政宗2中段チェリー。 政宗2

政宗2 パチスロ スロット

政宗2中段チェリー

ALL RIGHTS RESERVED. 以降は、左リールの停止形によって打ち分ける。 ==左リール中段にチェリーが停止した場合== 中段チェリー。 中・右リールに黒BARを狙う。 ==左リール下段にチェリーが停止した場合== 弱チェリー or 強チェリー。 中・右リールに黒BARを目安にチェリーを狙う。 3連なら強チェリー、2連で弱チェリー。 ==左リール上段にスイカが停止した場合== 弱スイカ or 強スイカ or チャンス目B。 中・右リールに黒BARを目安にスイカを狙う。 スイカが斜めに揃えば弱スイカ、中段平行揃いで強スイカとなる。 ハズれればチャンス目B。 ==左リール下段にBARが停止した場合== 中・右リールともに適当打ちでOK。 中段「リプレイ・チェリー・ハズレ」となればチャンス目A。 ART中の打ち方 押し順ナビ発生時はそれに従う。 演出発生時は、通常時と同じ打ち方でレア小役をフォロー。 その他の場合は適当打ちでOK。 9 各チャンス目解説/RT状態について チャンス目は全部で3種類。 各チャンス目の特徴は以下の通り。 4つあるRT状態によって、出現率が変化する。 RT1~RT3は主に通常時、RT4は主にART中となる。 RT3状態で昇格リプレイを引くと6択が出現し、その6択に正解すると斜めにリプレイが揃い愛姫演舞突入が確定する。 通常時概要 ステージ 通常時ステージは、ステージにより内部状態を示唆。 「城下町ステージ」・「城内ステージ」・「天守閣ステージ」の3つが存在する。 天守閣ステージは高確示唆や前兆などで移行する可能性のあるチャンスステージとなっている。 高確率 主にレア役成立などで移行。 サブ液晶左側の「五大老陣幕」には、敵武将が表示される。 敵武将は5人存在し、勝利期待度は「トシイエ < ウキタ < イエヤス < カゲカツ < モウリ」の順にアップ。 サブ液晶右側の「戦況報告」には、敵軍との戦況を知らせる巻物が出現。 巻物の内容には様々な戦況が書かれており、どの敵将とのバトルに発展するかや、発展するとチャンスとなる武将などを示唆している。 なお、巻物の内容にはミッションとなるものも存在し、ミッション達成でバトル勝利期待度アップ。 発展したバトルに勝利すれば、ART「隻眼ノ乱」 or 疑似ボーナス「奥州ボーナス」となる。 発展した際の文字の色にもチャンスアップパターンが存在し、「白 < 赤 < 金」の順にチャンスアップ。 金文字だと秀吉決戦確定。 なお、バトル中は小役での勝利書き換え抽選が行われているので、小役の引き損はない。 色ミッション出現中の逆転抽選 色ミッション出現中は、小役によって、常に逆転抽選を行っている。 引いた小役と、巻物が示す色によって、抽選確率が異なる。 詳細は以下の通り。 通常時は、「低確」・「高確」の2種類の状態が存在。 内部状態は、レア小役成立時に内部状態移行抽選が行われる。 レア小役成立時の高確移行抽選は以下の通り。 当選した場合は「本前兆」へ、当選しなかった場合は「対決前兆」や「フェイク前兆」に移行する。 本前兆 or 対決前兆が選択された場合は、前兆演出を「ロング」・「ショート」に振り分ける。 ショートは「御家騒動演出」で終了となり、ロングは「高確率」へ移行する。 本前兆の特徴 前兆ゲーム数カウント区間は、「レア役~対決終了 当選告知 」のタイミングまで。 これを踏まえた上で、本前兆の特徴は以下の通り。 つまり、上記ゲームで告知が入れば、直撃だったことが確定する。 対決前兆当選時の対決発展率/対決前兆中・対決中の逆転抽選 概要 レア役成立時には「本前兆」or「フェイク前兆」or「対決前兆」の抽選が行われる。 「本前兆」となれば、その時点でART当選確定。 