公務員 専門 学校。 東京法律|公務員の専門学校|立志舎

本気でおすすめしたい公務員専門学校3つ【実際の体験を元に】|赤ずきんくんのみんなで公務員になろう

公務員 専門 学校

本文では、• おすすめの公務員専門学校3選• 他の公務員専門学校と比較して何が良かったのか• あなたにぴったりの公務員専門学校を見つける4つのポイント• 公務員専門学校を利用して勉強する前に気をつけるべき注意点• 独学で勉強した際につまずいたこと• 公務員専門学校を利用しても挫折しそうで怖い人へ• 公務員専門学校の合格率• 公務員専門学校を利用したいけどお金がない人はどうしたらいいの?• 公務員専門学校のよくある失敗談・体験談• 公務員専門学校を利用して公務員になろう について解説しています。 この記事を書く私は公務員歴15年以上の某政令指定都市で働く中堅職員です。 新卒で入社した会社で働きながら独学で公務員試験の勉強をしていたのですが、限界を感じて・・・ そしてたどり着いたのが「公務員専門学校」でした。 ご存知かもですが、公務員専門学校というのはかなりの数が存在します。 ぶっちゃけ、どこがおすすめなのか分からないですよね? そこで今回は、決して高学歴ではない私が政令指定都市に合格することができたおすすめの公務員専門学校と、同じく公務員専門学校を利用して試験に合格した友人にヒアリングして評判の良かったスクールを紹介します。 この記事を読めば、公務員試験合格のための知識が身につく公務員専門学校が見つかります。 自分に合ったスクールを選ぶには、まずはスクールの概要を調べるのが最短です。 まずは気になる公務員専門学校に資料請求してみましょう。 LECの方が料金が安い TACはWEB学習が別料金• 割引キャンペーンが豊富• フォロワーさんでLEC利用者の方がたくさん合格している 肌感覚として• 全国に校舎数が多い LECでは基礎から実践レベルの問題まで、1から10までしっかりと学ぶことがことができます。 何より、分からないところはすぐに聞けるのが通学型の公務員専門学校のメリットでして、それにより挫折はしにくいのかなと。 また、LECはオンラインでも勉強できるので、自宅でも好きな時間にいつでも勉強できます。 やる気さえあれば勉強にフルコミットできるので、控えめにいって素晴らしいです。 しかし、もちろんメリットばかりではありません。 具体的なデメリットは下記の通りです。 モチベーションが続くか心配なら「資格の大栄」 私は資格の大栄で実際に勉強して、今の自治体に合格できました。 決して高学歴という訳ではないんですが、前職が苦痛でホワイトな公務員に転職したかったので、「地元の試験に強い」というとこに惹かれて資格の大栄に決めました。 とは言え、「せっかく公務員専門学校に通ったのに合格出来なかったらどうしよう・・・」と不安だったのは事実。 しかし、資格の大栄の授業ではモチベーションを上げると同時に、危機感を感じさせてくれるのでそういった点で「挫折する人が少ないのかな」といった感じでした。 資格の大栄はオンラインの学習が無く、生講義のみです。 そのため、他の受講者もクラスにたくさん来ているので、友人も出来たりして挫折しないでモチベーションの維持にも繋がりました。 仲間と一緒に切磋琢磨しながら頑張る楽しさこそが「通学型の公務員専門学校」のメリットですね。 公務員試験の勉強で何よりも大変なのは、毎日のモチベーション維持です。 予定管理能力の高い人はいいですが、管理が出来ない人は資格の大栄のようにモチベーションを上げてくれるのは本当に助かると思います。 デメリットは、スクールがない都道府県もあるということくらいですね。 以上のことから、興味がある方はまず資料請求からはじめてみましょう。 地方上級・市役所 教養合格コース• 社会人経験者合格コース スタディングはオンライン学習に特化しているというだけあり、提供されるカリキュラムが無駄なく分かりやすくなっています。 カウンセラーにいつでも相談できるのですが、正直カウンセラーに聞く必要がないくらいカリキュラムは分かりやすいです。 ちなみに、スタディングは無料体験があるので、「悩むよりまずはやってみる」といった感じで、まずは視聴してみるといいですね。 その中でなぜこの3つがオススメかというと、理由は次の通りです。 私のフォロワーさんで公務員専門学校の雰囲気が合わずに挫折してしまったという方もいるからです。 たとえばオンライン学習のスクールであったために、都合のいいタイミングで質問することができなかったり、通学型のスクールであったためにスクールに行くのがめんどくさくなった、周りについていけずに挫折したなどの原因があります。 ほとんどのスクールで、無料体験や説明会が実施されています。 まずは資料請求をして、興味が湧いたスクールの体験会や説明会に積極的に参加することから始めてみましょう。 公務員専門学校に入ってまでも公務員になる強い意志があるかどうか。 これが公務員専門学校に入る前に気をつけるべき注意点です。 