消費者庁 クレベリン。 「空間除菌」根拠なし 消費者庁、17社に措置命令 :日本経済新聞

二酸化塩素を使用する除菌製品クレベリンを旅客機内に持ち込むトラブルが相次ぐ

消費者庁 クレベリン

もくじ• クレベリンとは クレベリンとは 一体どういうものかということですが、 まずはこちらの動画をご覧ください。 【クレベリン2013編】 クレベリンのCMですが、 空気中のウイルスなどを除去してくれる製品 だとうたっています。 過去に放送されたCMですが、 見かけたことがあるという人も多いのではないでしょうか? 置いておくだけや、 首にかけておくだけなど、 使い方も非常に簡単そうなCMになっています。 クレベリンというのは、 この動画が示すように 空気中のウイルス除去などに効果的だと言われている、 大幸薬品の製品になります。 置いておくだけのゲル状のものや、 スプレータイプのものなど、 様々な形態の製品があります。 トイレの消臭や タバコの臭い消しなどにも効果が期待出来るため、 ゲル状、スプレーなど 用途に応じて選択して使うことが出来ます。  効果がないとされた経緯 By: 空気中のウイルス除去などに効果がある とされているクレベリンですが、 実際にその効果は「ない」とされています。 そうなってしまった経緯は、 雑誌などでその効果が特集されたこと などが関係しています。 クレベリンは 二酸化塩素を発生させて ウイルスなどを除去するものですが、 その発生濃度に ムラがあると評されたのです。 また、 調査の際は 製品の近くで測定された結果でしたが、 そこでムラがあるようであれば、 実際の使用環境では・・・ という話になったのです。 また、 消費者庁がその効果や宣伝文句に対して 物言いを行ったのも関係しており、 クレベリンの効果はない とされてしまったのです。 実際の効果というのは、 人それぞれに感じ方があるようですが、 イメージが大事である一般製品としては、 厳しい結果になってしまったようです。 ただし、実際のところ、 ムラがあるようであれば、 その効果はないとされてしまったも仕方がないところは あったのかもしれません。  楽天でクレベリンを購入できます。

次の

クレベリンの副作用は咳?体調不良者の4つの症状

消費者庁 クレベリン

2014. 28 「クレベリン」など空間除菌剤25商品が、景品表示法に違反 二酸化塩素を使用した、生活空間除菌剤を販売している17社(25商品)に対して、 消費者庁が景品表示法に違反しているとして、措置命令が出されました。 実に、消費者庁が措置命令を出したなかで、17社も同時に命令が出たことは、 今回が初めてです。 どのような経緯で今回の事例に至ったかはわかりませんが、一括して、 この空間除菌剤の 取締りを行ったということでしょう。 この生活空間除菌剤は、ウイルス除去や花粉対策、消臭効果などがある商品であり、 有名なものとしては「クレベリン」(大幸薬品)や「ウイルオフバリア」(大木製薬) などの 商品があります。 現在、これらの商品は、ウイルス除去や消臭効果があるということで、需要も 拡大しており、 上位メーカーにおいては、年間1億円以上の売上を 上げているところもあります。 さて、こんかいの違反事例ですが、元々二酸化塩素自体には、除菌効果が認められて いるものですので 今回違反したからといって、全く効果がないという訳ではありません。 ただし、今回の違反広告においては、その除菌の範囲に関する表現が 問題となっています。 二酸化塩素が効果を発揮するのは、密閉された空間において、 ということです。 なので、今回の違反となった内容としては、生活空間の範囲に対する 指摘が主な部分です。 違反となった広告例としては、 ・バス・電車の通勤に ・病院や老人ホーム ・オフィスや学校 このような場所においても、密閉空間と同様の効果があるかのような 記載をしていた広告については、違反の対象となっています。 既に、措置命令が出た会社の広告表示については修正されており、 広い空間における除菌効果の記載は削除されるか、表現変更されています。 また、今回の措置命令の情報が流れて以降、大幸薬品の株価が急落するなど、 早くも影響が出始めており、今後、各企業にとって、幾つも課題が待っている でしょう。 まずは、商品が持つ性能自体へ信頼が揺らいだ部分を、どのように取り戻していくか、 ということも大事ですし、今までの広告によって買っていた人も、 今回の措置に よって買わなくなる、という恐れもあります。 ここで取り組むべきは、今一度、製品の特徴とメリットを見直すこと、 そして、商品特性が最大限活かされるような 広告およびマーケティングを 考えていくことです。 このようなときこそ、慌てずに、基本に立ち返って、きちんとした 戦略を立てて欲しいですね。 〜サプリメント・化粧品を販売する方へ〜 【初心者でもわかる、薬事法広告セミナー動画を無料プレゼント中!】 いま、メールマガジンにお申込みただいた方全員に、昨年7月開催 「初心者でもわかる薬事法広告の基礎と肝セミナー」動画を プレゼントしています! 以下のリンクから、要約版を視聴できます。 [主な内容] ・薬事法とは?(その概要と規制の背景) ・景品表示法の概要と実践的な考え方 ・化粧品の広告表現について ・過去の違反事例から学ぶ ・健康食品のエビデンスとは? 過去の違反事例についても豊富に紹介していますので、 薬事法など法規制について、感覚的に理解することが出来ます。 このプレゼントはいつ中止するかわかりませんので、まだメルマガに 登録してない人は、早めに登録して、動画を入手しておいてください。 無料動画の入手はコチラから。 今日はこの辺で。 ではまた。 この記事を見た人は、他にこんな記事も見ています• 最近、駅の看板で、このような広告を見かけました。 「勝ったのは、ペ... 二酸化塩素を使用した、生活空間除菌剤を販売している17社(25商品)に対して、 消費者庁が景品... 19日の業界ニュースでも取り上げていますが、痩身効果をうたった広告で景品表示法違反、措置命令となった... こんにちは。 今日は雪もやみ、子供たちは雪合戦や 雪だるまを作っ... こんにちは。 今日は、東京はこの大雪で外に出れない人も 多いんじ... 代表ブログ・業界ニュース 2020. 29 2019. 1 2019. 12 2018. 28 2018. 25 お知らせ 2018. 16 2018. 9 2015. 1 2015. 31 2015. 30 薬事法マーケティング事務所 Tel. 03-6869-3452 受付時間 9:00~ 18:00(土日・祝日除く) お気軽にお問い合わせください!.