前兆を経由した後にARTに突入する。 「フェイク前兆」となれば、しばらく演出がざわつくものの、特に何も起こらない。 「対決前兆」となれば、前兆ゲームを経由した後、対決演出へと発展する。 対決演出へ発展するまでの間は、レア小役にて逆転抽選(ART抽選)が行われる。 対決前兆当選時の対決発展率 どの状態&どのレア小役から「対決前兆」に当選したかによって、対決発展率が異なる。 詳細は以下の通り。 引いた小役によって、逆転当選率が異なる。 詳細は以下の通り。 引いた小役によって、抽選確率が異なる。 詳細は以下の通り。 自力CZ「愛姫演舞」 通常時・ART中共に突入の可能性がある自力CZ。 「?」ナビ発生時に押し順当てに正解すると突入。 10G or 20G or 無限継続となっており、「?」ナビ発生時の6択に正解して青7を揃えることができればART「隻眼ノ乱」突入確定。 なお、姫カットインが発生した場合には押し順ナビ獲得のチャンス。 天下道は、15G継続の秀吉演舞突入のチャンスゾーン。 突入時点での秀吉演舞当選確率は40. 内部的には非当選でも、天下道中のレア小役によって常に書き換え抽選が行われている。 消化中はオーラの色がアップする程チャンスとなっており、「青 < 緑 < 赤 < レインボー」の順に期待度がアップ。 プッシュボタン発生時、ボタンを押し秀吉が出陣すれば秀吉猿舞確定となる。 自力CZ「秀吉猿舞」 秀吉演舞は、突入した時点でART「隻眼ノ乱」確定。 6択の押し順正解で青7を揃えることができれば、上乗せ特化ゾーン「秀吉決戦」確定。 カットイン発生時は押し順ナビ獲得のチャンスとなっている。 なお、秀吉猿舞中に金7フラグを引くと全ナビ確定。 通常時の「愛姫演舞」・「天下道」・「秀吉猿舞」への突入抽選 概要 通常時は、「愛姫演舞」・「天下道」・「秀吉猿舞」への直撃抽選が行われている。 設定差が大きい要素もあるため、要チェック。 各直撃当選率は以下の通り。 消化中は、ナビ発生時に黒BARを狙い、揃えば天下道確定。 金7が揃った場合は秀吉決戦確定となる。 奥州ボーナス準備中の昇格抽選 奥州ボーナス準備中にレア小役が成立すると、ART昇格抽選が行われる。 各レア小役成立時のART昇格率は以下の通り。 各レア小役成立時の天下道突入抽選確率は以下の通り。 奥州ボーナス終了画面による設定示唆 奥州ボーナスの終了画面にて、設定示唆が行われる場合がある。 その一部を以下に掲載。 ゲーム数を上乗せ型ARTとなっており、純増約2. 準備中を経由し、青7を揃えるとスタート。 青7を揃えた時点で、ARTの初期ゲーム数が表示される。 各レア小役成立時の秀吉決戦昇格率は以下の通り。 詳細は以下の通り。 7揃い時秀吉決戦突入ジャッジ中プッシュ連打示唆 秀吉決戦突入ジャッジ中にプッシュ連打でボタンが光れば秀吉決戦突入確定。 更に光った時のプッシュ回数に応じて示唆内容が異なる。 詳細は以下の通り。 「荒野 < 森 < 河」の順に城内ステージ移行期待度がアップ。 城内ステージは、規定ゲーム数消化で突入。 城内ステージは、突入した時点で武将対決確定となるチャンスステージ。 城内ステージ突入や、発光している宝玉の対応役を引くことで武将バトルに発展。 勝利することができれば青7揃い確定となり、ゲーム数上乗せとなる。 7揃い時の上乗せゲーム数表示による恩恵と設定示唆 実際はそのゲーム数が上乗せされるのではなく、30G~300Gの中から選択される。 ベルを引くことで政宗軍の兵力がアップし、青の領域が増えていく。 政宗アイコンが敵アイコンに近づいたり、秀吉城に突入すれば武将バトル発展の可能性がある。 なお、プッシュボタンを押すと詳しい戦況が確認できるようになっている。 竜玉 兵力がアップすることで政宗軍の領域が拡大。 