ジャニー喜多川。 ジャニー喜多川氏の墓は高野山に、隣にはメリー氏の墓も|NEWSポストセブン

ジャニーズの暗部に触れないメディアの罪

ジャニー喜多川

ジャニーズ事務所代表取締役社長のさんが9日午後に87歳で亡くなったことを受け、、ら同事務所の所属タレントたちが10日、相次いで追悼コメントを発表した。 以下、コメント全文を掲載(近藤真彦、木村拓哉、、、、、、、、、、、の順)。 あらためてジャニーさんの強さを感じました。 タレントと社員が、もしかしたらという心の準備をする時間もいただきました。 さすがジャニーさん、最後まで最高なセルフマネージメントでした。 長男でいながら、何度も泣いちゃいました。 叱られそうです。 ジャニーさんありがとう。 今の僕があるのは、ジャニーさんのおかげです。 あの頃、13歳のあんな僕に声を掛けてくれてありがとうございました。 ゆっくり休んでください。 と思うと感謝してもしきれません。 常に現場に立ち続けた姿勢を手本にさせて頂きます。 ゆっくりと、休んでください。 長い間、本当にご苦労様でした。 ジャニーさんと出会えたことで僕の人生は大きく変わりました。 嵐をつくってくれてありがとう。 まだ何の実感もないですが。 感謝です。 感謝でしかないです。 ゆっくり休んでねジャニーさん。 本当に、ありがとう。 いま、エンターテイメントの世界に身をおく全ての源泉は、あの日あの時に僕を見付けてくれたから。 どうかゆっくり休んで下さい。 眠っているかのような顔を見ると、ふと声が聞こえてきそうでした。 本当にありがとうございました。 【】 ジャニーさんには感謝しかありません。 ジャニーさんに教えて貰った事と思いは一生忘れません。 本当にありがとうございました。 本当に本当にお疲れさまでした。 【】 収録中に今回の訃報を聞き、収録終わりで駆け付け最後に皆で挨拶が出来て良かったです。 ジャニーさんには感謝しかありません。 この感謝を返せる様にこれからも頑張っていこうと思います。 【】 23年前、一本の電話で僕の人生を変えたのはジャニーさんです。 それから数々の夢を見せてもらいました。 もっとジャニーさんのつくるショーが観たかった。 もっと話がしたかったです。 ジャニーさん、僕をエンターテイメントの世界へ導いてくれてありがとう。 そして嵐を作ってくれてありがとう。 心よりご冥福をお祈りいたします。 今まで、休んでいなかった分、少しくらいゆっくりしてね。 で、、、 またダメ出ししてね。 消えないこの絆。 ありがとう。 【】 ジャニーさんとの思い出は書ききれないくらい沢山あります。 本気で怒られた事、沢山褒めてくれた事。 事務所に所属して以降、ジュニアだった時、そして最近会った時も、生意気な僕にユーはそのままでいいよ。 といつも言ってくれてました。 ジャニーさんのその言葉にいつも救われていました。 ジャニーさんに教わった事を志とし、これから先もジャニーさんに恥じないように仕事に精進してまいります。 ジャニーさんの子供になれて誇りに思います。 ジャニーさんが作り上げたジャニーズ事務所に所属できて誇りに思います。 育ててくれてありがとう。 【】 今はジャニーさんがいなくなったことを受け止める事ができずにいます。 私にとって、芸能に関する根本的な事は全てジャニーさんから教わり、存在は父のようでした。 病室に集まる多くのタレントを見て、いかにジャニーさんが深い愛情を持った人で、そして愛されていた人であるかを改めて知りました。 ジャニーさんの考え方やセンスを身近に見られたことは、自分にとって幸運で、共に過ごした日々は一生忘れることはありません。 お見舞いに行かせてもらった時に、もう一度お話し出来る事を信じて祈ってました。 悲しいけど、今は感謝の気持ちしかありません。 高校生でオーディションを受けて、その会場で『YOU来週もおいで』これが初めてジャニーさんにかけられた言葉です。 そこから19年、僕に居場所をくれてありがとうございました。 