茨城県 読み方。 茨城県桜川市で事故物件の対処と霊障 読み方

【いばらき・いばらぎ】茨城の読み方の正解はどっち!?

茨城県 読み方

守谷町 もりやまち 2002. 2 守谷市に 藤代町 ふじしろまち 2005. 28 取手市へ編入 西茨城郡 にしいばらきぐん 友部町 ともべまち 2006. 19 笠間市と合併し、笠間市に 岩間町 いわままち 七会村 ななかいむら 2005. 1 常北町、桂村と合併し、城里町に 岩瀬町 いわせまち 2005. 1 真壁町、大和村と合併し、桜川市に 多賀郡 たがぐん 2004. 1 日立市へ編入 十王町 じゅうおうまち 鹿島郡 かしまぐん 旭村 あさひむら 2005. 11 合併し、鉾田市に 鉾田町 ほこたまち 大洋村 たいようむら 鹿島町 かしままち 1995. 1 合併し、鹿嶋市に 大野村 おおのむら 神栖町 かみすまち 北浦町 きたうらまち 玉造町 たまつくりまち 潮来町 いたこまち 2001. 1 合併し、潮来市に 牛堀町 うしぼりまち 北浦村 きたうらむら 1997. 1 北浦町に 新治郡 にいはりぐん 霞ヶ浦町 かすみがうらまち 2005. 28 合併し、かすみがうら市に 千代田町 ちよだまち 玉里村 たまりむら 2006. 27 小川町、美野里町と合併し、小美玉市に 八郷町 やさとまち 2005. 1 石岡市と合併 新治村 にいはりむら 2006. 20 土浦市へ編入 千代田村 ちよだむら 1992. 1 千代田町に 出島村 でしまむら 1997. 1 霞ヶ浦町に 桜村 さくらむら 1987. 30 谷田部町、富里町、大穂町と合併し、つくば市に 筑波郡 つくばぐん 伊奈町 いなまち 2006. 27 合併し、つくばみらい市に 谷和原村 やわらむら 筑波町 つくばまち 1988. 31 つくば市へ編入 谷田部町 やたべまち 1987. 30 桜村と合併し、つくば市に 豊里町 とよさとまち 大穂町 おおほまち 真壁郡 まかべぐん 真壁町 まかべまち 2005. 1 岩瀬町と合併し、桜川市に 大和村 やまとむら 関城町 せきじょうまち.

次の

茨城県

茨城県 読み方

筆頭者、配偶者、子供(未婚)の全員が記載されているものを謄本といいます。 子供が婚姻する場合は、親の戸籍から出て(除籍)、新たに戸籍を編成することになります。 戸籍謄本は、その戸籍に誰もいなくなると除籍謄本に、また戸籍様式が変更されると改製原戸籍になります。 相続手続は、謄本が必要となります。 謄本は、被相続人(亡くなった方)の親や子、兄弟姉妹を確認し、亡くなった時点での相続人が誰であるかを特定することができます。 戸籍抄本 現在交付される戸籍謄本には昭和23年に作られた様式と平成6年に作られた様式があります。 戸籍法の改製により、平成6年から戸籍の電算化が始まっていますが、いまだ電算化をしていない市区町村があるため様式が2種類あります。 電算化への戸籍様式の変更の前にも明治、大正、昭和に数回の戸籍様式の変更がありました。 様式の変更時に従前の戸籍はとなります。 日常の生活において戸籍謄本を必要とするケースはあまりありませんが、すくなくとも一度や二度は自分の戸籍を見たことはあると思います。 本籍地は現住所とは無関係にどこにでもおくことができます。 戸籍は本籍地の市区町村で申請することができます。 現在では運転免許証にも本籍地の表示がありませんので、住所と本籍地が異なる場合には、本籍地を忘れてしまっている方も見受けられます。 戸籍には、ご自分の出生日や出生地、父母の氏名、婚姻日や配偶者の氏名等の大切な情報が記載されています。 また、戸籍には従前の本籍地及び筆頭者・戸籍の編成日の記載があります。 相続手続では、この情報よりさかのぼって・を取得し、相続人を証明する書面に使用します。 戸籍謄本が必要なケースとして代表的なものはパスポートの申請があります。 その他にも相続手続や転籍手続・様々な免許の申請にも必要になる場合があります。 相続手続に関する戸籍謄本等の収集につきましては、当事務所にて代行取得をしております。 (詳細はへ) 戸籍の申請方法 本籍地の市区町村役場にて申請を行います。 本籍地が分からない場合は、住民票を取得してください。 注意 : 住民票申請の際に本籍地の記載を希望しないと本籍地の記載が省略されてしまいます。 窓口での申請・・・窓口カウンターに申請書が準備されています。 その申請書に ・申請者(窓口に来た人)の氏名・住所 ・取得したい該当者の氏名 ・戸籍の筆頭者(戸籍の最初に記載されている方です。 婚姻により戸籍を編製するときに氏をそのまま継続する方) ・本籍地 ・必要な戸籍、改製原戸籍、除籍の通数 ・謄本、抄本の別(下記参照) ・戸籍を必要とする理由 を記入して申請者の認印を押印します。 申請書の記入ができましたら、窓口に申請者の本人証明書類(運転免許証等)を提示して申請書を提出します。 郵送での申請・・・本籍地が住所地より遠方にある場合や平日時間が取れない場合などには、郵送にて申請を行うことができます。 申請書類は、各市区町村のホームページにてダウンロードできます。 申請書への記入方法は窓口での申請と変わりありませんので、記入押印の後、下記の書類を本籍地の市区町村役場(戸籍担当あて)に郵送します。 ・記入、押印済みの申請書 ・申請者の本人証明書類は提示の代わりにコピーを同封 ・手数料の支払いは定額小為替を同封 (定額小為替は郵便局で購入します。 1通に付き100円の手数料がかかります。 例:450円の定額小為替を購入・・・450円+100円(手数料)=550円) ・返信用封筒(あて先に申請者の住所、氏名を記入し、切手(82円)を貼った封筒を同封します。 ) 本人が代理人を通じて申請する場合・・・戸籍を取得する権利を持つ方以外の人がその戸籍を取得するには上記の申請書に加えて、本人の委任状が必要となります。 (申請書は委任を受けた者(代理人)が記入押印します。 ) 委任状には ・権利者の氏名及び住所 ・代理人に戸籍の請求及び受領を委任する旨 ・委任を受ける方(代理人)の氏名及び住所 ・請求理由 ・権利者の認印の押印 を記入して権利者の認印の押印します。 (委任状の様式は任意ですが、ホームページからダウンロードできる市区町村もあります。 ) 戸籍謄本の取り方や読み方に関する小冊子について 当事務所が発行しております小冊子「」にはそれぞれの様式の除籍謄本、改製原戸籍謄本、戸籍謄本の見本が掲載されております。 それぞれの戸籍には始まりから終わりまでの期間の記載があり、つなぎ合わせてみることができるようになっています。 小冊子には戸籍の種類ごとに期間の見方やつながりに関する解説を記載しております。 個人で初めて相続手続の戸籍収集を行われる方にも、各種の見本戸籍の記載や解説がありますのでわかりやすい内容となっております。 これから開業される士業の方若しくは補助者の方で、相続手続を業務として行おうとお考えの方にはお勧めの冊子です。 インターネット及びご紹介等により 5,000部以上の販売実績がある小冊子です。 業務として相続に関する戸籍の集め方や読み方の知識をを必要とする銀行関係、保険会社、弁護士事務所、税理士事務所、行政書士事務所等多数の機関にご利用いただいております。 また、地域の図書館にもご購入いただいております。 ぜひご検討下さい。