政宗軍の領域が拡大することで、右側のサブ液晶に表示されている竜玉が点灯。 竜玉は色ごとに対応役が存在。 色ごとの対応役は以下の通り。 小十郎強襲 主にレア役で突入する小十郎強襲は、20G継続の兵力獲得ゾーン。 リプレイ以外で兵力獲得となり、レア役や黒BAR揃いは兵力大量獲得のチャンス。 小十郎強襲後は必ず武将バトルに発展するため、ゲーム数上乗せのチャンスとなる。 炎メーター 押し順リプレイ or 共通ベルを引くことでリール横の炎メーターの点灯を抽選。 6か所全てが点灯すれば「炎高確」 or 「愛姫演舞突入」 or 「秀吉猿舞」が確定。 炎高確率は6G間継続し、カットイン発生時に押し順を正解できれば青7揃いとなり、ゲーム数上乗せとなる。 炎メーター全点灯時の各設定ごとによる、発展先抽選は以下の通り。 ART中の炎ランプ点灯場所は押し順で管理されており、対応した押し順が発生した際に点灯抽選を行う。 共通ベルは点灯していない箇所の点灯抽選を行う。 なお、秀吉決戦中のランプ全点灯は超秀吉決戦確定となる。 秀吉決戦中は、押し順ベル or 7揃いした際の押し順で対応した炎ランプの点灯抽選を行う。 レア役と共通ベルは点灯していない箇所の点灯を抽選する。 点灯場所別の対応押し順は以下の通り。 これらを考慮すると、設定1でも上乗せ時の約3. 5回に1回、設定3だと約4回に1回、設定5ならば約2回に1回は秀吉決戦に突入する。 また、本前兆で最初から秀吉決戦が選ばれていた場合や、昇格で秀吉決戦になった後のチャンス役成立時は秀吉決戦自体のストック抽選が行われている。 カットイン発生時は青7を狙い揃えばエンブレムを獲得。 エンブレムは、色ごとに上乗せゲーム数の期待度を示唆しており、「青(30G以上) < 赤(50G以上) < 金(100G以上) < レインボー(???)」となっている。 カットイン発生時には「チャンス」や「激熱」などのチャンスアップパターンも存在。 カットイン発生時には金7をナビする場合もあり、金7が揃った場合は秀吉決戦自体をストックする。 青7が揃わなかった時点で終了となり、「上乗せ乱舞」にて獲得したゲーム数が告知される。 なお、秀吉決戦中の小役成立は炎メーター点灯抽選と、7揃いストック抽選が行われている。 7揃いリプレイを引くまでのゲーム数が長くなるほど継続期待度アップ。 青7揃い時の秀吉決戦ストック抽選 秀吉決戦中の青7揃いは秀吉決戦自体のストック抽選を行っている。 各青7揃いによるストック当選率は以下の通り。 突入時に、いずれかの継続率に振り分けられる。 継続率の振り分け率については以下の通り。 8G 設定2 : 217. 3G 設定3 : 341. 7G 設定4 : 216. 6G 設定5 : 223. 8G 設定6 : 217. その際は「秀吉覚醒」へ突入。 秀吉覚醒中は、2択に成功するたびに青7揃い。 秀吉覚醒中の7揃いでの上乗せゲーム数は全て3桁上乗せとなる。 2択に失敗すると、再び秀吉決戦へ。 上乗せ特化ゾーン「超秀吉決戦」 本機最強の上乗せ特化ゾーン「超秀吉決戦」。 秀吉決戦同様に、カットイン発生時に青7を狙い揃えばエンブレムを獲得する。 金7が揃った場合は、秀吉決戦をストック。 青7が揃わなかった時点で終了となり、「超秀吉猿舞」へ突入する。 超秀吉猿舞 この超秀吉猿舞は、超秀吉決戦の引き戻しゾーン。 カットイン発生時に6択の押し順当てに正解し、青7揃い出来れば超秀吉決戦に再突入となる。 上乗せ乱舞 秀吉決戦 or 超秀吉決戦で獲得したゲーム数を告知する。 告知方法は「一撃」 or 「連撃」から選択可能。 なお連撃選択時の場合は、演出によって上乗せゲーム数の期待度が把握できる上に、設定を示唆する文字出現の可能性もあり。 連撃選択時の演出と上乗せ期待度の詳細は以下の通り。 