敬語を使うと怒るジャニーさん。 いつも目線を合わせてくれて、何でも相談出来ました。 NEWSでデビューしたのが大学に入学してからだったので、ジャニーさんに大学をどうしても4年で卒業したいと伝えた時、『YOUの授業表貸して』と言われて、『出来る限り授業がないところで仕事を入れる』と言ってくれました。 いつもいつも寄り添ってくれるジャニーさんです。 エピソードをあげたらきりがありません。 ジャニーさん、 夢を持たせてくれてありがとう 大切なファンのみんなに 出会わせてくれてありがとう ジャニーさんが作ってくれた 『NEWS』を大事に大事にしていきます。 これからもNEWS小山慶一郎は、 精一杯、夢を追いかけていきます。 【】 入院の報せからずっと奇跡を願っていましたが、突然の訃報に驚き、いまだに受け入れられていません。 入院中、ジャニーさんに伝えたいことがあったのに、顔を見た途端、これまでのたくさんの記憶が蘇り、言葉になりませんでした。 本当なら直接、今までの感謝を伝えるべきだったのに。 それでも、ジャニーさんに伝えたいのは、心からありがとうございました、その思いです。 僕の人生は、あなたの与えた愛情のなかにあります。 いつもタレントのことばかり考えていたジャニーさん。 これからはゆっくりと眠ってください。 あなたがこれまで作ってきた子供たちは、これからもたくさんの愛情を届けていきます。 本当にありがとうございました。 【】 ジャニーさんと出会えて本当に幸せでした。 事務所に入れてもらえてジャニーさんの元で最高のエンターテイメントの世界を見せてもらっています。 一緒に過ごしたたくさんのキラキラした思い出が蘇ってきます。 これからもジャニーズの名前に恥じぬよう日々頑張っていきます。 大好きだよ ずっと見ててねジャニーさん。 【】 僕の歌を認めてくれてジャニーズの歌に対するイメージを変えて欲しいと期待を込めてNEWSというグループに選んでくれたジャニーさんに感謝しかないです。 ジャニーさんの前で初めてカラオケで歌った曲はのForever Loveで、その時にYOUやばいよ。 って言ってくれたジャニーさん。 サッカーしか取り柄のない1人の15歳のJr. 歴のない僕を勇気を持ってNEWSに選んでくれた。 もしかしたらもっと有名なJr. を入れろよ!と思った当時のスタッフ、ファンもいたかもしれません。 ただジャニーさんなりにあの時にチャレンジをしてくれたのかもしれません。 僕の人生を救ってくれて明るいものにして、こんなに毎日楽しく生きられているのも全てジャニーさんのお陰です。 これは誰になんと言われようが間違いない。 これからのタレント、ボーカリストとしての手越祐也の歌を、YOU成長したね。 って言ってもらえるように努力し続けます。 ジャニーさんの事だから天国からニコニコ見守っていてくれると思います。 ここまで全力でチャレンジし、駆け抜けてきた世界一のプロデューサー、ジャニーさん。 ゆっくりと休んでください。 たまには何も考えず休むのも大切だよ。 ジャニーさん本当にお疲れ様でした。 僕みたいな大阪のクソガキを見出してくれ、素敵な先輩方の背中やジャニーさんと出会って無ければ決して見る事のできなかった数え切れない景色の数々は宝物でしかありません。 悲しくないと言ってしまえば嘘になります。 が、Jr. 時代に舞台の千秋楽で泣いていたら怒られた事を思い出しました。 「何泣いているんだよ! 泣いてる暇なんかないんだよ! そんな時間があるなら、次のステージをどうするか考えるんだよ!」と、常に先を前を向き続ける重要さも10代の頃に叩き込まれました。 なので、しっかりと前を向いてやるべき事、やらねばいけない事を見据えます。 じゃないと、また怒られるので(笑)。 これからの自分の想いはジャニーさんの手を握り、ジャニーさんだけに伝えてきました。 これは2人だけの約束です。 自分に甘える事なく、これからもみんなのことを見守ってくれるジャニーさんをガッカリさせない様、先輩、後輩一丸となってエンターテイメントに尽力したいと思います。 