引き続き 何卒。 「引き続きよろしくお願いします」の使い方と例文!目上の方に使って大丈夫?

「引き続きよろしくお願いします」に関連した英語例文の一覧と使い方

引き続き 何卒

ある日、上司が外国人になってから英語で話す事が増えたのですが、英語で メールを送る事も増えました。 英語でメールを送る先としては、アメリカやヨーロッパやアジアとその時々によって様々です。 以前も英語でメールを読み書きする事はあったのですが、頻度は明らかに増えています。 最近はコツがつかめてきて、知っている外国人にメールを送るときは、さらっと要点だけ伝えるようにしています。 あまり長いと読んでくれないので。 今日は、「仕事を途中の段階まで出来たので、とりあえずここまでの結果を送るよ」とメールが来たので、「ありがとう!このあとも引き続きよろしくお願いします!」とメールを書こうと思いました。 しかし、「引き続きよろしく」ってなんて言うんだ?と思って調べたのですが、しっくりこなかったので、最終的には「ありがとう」というメールを送ってしまいました。 メールを作成しているときに、日頃頼りにしているさんで例文検索をしたのですが、以下のような感じだったので、今回は使う事が出来ませんでした。 引き続きよろしく その1 引き続きよろしく Please continue 何となく、シンプル過ぎるし、上から目線過ぎる気がします。 メールの送付先の相手は同僚なのと、仕事をお願いしている立場だったので、ちょっと下からいきたいものです。 引き続きよろしく その2 今後も引き続き、よろしくお願い致します。 I look forwarding to your ongoing support. look forwarding?? なんだこれ? 日本語の例文は伝えたい内容として非常に良いのですが、look forwardingに引っかかってしまい、使う事を諦めました。 look forward toはわかるのですが、なぜforwardingとなるのでしょうか?ちょっと調べましたが、こんな用法について示されているところを見つける事が出来ませんでした。 だれか英語得意な人、コメントで教えていただけないでしょうか。 引き続きよろしく その3 これからも引き続き宜しくお願いします。 Please continue to give us your support. これは英文として、なんとなく良さそうなのですが、「今回の仕事の続きをお願いしますね」と言っているのではなく、「また何かあったらよろしくね」と言っているような感じがするので、使えませんでした。 引き続きよろしく その4 引き続き、御指導、御鞭撻のほど、宜しくお願い致します。 I appreciate your continued support and encouragement. 改まった感じで、かつ落ち着きのある良い文だと思うのですが、このappreciateという単語を使った言い方は、どことなく上司から部下へという感覚があって使えませんでした。 偉い人がスピーチとかで言っているようなイメージでもあります。 引き続きよろしく その5 今後とも、引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。 (メールの末文として書く場合) Thank you. おおお。。 これぞ英語の 醍醐味か。。。 まとめ 仕事中に自分でも考えてみたのですが、なかなか良い文が思いつかず、最終的には「ありがとう。 たすかるよ。 」みたいな、ボヤッとしたメールとなってしまいました。 の例文検索では、わりとつかえる例文が見つかったりするので、そこそこ重宝しています。 今回も、じっくり見ていれば、使える表現があったかもしれませんが、そこまで時間が取れませんでした。 だれか look forwardingについて教えてください。 また、ネイティブにはどのように聞こえるのでしょうか? おしまい。

次の

引き続きよろしくお願い致します。って英語でなんて言うの?

引き続き 何卒

ある日、上司が外国人になってから英語で話す事が増えたのですが、英語で メールを送る事も増えました。 英語でメールを送る先としては、アメリカやヨーロッパやアジアとその時々によって様々です。 以前も英語でメールを読み書きする事はあったのですが、頻度は明らかに増えています。 最近はコツがつかめてきて、知っている外国人にメールを送るときは、さらっと要点だけ伝えるようにしています。 あまり長いと読んでくれないので。 今日は、「仕事を途中の段階まで出来たので、とりあえずここまでの結果を送るよ」とメールが来たので、「ありがとう!このあとも引き続きよろしくお願いします!」とメールを書こうと思いました。 しかし、「引き続きよろしく」ってなんて言うんだ?と思って調べたのですが、しっくりこなかったので、最終的には「ありがとう」というメールを送ってしまいました。 メールを作成しているときに、日頃頼りにしているさんで例文検索をしたのですが、以下のような感じだったので、今回は使う事が出来ませんでした。 引き続きよろしく その1 引き続きよろしく Please continue 何となく、シンプル過ぎるし、上から目線過ぎる気がします。 メールの送付先の相手は同僚なのと、仕事をお願いしている立場だったので、ちょっと下からいきたいものです。 引き続きよろしく その2 今後も引き続き、よろしくお願い致します。 I look forwarding to your ongoing support. look forwarding?? なんだこれ? 日本語の例文は伝えたい内容として非常に良いのですが、look forwardingに引っかかってしまい、使う事を諦めました。 look forward toはわかるのですが、なぜforwardingとなるのでしょうか?ちょっと調べましたが、こんな用法について示されているところを見つける事が出来ませんでした。 だれか英語得意な人、コメントで教えていただけないでしょうか。 引き続きよろしく その3 これからも引き続き宜しくお願いします。 Please continue to give us your support. これは英文として、なんとなく良さそうなのですが、「今回の仕事の続きをお願いしますね」と言っているのではなく、「また何かあったらよろしくね」と言っているような感じがするので、使えませんでした。 引き続きよろしく その4 引き続き、御指導、御鞭撻のほど、宜しくお願い致します。 I appreciate your continued support and encouragement. 改まった感じで、かつ落ち着きのある良い文だと思うのですが、このappreciateという単語を使った言い方は、どことなく上司から部下へという感覚があって使えませんでした。 偉い人がスピーチとかで言っているようなイメージでもあります。 引き続きよろしく その5 今後とも、引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。 (メールの末文として書く場合) Thank you. おおお。。 これぞ英語の 醍醐味か。。。 まとめ 仕事中に自分でも考えてみたのですが、なかなか良い文が思いつかず、最終的には「ありがとう。 たすかるよ。 」みたいな、ボヤッとしたメールとなってしまいました。 の例文検索では、わりとつかえる例文が見つかったりするので、そこそこ重宝しています。 今回も、じっくり見ていれば、使える表現があったかもしれませんが、そこまで時間が取れませんでした。 だれか look forwardingについて教えてください。 また、ネイティブにはどのように聞こえるのでしょうか? おしまい。

