グーグル マップ 台風。 ウェザーマップ気象情報

ウェザーマップ気象情報

グーグル マップ 台風

米軍が出す台風の予想を見てみよう。 グーグル・アースを使った見方も。 インターネットで 台風情報を確認する人が増えたためか、 気象庁など日本国内の予想だけでなく 米軍の出している進路予想なども 参考にする人が出てきているようだ。 ただし、 米軍のサイトであるため英語表記だ。 英語のサイトの見方を覚えるのが 難しそう、と思われる方も 中にはいらっしゃるかもしれない。 しかし、台風の進路くらいであれば、 台風の現在位置と進路予想が 知りたいメインの情報である。 地図からの情報を得るのであれば、と 英語のサイトでも 気軽に確認できるとのことから 利用する人が増えてきたようだ。 米軍が出している台風の情報とは、 「合同台風情報センター」が予想した 台風の進路などである。 「合同台風情報センター」とは、 ハワイ州真珠湾海軍基地に アメリカの海軍と空軍が共同で設置した 機関とのことである。 英語の表記では、 Joint Typhoon Warning Center JTWC となり、これを検索すれば 合同台風情報センターのホームページで 台風情報を得ることができる。 ここからは、このホームページで 米軍が出している台風情報の見方を 簡単に確認する。 台風の基本情報を確認。 合同台風情報センターのホームページで 予想を知りたい台風を探す。 いくつもの台風が表記されているので、 ここで間違いなく 目的の台風を探すことが サイトの見方で大切になる。 何号の台風か、又は、台風の名前は、 黒の太字で書かれている。 各々の台風に関する情報へのリンクが その下に並んでいる。 (サイトの真ん中から下の方は 日本とは関係ない地域の台風なので、 上の方の台風のみ確認すればよい。 ) ( )カッコ内は 台風に付けられた名前で、 カッコの前に何号の台風か分かる 数字の表記がある。 ここで気を付けたいのは、 日本国内で台風〇号と出ている台風が 米軍の出している〇号の表記の台風と 同じとは限らないことである。 実際に、例えば気象庁で情報が出ている 台風5号は、 米軍のサイトの方では7号として 表記されている。 「何番目の台風」の表記を 確認する見方は、 間違えることがあるようなので 注意したい。 気象庁のサイトでの台風5号は、 「台風5号(ノルー)」と 数字の後に名前がついている。 そこで、台風5号の情報を見たい場合は この名前を頼りに「(Noru)」と 記載のある 「Typhoon 07W Noru 」を確認する。 上から2つ目の 「TC Warning Graphic」を クリックすると、 気象庁の台風情報のページのように 台風の位置と台風の情報が記載された ページが出てくる。 気象庁の台風情報のページと違うために 注意すべき点を挙げておく。 852或いは1. スポンサード・リンク 台風の位置情報グーグル・アース上で見る。 ここからは、 グーグル・アース(Google Earth)上で 台風の位置を知る見方についてだ。 スマホの場合(Android) まず、スマホで グーグル・アース(Google Earth)を ダウンロードする。 次にブラウザで 合同台風情報センター JTWC の ページを開き、 知りたい台風の名前から5つ目の項目 「Google Earth Overlay[KML]」を クリックし、 「アプリケーションを選択」で 「Earth」を選ぶ。 すると、グーグル・アース上で 予想される台風の進路の確認ができる。 筆者の手元にはAndroidしかなく、 iPhoneでの詳しい見方は省略する。 PCの場合(Win10) 合同台風情報センター JTWC の ページを開き、 知りたい台風の名前から5つ目の項目 「Google Earth Overlay[KML]」を クリックして KMLファイルをダウンロードする。 グーグル・アースの使用には ブラウザに グーグル・クローム(Google Chrome) を用いる。 クロームでグーグル・アースの ページを開き、 指示に従いインストールを行う。 グーグル・アースを使用する際は、 最初に設定ボタン(歯車の形)を押し、 そこで出てくる設定ボタンを さらに押す。 すると、 小さな設定画面が真ん中に現れる。 この設定画面の一番下に 「KMLファイルのインポートを 有効にする」という項目があるので、 これをオンにする。 右下の保存ボタンを押すと、 設定画面が閉じる。 次に 一番下にある共有ボタンの一つ上の お気に入りボタンを押すと、 「KMLファイルをインポート」との 表示が出てくるので、さらに それを押す。 「ファイルを開く」から ダウンロード済KMLファイルを選択。 すると、グーグル・アース上に 台風の進路が表示される。 PCも、筆者はWin10の他の方法を 確認できないため、 他の詳しい見方は省略する。 他の情報があれば、気象庁の台風情報は要らないの? グーグル・アースを すでに利用している方なら、 この季節は台風の予想の進路を 地球上で見てみるのもいいだろう。 米軍の出している台風情報が 意外と簡単に利用できることが 知られてきてから、 気象庁の出している予想と比較して どちらが正確か、話題になるようだ。 気象庁、或いは米軍、と片方だけでなく 二つの情報を合わせて利用するよう 勧めているものが多い印象だ。 気象庁の出している台風情報の利点は、 何と言っても 日本語で時差のない情報を 得られることだ。 さらに、 警報や注意報も同時に確認できるのは 気象庁だけである。 (台風情報のページの右側や下方に 警報・注意報へのリンクがある。 ) そのため、日本で生活しているのなら 台風情報は 『気象庁+他の情報』から得るのが 最も確実な方法になるだろう。 usno. navy. jma. google.