【】 このような出来事に直面することは、この生涯で、一度きりだと感じます。 今、訃報が届いてすぐなので、まだ気持ちの整理もついていない状況なので、正直どう言葉にしていいのかが、みつかりません。 ただ、一緒に過ごした劇場、焼肉屋、ラーメン屋、ファミレスに行けば、その当時に今も戻って、ジャニーさんに会える気がして仕方がありません。 僕は、ジャニーさんが教えてくれたエンターテイメントへの愛を受け継いで、これからも世界に届けていきます。 沢山のファンのみんなにエンターテイメント届けてくるで! 【】 ジャニーさんが作ってくださったこれまでの道をこの先の耕しつつ、まだ無い新境地も模索し開拓し広げていけるタレント一同でありたいと思います。 休む間も惜しんで走り続けてきたジャニーさんなので、この先の余生は健やかに穏やかな刻が流れてくれることを命の底から祈っております。 心配せず安心して休んでね。 【】 いまだに信じられない思いです。 ベッドでのジャニーさんは本当にきれいで、安らかな顔をしていました。 ジャニーズ事務所のタレントがジャニーさんに声をかけているのを見てると、本当に偉大さ、そして優しさを強く感じました。 僕がこれからできる事はジャニーさんの意思をついで、エンターテインメントを全力でやることだと思っています。 横山裕の「YOU」はジャニーさんにつけてもらった名前です。 僕の一生の宝です。 横山裕を頑張ります。 本当にお疲れさまでした。 ありがとう。 【】 言葉がありません。 言葉にするにはまだ時間がかかりそうです。 ジャニーさんとの思い出は、僕の中で宝物です。 時間がたてば、どこかでお話できたらいいなと思いますが、大事にとっておくかもしれません。 ずっと走り続けてきたジャニーさん 長く眠っている姿は見たことがありません。 ゆっくりと、安心して眠ってね。 みんな頑張るよって言ってたね。 見守ってあげてね。 僕の言葉で笑ってくれたこと、たくさん愛をくれたこと、ずっと忘れません。 これからもずっと見守っていただきたいです。 ジャニーさんの夢を必ず叶えます。 本当にありがとう。 ジャニーさん。 これからもずっと愛してます。 【】 ジャニーさん 今まで本当にありがとうございました。 今の自分があるのは、紛れもなくジャニーさんのおかげです。 僕が中学二年生だった入所当時、「この仕事はどう?」というジャニーさんの質問に対し、素直に「めちゃくちゃ楽しいよ!」と答えた際に「You 最高だよ!」と、とても喜んでくれたことが印象的で、今でも鮮明に記憶に残っております。 ジャニーさん、お陰様で僕は今も変わらずこのお仕事がめちゃくちゃ楽しいです。 これからもきっとずっと楽しいです。 天職を授けてくれたこと、そして素敵な仲間に出逢わせてくれたこと、心から感謝申し上げます。 ありがとうございました。 ジャニーさんの作るショービジネスが、そして、ジャニーさんのことがずっとずっと大好きです。 心穏やかに、ごゆっくりとお休みください。 【】 ジャニさん!新しい舞台の打ち合わせに、なぜか出ない僕を呼んで参加させたね。 打ち合わせ中に横から、ユーはでないの?と寂しそうに何回も呟いてたね。 本当は出たかったよ。 ジャニさんの舞台またやりたいよ。 また一緒にステージ作ろうね。 ジャニーズの仲間に入れてくれて本当にありがとう。 これからも仲良くしてね! 【】 ジャニーさんの「YOU 日本に来ちゃいなよ!」の一言がきっかけでドイツから日本に来ることが出来ました。 そして、ジャニーさんがプロデュースし続けてきたジャニーズという伝説の舞台に立つことが出来ました。 一緒に活動しているSexy Zoneのメンバーとそんな僕たちを支えてくれるファンの方々に出会えたのもジャニーさんのおかげです。 一人のアーティストとしてだけではなく、一人の人間として、自分の存在意義を見つけるのを助けてくれて、本当にありがとう。 