ビル スカルスガルド。 api.rethinkrobotics.com: IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(吹替版): ビル・スカルスガルド, ジェームズ・マカヴォイ, ジェシカ・チャスティン, ビル・ヘイダー: generic

ビルにアレクサンダー…北欧の“最強”一家・スカルスガルド家を徹底解剖

ビル スカルスガルド

ビル・スカルスガルド( B r)とは出身のである。 姓の正確な発音は「ーシュゴード」だが、では「ス」と表記される事が多い。 概要 、・ホルムにて、8人の四男として生まれる。 はン・ス、でも著名な。 『』『ドッグ』など、・フォン・トー作品の常連である。 またのと、のも、のヤは元という芸である。 に『 Fy』で、と共に幕。 以後内のでやと共演しつつ、名門校ソー・・ナジウムを、本格的にへのを歩む事となる。 に開された『 ・』では役のを好演。 を抱える好きのが、人に振られたを元気づけようと「璧な人」を探す、・だった。 の『 ヘム・ーヴ』では、辺鄙な町に住む名のにして(ウピール)の、ンを演じている。 に『ダ イジェント』で。 達に手を貸すの組織に所属するを演じる。 その後『 アトミック・』『 2』などに出演。 『2』では「X-ス」に応募・採用された、として登場する が々に退場している。 』である。 本作でスは恐怖の・ を熱演し、高く評価される事となった。 の続編にも引き続き登場し、なを。 意図的にができるよう訓練するなど、人の形をした怪物を見事に体現している。 トリビア 『』撮時、の意向によってスと達は「撮外の接触」を禁じられていた。 がを怖がるを重視しての方針だったが、スは達のにならないようにこっそり気を使い、撮直後にをかけて案じるなどケアに回っている。 にはのダ・モーグとの間に長女を授かり、一児のとなっている。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

ビル・スカルスガルドの年齢身長出演作プロフィール&子供や家族について!かっこいいインスタ画像まとめ「IT」ペニーワイズ/キャッスルロック

ビル スカルスガルド

有名なビル・スカルスガルドさんの父親、兄弟は? 調べてみたよ! ビル・スカルスガルドさんの 父親、兄弟ですが、スゴイの一言です! 俳優一家です。 特に、父親がすごいです。 (出典:We Know Your Dreams) まずは、父親が俳優の ステラン・スカルスガルドさん。 (出典:The Telegraph) 1951年6月13日生まれの68歳です。 (2019年) 父親も身長190cmあります。 主な出演作ですが、下記となっております。 兄弟の一番上のお兄さんが、 アレクサンダー・スカルスガルドさんです。 (出典:Naverまとめ) 1976年8月25日生まれの43歳です(2019年) 本当に、イケメンですね。 身長が194cmあります。 主な出演作ですが、下記となっております。 身長が193cmとあります。 「海外ドラマ:ヴァイキング」に出演しております。 3兄弟の写真です。 3人とも身長190cm以上ってカッコイイです。 子供たちを誘拐したり、殺害するホラー映画です。 メジャーな作品のメインキャラクターでは、初めて出演した映画です。 it イット)に関しては、別に記事「itイット 映画)」を書いてありますので、そちらをご覧ください。 (出典:Hemlock Grove Exclusive Interview) おおよそですが、こんな感じです。 インスタグラムとツイッターをやっております。 instagram. また、「itイット(映画)」のリメイク版の続編が決定しました。

次の

ビル・スカルスガルドの目が変でオッドアイ?結婚や子供についても調査!