次の

「茨城県」の正しい読み方は? 北関東民でも読めない人多数

茨城県 読み方

概要 [ ] 茨城県は、関東地方の北東部に位置する県で、元の全域と、明治期にから移管された・・・の全域および・・の一部から成り立っている。 県の人口は 2,857,387人(2020年6月1日)で、日本の総人口の約2. を持たない県では最も人口が多いが、人口30万人以上の都市は存在しない。 面積は 6,094km 2(・・・などを含めない場合は 5,874. 20km 2)で、国土の約1. 県内の市町村数は 44で、うち市は32、郡は7で、その下に10の町と2の村がある。 度の県内総生産は11兆5157億円。 県内各地域の繋がりは薄く、県北部は・で工業化が進み、やのある緑豊かな地域を形成する。 県中央部は水戸市に県庁が置かれ、にが置かれる。 県東部の・ではを形成し、工業化が進んでいる。 県西部はの中央部にあたる農業を中心とした内陸の地域となっている。 県南部は、が整備され、のとしての開発も進められた地域となっている。 名称 [ ] 由来 [ ] 県名に使用される「茨城」は、時代に置かれたに由来するものである。 「茨城」の名称自体は『』まで遡るもので、同記序文には成立以前に置かれた6つのクニ(・・・・・)の1つとして見える。 常陸国成立に際して、この茨城国を踏襲して成立したのが茨城郡であるとされる。 『常陸国風土記』の茨城郡条では、「茨城」の名称の由来として次の2つの説話が挙げられている。 1つは、朝廷から派遣された大臣()一族の黒坂命が、先住民の賊をを用いて滅ぼしたというものである。 またもう1つの説話では、黒坂命が人々を悪賊から守るため、茨で城を築いたという。 これらは、いずれもの勢力拡大を英雄に仮託した起源説話としてよく見られるものであり、実際の起源については詳らかでない。 なお『』によれば、この茨城郡内には特に「茨城郷」が存在している。 この茨城郷の比定地は茨城(ばらき)とする説が有力で、同地は常陸国の古や茨城郡のも置かれたと推定される政治的中心地でもある。 また付近の(ばらきはいじあと)からは「茨木寺」の墨書を持つが出土しており、「茨城」が古くは「茨木」とも記されたことが知られる。 後、藩県併置時代やの当初の段階では「茨城県」は設置されていなかった。 その後すぐ行われた諸県の統合に際して、水戸・松岡・宍戸・笠間・下館・下妻の6県を主体として茨城県が成立したのが県名としての始まりとなる。 これは水戸の属した茨城郡を県名に採用したことによるが、「水戸県」とならなかったのはの新政府への貢献度が認められなかったためとされる。 なお、水戸周辺は時代には茨城郡でなくに属したが、の時に茨城郡に移管されている。 なお「茨城県」の「茨」の字はとしては唯一、であった(「茨」の部分は「次」ではなく「二欠」が正しい) が、2010年の改訂により常用漢字となっている。 読み [ ] 県名の「茨城」は、現在「 いばらき」と読まれる(大阪府と同じ)。 茨木市と同様にしばしば「 いばらぎ」と誤読されがちである (同じく県名に「城」が含まれるは、によりとなる)。 歴史的な読みとしては、前身の茨城郡について『和名抄』では「牟波良岐」 、『常陸国風土記』の10年()刊本では「うばらき」とが振られる。 現在の読み「いばらき」は、この「うばらき」が転訛したものになる。 地理・地域 [ ] ・神磯鳥居() 区分としては、、、、、などに分類される。 東はとなっており、北は()、西はおよび、南はと接する。 県の面積は全国24位だが、平地に富むことから、可住地面積 では全国4位となる。 大地形 [ ] 山岳地形 県の北側3分の1は山岳地帯になっている。 ここはから茨城県北部にかけての太平洋側に連なる(阿武隈高地)の南端に相当する。 一帯はやなどの河川によるが進んでおり、那珂川と久慈川に挟まれた地域を 、久慈川と里川(久慈川支流)に挟まれた地域を 、里川の東側を と呼んでいる。 八溝山地は県の北西部を南北に縦走し、栃木県との県境になっている。 この北西端には県内最高峰の (標高1022メートル)は福島県・茨城県・栃木県の県境になっている。 八溝山地を侵食して東西に流れる河川を境にして、いくつかの山塊に区別することもあり、押川(久慈川支流)を南限とする八溝山塊、那珂川を南限とする鷲ノ子(とりのこ)山塊、が走る低地を南限とする鶏足(とりあし)山塊などと呼ばれる。 なお、これに やを中心とする (筑波山塊、筑波連山)を八溝山地に含める場合もある。 久慈山地は西の久慈川、東の里川(久慈川の支流)に挟まれている。 この山地は北へいくほど東西の幅が狭くて標高が高いので、険しい。 その北部を東西に短絡する月居峠 は古くから交通の要衝とみなされていた。 この峠下には があり、県を代表する観光地になっている。 この山地の主峰は(標高653. 7メートル)。 多賀山地は北へ行くほど幅が広く、なだらかな高原地形になっている。 分水嶺は西側の里川に寄って偏っており、東側には、花貫川、十王川(梁津川)などが入り込んで渓谷を作っている。 「」も参照 水系 県内を流れるには 、 、 があり、いずれも太平洋( )に注いでいる。 主要な河川として、利根川水系の支流 、 が県西部を北から南へ流れている。 これらが合流する利根川の下流域は、古代にはと呼ばれるが形成されており、 などはその名残と考えられている。 なお、霞ヶ浦は西浦、北浦、外浪逆浦などに区分される場合もある。 