これからは、ジャニーさんが言ってたように、世界に羽ばたいて一人でも多くの人を幸せにできるよう頑張ります。 C-Z 【】 ジャニーさん、ありがとう。 そして、お疲れ様でした。 頂いた言葉、愛、全部が宝物です。 何があっても手放さないでずっと持っているつもりです。 サプライズ好きなジャニーさんのことだからいつか復活しそうな気がしています。 なので、ジャニーさん、またね。 【】 ジャニーさん。 C-Zを誕生させていただきありがとうございました。 ジャニーズ伝説という舞台をA. C-Zにやらせていただきありがとうございます。 愛してます。 今までもこれからも。 ゆっくり休んでください。 【】 昨年のジャニーズ伝説で 「僕はA. C-Zのファンだから」と言ってくれました。 今までで1番嬉しいお言葉で、その時の記憶を大切に保管してあります。 まだ実感が湧きませんが、恥じる事のないよう日々精進していきます。 ジャニーさんありがとう。 【】 尊敬の人ジャニーさん 最愛のパパ、ジャニーさん お見舞い時にジャニーさんは絶対大丈夫だと、自分の中で言い聞かせてました。 なので本当にショックでした。 一晩ずっとジャニーさんとの思い出を、 思い出しながらニュースと見つめ合い本当に素晴らしい方と一緒に居たんだな、と改めて思いました。 僕はこの時代に産まれたこと、 ジャニーさんに出会えた事を誇りに思います。 C-Zを作ってくれてありがとう。 天国でも素晴らしいタレントを作るに違いありません。 入所して24年が過ぎた今。 エンターテイナーとしてジャニーさんに認めてもらえなかったけれど、いつか「YOU 最高だよ」と言ってもらえる時が来ると信じて自分の道を作ってきたけれど、その夢は叶わなかった。 とても悔しいです。 でも、エンターテイナーとしてお客さんを楽しませる作り方、誰にも真似できないような演出。 沢山、勉強させて頂きました。 本当にかけがえのない物を与えてくれました。 これからは更に自分のスタイルを貫いてパフォーマンスして行くから、たまには見ておいてほしいな。 もう少し走ってみようと思います。 まだ明日起きたらYOUお腹空いてない?YOU達もコンサート出ちゃいなよ。 と声が聞こえそうです。 ジャニーさんには本当に感謝してもしきれないくらいです。 自分の歩く道を作ってくれました。 自分達がデビューする時に「僕が育てた子供達がいつまでも何処でも輝いてくれる事が僕の夢」って言ってくれたのを胸にこれからも輝き続けられるように邁進していきます。 【】 ジャニーさんの訃報、大変悲しく思います。 僕たちジャニーズWESTは、それぞれデビューのお願いだったり、ジャニーさんと沢山コミュニケーションをとっていたグループだったと思います。 僕たちのお話も悩みも、沢山沢山聞いていただきました。 それはきっと、僕たちだけではなく、どのグループもだと思います。 所属タレント1人1人に、ジャニーさんとの想い出があります。 これだけ1人1人の人間に向き合って、親身になってお話を聞いてくださる社長は、世界中を探したって中々いないと思います。 そんなジャニーさんと出逢えたことが、自分の人生の中で最大の幸せな出来事だと胸を張って言えます。 ジャニーさんの名前が入った、このジャニーズWESTというグループをこれからも大切にしていきたいと思います。 ジャニーさんのご冥福を心よりお祈りいたします。 ジャニーさん、本当にありがとうございました。 【】 この度はこのような結果になってしまいとても残念でなりません。 ジャニーさんには生前、時代主に関西での仕事が中心であったころから関西に足繁く通って頂きコンサートや舞台等を見て頂き沢山の指導やアドバイスを頂きました。 ジャニーズ事務所のタレントとして活動出来ているのはオーディションで僕を見つけてくださったことから始まり、沢山のお仕事を頂き、ファンの皆様や関係者の皆様との出会いを頂いたことにあると思っています。 そんな芸能界の父であるジャニーさんには感謝の言葉だけでは伝えきれない程の恩を頂きました。 