次の

ウェザーマップ気象情報

グーグル マップ 台風

毎日更新! 赤坂の空をおさるがパチリ。 同じ場所の空でも毎日違って楽しみなのだ。 毎週更新! 「馬に乗れる気象予報士」斎藤義雄が編み出した、競馬予想の新ファクター「天気で競馬」。 10,000通りの気温推移をシミュレーションした独自の開花・満開予想です。 10日予報も掲載中。 ウェザーマップのfacebookページです。 受講生募集中 初心者文系の人歓迎 通学講座 DVD講座 メディアで働こう お天気キャスター講座 気象予報士資格取得や予報士としての就業についての情報サイトです。 夏季限定!ガリガリ君のお天気サイト。 ガリガリ君の食べたさを表す「ガリ指数」や、お天気マネージャーのコメントを毎日更新。

次の

台風情報を米軍がグーグルマップで出してるらしい!見方も解説します

グーグル マップ 台風

アットサーチのイメージ画面。 画面下部のストリートビューで目的の電柱周辺状況も 関東で昨年相次いだ台風被害。 配電設備の復旧ではTEPCO光ネットワークエンジニアリング(東京都文京区、山田敏雄社長)の電柱位置検索システム「アットサーチ」が効果的に使われた。 これにより、土地勘がなくてもピンポイントで目的地を見つけて簡単にルートを検索できたほか、被災前の状況を画像で確認できた。 東京電力パワーグリッド(PG)配電部は「大規模災害の対応には必要なもの」と高く評価している。 アットサーチは、東電PGエリア(島しょ部は除く)の電柱580万本の位置情報を米グーグル「グーグルマップ」上で利用できるサービス。 ナビゲーション機能でルートを探せるほか、ストリートビューで周辺状況を見られる。 2016年8月に提供を始めた。 昨年9月、台風15号による停電復旧が長引いた千葉エリアには全国から1万人規模の応援が駆け付けた。 東電PG配電部は目的の電柱へ案内する際にアットサーチを活用した。 通常の住所検索ではピンポイントで位置を特定できない。 電源車の燃料補給においても、電柱番号からルートを検索できた。 また、ストリートビューの画像は設備復旧方法を検討する上で有益な情報になった。 スマートメーターの情報で該当する顧客を把握し、引き込み線がつながっている電柱を特定してスムーズに現地へ向かった。 こうした実績を評価した東電PG配電部は、翌月の台風19号に対する備えの一つとして、一時的に利用ID数を1200から1700に増やした。 アットサーチのID発行数は現在、約900社計2千程度。 東電PGとグループ各社、電気工事店、配電工事会社が中心だが、配電線に再生可能エネルギーを接続したい事業者、電柱以外に目印がない場所からの通報を想定した消防関係の利用もあるという。 TEPCOネットの飯田健次営業部長は「機能を絞り、動作が軽く、誰でも気軽に使えるのが強み」とアピールする。 電気新聞2020年2月19日.

次の