このほか県内には、などの淡水湖沼がある。 利根川水系の主な支流には、鬼怒川、小貝川のほか、、。 このほかや、は茨城県と千葉県・埼玉県の県境の一部に、は茨城県と栃木県の県境の一部になっている。 としては、、などがある。 詳細は参照。 平野部 県の中部から南部はの一部になっている。 一帯を 常総平野と呼ぶ場合もある。 また、阿武隈山地よりも南側の茨城全域を 常陸台地と呼び、千葉県北部の下総台地も含めて 常総台地と総称することもある。 久慈川、那珂川、利根川の各支流など、常総台地を流れる河川を境としてさらに細かい台地に区分する場合もある。 このほか、筑波山地の東部を(旧、現在のの一部)と呼ぶ場合もある。 その他の主要地形• 、、、、、、• :、、、、、、、• 滝:() 気候 [ ] を呈し、冬季は少雨乾燥、夏季は多雨多湿となる。 また、太平洋沿岸部は、内陸部はとなる。 全般に冬季は朝晩は沿岸部を除きにより気温が下がり、夏季はに近接する一部地域を除き北東気流の影響を受けやすく比較的冷涼である。 に指定されている地域は存在しないが、南東部を除く地域、特に北西部山間部は南岸低気圧や北東気流の影響で局地的に大雪となることもある。 なお、豪雪地帯に指定されている地域を持たない県としては最北端に位置する。 北部沿岸部:や、などが該当。 海に面するため県内では比較的温暖な地方であり、日立の冬季の気温は北部にありながらも南部に位置する鹿嶋と共に県内で最も高く、1月の平均最低気温は0. 一方、夏季は冷涼であり、北茨城では8月の平均気温が23. 北部山間部:や、などが該当。 大子では1月の平均最低気温が-5. しかし、は稀であるなど内陸性の気候となっている。 南東端部:やなどが該当。 海洋性の気候であり、冬は冷え込みの少ない県内で最も温暖な地域である。 特に、に隣接する神栖市沿岸部は関東地方全体で見ても温暖な地域となっている。 また、積雪となることは非常に少なく、夏は冷涼である。 南西端部:などが該当。 県内では最も夏の暑さが厳しい地域であり、しばしば猛暑日を記録する。 やの平野部に近い気候特性で、冬季はの影響を受けやすい。 朝晩の冷え込みは県内他地域に比べると幾分弱く、1月の平均最低気温は-1. 夏季の最低気温も古河は県内では最も高く、熱帯夜になることも珍しくない。 中央部・南部平野部:から・にかけての県内の大部分が該当。 冬季の気温は関東平野部では最も低い部類に入り、1月の最低気温平年値は、つくばで-3. しかし、霞ケ浦の影響を受ける地域では冷え込みが弱い。 一方、夏季も北東気流の影響を受けやすいために、熱帯夜は少ない。 水戸周辺などの東部地域では北東風により時に、突発的なゲリラ降雪をもたらす。 また、晩春から初秋にかけて、まれにが発生する。 茨城県内各地の平年値(統計期間:1971年 - 2000年、出典:) 平年値 (月単位) 北部沿岸部 北部内陸部 中部 西部 南部 南東部 小瀬 平均 気温 () 最暖月 23. 4 (8月) 24. 6 (8月) 24. 5 (8月) 24. 3 (8月) 25. 0 (8月) 24. 9 (8月) 25. 3 (8月) 26. 1 (8月) 25. 2 (8月) 20. 7 (8月) 25. 7 (8月) 25. 4 (8月) 24. 6 (8月) 25. 1 (8月) 最寒月 3. 5 (1月) 4. 4 (1月) 0. 3 (1月) 1. 5 (2月) 2. 8 (1月) 2. 1 (1月) 2. 6 (1月) 3. 2 (1月) 2. 3 (1月) -0. 5 (1月) 3. 6 (1月) 2. 9 (1月) 2. 5 (1月) 4. 4 (1月) () 最多月 206. 7 (9月) 201. 4 (9月) 214. 9 (9月) 208. 8 (9月) 193. 9 (8月) 194. 0 (9月) 190. 4 (9月) 183. 3 (9月) 186. 6 (9月) 181. 0 (9月) 168. 2 (9月) 179. 0 (9月) 196. 6 (9月) 215. 1 (9月) 最少月 30. 0 (12月) 28. 9 (12月) 29. 3 (12月) 26. 9 (12月) 33. 1 (12月) 29. 0 (12月) 27. 5 (12月) 22. 6 (12月) 34. 6 (12月) 26. 2 (1月) 30. 9 (12月) 33. 6 (12月) 34. 8 (12月) 49. 2 (12月) 自然公園 [ ] 茨城県 地域区分図 県域は、自然的条件から、広義では県南、県央、県北、鹿行に四分される。 さらに社会・経済的特性とくに都市化を条件に加えると広義の県南は県南、県西に二分される。 県庁が定める地域区分 [ ] 茨城県には 32市7郡10町2村がある(町は全て「まち」、村は「むら」と読む)。 それらは、県庁によって以下の5つの地域に区分されている。 以下、地域内人口と、等を記載する(地域内人口は2005年の値、都市圏の人口は2010年国勢調査に基づくの値)。 茨城県は、全国47の内、11番目に人口が多い。 総面積は全国24番目であるが、では全国第4位である。 県北地域 [ ] 人口592,484人。 地域内に(329,542人)を有する。 郡部(町村部)• (65,675人)• (31,642人)• (15,879人)• (18,154人) 鹿行地域 [ ] 人口268,333人。 かつての(現・鉾田、鹿嶋、神栖の3市)と(現・行方、潮来の2市)から1字ずつとった名称である。 学校の部活動の地区名など「県東(けんとう)」と呼ばれることもある。 (261,644人)は千葉県の一部にも広がりがある。 (67,151人)• (27,601人)• (95,348人)• (46,050人)• (32,183人) 県南地域 [ ] 人口1,004,393人。 地域内はの一部(323,618人)に含まれるほか、県内を中心とする都市圏では最大規模である(843,055人)を有する。 郡部(町村部)• (20,994人)• (20,994人)• (32,334人)• (8,216人)• (24,118人) その他の地域区分 [ ] 水戸地方気象台が気象情報や注意報と警報などを発表する区分は、県北地域、県央地域、鹿行地域、県南地域、県西地域に分けられている。 これらに分類される市町村は県庁が定める地域区分と同じである。 