ジャニーズWESTとしてデビューをさせて頂けたのも、ジャニーさんが僕達からのお願いを受け入れてくださったのがきっかけでございました。 ジャニーズWESTとしてデビューをさせて頂けたこと、ジャニーズWESTのメンバーと出会わせてくれたこと、ジャニーズWESTのメンバー一同、とても感謝しています。 天国で見守ってくれているジャニーさんにも届くように今後の芸能活動、より精進してまいります。 楽しいことが大好きだったジャニーさんへ僕達とファンの皆様、そして関係各所の皆様との笑顔を届けられるよう精一杯務めてまいります。 【】 ジャニーさんが亡くなられてしまったことをとても悲しく思います。 僕たちジャニーズWESTにジャニーさんは本当に家族のように接してくれました。 返しきれないご恩と愛情をありがとうジャニーさん。 最後にジャニーさんの顔を見てお別れをしました。 しんみりした空気は嫌いなジャニーさんだったので、明るくお別れをしました。 心よりご冥福をお祈りします。 【】 ジャニーさんへ ジャニーさん、長い間お疲れ様でした。 僕は、昔あまり積極的にジャニーさんと喋れるタイプではなかったけれど、ここぞ!と言う時に悩み相談やお願い事を電話でした時に絶対に話を聞いてくれてそれに答えてくれたり助けてくれたりした時の事を思い出すと、ジャニーさんの言う「タレントはみんな息子」という言葉が今、再度身に染みて思います。 困った時は絶対助けてくれていた、そんなジャニーさんは僕にとってヒーローでした。 そして、ジャニーさんの名前が入ったジャニーズWESTというグループ名をつけて下さって、メンバーに出会わせてくれてありがとうございます。 この名前に恥じない様、これからも精進します。 ジャニーさんのいつまでも新しいエンターテイメントを求めて作り続ける背中は人として、男として尊敬しています。 これからもジャニーズを盛り上げ続けて、天国のジャニーさんがずっと笑顔で居られる様にジャニーさんが作り上げたエンターテイメントをもっと日本中、世界中に発信していける様に全力で頑張るからずっと天国から見守っていてください! ジャニーさんの息子になれた事は僕の人生で一生の宝物です。 本当に本当に長い間お疲れ様でした。 僕にとってジャニーさんは第2のお父さんのような存在でした。 今でも覚えてるのは大阪から東京に来る度に、東京駅に車で迎えに来てくれて自ら運転して稽古場まで行ってました。 終わった後は良く焼肉屋さんやラーメン屋さんや色々な所に連れて行ってくれました。 僕が昔、不祥事を起こしてしまい、自分なりにケジメをつけようと思い直接辞めさせて頂きますと言ったら、内お前はそんなに自分勝手なのか?我慢というものを知らないのか?と、人生というものは誰しも失敗して成長して行くもんなのだと。 強く説教されたのを覚えてます。 それがあって今の僕が居るんです。 ジャニーさんとの思い出はここで書けない程沢山あります。 ジャニーさんが居なくなっちゃったなんて、本当にまだ信じられません。 こんなの夢であって欲しいと強く思ってます。。 長文失礼致しました。 最後に、ジャニーさん大変お疲れさまでした。 普段から全然寝てなかったと思うから、ゆっくりお休みして下さい。 そして、ありがとうございました。 昨年、ジャニーさんとお話をしたいと思い、ジャニーさんが作った稽古場を訪れた際、みんながいつでも来られるようにと、タレント全員の名札が用意されているのを知りました。 そこにはしっかり私の名札もあり、誰一人欠ける事なく全員平等に愛情を持ってくれているのだと感じ、胸が熱くなりました。 ジャニーさんが望んでいた、エンターテイメントで世の中を幸せにしたいという思いを胸に今後も精進して参ります。 ジャニーさん、本当にありがとう。 長い間、本当に本当にお疲れ様でした。 伝えきれない程感謝の気持ちでいっぱいです。 ありがとうジャニーさんお疲れ様でした。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