次の

クレベリン

消費者庁 クレベリン

2014. 28 「クレベリン」など空間除菌剤25商品が、景品表示法に違反 二酸化塩素を使用した、生活空間除菌剤を販売している17社(25商品)に対して、 消費者庁が景品表示法に違反しているとして、措置命令が出されました。 実に、消費者庁が措置命令を出したなかで、17社も同時に命令が出たことは、 今回が初めてです。 どのような経緯で今回の事例に至ったかはわかりませんが、一括して、 この空間除菌剤の 取締りを行ったということでしょう。 この生活空間除菌剤は、ウイルス除去や花粉対策、消臭効果などがある商品であり、 有名なものとしては「クレベリン」(大幸薬品)や「ウイルオフバリア」(大木製薬) などの 商品があります。 現在、これらの商品は、ウイルス除去や消臭効果があるということで、需要も 拡大しており、 上位メーカーにおいては、年間1億円以上の売上を 上げているところもあります。 さて、こんかいの違反事例ですが、元々二酸化塩素自体には、除菌効果が認められて いるものですので 今回違反したからといって、全く効果がないという訳ではありません。 ただし、今回の違反広告においては、その除菌の範囲に関する表現が 問題となっています。 二酸化塩素が効果を発揮するのは、密閉された空間において、 ということです。 なので、今回の違反となった内容としては、生活空間の範囲に対する 指摘が主な部分です。 違反となった広告例としては、 ・バス・電車の通勤に ・病院や老人ホーム ・オフィスや学校 このような場所においても、密閉空間と同様の効果があるかのような 記載をしていた広告については、違反の対象となっています。 既に、措置命令が出た会社の広告表示については修正されており、 広い空間における除菌効果の記載は削除されるか、表現変更されています。 また、今回の措置命令の情報が流れて以降、大幸薬品の株価が急落するなど、 早くも影響が出始めており、今後、各企業にとって、幾つも課題が待っている でしょう。 まずは、商品が持つ性能自体へ信頼が揺らいだ部分を、どのように取り戻していくか、 ということも大事ですし、今までの広告によって買っていた人も、 今回の措置に よって買わなくなる、という恐れもあります。 ここで取り組むべきは、今一度、製品の特徴とメリットを見直すこと、 そして、商品特性が最大限活かされるような 広告およびマーケティングを 考えていくことです。 このようなときこそ、慌てずに、基本に立ち返って、きちんとした 戦略を立てて欲しいですね。 〜サプリメント・化粧品を販売する方へ〜 【初心者でもわかる、薬事法広告セミナー動画を無料プレゼント中!】 いま、メールマガジンにお申込みただいた方全員に、昨年7月開催 「初心者でもわかる薬事法広告の基礎と肝セミナー」動画を プレゼントしています! 以下のリンクから、要約版を視聴できます。 [主な内容] ・薬事法とは?(その概要と規制の背景) ・景品表示法の概要と実践的な考え方 ・化粧品の広告表現について ・過去の違反事例から学ぶ ・健康食品のエビデンスとは? 過去の違反事例についても豊富に紹介していますので、 薬事法など法規制について、感覚的に理解することが出来ます。 このプレゼントはいつ中止するかわかりませんので、まだメルマガに 登録してない人は、早めに登録して、動画を入手しておいてください。 無料動画の入手はコチラから。 今日はこの辺で。 ではまた。 この記事を見た人は、他にこんな記事も見ています• 最近、駅の看板で、このような広告を見かけました。 「勝ったのは、ペ... 二酸化塩素を使用した、生活空間除菌剤を販売している17社(25商品)に対して、 消費者庁が景品... 19日の業界ニュースでも取り上げていますが、痩身効果をうたった広告で景品表示法違反、措置命令となった... こんにちは。 今日は雪もやみ、子供たちは雪合戦や 雪だるまを作っ... こんにちは。 今日は、東京はこの大雪で外に出れない人も 多いんじ... 代表ブログ・業界ニュース 2020. 29 2019. 1 2019. 12 2018. 28 2018. 25 お知らせ 2018. 16 2018. 9 2015. 1 2015. 31 2015. 30 薬事法マーケティング事務所 Tel. 03-6869-3452 受付時間 9:00~ 18:00(土日・祝日除く) お気軽にお問い合わせください!.

次の