また、県北地域と県央地域を合わせて茨城県北部、鹿行地域、県南地域、県西地域を合わせて茨城県南部と表す場合がある(水戸地方気象台が気象予報や注意報と警報などを発表する場合など)。 北部・南部 かつての気象予報区や、陸運事務所の管轄はこれに近い。 北部が 茨城県( - 1875年5月6日)、南部が旧・ (千葉県)北西部、旧・ 北部に当たる。 北部・南東部・南西部 旧・新治県のうち現在茨城県の部分を、沿線の南東部(鹿行地域)と、沿線の南西部に分ける。 この場合旧・印旛県のうち現在茨城県の部分は南西部となる。 「地方」に市町村名などを冠していう方法 市町村の事務組合で使用されることがある。 , 2. 北部(県央地域と県北地域。 1875年5月6日までの茨城県)と南部(旧・ 北西部、旧・ 北部)では地域色が異なっており、旧・新治県でも、沿線(+)と()沿線、旧・印旛県でも国道6号(常磐線)沿線、沿線、県西地域とでは、経済的基盤も異なっている。 北部で人口が減少し、南部で人口が増加傾向にある状態を「南北格差 」または「南北問題 」と呼ぶことがある。 地域格差を解消するための施策として、県では、2006年から度までの5ヶ年計画で、鹿行・県南・県西の各地域を「南部広域連携圏」とし、県北山間・県北臨海・県央の各地域を「北部広域連携圏」に分けた展開の方向性を示している。 「南部圏」は、との更なる連携を強める交通インフラに重点を置いた地域造りを、「北部圏」は、における物流拠点や先端産業拠点と、広域交通基盤の整備を目指している。 また、県庁内に、県北地域の振興を専門に行なう県北振興室が新設され、県北地域振興を担う 財 グリーンふるさと振興機構とともに、生活」と名付けた主にをターゲットにした移住・二地域居住など、県北地域(ひたちなか市・那珂市・東海村を除く)でのゆったりと豊かなライフスタイルを発信、推進している。 北部(県北・県央地域)• を中心とした地域。 (昭和53年)より車のナンバーは北部(県北・県央地域)全域が「水戸」である。 はの領地、にはの領地に属した。 、およびその周辺には、関連の工場が多く存在する。 それらの地域では、日立市という地名と区別するため、日立製作所を「日製(にっせい)」と呼ぶ場合が多い。 人口減少や大型店の撤退などが相次いでいる。 また、山間部には地域も存在し、年々増加する傾向にある。 これは、などの影響で青年層が都市部へ流出していることが原因の一つだと見られている。 利用者の減少が続いていたが、設備更新の経費増大などを理由にとなった。 (に全線開通)が同地域と・を結んでいる。 である(日立港区、常陸那珂港区、大洗港区)は、一大物流拠点となっている。 にが開港した。 や周辺は、を初め、原子力関連施設が集中する地域の一つである。 以北の沿岸部である旧では、を指す際に、「 海側・山側・水戸側・側 たいらがわ 」と呼ぶことがある。 に県北地域と水戸市を含むエリアがとして認定された。 しかし、(平成29年)に認定が取り消された。 南部(県南地域) 「」も参照• を中心とするが、東京圏に属する地域も有する。 かつてはが中心的役割を担っていた。 まで「 (旧・)」もしくは「 」の一部で、・や・を中心とした地域。 にはの地盤となった地域で、かつては、、、、、、、、、、、、、の領地に属した。 の一角で、、(西浦)を有する地域である。 立地上、南側志向が強い地域で、千葉県や東京都、埼玉県などとの繋がりが深い。 一方で、居住地以北の繋がりが限定的であり、県内他地域との繋がりが浅い。 開通の沿線における大規模なの造成、の整備が進んでおり、人口増加、大型店進出が続いている。 東京都内や千葉県などへ通勤・通学する人が多い。 逆に、千葉県などから茨城県南部への昼間人口移動も活発である。 このために、千葉県と相互に強い影響を及ぼしあっている茨城県の地域という意味で、「 」とも言われ、また時として揶揄されている。 以降に茨城県南西部に転入して来た住民は、の造成などによる転入が特徴的で、東京都内に通勤・通学する住民も多い。 消費活動も通勤・通学先で行われる傾向があり、特に東京都区部に通勤・通学する住民は、「 」と諷刺されることもある。 そのため、場合によっては茨城県南西部もに含まれることがある。 の投票率は県内最高位だが、選挙の投票率は県内最低位である。 この現象を、一部のローカル面では「 県南現象 」と呼ぶことがある。 (昭和53年)より車のナンバーは県南地域全域が「土浦」であったが、(平成19年)から、、はご当地ナンバーである「つくば」となった。 これ以外の市町村では引き続き「土浦」を使用している。 東部(鹿行地域) 「」も参照• 1978年(昭和53年)4月17日より車のナンバーは鹿行地域全域が「水戸」である。 やを初めとする地域。 1875年5月6日までは「 新治県」の一部で、・・・の沿線。 ・のに鹿行地域の全域が指定されている。 その本拠地たる鹿嶋にはが定着していて、やがで力を付けてきている。 県南同様にの一角で、を望む地域である。 (・十二橋めぐり)やなど歴史ある観光名所がある。 沿岸の鹿嶋、、にはレジャーに適した海岸やがあり、各地からに訪れる。 主に鹿嶋・潮来・神栖は、、沿線である、、や沿線のなどとの繋がりが深い。 このため、こちらも「 」と諷刺されることがある。 神栖は鹿行の中で最も人口が多く、県警はの悪化を防ぐために(仮称)神栖警察署新設が決定した。 では、鉾田が沿岸(と)と列ぶの大産地で出荷量は日本一である。 を中心にが造成されて以降は、鉄鋼や石油化学などが集中するになっている。 鹿島灘沿岸では、鹿嶋や神栖を中心にの施設が集中している。 西部(県西地域) 「」も参照• やを初めとする地域。 元の(一部はより編入)、、(一部は、より編入)に相当し、旧・真壁郡以外はかつて下総国、千葉県に属した。 古河はの沿線にあるため、やの一部だと誤認されることも多い。 もが通っているため、埼玉県や栃木県・群馬県()との繋がりが深いのに対して、県内他地域との繋がりは浅い。 国や県の出先機関が集中する筑西も栃木県との境にあり、県庁所在地である水戸方面との繋がりは浅い(自動車・鉄道とも栃木県の県庁所在地であるの方が、水戸よりもはるかに近い)。 1978年(昭和53年)4月17日より車のナンバーは県西地域全域が「土浦」であったが、2007年(平成19年)2月13日から県西地域全域がご当地ナンバーである「つくば」となった。 