公務員試験の勉強での最大の壁はモチベーションです。 公務員志望者の挫折してしまう理由の大半がモチベーションの低下という事実があります。 そのため、自分が公務員になりたい目的を明確に定めなくてはいけません。 先ほどもお話しましたが、公務員専門学校は数十万円するのが普通です。 公務員の需要が高く、給料が安定してると聞くから何となく今の時代、公務員を選んだ方がいいという理由で公務員専門学校に入るのは危険です。 自治体に貢献したい、今の仕事から早く抜け出したい、時間的な余裕が欲しいといったような、自分の中に明確な目的、強い動機を持つようにしましょう。 独学で勉強した際につまずいたこと 公務員専門学校の受講料は安くないので、「出来れば無料で学びたい」という方もいるかと思います。 たしかに、独学で勉強すればお金は節約できるかもですが、ほとんどの方が挫折します。 モチベーションを維持できない• 質問できない環境がしんどくてやる気が無くなる ほんどの方が上記の状態におちいるからです。 もちろん独学でも公務員試験に合格できる人はいます。 ただ「本気で公務員に短期間で、確実になりたい」と思っている方には公務員専門学校で短期集中で学ぶことをオススメします。 公務員専門学校では、いつでも質問できる環境があるからこそ「やる気が出ないからやめた」とか「勉強が分からなくてしんどくなってやめた」ということが無くなります。 公務員専門学校の押し売りではなく、公務員試験というハードルが高いものに対してはスクールを活用した勉強方法が一番最適といえます。 実際に私が公務員専門学校を利用してそのように感じているので、実体験として理解していただけると幸いです。 公務員専門学校を利用しても挫折しそうで怖い人へ 公務員試験は簡単なものではありません。 だからこそ、公務員専門学校を利用しても挫折するんじゃないか・・・と不安になる方もいると思います。 その時には少しだけ発想を変えてみましょう。 ダメな思考:公務員試験は難しい• 良い思考:公務員試験は簡単ではない、だからこそ公務員になることに価値があり、身分の保証が手に入れることができる 上記の思考を持てるかどうかで、モチベーションの維持もかなり変わってきます。 もしあなたが公務員試験の勉強に挫折しそうになったら、初心を思い返して取り組むようにしましょう。 公務員になれば、世間一般的なサラリーマンよりも高い収入を手に入れることができますし、何より自分の将来が安定するので安心に繋がります。 公務員専門学校の合格率 公務員専門学校に通う人の合格率はどのくらいなのでしょうか? 合格率No. 1をうたっているスクールもありますが、ぶっちゃけどれくらいなのか気になりますよね。 私は実際に「資格の大栄」に通いましたが、合格したのは6割ほどでした。 入校して1ヶ月以内に授業に来なくなる人が多く、合格できない人のほとんどは途中で挫折した人でした。 しかし、やる気を持って勉強してる人のほとんどは本命じゃないにしても、何かしらの公務員試験には合格していました。 友人も「東京アカデミー」に通っていましたが、資格の大栄と同じような形で合格率は6割ほど。 合格できない人のほとんどは挫折組だったみたいです。 ちなみにスクールの雰囲気としては高校のように仲間意識で学ぶ感じで、比較的楽しく勉強できます。 公務員専門学校を利用したいけどお金がない人はどうしたらいいの? 公務員専門学校に入校するお金は安くありません。 その受講料の高さを理由に入校を渋っている方も多いのではないでしょうか? たしかに公務員専門学校を利用するお金は安くありません。 しかし公務員専門学校を利用し、公務員になって安定した給料をもらうことができれば受講料くらい簡単にペイすることができます。 また、スタディングのように安いスクールなら49800円で学ぶことができます。 5万円程度なら少し頑張れば誰でも捻出できるお金のはずです。 頑張って学ぼうとするのであれば、自分にはしっかりと投資するべきですね。 なお、公務員専門学校を金銭的な理由で使えないという方は、以下の方法なら LECや資格の大栄といったスクールなら半額、49800円のスタディングなら無料で活用することができます。 決して怪しかったり、難しい方法ではないので参考にしてみてくださいね。 授業の内容やスピードについていけない。 ということです。 公務員専門学校は最短で効率のいい学習ができるようにカリキュラムが作られているので、学習スピードは学生のときの塾よりも若干早いです。 「勉強が苦手でも大丈夫!」ということを書いてある公務員専門学校もありますが、あまりにも学力がないと授業スピードについていけずに挫折してしまいます。 もちろんビビることはなく、しっかりと予習復習しておけば授業についていけないことはありません。 もしどうしても不安なら、以下の問題集を少しだけでもいいので解いてから公務員専門学校を利用するのもいいですね。 それか、完全に自分のペースで学習できるオンラインで学ぶことをオススメします。