詳細は以下の通り。 設定6確定 秀吉決戦突入時隠しランプ 秀吉決戦のタイトル画面でプッシュボタンを押すと、筐体の左右の丸いランプにある金竜ランプの色が変化し、その色によって継続率の示唆を行っている。 7を狙え演出時の成功報酬示唆における隠しプッシュ 7を狙え演出中にプッシュを押すと金竜ランプの光が変化し、7を揃えた時の報酬示唆が起こる。 詳細は以下の通り。 設定3・5・6の特徴 ART初当たり確率 ART初当たり確率には設定差が存在。 2 弱チェリー確率と弱スイカ確率 弱チェリーと弱スイカの出現率には設定差が存在。 高設定ほど出現率が高くなる。 そこまで大きな設定差ではないが、半日ほどカウントすればある程度の判別材料にはなる。 3 通常時の天下道直撃抽選 自力CZ「天下道」は、通常時からの直撃当選からのみ突入する。 偶数設定ほど突入しやすい。 5 特に設定6の突入率は頭一つ抜けているので、早い段階で複数回の天下道直撃が確認できれば設定6の期待度が高まる。 ART中の炎メーター全点灯時の抽選 ART中に押し順リプレイ or 共通ベルを引くことでリール横の炎メーターの点灯を抽選。 6か所全てが点灯すれば「炎高確」 or 「愛姫演舞突入」 or 「秀吉猿舞」が確定。 高設定ほど、炎高確以外の選択率が高くなっている。 全点灯時に、何度も愛姫演舞や秀吉猿舞に突入するようならば、設定5以上のチャンス。 4 天下道ほどではないが、偶数設定&高設定になるほど優遇されている。 これだけでは判別要素として弱いので、他の判別要素と並行して活用しよう。 ART中の7揃い時の上乗せゲーム数表示による設定示唆 ART中の7揃い時の上乗せゲーム数には設定を示唆する表示がある。 実際はそのゲーム数が上乗せされるのではなく、30G~300Gの中から選択される。 7図柄による示唆 秀吉決戦中の7の狙えの際に、7図柄変化で設定を示唆する。 なおその際は、100G以内の秀吉決戦も確定するので大チャンスとなる。 上乗せ乱舞中の文字出現による設定示唆 上乗せ乱舞中は、設定を示唆する文字が出現する可能性がある。 すぐに分かりそうなラインナップだが、見落とし注意。 高設定確定となるプレミア演出 プレミア演出には、高設定が確定するパターンが存在。 実際はそのゲーム数が上乗せされるのではなく、30G~300Gの中から選択される。 発生すれば、秀吉決戦もストックする至福の演出だ。 他にも色々な確定パターンあり。 7図柄による示唆 秀吉決戦中の7の狙えの際に、7図柄変化で設定を示唆する。 お馴染みのキャラだけに、圧倒的な違和感は感じるだろう。 なおその際は、100G以内の秀吉決戦も確定するので大チャンス。 是非楽曲変化にも意識を傾けたいところだ。 上乗せ乱舞中の文字出現による設定示唆 上乗せ乱舞中は、設定を示唆する文字が出現する可能性がある。 複数回出ればだいぶ設定が絞れそうだ。 【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット! 特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。 現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと 【250%超】! オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ! 【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説 当サイトの姉妹サイトで、 運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。 特に人気のコンテンツを以下にご紹介。