古河市・・およびの一部は栃木支店の管轄地域であり、電気通信上栃木県扱いとなる。 同地域では、1月をもっての全面供用が開始されたが、他の県西地域では現在も一部の市街地での提供に留まる。 歴史 [ ] 以前の茨城県については、「」、「」のそれぞれを参照 先史 [ ] 本県に人が住み始めたのは、今からおよそ2万4000年前の層(姶良・胆沢火山灰、略して)の堆積前後からであると考えられている。 この層の下からや、焼けた群が見つかっている。 これらの石器の後にが北(・・東北)と南(九州・西日本)から伝播する。 この時期の遺跡としては後野B遺跡(ひたちなか市)などから確認されている。 細石刃核・細石刃・・などが出土している。 明治から第二次世界大戦まで [ ] 現県域には他14藩と県域外諸の飛び地、・領などが錯綜していた。 (4年、元年)、の解体により旧・幕領・旗本領は新政府の直轄地とされ、6月に粥川満明(士)がに、8月には佐々府貞之丞(士)がに任命され、常総の民政を担当した。 翌(明治2年)1月に下総知県事の管轄地が、2月に常陸知県事の管轄地がになった。 こうした動きの中で、同年6月にが行われ、(明治4年)7月のを経て、同年11月、現在の県域は茨城県および、のそれぞれ一部に統合された。 (明治8年)5月に新治県が分割され、そのうち常陸国6郡が茨城県と合併し、同時に((明治6年)に印旛県とが合併)から概ね以北に当たる区域を編入して現在の茨城県が成立した。 (4年、元年)• - 設置。 - 討幕軍、結城城を攻撃し、落城。 - 、江戸より水戸へ退去し、弘道館で謹慎。 - 任命。 - 設置。 - 任命。 (明治2年)• - 下総知県事の管轄区域をもってが成立(県庁所在地は現・千葉県)。 - を受けた政府がを水戸藩知事()に任命。 以下、まで現県域内各藩主が知藩事に任命される。 現県域内に藩庁を置く:、、、、、、、石岡藩(旧・)、、、、、、• (明治3年)• 12月 - 水戸藩禄制改革。 - ()の移転により成立。 (明治4年)• - 谷田部藩がに移転、となる。 - ()の移転により成立。 7月14日 - により、現県域内3県15藩が18県となる。 従来の県が継続:若森県、、• 藩から県へ転換:、、、、、、、、、、、、、、• - 府県統合により現県域内に以下の3県が成立。 宮谷県はに統合されるが、常陸・下総国内の同県管轄地は新治県に編入される。 各県の管轄区域は以下の通り。 茨城県(県庁所在地:茨城郡水戸) :、、、、• (県庁所在地:新治郡):常陸国、、、、、、、、• (県庁所在地:葛飾郡〈現・〉 ):下総国、、、、、、、、• (明治5年)• - 水戸・弘道館裏に県庁開設。 (明治6年)• - 水戸に県下初の共立小学校創設。 4月 - 茨城県議事条例制定。 - 印旛県と木更津県が合併し、が成立(県庁所在地:千葉郡)。 (明治8年)• - 新治県が廃止・分割され、同県管下のうち下総国3郡は千葉県、常陸国6郡が茨城県と合併される。 同日、千葉県管下のうち結城、岡田、豊田、猿島の4郡および葛飾、相馬2郡の以北が茨城県に移管され、17郡を管下とする現在の茨城県が成立した。 - 改正、12大区133小区に区分。 (明治9年)• - 真壁郡吉間村他数か村で農民一揆。 - 那珂郡小瀬地方で農民一揆。 (明治11年) - により茨城郡を、に分割、茨城県管下の葛飾郡を、相馬郡をと改称。 県下18郡となる。 (明治21年) - 県内が100万人を突破。 (明治22年) - ・施行、が発足。 (明治29年)4月1日 - 施行。 信太郡と河内郡が合併してとなり、豊田郡および岡田郡が結城郡と、西葛飾郡が猿島郡と合併して県下14郡となる。 (明治32年)4月1日 - 千葉県の一部(利根川および以北)を稲敷郡に編入。 現・茨城県の県域がほぼ確定する。 (14年) - 市制施行。 (昭和15年) - 市制施行。 昭和後期(第2次世界大戦後) [ ]• (昭和22年) - 初の。 人口200万人突破。 (昭和24年) - 発足。 (昭和25年) - 市制施行()。 (昭和29年) - (2月11日)、、(以上)、()、(3月31日)、()、()、()、()、()市制施行。 とが名誉県民に。 (昭和31年) - 市制施行()。 (昭和33年) - 市制施行(8月1日)。 (昭和40年) - 日本原子力発電公社、試験発電成功。 (昭和44年) - 起工。 (昭和45年) - (現・)(-間)が開業()。 市制施行()。 (昭和46年) - 大規模ニュータウン「」起工。 (昭和47年) - 市制施行(4月1日)。 (昭和48年) - 発足。 (昭和49年) - ・開催。 (昭和51年) - 開催。 (昭和52年) - 、大規模ニュータウン「」起工。 (昭和56年) - 県内初のである、常磐自動車道〜が開通。 (昭和60年) - (通称:科学万博)開催。 (昭和61年) - 市制施行()。 ()と()と、国際友好州県を提携する。 (昭和62年) - 市制施行()。 (千葉県)〜(茨城県)の県内初区間開通。 (昭和63年) - 常磐自動車道県内区間が全通。 平成 [ ]• (3年) - 、、での『』開催。 (5年) - が名誉県民に。 (平成6年) - 市制施行(勝田市と那珂湊市が合併、11月1日)。 、(当時の常磐新線)起工。 (平成7年) - 市制施行()。 第6回が沿岸地域で開催される。 (平成9年) - 人口300万人突破(北部で減少、南部で増加)。 (平成10年) - 開催。 (平成11年) - 現在の茨城県庁舎竣工。 総工費は約800億円で、都道府県庁舎としては、、に次いで全国第3位。 高さは116mで、県内最高のに。 が発生()。 (平成12年) - 〜が北関東自動車道で初めて開通()。 (平成13年) - 市制施行(4月1日)。 がリニューアルオープン。 (平成14年) - 市制施行()。 、開催。 (平成15年) - 〜の県内初区間が開通。 (平成16年) - 市制施行()。 (平成17年) - ()、(岩井市ほか1町が合併)、(以上)、(下館市ほか3町が合併)、(以上)、(8月1日)、()、(10月1日)、()市制施行。 首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス開業。 (平成18年) - 水海道市が1町を編入してと改称()。 、(以上)市制施行。 