次の

公務員専門学校に通うメリットは?予備校と専門学校で違いはある?|次席合格元県庁職員シュンの公務員塾

公務員 専門 学校

金子 祐奈 埼玉県羽生第一高校出身 1年で合格をめざせるコースということが魅力です。 「ぜったい1年で合格しよう!」とがんばりました。 ゼミ学習を通して自分が成長できることが、公務員試験合格へとつながっているのだと思います。 めざせ!この仕事• 教養知識検定• 漢字能力検定 主なカリキュラム• 法律関係 将来、公務員として活躍するために必須の憲法を中心に学びます。 基本的人権の概略と、国会・内閣・裁判所の各統治機関相互の関わりと役割について学びます。 知識分野 政治・経済、世界史、日本史、地理、哲学思想、文学芸術、数学、物理、化学、生物、地学などの公務員試験合格に必要な一般教養を身につけ、考え方の幅を広げます。 知能分野 判断推理、数的推理、資料解釈、文章理解などの知能分野を幅広く学びます。 作文・適性 作文演習を重ねることにより課題の理解力、文章構成力、表現力を身につけます。 また、適性演習を通して公務員試験合格に必要とされる基礎的な事務適性能力を身につけます。 各種講座・検定など パソコン演習やビジネスマナー講座、就職セミナーや教養知識検定、漢字能力検定、卒業研究など、実社会で役立つ内容であなたをバックアップします。 年間スケジュール• 入学式• オリエンテーション• 官公庁説明会• 新入生就職セミナー• 教養知識検定• ゼミ旅行• 球技大会• 夏休み• 国家公務員一般職試験• 国家公務員専門職試験• 裁判所職員一般職試験• 地方公務員初級試験• 10月• 総合体育祭• 11月• 学園祭• 12月• BEST COLLEGES 硬式野球選手権全国大会• 冬休み• スノーボード&スキーツアー• 合格祝賀会• 漢字能力検定• ヨーロッパ卒業旅行• 卒業研究• 卒業式• 卒業パーティー 設置校• 東京・錦糸町• 東京・杉並• 大阪・梅田• 大阪・天王寺• 名古屋• 仙台 同系統のコースはこちら• ショートカットリンク• SNS.

