ソフトバンク㈱ 株価。 ソフトバンク通信子会社、東証が上場承認 12月19日 :日本経済新聞

ソフトバンク (9434) : 株価/予想・目標株価 [SoftBank]

ソフトバンク㈱ 株価

3 10,760. 8 1. 0 8,187. 8 0. 3 7,301. 2 0. 6 7,458. 3 0. 6 7,068. 0 0. 79 情報提供 株価予想 業績予想.

次の

ソフトバンク (9434) : 株価/予想・目標株価 [SoftBank]

ソフトバンク㈱ 株価

6月20日、ソフトバンクグループの孫正義社長は株主総会で、自社の株価がアリババ・グループなど保有株の時価総額を考慮すると低い水準にあるとして「買いか売りかというと、絶対に買いだ」と述べ、株主に理解を求めた。 写真は都内で5月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai) [東京 20日 ロイター] - ソフトバンクグループ の孫正義社長は20日の株主総会で、自社の株価がアリババ・グループ など保有株の時価総額を考慮すると低い水準にあるとして「買いか売りかというと、絶対に買いだ」と述べ、株主に理解を求めた。 ソフトバンクの株価は2000年のインターネット・バブル時に2万2000円(株式分割考慮後)の上場来高値をつけたが、現在は半値以下の8000円超の水準にとどまっている。 孫社長は保有株の時価総額と借入金を考慮すると、1株1万4199円の価値があるとの試算を披露。 これに上場を計画している通信子会社分が上乗せされるとして、株主に対して「もう(株価で)悩む必要はない」と訴えた。 ソフトバンクグループは現在、各業界でトップのユニコーン企業(企業価値の高い未上場企業)に投資して、緩やかなグループを構成する「群戦略」を推し進めている。 孫社長は「2000年のピーク時は毎日不安だった。 持っている中身(保有資産)は5兆円だったのに、株式市場は20兆円と過大評価していた」と吐露。 その上で「今は2000年のピークよりも4倍近くの中身になっているが、株価はピークの半分以下だ」と述べ、「買いか売りかというと、絶対に買いだ」と今後の株価に自信を示した。 株価についての熱弁は15分に及んだ。 これに対して、社外取締役を務める柳井正氏(ファーストリテイリング 社長)は「私はいつも孫さんがやることをハラハラして見ている。 きょうは自信たっぷりだが、本当に大丈夫かというのが私の一番の心配だ。 きょう(の説明)であまり安心しないように」と釘を刺した。 株主総会には2323人が出席。 ゆうちょ銀行前副社長の佐護勝紀氏を取締役に選任する人事案など4議案すべてを承認した。 所要時間は2時間10分。

次の

ソフトバンク (9434) : 【買い】予想 [SoftBank]

ソフトバンク㈱ 株価

東京証券取引所はSB株を制度信用銘柄に選んだと発表しました。 20日からはSB株の信用取引ができるようになります。 「本当におわびしたい」とし、「ペイペイからの顧客情報流出は起きておらず、これからも調査して報告したい」と話しました。 全体の基地局における割合については「投資金額を欧州製と中国製に分けると、全体の1割が中国製」と明かしました。 中国企業から調達している機器を変える場合、「簿価が除却になれば、年数百億円のレベルで損失処理をしていかざるを得ないかもしれない」と話しました。 その上で携帯通信網は「社会インフラとして重要になっており、災害時や大規模障害のときはキャリア同士が支えることを検討する時期に入っている」と話しました。 障害の原因となったエリクソンへの賠償請求については「今は再発防止について深く議論しており、ペンディングにしている」としました。 上場直前に通信障害などの問題が起きたことについて、株式公開は17年春くらいから始めていたことを示した上で、「通信障害やファーウェイの通信機器の問題など起きたが、そこで引き下がる必要は無いと判断した」とし、先延ばしの議論については「全くなかった」と話しました。 自主独立してやっていくが、SBGの投資先は非常に強い、いろんなところで成功したビジネスモデルを持っている。 その投資先が日本の大きなマーケットでやりたいと言うならば、ソフトバンクビジョンファンドから押しつけられるのではなく、我々からやりたいと言いたい」と話しました。 「市場全体の雰囲気も悪く、買いが入りにくかったのがきつかった」と振り返りました。 値付けは間違っていないと思う。 会社が描くエクイティストーリー(成長戦略)を確実に実行して、投資家がよかったと思えるような株価になってほしい」と話しました。 取引終了までわずかとなるなかで1300円を挟んだ攻防が続いています。 国内大手証券の担当者は「ネット証券経由の売りが多いのではないか。 午前中に買った個人投資家が株価の戻りが弱いのを見て、損切りの売りが出ているようだ」と解説しています。 「(IPOで個人投資家に販売した)営業員が怒られていて可哀想」との声も出ています。 国内運用会社のトレーダーは「手数料をディスカウントしている証券会社もある」と言います。 このトレーダーは「(取引開始直後に)1344円まで急落したところで、機関投資家の買いが入ったようだ」と解説していました。 SBの配当利回りが5. 国内証券のアナリストは「好材料は19年1月末の東証株価指数(TOPIX)など指数の組み入れに伴う機関投資家の買いしかないのでは」とみています。 初値から100円超下げ、1360円で午前の取引を終えたソフトバンク株(19日午前11時39分、東京都中央区) 個人投資家からは楽観視できないとの声が出ています。 神奈川県の50代男性はIPOで購入した6万2000株を「初値近辺で全部売った」と言います。 証券会社からは追加購入の連絡が来ていますが「上値が重くなるとみているから断っている」とのことでした。 5000株の購入を直前にキャンセルしたという神奈川県の30代男性は「買わなくて良かった」と胸をなで下ろし、「華為技術(ファーウェイ)の件による投資計画が見えず、1200円が妥当水準なのでは」と証券会社からの新たな購入の打診も断ったとのことでした。 投資家の判断を冷静に受け止めている」と言い、「あくまで今日がスタート地点なので、ここから市場の評価を高められるようがんばりたい」と話しました。 主幹事を務めた国内証券の幹部は「この株価は正直言って恥ずかしい」と落胆していました。 売買代金は3159億円と東証1部全体の2割超を占める大商いでした。 SBGの売買代金も603億円とSBに次ぐ2位です。 日経平均株価は90円(0. ドルトン・キャピタル・ジャパンの松本史雄シニアファンドマネジャーは「配当利回りが高くなっても、業績の成長ストーリーが描けない」として買いを入れるつもりはないといいます。 「が携帯電話市場に新規参入すれば、顧客が流出しやすいのは価格の安さで競合するソフトバンクになるし、政府による携帯電話料金値下げの議論も出ている」と指摘しています。 「高配当なので保有を続け、もう少し下がったら押し目買いを入れたい」と話しました。 売買代金は2500億円に迫る勢いです。 直近のIPOでは7銘柄ぶりの公開価格割れです。 宮内謙社長は野村証券大手町本社(東京・千代田)のトレーディングルームで見届けました。

次の