次の

政宗2 掲示板

政宗2中段チェリー

中段チェリーは期待枚数3000枚!? 確率と恩恵は? まずは中段チェリーの恩恵などをおさらい。 フリーズする場合としない場合があるみたいですね。 ということはフリーズはもっと確率が重そうです。 ただし恩恵は同じなので、フリーズ発生したからといって期待枚数が増えるといったことはありません。 また、期待枚数については『3000枚』ほどと言われていますが…。 超秀吉決戦の平均上乗せが500G~600G、そこにART初当たりを含めた600G前後が平均になると思われるので、 3000枚まではないんじゃないかな?というのが正直な印象です。 僕の予想では、 中段チェリーの期待枚数は『2000~2500枚』くらいだと思います。 打ちながら正確なゲーム数を計算するためにスマホをいじっていると… え…?? どんな音か忘れましたが、とりあえずけたたましい音とともに 中段チェリー降臨!! 413G(宵773G)なので、打ち出してからわずか42Gでの出来事 投資は50枚です 笑 これは勝った…! ARTの初期ゲーム数もうまくダブル揃いを引いて100G そしてちょっとキモいスズメ柄レバーで 早くも今年2回目の超秀吉決戦突入! ここから 85%の高ループを活かして7揃いを連発… え、まだ3個… 「まだです!」 そんな某ヒロイン的な感じで復活! そこから50G以上濃厚の赤アイコンを獲得したものの、だいぶ物足りない7揃い5回で終了。 超の方があまりにもショボかったのでつい間違えました 笑 さらにチャンス目から対決に勝利して秀吉決戦で110G乗せ モウリを倒したりしながらちょこちょこ上乗せを重ねつつ、 秀吉決戦から220G、180G、280Gと3桁上乗せ連発 おかげで1000G消化してなお残り500Gオーバー! やばい、政宗楽しすぎる 笑 しかしここから400G間上乗せナシ。 残り100GでART終了も見えてきたところで再び アレが…! 秀吉決戦中に炎メーターMAXから 超 秀 吉 決 戦 突 入 初めて入れたときは1回引き戻して、実質2回分で600G さっき入れた2回目は平均にはほど遠い240G そして3度目の正直となる今回は… ついにやりました!! さらに金7揃いを引いてストックしていたので、普通の秀吉決戦にも突入して 100G以上濃厚の金アイコン2連続 上乗せ合計がなんと… 1120G 過去の一撃4桁乗せは確か4回くらい。 政宗なら1300Gもあればさらなる上乗せを望めるので、あと2000Gなんとかすれば万枚も夢じゃない! しかも今回は投資50枚。 投資50枚で一撃万枚なんてことになったらそれはもはや伝説級!! 記念としてホールの壁に名前を掘っても許されるレベルでしょう 笑 でもこれだけ煽った文章を書くと、スロットブログを読みなれてる皆様は 「どうせここから失速するんでしょ」 そんな目で見ていることでしょうね。 きっと。 しかし残念ながらこの後も好調に上乗せしていき、4000枚突破してなお残り1300G いける。 やらかしました。 本当は声をかけてきたのは綺麗な女性店員さんではなくフツメンのおとk…そこじゃなくて、 久しぶりの 閉店取り切れず。 1120G乗せたのが閉店30分前。 その後にもはや時間の無駄でしかない秀吉決戦2発。 投資50枚で一撃万枚という伝説も現実的だっただけに、これはなかなかのショック ちなみに僕が1000G乗せていたのとほぼ同時刻に、近くの番長3で 絶頂対決2回引いて30個くらい乗せて、これまた取りきれず確定にしてる方が。 「カカカカモーン」とか7揃いの「キイイイーン」という音が鳴るたびに、お互いに顔を見合わせて笑うしかなかったですね 笑 最後に2人で「やっちゃいましたねw」って話をしてヤメ 投資50枚、回収4220枚 収支 +69220 この日の稼働結果.

次の

【ルパン三世 イタリアの夢】通常時に中段チェリー降臨!?確率と恩恵はまさかの…??

政宗2中段チェリー

2をどうしても打ちたくて、近所の屋で朝イチから打ってみました。 奥州ボーナス2連で天下道無しの絶望的状況からの、中段チェリー降臨でした。 当然、超秀吉演舞の6択もハズレ。 やらかした感満載でしたが、設定1だったのかその後も秀吉決戦にそこそこ入りました。 超秀吉決戦より普通の方が乗る。 しかし1回も3桁乗せしないのが、私らしいです。 しかしARTゲーム数は1000Gを超えました! 遂に今年初の万枚が出せるかもしれません!! ほぼ駆け抜けの4700枚でした。 大量上乗せで気が抜けたのでしょうか? いきなり軍が最弱になり、チャンス目以外で対決に一切行かなくなってしまいました。 とにかくリプレイしかこなくなり 、400枚近く純増を上回っていた枚数が、最後にはきっちり純増2枚近くまで落ち着く体たらく。 しかも最後に表示されるゲーム数に、秀吉決戦のゲーム数は加算されてないので、実際には純増2枚を圧倒的に下回ってます。 2では無く、私の人間設定が1でした。 しかし中段チェリーは猛威を振るいませんでしたが、ただの秀吉決戦から爆乗せする2の凄まじさ! 2は新基準機の未来に一筋の光明を指してくれる機種ではないでしょうか!? 秀吉決戦に4回に1回は入り、小十郎にはほとんど入らなかったので、おそらく1でしょう。 即ヤメしましたが、設定不問の爆発力、むしろ秀吉決戦に入りやすい設定1の方が夢はありますね。 打つ台がない時は2に夢を託してもいいかもしれません。 【2】 投資 13000円 回収 4700枚 +81000円 goldemon5555.

次の