2004年から続いたが全て施行され、32市10町2村に再編される。 第18回全国生涯学習フェスティバルまなびピアいばらき2006開催。 (平成19年) - の「つくばナンバー」が導入される。 首都圏中央連絡自動車道つくば牛久IC〜開通()。 (平成20年) - 開催。 北関東自動車道の〜開通(県内区間が全通、)。 、、をとして統合()。 (平成21年) - 首都圏中央連絡自動車道阿見東IC〜開通()。 ・開催。 (平成22年) - 東関東自動車道〜開通()。 小美玉市にが開港()。 首都圏中央連絡自動車道〜つくばJCT開通()。 (平成23年) - 県内全域での被害に遭う()。 県北地域と水戸市を含むエリアが茨城県北ジオパークとして認定される(9月5日)。 (平成26年) - 第38回全国高等学校総合文化祭(いばらき総文2014)開催。 日本全国から高校生が集結する日本の文化祭典が開催される。 首都圏中央連絡自動車道稲敷IC〜開通()。 (平成27年) - 鬼怒川の堤防が決壊し、大規模な洪水に伴い多くの死者行方不明者やけが人が出る。 首都圏中央連絡自動車道〜開通()。 (平成28年) - 開催(から)。 (平成29年) - 首都圏中央連絡自動車道境古河IC〜つくば中央IC開通(県内区間が全通、)。 茨城県北ジオパークが認定を取り消される()。 (平成30年) - 東関東自動車道茨城空港北IC~開通()• (平成31年) - が開催される() 令和 [ ]• (令和2年)- ()• (令和2年)-13都道府県の特定警戒都道府県だった茨城県は解除及び緊急事態宣言解除された。 () 人口・面積 [ ] 1920年(大正9年)に135万人と関東地方では(現・東京都)に次ぐ人口であったが、その後は緩やかに増加傾向が続き、1950年(昭和25年)に204万人、1999年(平成11年)に300万人になり、その後は緩やかに減少傾向にある。 また、現在の人口は全国11位でを持たない県で最大である。 37人と全国平均の1. 37人と同じであり(平成20年)、総人口は北部山間部での減少が著しく、つくばエクスプレスの沿線開発が進む南部での増加が著しい。 県は5つの地域区分に対して人口の3分の1が東京通勤圏に位置する南部に集中し、その一方で北部や西部などでは定住者に奨励金を交付する定住化促進制度を導入するなど人口減少を食い止める施策が行われている。 2019年1月1日現在の県人口 推計 は、県の調査で288万1020人となり、前年と比べ1万4887人減少した。 2004年から15年連続の減少で、減少幅は統計が残る1965年以降で最大となった。 前年に続き・による自然動態が1万人を超す減少となり、転入・転出による社会動態は3年ぶりに転出超過に転じた。 が1月末に発表した人口移動報告でも、本県は全国最多となる7744人の転出超過となった。 同報告は国外との転入転出を含まない。 定数:62人• 任期:2019年 平成31年 1月8日~2023年 令和5年 1月7日 会派名 人数 34 4 4 1 1 17 欠員 0 茨城県議会議員選挙は、では実施されない数少ない都県の一つ(他は、、、、)である。 これは(昭和41年)、県議会議長ポストをめぐって汚職事件が発生したことにより、同年に茨城県議会が解散したことによる。 衆議院 [ ]• - (自由民主党)• - (自由民主党)• - (自由民主党)• - (自由民主党)• - (自由民主党)• - (自由民主党)• - () 参議院 [ ]• 茨城県選挙区(定数4)• 茨城県では、投票率を向上させる施策を県民から公募し、やに投票を呼びかける案などを実行したりしているが、特に大きな変化は見られない。 選挙区の投票率を予想して応募し、ぴったり当てると特産のやがもらえたり、県内のからメッセージを募集し、ラジオCMで流したりするキャンペーンを行ったでは、全国ワースト2位であった。 財政 [ ] 平成16年度 [ ]• Iグループ(財政力指数0. 5以上、1. 0未満)8自治体中7位 平成17年度 [ ]• 財政力指数 0. Iグループ(財政力指数0. 5以上、1. 0未満)10自治体中7位 平成18年度 [ ]• 財政力指数 0. Iグループ(財政力指数0. 5以上、1. 0未満)16自治体中7位 平成19年度 [ ]• 財政力指数 0. Iグループ(財政力指数0. 5以上、1. 0未満)17自治体中6位 姉妹提携都市 [ ]• () 経済・産業 [ ] 県内の主要企業 [ ] ここでは、県内ローカル規模やそれに近い企業以外で本県に本社を有する企業を述べる。 水戸市• 結城郡八千代町• また、・にの企業の工場が数多くあり、を形成する・は鉄鋼、石油化学を中心に工場が置かれている。 石岡市、鹿嶋市、かすみがうら市、つくば市、土浦市、日立市、ひたちなか市などに大手製造業の研究拠点が多く存在する。 農業 [ ] 大和政権期に大国といわれ、『』では「常世の国」と謳われたように、日本屈指の農業地帯である。 農業産出額は、に次ぐ第2位(度の統計)で日本有数の農業県である。 の生産量は全国1位である。 農業産出額は1975年(昭和50年)から1993年(平成5年)まで全国2位であり、翌年から減少傾向が続き順位を下げたが、その後は上昇または横ばいと回復基調となり、2008年(平成20年)に15年ぶりに北海道に次いで全国2位となった。 2017年(平成29年)には鹿児島県に抜かれ、9年ぶりに全国3位となった。 野菜の産出額は減少したものの農業産出額全体は前年を上回っている。 2018年(平成30年)のでの茨城県産青果物取扱高は567億円で、15年連続で全国1位。 詳細は「」を参照 以外の施設• 公立(1校)• ()(に基づく) マスメディア [ ] テレビ局 [ ]• - 2004年10月1日から、による(NHK水戸総合テレビジョン/JOEP-DTV)が実施されている。 エリア外の南西部を除いて受信可能であったが、2011年に筑波中継局が無指向性化され、県内のほぼ全域で県域放送が受信可能となった。 全域がNHK放送センターのとの民放(・・・・)の放送対象地域となっている。 また、県南、県西地域はの放送エリアのめやすとなり 、NHK東京総合テレビジョン(JOAK-DTV)の視聴が可能である。 県域民放テレビ局は県内に存在しない(後述)が、10月1日にのを開局した。 