次の

公務員専門学校比較ランキング※公務員試験対策に最適な学校の選び方

公務員 専門 学校

公務員専門学校に関する情報を詳しくご紹介! 公務員専門学校は、難易度が高く人気の公務員試験合格を目指すために 無理・ムダの無いカリキュラムで効率よく対策が行い、毎年多くの合格者を輩出しています。 全国各地に公務員専門学校は展開しており、公務員講座を全日制、夜間、WEBフォロー、通信講座と多様な受講スタイルで学科やコースを提供しているので、学生から社会人まで誰でも公務員を目指せる環境を公務員専門学校は提供しています。 公務員試験は科目数が多く競争倍率も高いため、ほとんどの職種は独学で合格するのはかなり難しいと言えます。 実際、 受験生のほとんどが公務員専門学校や資格の予備校の対策講座で日々勉強しているのが現状です。 公務員専門学校に通った方の口コミを見ても「公務員専門学校に通ってよかった」という声が多数。 このサイトではそんな公務員専門学校とは何か、また公務員専門学校に通うことによるメリットは何かをわかりやすくお伝えしています。 さらに気になる口コミや評判をもとにしたおすすめの公務員専門学校ランキングも紹介していますのでぜひ公務員専門学校選びの参考にしてください。 口コミ・評判も高いおすすめ公務員専門学校TOP10 当サイトでは合格実績が高く口コミなどの評判が高い公務員専門学校や資格の予備校を紹介するだけでなく、 公務員の基礎知識や公務員試験対策などを紹介しています。 ただここで注意しておきたいのは口コミや評判だけで公務員専門学校を選ぶのではなく、各公務員専門学校によって異なる学費や受講スタイルなど多種多様なサービスを比較し、まずは興味を持った公務員専門学校や予備校 3~4校を資料請求してどういった講座があるのかを確認した後、体験授業やセミナーなどに参加してみることが大事です。 ような点を踏まえた上でまずは当サイト公務員専門学校. comが選ぶ口コミ・評判「も」高いおすすめ公務員専門学校TOP10をご紹介しましょう。 公務員試験の概要 公務員には大きく分けて 2種類存在しており、国に仕える国家公務員と地方自治体に仕える地方公務員があります。 役所の職員で見ても、市役所や県庁に勤める方は地方公務員であり東京・霞ヶ関に勤める方は国家公務員と分けられています。 警察も都道府県警察では警視正以上は国家公務員、それ以外は地方公務員と位置付けられているのです。 各公務員試験には学歴に合わせたレベル分けが行われており、「大学卒程度」「短大卒程度」「高卒程度」といった分類によって難易度が異なります。 学歴要件とはなっていますが、高卒の方が「大学卒業程度」の試験を受けることも可能。 あくまで出題される問題のレベル分けという位置付けで各試験が実施されています。 具体的には、国家公務員一般職や地方公務員上級職が「大学卒業程度」となっており、地方公務員中級職が「短大卒業程度」に該当します。 高校卒業程度難易度に相当するのは地方公務員初級や警察官・消防士の試験。 これら国家公務員、地方公務員になるための試験の特徴は、幅広い分野から出題されることがポイント。 教養試験・専門試験合わせて30科目程度の勉強が必要。 教養試験は文章理解・数的処理・社会科学・自然科学・人文科学によって構成されておりすべて必須科目とされています。 これに対して専門科目は、受験する職種によっても異なるため取捨選択や公務員専門学校などでの各対策が必要となるでしょう。 公務員の魅力 先ほど説明したように公務員といえども、国家公務員なのか、地方公務員かで全く異なりますし、職種や務める先によって試験難易度も変わりますし職務内容や収入も大きく異なります。 そんな公務員になることの魅力としてよく口コミなどで見られるのが「 安定」するからというもの。 しかし、実際には必ずしも受験生の全てが安定を目指して公務員試験を受けるわけではありません。 