ルピナス。 ルピナス(LUPINUS.)|ホットペッパービューティー

ルピナス(LUPINUS.)|ホットペッパービューティー

ルピナス

ルピナスのデータ 花色: 学名: Lupinus 別名:ノボリフジ 科名:マメ科 分類:常緑多年草・秋まき一年草〜二年草 原産地:北アメリカ 大きさ:背丈40〜150cm(ラッセル種)、20〜30cm(テキセンシス) 横幅25〜50cm 主な見所:花(4〜6月) ルピナスの特徴 よく見かけるラッセル種は交配種で高性の多年草。 花色が豊富で豪華な花穂がよく目立ちます。 葉も大きめで花茎も太く立派です。 テキセンシスは一年草で、背丈は低く花も小さいですが、花や葉の形はラッセル種とよく似ています。 こちらは寄せ植えに使いやすい大きさなので春に花つき苗が出回るようになりました。 またラッセル種にも寄せ植えや花壇に使いやすい矮性品種があります。 暑さに弱く、寒さに強いため多年草のラッセル種も暖地では一年草扱いするのが一般的です• 難易度: 移植や夏越しは難しい。 広い土地に直まきするのが楽です• 日照量: 日当たりのよい場所を好みます• 水分量: 〜 乾燥ぎみの環境を好み、ジメジメは苦手です• 耐寒性: 耐寒性は強いです ルピナスの育て方 日当たりと水はけのよい場所が適地です。 移植を嫌うのでタネから育てるのが基本ですが、土を崩さないように慎重に植えれば花芽つき苗でも育てられます。 酸性土を嫌いますから前もって苦土石灰などで中和しておきます。 高温や過湿に弱いので関東以西の暖地ではラッセル種は一年草扱いにします。 一年草のテキセンシスは、ラッセル種と比べると比較的丈夫ですが、それでも初夏以降の管理は難しいです。 どちらもタネから育てる場合はなるべく直まきにします• 管理:タネをつけさせると弱るので、終わりかけた花茎は切り取ります。 水やりは控えめにして土が乾いたら与えるようにします。 ラッセル種は株が充実していれば、枯れた花茎を切り取ると二番花が上がってきます• 肥料:多肥を嫌うので、リン酸分の多い元肥だけで十分です• 病害虫:あまり発生しませんが、アブラムシに注意• タネから: 移植を嫌うので直まきします。 覆土は1センチ程度の厚めにします。 発芽率は普通、育苗もそれほど難しくありません。 発芽までにやや時間がかかります ルピナスのアレンジ ラッセル種は洋風の庭に合い、テキセンシスは洋風や自然風の庭に合います。 ラッセル種は地植えが適しています。 ボーダー花壇の中〜後方に植えますが、密植させて豪華さを強調するよりも、自然な感じでバラけさせたほうが持ち味を発揮します。 矮性種は花壇の中景や大きな寄せ植えに使えます。 高性種の前に植えて自然に段々にするのもよいでしょう。 テキセンシスは花壇の中景や寄せ植えに使えます。 polyphyllus)などから交配した園芸品種。 花穂が豪華で見栄えがします。 多年草ですが暑さに弱く、暖地では一年草扱いが普通。 一方で、寒冷地では増えすぎるほど丈夫に育ちます。 texensis) 北アメリカ原産の一年草タイプのルピナス。 ラッセル系に比べ草丈も花も小さめです。 花色は青紫。 luteus) 一年草種。 キバナルピナスとも呼ばれます。 出回る量は多くないです ルピナスの個人的な印象 オススメ度:50% テキセンシスは慎重に苗を移植すれば丈夫に育つことが多いです。 一方、ラッセル種は移植が難しいので、直まきで育てるのが無難。 直まきできる広い敷地があれば評価も変わるでしょうが、一般的な狭い庭では使いどころが難しいです。 矮性種を使うのも良いですがラッセル種独特の迫力は出せません コメント• 夏が涼しい地方では特別な管理もなく育てられるそうで羨ましいです。 使い方的にも育て方的にも、ジキタリスやデルフィニュームに似たものがあります• 暖地では宿根草としてではなく、一年草花壇のポイントに用いるのに向いています.