地域により異なるが、 ・ ・ ・ - NHK総合・茨城県域放送 エリア拡大など近隣都県の都県域放送局をCATV配信と放送エリアのめやすとなる。 ・の県域2紙をはじめ、茨城県向けの新聞のには、県南・鹿行・県西エリアの大部分と県央の一部地域が放送エリアに含まれるチバテレ、県西を中心に視聴できるとされるテレ玉、県央・県北を中心に視聴できるとされるとちテレの番組が収録されている。 TOKYO MXは東京スカイツリーからの放送開始で公式サイトの受信エリアのめやすに県南(つくば市)・県西(古河市)なども新たに追加された。 チバテレでは県内公立高校入試の解答速報などを制作・放送しており、直接視聴ができない地域の受験者向けに当日中の配信も行っている (を参照)。 テレ玉では2013年に茨城県で開催された秋季のダイジェスト番組を制作し、チバテレ・とちテレ・・(加盟局)に同時ネットした。 なお、茨城県は2019年6月に隣県のが茨城県内でも視聴できるように県域放送制度の緩和や放送エリアの拡大をに要望している。 ラジオ局 [ ]• (IBS) 上記のに加えの、、の放送対象地域となっている。 NHK水戸放送局(FM放送で県域放送を実施、中波ラジオは関東広域圏放送として東京のより配信) 県内に本拠地を置く民放FM局は存在しないが、茨城放送が「i-fm」の名称でを設置している。 また、県内が受信エリアに含まれる民放FM局は以下の通り。 (水戸市)• (鹿嶋市)• (つくば市)• (日立市)• (高萩市)• (大子町)• (牛久市) また、のの送信所が県内にある。 県域民放テレビ局・FM局構想 [ ] かつては民放テレビ局、民放FM局開局の動きがあったが、テレビ放送を計画していたはテレビ放送を断念。 現在、茨城県は民放テレビ局とFM局(親局)のどちらも存在しない唯一の都道府県である。 2011年に発生したで県内の被災状况がなかなかテレビで報道されなかった理由は、県内に民放テレビ局が存在しないことが理由だと指摘する著名人の訴えがあった。 茨城放送は2019年11月、資本構成が変わったのを機に再度テレビ放送への進出を検討している。 なお、からまではの放送枠(日曜朝)にて県広報番組である『』が放送されていた。 ケーブルテレビ局 [ ] (を参照) 新聞 [ ] 全国紙• 地方紙• (本社 水戸)• (本社 つくば)• () かつては、(水戸)が存在した。 忘れられた被災地 [ ] 2011年(平成23年)3月11日午後2時46分に発生したでは、岩手・宮城・福島3県の被害が甚大だったが、茨城県が被った被害も大きく、県内多くの地域で最大震度6強の揺れを観測した。 さらに午後3時15分には、茨城県沖を震源とするM7. 4の地震も発生し(鉾田市で震度6強)、県内の被害が拡大した。 この結果、死者・行方不明者は66名、住宅の全半壊・一部破損は20万軒以上に上った。 また多くの市町村で、も認められた。 県内の太平洋沿岸地域は大きな津波を受け、北茨城市の名勝であるが流されて消失した。 東海村の・も最大5. 4メートルの津波に襲われた。 しかし、6. 1メートルの新防護壁が辛うじて全電源喪失を防ぎ冷温停止にこぎつけた。 こうした甚大な被害にもかかわらず、では3月14日にが実施された。 による、とに対する強い抗議により、翌日から計画停電エリアからは除外されたが、茨城県は被災地として忘れられているのではないか、という想いが県民の間に広がった。 このため茨城県は、 忘れられた被災地とも言われている。 文化・スポーツ [ ] 方言 [ ] 茨城県はと北西部によって形成され、歴史的には地域に属する。 県南地域の一部・県西地域の大部分は旧・下総国で、明治時代に千葉県より移管された経緯があるが、現在の茨城県内で使われる東関東方言を総称してと呼ぶことがある。 現在では、関東地方に多く見られる流れとして化が進み、南部を中心に伝統的な方言が衰退し、主にが使われている。 また、からの距離の割にがとは大きく異なる方言であることから、近年では伝統的な方言を解さない住民も多い。 食文化 [ ] ・嫁入り舟(潮来市)• :72年に1回行われる。 前回は2003年。 次回は2075年の予定。 (2月中旬〜3月下旬 つくば市)• (2月中旬〜3月下旬 水戸市・)• (3月中旬 大洗町)• 3月下旬~4月上旬 古河市)• (4月中旬 日立市)• 4月下旬〜5月上旬 笠間市• (5月下旬〜6月下旬 潮来市・)• (6月中旬〜7月中旬 茨城町・涸沼自然公園)• (7月中旬 茨城町)• (7月下旬 筑西市) - 日本一の大神輿渡行• うしくカッパまつり(7月下旬 牛久市)• (8月上旬 土浦市)• (8月上旬 潮来市)• (8月上旬 水戸市)• (8月上旬 ・)• (8月下旬 つくば市)• (9月中旬 石岡市) - 関東三大祭の一つ• (10月上旬 土浦市) - の一つ• (10月下旬 水戸市)• (11月 つくば市)• (11月上旬 茨城町)• (11月中旬 坂東市)• (11月中旬 大洗町)• やまがた宿芋煮会(11月下旬 ) - 関東一の芋煮会• 大飯祭り(12月上旬 12月15日を超えない直前の日曜日 桜川市下泉地区)• (12月中旬 笠間市)• (又はその直前の土日 ) 茨城県を舞台とした作品 [ ] 映画 [ ]• (畔 -。 現・つくば市)• (付近)• (つくば市)• (つくば市)• (つくば市)• (つくば市)• (・)• (那珂郡東海村)• (・)• () - 演ずるの故郷• (つくば市・)• 現・)• (等)• (水戸市)• (一部の撮影が)• (水戸市) テレビドラマ [ ]• 現・)• (つくば市)• (水戸市)• (つくば市・土浦市)• (水戸市)• (・)• 第39話「科学博カッパ騒動」(。 現・つくば市)• - シャフトエンタープライズジャパン土浦研究所がある(土浦市)• - 漫画版において本来の基地が閉鎖されたあとの作戦本部となった秘密基地の所在地が筑波• 第6話「決戦、第3新東京市 Rei II」(つくば市)• 主人公始のおじが所長をやっている筑波山天文台が出てくる。 かつてと呼ばれたつくば市()がモチーフとされ、などが登場する。 (水戸市)• ・(水戸市)• (水戸市)• 上記4作品はいずれもが母校のをモデルに著したものとされる。 (水戸市)• の第3部作品。 千波湖畔に実在する茨城県立美術館を舞台とした小説・アニメ。 の小説。 三部作の最後である『覇者と覇者』は未完。 