来る。 電源入力端子はmicro-B USB端子である。 元のメガドライブの性能をフル稼働すると消費電流がUSB端子より供給される1アンペアを超えてしまうため考慮して移植する必要があり、その制限を超えてしまうメガCDやスーパー32X用ソフトは移植候補から外れたという。 なお、正規の利用法ではないが、ニンテンドークラシックミニ用のACアダプターの定格は近値なので流用できる。 公式サイトではテレビ・PC等のStandard-Aコネクタから電源を供給することによっても動作が可能としている。 その他の付属品はディスプレイ接続用のハイスピードHDMIケーブル、電源供給用のUSBケーブル、取扱説明書、保証書など。 各ゲームタイトルの説明書は添付しておらず、本体で電子説明書として閲覧する機能もない。 公式サイトにて、各タイトルの発売当時の説明書(新規移植の2作品は書き下ろされたもの)が、PDFファイル形式で公開されている。 収録タイトル [ ] 全タイトルは一挙発表するのではなく、ある程度まとめた数を時期を分けて発表されるというプロモーションが成されている(初発表の時期・状況は下記表に記載)。 前述のハード仕様の理由により用ソフト や用ソフトは含まれない。 下記表は基本50音順。 HDMIケーブル 本体に1つ同梱。 USBケーブル 規格。 本体に1つ同梱。 トピックス [ ]• 日本版においては、基本的に「1シリーズ1タイトルのみを収録する」という「縛り」が設定されている。 このため、下記3シリーズ作品については2019年2月セガ公式サイトにて、「(日本で発売するメガドライブミニに)どの作品を収録してほしいか」という意見をセガに届けられる機会(セガでは「国民投票」と称した)が1週間ほどあり、その結果を受けて下記*印のタイトルの収録が決定した。 YouTubeなどで公開されているプロモーション映像では、原典ハードのCMに起用されたがナレーションを担当した。 メガドライブミニのデコレーションキットとして、「メガドラタワーミニ」が数量限定で本体と同時発売された。 これはメガドライブミニのサイズに合わせた・・「」のロックオンカートリッジ・「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」のカートリッジのミニチュアモデル(いずれも装飾品のため動作しない)のセットで、これをメガドライブミニに全て装着すると俗に呼ばれる「」が再現できるという物である。 メガドライブミニの「セガストア」での予約販売においては、「メガドライブミニ DXパック セガタイトルコレクターズエディション」と題し、メガドライブミニに収録されるタイトルのうち22作品のカートリッジのミニチュアモデルが付属したバージョンも用意された。 このミニチュアカートリッジもメガドライブミニに装着できるが、動作はしない。 2019年9月12日から同15日まで開催の「2019」では、セガゲームスの物販ブースにて、「DXパック」に付属したミニチュアカートリッジのうちの15種を1回500円の「メガドライブカートリッジ ミニ」として販売し、いずれの日にも完売となる人気を博した。 重度のセガマニアであるユーチューバーが登場して頻繁にセガネタが扱われるウェブ連載漫画『』()で、メガドライブ ミニの発売日に合わせてセガと公式にコラボした、収録ソフトを熱く紹介する特別編を公開した。 が主催の、その年にユーザーから最も支持された製品を選出する「価格. comプロダクトアワード2019」では、ゲーム機本体部門にて、メガドライブミニが、を抑えて金賞を獲得。 また、ゲーム部門全体での大賞も獲得した。 2019年12月12日に、音楽CD『Mega Drive Mini -Celebration Album-』 が発売された。 発売元は。 メガドライブミニのメニューミュージックや、メガドライブミニ収録タイトルのうち8作品の楽曲のアレンジバージョンなどが収められている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ただし後述のセーブ機能では、セーブ時点の言語としてまるごとセーブされ、ロード時にはその言語仕様(ゲーム内容も含む)で実行される。 例えば、英語設定時に日本語設定時にセーブしたデータを読み出すと、本体側のメニューは英語だがゲームは日本仕様で実行される。 基本的には発売当時と同じ記載内容であるが、一部のタイトルには編集が加えられている。 特に『スノーブラザーズ』『スラップファイトMD』は、原典が「」と称される奇抜な内容のため、大幅に編集されている。 『ゲームのかんづめ』はケーブルネットを使って配信していた「ダウンロード」版。 詳細は項目先を参照。 同日のセガフェス内ステージイベント「メガドライブミニ こぼれ話」にて詳細な内容が発表された。 アジア版のみ第2弾にて収録が発表された。 デフォルトでは北米・欧州版が『Dr. エッグマンのミーンビーンマシーン』、アジア版が『ぷよぷよ』となっているが、言語設定を変更することで両作品とも遊ぶことが可能。 アジア版のみ『ぷよぷよ』として第3弾にて収録が発表された。 当日の配信では「メガドライブミニ ないしょ話」なる副題的なタイトルも併記された。 当日の配信では本機とは別のゲームを扱っていたコーナーもあったため、「メガドライブミニ うわさ話」と副題的なタイトルが冠されたコーナー内での発表となった。 版をベースに新規移植したものであり、発売の「」に収録された版とは異なる。 出典 [ ]• ,セガゲームス,2019年9月6日• 2019年5月7日閲覧。 2019年5月7日閲覧。 週刊ファミ通2019年10月3日号 P124-125 インタビュー記事「どうしてメガドライブミニはこんなにも熱いのか? ,GAME Watch,2019年6月5日• ,ebten• 4gamer. net Aetas. 2019年9月14日. 2019年10月3日閲覧。 (、2019年9月19日)• (価格. com,2019年12月4日)• (ウェーブマスター) 関連項目 [ ]• コンセプトが類似する他社のゲーム機• 外部リンク [ ]• 北米版商品情報ページ• ユーロ版商品情報ページ• アジア版商品情報ページ• 韓国版商品情報ページ.

次の

自作メガドライブミニのゲームはどうすんの?|やぷ|note

メガ ドライブ ミニ 改造

True BlueチームはPS3のJailbreakドングルTrue Blue発売と共に登場したグループで、最近ではを発売しています。 オリジナルのコンソールと同様に、すべてのゲームでリアルタイムの保存をサポートします。 デバイスの使用中に複数のプレーヤーを許可するハブが含まれています。 4 in 1公式コンソール。 ミニコンソールは、アメリカ、ヨーロッパ、日本、アジアの4つの公式地域として実行できます。 1ページあたり130ゲームを表示し、ボタンを押すだけでページ間を簡単に切り替えることができます。 すべてのゲームの短い説明。 すべてのゲームのフルカラーカバー。 簡単な1回限りのインストールプロセス(コンピューターが必要)。 プラグアンドプレイの使用。 デバイスを接続し、コンソールをオンにして使用するだけです。 True Blue Mini Ultradriveは違法なのでは??.

次の