次の

ルピナスの育て方

ルピナス

市販されている花と野菜の土()で植え付けをします。 自作する場合は小粒73を混ぜたものを使います。 マメ科の植物で移植は不可能と考えて下さい。 苗ポットくらいの大きさでしたら植え付け・植え替えは可能ですが、すでに花が咲いている4号鉢の鉢植えを植え替えても根付かないです。 庭植えする場合は中和を 酸性の土を嫌うので植え付けする一週間前に庭の土にを混ぜて中和させておきます。 それから植えます。 痩せ地でも育つのでは必要ありませんが、あまりにが悪い場合は腐葉土・赤玉土・川砂などを入れて水はけをよくしてから植えてください。 移植に弱いので注意を マメ科の植物で移植に弱いです。 一度植えてしまったら移動できないので、気をつけてください。 鉢植えはそのまま植えっぱなしにする。 植え替えはしない方がいい(その方が無難)。 どうしても植え替える・植え付けするときはポットや鉢から抜き出した時に土を一切落とさず、ほぐさないこと。 霜に当たるとヤバイ(枯れなくても痛むし、枯れるかもしれない)。 よって冬に購入した苗は室内の寒いところ(5度以上で10度以下)のできるだけ日光の当たるところで管理する。 マイナス5度はあくまで目安で、それ以下でも問題なく育つこともあるというか、案外植物は強い。 高価な植物ではないので、興味があったら寒冷地の人も植えてみてください。 夏の暑さに注意 25度を超えると弱り、30度くらいで枯れる。 春になり花が咲いて終わったら、枯れるもの!と考えれば問題ないですが、宿根ルピナスの場合は夏越しさせることも出来なくはないです。 枯れた葉っぱをむしって、風通しのよい日陰で管理します。 しかし寒冷地以外では非常に難しいです。 下から順に咲く事から「ノボリ(昇り藤)」という名前で昔は流通していました。 ルピナスと言う名前はラテン語で狼と言う意味の「ループス」から来ているという説が一般的。 痩せ地でも生育するしぶとい植物で狼に例えたという話ですが、ルピナスの豆が苦くて食べるとしかめっ面になることからギリシア語の悲哀という意味の「ルーペ」が語源とも。 緑肥作物として日本に マメ科の植物で痩せ地でも生育し、空気中の窒素を土中に取り込む性質があるので、植えたあとにルピナスごと砕いて土にすきこんで肥料にする緑肥作物として日本ではやってきました。 切花・観賞用とよく見かける 切花として多少流通していますし、観賞用として昔からよく植えられています。 しかし見た目がエグイ。 賛否両論です。 最近では花が小さいルピナス・ピクシーデライトやその他のが出回っていて、そちらは非常に人気があります。 関係記事・人気記事 ルピナス・ピクシーデライト ルピナス属 ルピナス・リリアン ルピナス属 クローバー トリフォリウム属 ロータスブリムストーン ミヤコグサ属.

次の

ルピナス

ルピナス

市販されている花と野菜の土()で植え付けをします。 自作する場合は小粒73を混ぜたものを使います。 マメ科の植物で移植は不可能と考えて下さい。 苗ポットくらいの大きさでしたら植え付け・植え替えは可能ですが、すでに花が咲いている4号鉢の鉢植えを植え替えても根付かないです。 庭植えする場合は中和を 酸性の土を嫌うので植え付けする一週間前に庭の土にを混ぜて中和させておきます。 それから植えます。 痩せ地でも育つのでは必要ありませんが、あまりにが悪い場合は腐葉土・赤玉土・川砂などを入れて水はけをよくしてから植えてください。 移植に弱いので注意を マメ科の植物で移植に弱いです。 一度植えてしまったら移動できないので、気をつけてください。 鉢植えはそのまま植えっぱなしにする。 植え替えはしない方がいい(その方が無難)。 どうしても植え替える・植え付けするときはポットや鉢から抜き出した時に土を一切落とさず、ほぐさないこと。 霜に当たるとヤバイ(枯れなくても痛むし、枯れるかもしれない)。 よって冬に購入した苗は室内の寒いところ(5度以上で10度以下)のできるだけ日光の当たるところで管理する。 マイナス5度はあくまで目安で、それ以下でも問題なく育つこともあるというか、案外植物は強い。 高価な植物ではないので、興味があったら寒冷地の人も植えてみてください。 夏の暑さに注意 25度を超えると弱り、30度くらいで枯れる。 春になり花が咲いて終わったら、枯れるもの!と考えれば問題ないですが、宿根ルピナスの場合は夏越しさせることも出来なくはないです。 枯れた葉っぱをむしって、風通しのよい日陰で管理します。 しかし寒冷地以外では非常に難しいです。 下から順に咲く事から「ノボリ(昇り藤)」という名前で昔は流通していました。 ルピナスと言う名前はラテン語で狼と言う意味の「ループス」から来ているという説が一般的。 痩せ地でも生育するしぶとい植物で狼に例えたという話ですが、ルピナスの豆が苦くて食べるとしかめっ面になることからギリシア語の悲哀という意味の「ルーペ」が語源とも。 緑肥作物として日本に マメ科の植物で痩せ地でも生育し、空気中の窒素を土中に取り込む性質があるので、植えたあとにルピナスごと砕いて土にすきこんで肥料にする緑肥作物として日本ではやってきました。 切花・観賞用とよく見かける 切花として多少流通していますし、観賞用として昔からよく植えられています。 しかし見た目がエグイ。 賛否両論です。 最近では花が小さいルピナス・ピクシーデライトやその他のが出回っていて、そちらは非常に人気があります。 関係記事・人気記事 ルピナス・ピクシーデライト ルピナス属 ルピナス・リリアン ルピナス属 クローバー トリフォリウム属 ロータスブリムストーン ミヤコグサ属.

次の