一例を挙げると、警察官や消防士も公務員の一つとなりますが、現場で働いている多くの方は自分の安定よりも「人命を救いたい」や「悲しい事件を減らしたい」といったやりがいを持って働いています。 他にも、国家公務員の場合は国に奉仕することで仕事によっては国の方針に大きな影響力を与えることも可能となっています。 地方公務員であれば、住民の声や要望に耳を傾けて地域社会に貢献する仕事となっているため、日々高いモチベーションで働くことが可能な環境が整っていると言えます。 平均年収の面でも、基本給以外に家族手当や住宅手当を含めると国家公務員が約686万円、地方公務員である県庁職員であれば約654万円、市役所職員であれば約629万円となっているため 民民間企業に勤めるよりも高い年収を手にすることが可能です。 ただし、安定を目指して公務員試験に取り組むよりも、自分なりの将来像や他者のために働きながら収入も得られるといった考え方で受験するほうが適性を見られる面接や小論文試験などあることを考えると合格可能性も自然と高くなるでしょう。 データや口コミから検証。 公務員は人気No. 1の就職先!? 公務員は、世間一般的な認識では、不況に左右されない、労働環境が良い、失業の可能性が少ないなどの理由から就職先としては非常に人気のある職業の1つ。 売り手市場とも言われる昨今でも、公務員試験を受ける人は増える一方で、2018年3月卒業予定の大学3年生を対象に調査した「就職したい企業・業種ランキング」では、1位が全体の6. さらに、2位には全体の3. 売り手市場とも言われる昨今でも、公務員試験を受ける人は増える一方で、2018年3月卒業予定の大学3年生を対象に調査した「就職したい企業・業種ランキング」では、1位が全体の6. この調査では、ソニー、任天堂、資生堂といった名だたる企業を抑え、公務員が1位、2位を独占したことから今もなお公務員は絶大な人気を誇る職業であることが読み取れます。 1位 地方公務員 5位 東海旅客鉄道(JR東海) 2位 国家公務員 5位 西日本旅客鉄道(JR西日本) 3位 ソニー 5位 資生堂 4位 東日本旅客鉄道(JR東日本) 9位 森永乳業 5位 任天堂 9位 講談社 また、2018年6月に、全国20~59歳の男女80人を対象に行った、「この企業に勤める人と結婚したいランキング」でも、トヨタ自動車、ANA、グーグルといった、これまた名だたる人気企業を抑え、 1位に国家公務員、2位に地方公務員がランクインしています。 このように結婚という側面から見ても難しい公務員試験を目指す方の引きが絶えないことも納得いきますし、たくさんの方が公務員専門学校で国家公務員や地方公務員を目指しているのもうなずけますね。 年収・給料に関しては、口コミや評判から見ると一般的には国家公務員の方が公務員試験の難易度は高く、年収も比例して高いと思われがちですが、一概にそうとは言えません。 もちろん、財務省などの各省庁に務める キャリア官僚と呼ばれる人たちは、本当に限られた人しか合格できない国家総合職を突破する必要があり、職務内容も国の最高機関で働くため、給料は他の公務員に比べると高いです。 それでも、大企業の管理職や同じ年代に比べるとそこまでは高いかと言われればそういう訳でもなく、あくまで公務員の中で一番高いということです。 国家総合職のキャリア官僚を除いた場合、地方公務員と国家公務員の年収に大差はなく、場合によっては 地方公務員の年収が良いことだって珍しくありません。 なぜそういう事が起きるかというと地方公務員の場合、各都道府県や市町村に勤務するため、どこで勤務するかでも給料に差が出てきます。 例えば、東京などの都市部や、政令指定都市に指定されている都市では、他に比べると給料もいい傾向にあります。 転勤は多い? 国家公務員の一般職であれば、転勤率が 8. 