ジャニー喜多川氏自宅・渋谷区の青山パークタワーマンションが凄い!最上階価格は10億円!?

ジャニー喜多川

ジャニー氏への怨みの深さが、どの暴露本の著者よりも凄まじいのだ。 だが、その理由は、十分に理解ができる。 同著出版の前年の04年2月、99年に一大キャンペーンでジャニー氏のホモセクハラや児童虐待を告発した『週刊文春』(文藝春秋)をジャニーズ事務所とジャニー氏が提訴して始まった裁判に決着がついていた。 裁判の中では、実際にジャニー氏のホモセクハラを受けてきたという元ジャニーズJr. のメンバーが証言台に立ち、法廷でジャニー氏と直接対決したことが、当時、大きな話題となった。 その結果、第一審ではジャニーズ側の勝訴となったが、第二審ではホモセクハラ行為が事実と認定された。 当然、ジャニーズ側は上告したが、これが棄却され、裁判所は改めてホモセクハラ行為に関する記事の主要部分を真実と認めたのだ。 文春側が支払う損害賠償額は、一審の880万円から120万円に減額された。 形式上は、名誉毀損が認められておりジャニーズ側が勝ったことになるが、裁判の勝敗以上に、ジャニー氏のホモセクハラが、裁判所によって事実と認定されたという現実は重大である。 そんなジャニー氏を放置してきたテレビ界もこれを無視できるはずはなく、ジャニー氏糾弾の機運が高まることは当然の流れかと思われた。 ジャニー氏を糾弾すべく綴られた「過激な内容」 だからといって、心の傷が完全に癒えることはないだろうが、多少の慰めにはなるだろうと、ジャニー氏の毒牙にかけられた少年たちの多くは期待していたはずだ。 だが、その期待もむなしく、ニュース、ワイドショーはこの裁判の結果を完全スルー。 結局、ジャニー氏は表立った批判を受けることもなく、何の社会的な制裁も受けないまま、絶大な権力と影響力を保ち続けて1年がたとうとしていた。 そんな中で出版されたのが、この『Smapへ』だったのだ。 この問題人物をこれ以上のさばらせてはいけないという強い思いから、その内容がより過激になっていたのだろう。 木山氏は、同著の「序章」にこう綴っている。 決して名誉を抱えたままでは死なせない。 あなたに2年間、おもちゃにされた人間だからこそ、今、僕が真実を語る。

次の

ジャニー喜多川さんへ…所属タレントが追悼【コメント全文まとめ】

ジャニー喜多川

Contents• 【文春】ジャニー喜多川の少年愛が生み出した偉大な「審美眼」 ジャニー喜多川さんといえば、「原石」を見つけ出す天才。 偉大なプロデューサーとして知られています。 記事の中で、ジャニーさんと親交があった、「異能の男 ジャニー喜多川」などの著書がある作家の小菅宏さんは、ジャニー喜多川さんの才能についてこう語っています。 「 丸坊主で身長が一五〇cmもなかった東山さんに、ジャニーさんが渋谷の交差点で声をかけたことは、今でも語り草です。 嵐の二宮和也もオーディションでは、リュックを背負った猫背の冴えない少年でした。 誰もが落ちると思っていたのに、ジャニーさんの目に留まって合格。 その後、嵐に加入した二宮が国民的アイドルと呼ばれるとは、誰も予想できなかった」 ジャニーさんは、少年の写真を一目見ただけで、十年後、二十年後の顔が分かるという特殊ともいえる能力を持ち合わせていたそうです。 その功績は誰もが知るところ。 ひとりの例外なくジャニーさんが十代のうちに発掘したのです。 しかし、その「審美眼」は、まさしくジャニーさんの 「少年愛」が生み出したものだというのです。 【文春】被害者が語るジャニー喜多川の生々しい性的虐待の内容 かつて、週刊文春はジャニー喜多川さんと法廷で争ったことがありました。 それは、1999年から2000年にかけて、文春が14週にわたって掲載した「ジャニーズ事務所の少年に対する処遇に関するキャンペーン記事」の内容をめぐってのこと。 タイミングも事務所にとっては最悪で、嵐がハワイの洋上で華々しいデビュー会見を行った直後のことでした。 文春が訴えた内容がこちらです。

次の