ゲームしか興味 ない 息子。 ゲーム機を持ってない息子

私「ゲームばっかりじゃなくて私にも構って」彼氏「は?ゲームしか興味ねぇし」私「は?」

ゲームしか興味 ない 息子

こんにちは~。 最近まじめな話題ばかりで、頭がぐにょぐにょしてるので~ 今日は軽い話題にしてみます。 今日は我が家のゲーム事情です。 まず我が家が今主に使っているのは switchです。 小3ですが、いまだに3DSなどは導入しておりません。 自分だけで楽しむパーソナルゲームは、なるべく与える時期を遅らせたいな~と いうのが個人的な考えです。 欲をいえば、本当はゲーム自体を生活から遠ざけておきたいのですが、 このご時世ですから、それも子供にとっては酷なことだし、なんとなく~ そういう方向性でいっています。 それで、3DSも本人が欲しいと言い出したの2年生ぐらいで、 (ありがたいことに、WiiUでもまあまあ満足していて、 我が家は誕生日とクリスマスぐらいしか、基本おもちゃを買わないので、 WiiUのソフトをもらうと喜んでいました。 ) そして、どうしても欲しいと本人が強く言うまではこちらからは 提案しませんでした。 どうしても欲しいというわけではないですが、学校のお友達がDSのゲームの 話をしてるとか、話題にのぼると、 「クラスでDSを持ってないのが、少数になってきたら、その時考えよ~」 と子供にはなしてました。 うちの子ゲームは好きなんだけど、基本、物欲がそれほど強くないので、 納得していたし、幸い近所で仲良しのお友達は持っていない子も多かったので、 大丈夫でした。 また、お友達親子で遊ぶ時も親御さんが外出時はDSを持たせないように配慮してくれたり、 持って来ていても、快く貸してくれたりと恵まれていましたし、 そうでない場合も、代りに私の携帯のアプリでゲームをしていれば 何も困りませんでした。 全然ゲームのことは否定していないし、むしろ私も好きなほうだと思います。 だけどやっぱり、子供のうちにしかできない遊びを出来るだけたくさん してほしいというのがありました。 なんて言ってますけど、そうなると大人も相手するのが大変だったり、 近くに公園がなかったり、外で遊ぶ環境がすくなかったり難しいです。 あとは、持っている家庭を否定しているわけでもありません。 きちっと計画性を持って使わせていたり、 子供さん自身がそれほどのめりこみ過ぎないタイプだったら全然あり だと思います。 (女の子はゲームが一番にはなりにくいですしね~) うちの息子はボール遊びとゲームしか興味ありません。 ボールは室内ではあまりできないし、もう個人ゲームを持たせたら ほっといたらず~っとゲームしている自信があります。 やりはじめたら、とまらないし、突然やめれないし~。 なのでキリのいいところで終わりにするよう促しても、 ある地点までとなるとやっぱり10分は延長には なりますかな~。 例えば、ある日曜日の昼下がり 読書の時間 1時間 TVやゲーム以外で遊ぶ時間 1時間 学習30分 みたいな感じですることにしました。 平日はスポーツの習い事が多いし、それほどゲームをする時間がありませんが 休日は、紙にザックリ予定を書くように促して、実行してます。 幸い、息子は自分が決めた通りにきっちり行動するのが好きな性分らしく、こうするとお互いストレスがないです。 これがまた、息子は一人で遊び込む力が本当にないのでつらいです~。 遊びが受け身なんですよね~。 一人っ子あるあるなのかしら!? (私の育て方があれなのかしら、と落ち込んじゃう部分です) うちの息子みたいなタイプの親御さん、みなさんどうしているのでしょうか~。 気になります。 マを二人でするにはプロコントローラがいるよっ ちなみにプロコントローラの代わりに純正じゃないコントローラーが 3000円ぐらいで買えるよっ お得な情報なのに、声が小さくなっていきます。