ビル スカルスガルド

』が11月1日に公開される。 』(2017年)は、ホラー映画の歴代興行収入No. 1に輝く大ヒットを記録。 続編では、『IT/イット』を象徴するキャラクターであるペニーワイズが、前作とは異なった形でも登場する。 監督を務めたアンディ・ムスキエティとペニー・ワイズを演じたビル・スカルスガルドに、ペニーワイズについて話を聞いた。 造形面ではどのようなことを意識したのでしょう? アンディ・ムスキエティ(以下、アンディ):僕とビル(・スカルスガルド)は何時間もかけて話し合いをしたよ。 ペニーワイズを演じるビルがこのキャラクターに共感することはとても大事だ。 彼は、ペニーワイズとしてこれらのことを経験していかなきゃいけないんだからね。 どんなふうにこのキャラクターにアプローチするのか、ビルの頭の中を毎日確認することはしなかったけれど、話し合いはたっぷりしている。 このキャラクターがどうあるべきか、どんなふうに怖いのかというコンセプト的なことについてだ。 そこからスタートし、ビルは、僕を驚かせるようなことを次々にやってくれた。 予測がつかないから、驚かされるわけさ。 撮影を始める前に、僕は、それぞれのシーンをどう編集するつもりなのかについても、彼に話している。 そして彼にはそれぞれのテイクで違うパフォーマンスをやってもらった。 それらを編集で組み合わせたんだ。 それはすばらしい効果を生み出してくれた。 そんなふうに、かなり実験的なことをやったんだよ。 僕は、予定どおりにやったら生まれないものを期待していたんだ。 予測がつかないものは予定できないからね。 ビル・スカルスガルド(以下、スカルスガルド):1作目の段階でも、僕らはこのキャラクターのコンセプトについてじっくり話し合っているんだ。 今回は2回目だったから、お互いによくわかっていて、素早かったよ。 たとえば、顔のバリエーションには10種類くらいあって、それぞれに名前がついていたんだ。 この役はとてもテクニカルなので、そうやってスムーズにコミュニケーションが取れたのはよかったよ。 ーーそれは見た目に関してのバリエーションですか? スカルスガルド:そう。 顎を引いて笑うとか、首をひねったのとか。 この2作目に入る前、今回のペニーワイズは前と違うのかという話も、もちろんしたよ。 1作目で、彼はほぼやっつけられそうになったわけだからね。 そんな経験は、彼にとって初めてだったんだ。 彼はその仕返しをしたいと思っている。 だけど、彼の中には、今度こそ、本当にやっつけられてしまいたいという気持ちもあるんだ。 そこが僕にとっては非常に興味深かった。 彼は怒っていて、復讐したいと思っている。 その一方で、彼はどこかで破壊されたいとも思っているんだ。 アンディ・ムスキエティ(以下、ムスキエティ):いまビルが言ってくれたおかげで思い出したよ。 僕らは、ペニーワイズの中に「ついに殺されてしまいたい」という願いがあるというところに、すごく惹かれたんだよね。 そこは1作目の時に話したことにもつながるんだ。 それは、ペニーワイズは必死でサバイバルしようとしているキャラクターだということ。 彼は子供のイマジネーションの中に生きる存在だからね。 つまり、生き続けるためには、殺し続けないといけない。 殺し続ける限り、彼は生き延びられる。 その部分がどこまで完成作に残ったかはわからないが、その概念については、話したね。 ーービルさんは前作の完成後、夢にもペニーワイズが出てきたそうですね。 スカルスガルド:役者の仕事というのはとても奇妙なんだよ。 撮影前に役作りをし、その時からそのキャラクターになりきって、長い期間を生きる。 その過程において、そのキャラクターと非常に親密な関係を築くことになる。 なのに、撮影が終了すると、突然そのキャラクターのことをもう考えなくてよくなるんだ。 どの映画の時も、撮影終了の翌日、目が覚めて、「ああ、そうだ。 もうあの人のことは考えなくていいんだった」と、ふと気づく。 ペニーワイズも同じだった。 1作目の撮影では、準備も含め4〜5カ月もあのキャラクターになりきっていたんだ。 撮影が終わり、僕は飛行機に乗って家に帰り、翌朝はもう彼のことを考えなくてよかった。 だけど、夢を見たんだよね。 ーーペニーワイズの方が、まだあなたのことを考えていたと。 スカルスガルド:そうなんだ。 家に帰って、僕はまだ時差ボケ状態だったから、すごく変な夢をいっぱい見た。 ひとつは、僕がペニーワイズになってストックホルムを歩いているもの。 そこで僕は、「このメイクで人前を歩くのはまずい! これじゃあ、ミステリーが台無しになってしまう!」と焦っている。 そうやって、怒りながら家に戻るという夢。 もうひとつは、自分がペニーワイズを見つめている夢だ。 僕は、彼のことがなんとなく好きだなと思っているんだよね(笑)。

次の