常陸市に拠点を置く常陸軍の物語のため、県内各地の土地が登場する。 (・つくば市)• の小説。 主人公たちが1000年後の神栖市がモデルの「神栖66町」に居住。 筑波山も登場する。 (の谷田部高速周回路。 回想シーンに多数登場)• の漫画、ゲーム(PS3版)に登場。 の漫画、アニメやゲームにも登場。 茨城県の農産物を宣伝する目的で製作されているインターネットアニメ。 () ゲーム [ ]• - ()• (筑波サーキット)• (つくば市)• (つくば市および霞ヶ浦)• 作中では「十六夜市」。 作中では「氷戸市」で、 南口)が登場する。 なお主人公たちの通う学園は「土宇良」 )にあるという設定。 人物 [ ] 詳細は「」を参照 茨城県名誉県民 [ ] 茨城県名誉県民の称号は、1953年(昭和28年)12月25日に制定された茨城県名誉県民条例(茨城県条例第51号)に基づき、「社会の進歩に著しい功績があつた者」へ贈られる(条例第1条)。 対象者は「本県に10年以上居住している者若しくは居住していた者又は本県出身の者」で、「産業の振興、社会福祉の増進又は学術、技芸の進展に功績があ」り、「県民が郷土の誇として,ひとしく尊敬する者」であり、茨城県知事が茨城県議会の同意を得て選定することが定められている(条例第2条・第3条)。 贈呈番号 受賞者氏名 職業 選定年月日 備考 出典 1 1954年3月1日 受章 2 1954年3月1日 文化勲章受章 3 1993年12月20日 文化勲章受章 4 2008年12月3日 ノーベル物理学賞受賞・文化勲章受章 5 物理学者 2008年12月3日 文化勲章受章・ノーベル物理学賞受賞 その他 [ ] 2019年(令和元年)7月1日に、()のをに相当するとして公認する「制度」を都道府県としては初めて施行した。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ただし、「」の「媛」はのの前は旧字体であった。 可住地面積は、県の面積から林野と湖沼の面積を差し引いたもの• 現在はが通過。 「西浦」単独でも、北浦・外浪逆浦などを加えた総称でも、いずれの場合でも霞ヶ浦はに次いで日本で2番めに大きな湖である。 この時、県庁が茨城郡水戸におかれたので、茨城県と命名された。 当初は印旛郡に県庁を置く予定であったが、実際は加村の旧・葛飾県庁舎を県庁とした。 ラッキョウを軟白栽培したもので「エシャレット」は日本独自の商品名である。 などに使用される本物のとは別物。 県内では古河駅のみ。 日本国内の鉄道路線において、路線が通過する県に1つも駅がないのは東北新幹線が唯一である。 はの「茨城県鉄道発達史」において、新幹線が茨城県にただ騒音のみをもたらすことを危惧していたが、その後状況は変わっていない。 7, 1995年6月19日• 県庁所在地のは約27万人。 『茨城県の地名』(平凡社、1982年)茨城郡節。 農林水産関係用語集, 2017年5月17日閲覧。 『日本の地形3 東北』,小池一之・・・宮城豊彦・著,,2005,2011(第3版), ,p6-69• (日立ソリューションズ・クリエイト)、『日本の地名がわかる事典』()、『』()、 2017年5月17日閲覧。 「茨城県」『世界大百科事典』平凡社、2007年• 茨城県. 2010年3月13日閲覧。 ARC. 2010年3月13日閲覧。 一般財団法人関東陸運振興センター. 2014年8月14日閲覧。 com• 一般財団法人関東陸運振興センター. 2014年8月14日閲覧。 つくば市. 2014年8月4日閲覧。 一般財団法人関東陸運振興センター. 2014年8月14日閲覧。 一般財団法人関東陸運振興センター. 2014年8月14日閲覧。 つくば市. 2014年8月14日閲覧。 鴨志田篤二・星龍象「文化のあけぼのから兵の世へ 海と大地を開く」 長谷川伸三・糸賀茂男・今井雅晴・秋山高志・佐々木寛司『茨城県の歴史』山川出版社 1997年6月 10 - 12ページ• ibarakinews. 茨城新聞社 2019年2月11日. 2019年2月12日閲覧。 最新版日本の地理5『関東地方』14頁• ibarakinews. 茨城新聞 2019年1月23日. 2019年1月23日閲覧。 ibarakinews. 茨城新聞 2019年1月30日. 2019年1月30日閲覧。 プレスリリース 消費・安全局、平成15年11月2日• 「5年半ぶりコイ養殖再開 霞ヶ浦・北浦」『茨城新聞』、2009年4月24日• 最新版日本の地理5『関東地方』15頁• プレスリリース , , 2017年2月10日 , 2017年8月7日閲覧。 プレスリリース , , 2013年10月8日 , 2015年2月25日閲覧。 茨城新聞(2019年11月25日作成). 2019年11月26日閲覧。 ベイエフエム. 2016年1月15日閲覧。 TOKYO FM. 2014年8月7日時点のよりアーカイブ。 2014年7月7日閲覧。 Fm yokohama. 2014年7月7日閲覧。 FM NACK5. 2010年7月7日閲覧。 エフエム栃木. 2014年7月7日閲覧。 - 、2011年3月16日。 - シネマトゥデイ、2011年3月17日。 「被災地に伝える」姿勢を - 、2011年4月5日。 、2011年5月21日。 2018年10月22日. 2019年5月24日閲覧。 www. pressnet. 日本新聞協会 2011年11月1日. 2019年1月23日閲覧。 鈴木國弘 2011年3月30日. SciencePortal. 科学技術振興機構. 2019年1月23日閲覧。 朝日新聞デジタル. 朝日新聞 2013年9月11日. 2019年1月23日閲覧。 TVでた蔵. NHK 2015年3月11日. 2019年1月23日閲覧。 青木智也(2004)『いばらぎじゃなくていばらき』(茨城新聞社)• 『毎日新聞』夕刊2018年11月26日(1面)2018年12月12日閲覧。 共同通信. 共同通信 2019年1月30日. 2019年1月30日閲覧。 茨城県. 茨城県 2019年12月27日. 2020年3月11日閲覧。 関連項目 [ ] に関連するメディアがあります。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 茨城県に関連する および があります。 に関連の辞書項目があります。

次の