次の

息子・娘とエキサイトできる4つのアナログゲーム、選び方のコツとは?|OCEANS オーシャンズウェブ

ゲームしか興味 ない 息子

5歳息子の事が心配でたまらないカズッチです! コロナウイルスの影響で面会交流を先延ばしにされていました。 しかし、プレゼントを口実に連絡をしてみると、息子が会いたがっているから近いうちに面会交流をしてくださいという事で、ようやく会ある事になりました。 前回の面会交流の最後に3人で食事をしたのですが、その時に私のところに来て何も言わず、寂しい(つらそうな)表情をしたのです。 その後帰るまで普段通りだったのですが、あの時の事がどうしても頭から離れません。 何か言いたいけど言えない…。 そんな表情だったように思えます。 きっと元嫁は気にも止めず忘れてるはずです。 今回の面会交流、楽しみなのですが息子の様子が気になり不安いっぱいでした。 久々の息子との面会!楽しく遊び、とても満足そう! いつもの待ち合わせ場所で待っていると、遠くから大きな声で、 パパ〜! 全力で走って私の方に向かってきました。 色々と連れて行きたい場所もあったのですが、コロナウイルスのリスクもあるので、今日は私の家でゲームをして過ごすことになっています。 まずは、マクドナルドのドライブスルーでハッピーセットを購入。 おまけのオモチャを開けて、息子は満足そうです。 家に着き、一緒にマックを食べていたのですが、息子は早くゲームがしたそうな雰囲気。 ゲームは、ちゃんと食べ終わってからだよ! うん、分かってるよ〜! そう言いながらも、ゲームの方をチラチラ。 私も小さい頃は、毎日ファミコンしたくてたまらなかったので、息子の気持ちは良く分かります。 マックを食べ終わり、早速プリンを作る事に。 使ったのは牛乳と混ぜて温め、冷蔵庫で冷やすだけの簡単プリンの素。 息子と一緒に牛乳をカップで測り、プリンの素と混ぜ合わせます。 息子は、ぎこちない手つきで一生懸命混ぜていました。 混ぜ終わったら加熱。 火を使うのは、まだ危ないので、息子にはプリンを作る容器を準備してもらいました。 十分に温まったところで容器に移して冷蔵庫に入れ、準備完了。 分かった!じゃあ、ゲームて遊ぼ! しばらく一緒にゲームしたり、1人でアクションゲームをして楽しんでいました。 しかし、楽しい時間はあっという間。 外は少しずつ暗くなり始めました。 そろそろ、プリン出来たと思うから、食べようか? えっ!もう食べれるの?早く食べたい! 冷蔵庫から容器を取り出して、皿の上にプリンを出します。 そして、カラメルをプリンの上へ。 私の家にあるスプーンは、平たいものしかなく、息子はカラメルを少しテーブルの上にこぼしてしまいました。 ごめん、パパ…。 こぼしちゃった…。 大丈夫だよ、後で拭くから気にしないで!気をつけて少しずつかけなさい。 うん、ありがと! その後は気をつけながら少しずつプリンにカラメルをかけて、完成。 パパも早くかけて!一緒に食べよ! 息子に急かされ、カラメルをかけます。 食べる準備が終わり、一緒にいただきますの挨拶。 息子は一口食べて、 美味しい〜! 満面の笑みです。 あっという間にプリンを食べ終わり、 パパと作ったプリン、すごく美味しかった!また作ろうね! そうだね、今度会った時にも作れるように準備しておくね。 パパ、ありがと!大好き! そう言って、ギュッと抱きついてきました。 そう言うと、みるみる息子の表情が曇っていきました。 前回の面会交流の最後にも見せた、何か言いたそうな表情。 私の不安が的中し、この後予想外の展開になるのでした…。 記事を読んでくれてありがとうございました。 1年近く続けていたこの日記ブログですが、もうしばらくしたら雑記ブログの方に統合予定です。 婚活や面会交流に関しても、そちらで続けていく予定ですので、よろしくお願いします。

次の

「宿題が終わるまで、ゲーム機は預からせてもらいますぜ」と文鳥さん…そこで寝られちゃ、あぁ取れない!

ゲームしか興味 ない 息子

「息子は生き物が大好き。 その反面、ほかのことにちっとも興味を示さないのが心配です」 子どもが興味を持っているものは伸ばしたい。 でも、あまり興味がないものでも、嫌がらずにやってほしい。 悩ましいですよね。 、どうしたらよいでしょうか? 佐藤 「生き物が大好きになるためには、きっと何かしらのきっかけがあったのでしょう。 たとえば、家族でよく自然の中で遊んでいたり、生き物の本が家の中にあったりというように。 その中で、お子さんは『あたりまえのように』生き物が好きになったのです。 『大好きなものがある』ということは、それだけで大きな『強み』です。 なぜなら、そこから知識がどんどん広がるからです。 たとえば生き物が好きなら、関係のある本や図鑑もきっと好きになると思います。 夢中になって読書をすることでしょう。 それによって字も覚えますし、ほかの子に教えられるような知識も増えていきます。 これは、『大好き』がもたらす波及効果です。 ですからお母さんは、息子さんがさらに興味を深められるように、波及効果をたくさん得られるように、本を買ったり、博物館に連れていったり、お話をしてください」 子どもが、どんどん「生き物博士」になっていくと話についていけるのか心配になりますが? 佐藤 「お母さんに生き物の知識がなくても大丈夫。 インターネットには、子どもたちが興味を抱くような話がたくさん掲載されています。 たとえば、『全国子ども電話相談室』には、 「トカゲのしっぽは切っても何で生えてくるのか」 「コウモリはなぜ寝ているときに逆さなのか」 といった、子どもたちの疑問から生まれた『おもしろネタ』がたくさん詰まっています。 私もクラスの朝の会のお話用によく利用しています」 ありがとうございました。 『全国子ども電話相談室』利用してみるとよさそうです。 自由研究や調べ学習ができる学習サイトです。 よかったらアクセスしてみてください。 何でもバランスよくできる子もいますが、「これだけは誰にも負けない」という子もとってもステキです。 小さいうちに大好きなものに出会えるなんて、すごくラッキーなお子さんなんだと思います。

次の