次の

間違う人も多い「何卒」の正しい意味・使い方・例文

引き続き 何卒

「何卒」の意味とは? 「何卒」の読み方は「なにそつ」ではなく「なにとぞ」 「何卒」は「なにとぞ」と読みます。 「なにそつ」と読まないように注意してください。 特に書き言葉ではなく話し言葉として使用する場合は、間違えることで敬意を示す相手へ失礼となってしまうため気をつけましょう。 「何卒」の意味は「どうか」「どうぞ」 「何卒」は強調を意味する「どうか」や、心から願う様子を表す「どうぞ」という意味で使われます。 「何卒」は目上の相手に適した表現であると言えるため、お願い事をするシーンでは「どうぞよろしくお願い致します」よりも「何卒」を使って「何卒よろしくお願い致します」とするほうが、丁寧で相手を敬った言い回しとなります。 「何卒」の使い方とは? 「何卒」はメール・手紙の書き言葉に使う 「何卒」という言葉は主にメールや手紙などの書き言葉として使われます。 メールの文末に結び言葉として「何卒よろしくお願い致します」と使うことで、文章がまとまるだけでなく相手へ丁寧な印象を与えることができます。 もちろん話し言葉としても使用されますが、相手や状況に構わず使ってしまうと堅苦しくなるため注意してください。 「以上、何卒」はメールの結びの挨拶 一般的なメールの結びの挨拶である「よろしくお願いします」をより丁寧に表現したのが「以上、何卒よろしくお願い致します」です。 何卒を使うことにより、最後まで相手に気遣っていることを表します。 「何卒ご容赦」は許しを請う際に使われる 目上の相手に許しを請う際や非礼を詫びる際に「何卒」を使った「何卒ご容赦くださいますようお願い致します」という文章があります。 「ご容赦ください」とは目上の相手に許しを請う際に使われる言葉で、「何卒」を付けることで強く許しを請う様子を表現できます。 「何卒ご理解」で強く理解を求める 「何卒」を使った言い回しの1つが「何卒ご理解~」です。 相手に強く理解を求める際に「何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます」と使うことができます。 例文の場合「何卒」は「どうぞ」ではなく強調を表す「どうか」として使われているため、「どうか理解してください」という意味の文章となります。 「何卒」の使いすぎに注意 強調する際や心から願う様子を表現する際に便利な「何卒」という言葉ですが、使いすぎには注意が必要です。 1つの文書に何度も「何卒」を使うと、重く堅苦しい文書になるだけでなく本来強調したい部分が薄れてしまう可能性もあります。 「何卒」の多用は避けて、強調したい部分や文末の締めの挨拶として使うようにしてください。 「何卒」をメールで使った文例 「何卒よろしくお願いいたします」を使った文例 メールの締めの挨拶として良く使われるのが「何卒よろしくお願い致します」という言葉です。 例えば、忙しい相手にメールの催促をする際にはこのように使います。 「お忙しいとは存じますが、ご連絡いただきますよう何卒よろしくお願い致します」 「何卒よろしくお願い申し上げます」を使った文例 「よろしくお願いします」「よろしくお願いいたします」よりも、さらに丁寧な表現にしたい場合は「何卒よろしくお願い申し上げます」を使います。 「申し上げる」とは、「言う」の謙譲語+丁寧語「ます」で成り立っている尊敬語で、目上の方や取引先、顧客への敬意が深く伝わる表現です。 例えば、休業することで相手に迷惑をかけることに対し許しを請う際は、以下のようになります。 皆様にはご迷惑をお掛けすることとなりますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます」 「何卒」の類語は? 「何卒」の類語は「ぜひ(是非)」 「ぜひ」や「ぜひとも」は「何卒」の類語です。 物事のよしあしを判断する際に「物事の是非を問う」と使われる「ぜひ」という言葉ですが、後に続く言葉を強調する際にも使われます。 漢字と平仮名の表記の違いについて明確な決まりはありませんが、強調をする際に使われるのが平仮名表記の「ぜひ」であり、物のよしあしとして使う際は漢字表記の「是非」が多く使われています。 例えば「どうぞよろしくお願いします」という言葉を、目上の相手に伝える際は「何卒よろしくお願い致します」の他にも「ぜひとも、よろしくお願い致します」と類語を使って言い換えることができます。 上記の例文では強調の意味として使われているため、平仮名で「ぜひ」と表記するほうがいいでしょう。 親しい相手には「どうぞ」「どうか」の言い換えも可 親しい目上の相手やかしこまった場面以外で「何卒」を使うと、過剰な敬語表現で堅苦しいと捉えられる可能性があるため、「どうぞ」や「どうか」と言い換えることも必要です。 状況によって使い分けてください。 まとめ 「何卒」とは「どうぞ」や「どうか」という意味があり、強調や心から願う様子を表す際に使われます。 締めの挨拶として使うことでまとまりのある文書になるだけでなく、相手に丁寧な印象を与えます。 ただし、使いすぎると仰々しく堅苦しく捉えられる場合があるため、使う際は相手や状況によって判断してください。

次の