所属する省庁にもよりますが、ブロック内転勤ではあるものの税関や国税、地方整備局は転勤が多いことで有名。 一方で、経済産業省など出先機関が少ない省庁や財務省であれば転勤はそれほどないという声も聞かれます。 転勤に関しては国家公務員が転勤するときは地位が上がるケースが多く、一旦地方に短期間の転勤を挟んで本省に戻ってくるパターンが傾向としてあるので転勤=デメリットではないようですね。 次に地方公務員は、県の職員であるか、市町村の職員であるかでも差が出てきます。 実際に転勤はありますが、基本的に県内となることも多いようなので、引越しをしないで済む場合が多いようでが 県内の広範囲で転勤を伴うこともあるため、引越しや単身赴任をする人も多く見られることを知っておきましょう。 公務員専門学校に通わず公務員試験はに独学で合格可能? さて、公務員にまつわる基礎知識を知っていただいた上で、次は公務員試験のことについてお話ししていきましょう。 多岐にわたる受験科目をクリアしなければならない公務員試験ですが、独学で合格することは可能なのでしょうか。 これから公務員試験の学習をスタートしようとお考えの方にとって、専門予備校である公務員専門学校に通うのか、自分でテキストを選んで独学するのかは費用面や受験スケジュールの面からも気になりますよね。 口コミで実際に合格した方の意見を見ると独学のメリットとしては、 費用を安く抑えることができる点や自由に学習時間を設定することができる点。 これに対して公務員専門学校に通うメリットは、カリキュラムは学校側や講師が最新、最適なものを学科やコースに組んでくれるためテキスト・模試への対策を効果的に行う事ができること。 また他の受験生と同じ小テストや答練を受けるため相対的な自分の位置を知ることができる点が合格者の口コミなどで見られます。 短期合格や学習効率・学習効果の観点から考えると公務員専門学校に通うことが大きくプラスとなります。 もちろん、独学で合格している方もいらっしゃいますが、自分で勉強する習慣がついていない方が独学で学習ペースを守る事は かなり難しい事であるとも言えます。 その点、公務員専門学校であれば自習室が完備されておりチューターを利用していつでも質問できる環境が整っています。 面接対策や小論文の傾向対策なども含めて考えると公務員専門学校の講座やコースで学ぶことが合格への近道と言えますし、実際に公務員専門学校卒業者の高い合格実績からもおすすめします。 また独学で公務員試験に望まれた方で合格、不合格それぞれを体験した方の口コミを見つけましたので掲載しておきます。 どちらもこれから公務員試験を目指す方にとって参考になる口コミですね。 独学で勉強した方の口コミ、体験 公務員専門学校選びのポイント 公務員試験合格の鍵はとにかく、自分の苦手ポイントへの対策と継続した学習ペース。 教養科目・専門科目いずれに対しても他の受験生より高い得点を取るためには、落としてはいけないポイントを攻略した上で得点を積み重ねていかなければなりません。 全国各地には、公務員専門学校が数多く所在しており、多くの受験生が合格を目指して日夜、公務員専門学校の講座やコースで学んでいます。 公務員専門学校の講座やコースでは、半年から1年程度のクラスルーム制になっており、公務員試験の傾向や分析に精通した専任講師が直接指導してくれます。 朝から晩まで授業を開講しているところが一般的であり、 1日中勉強に勤しむことが可能な環境が整っているので自分で勉強を進めることが難しいと感じている方には自分の都合の良い時間に、しかし安定したペースで勉強できますね。 公務員専門学校によっては得意としている職種や合格実績のある試験に傾向があるため、自分が目指している試験に対してどれだけ対策講座を開講しているのかを知って選ぶ事がポイント。 全国展開している大手の各種予備校は確かに指導ノウハウが豊富であり授業内容や模試のクオリティも高いものとなっていますが、地方に根ざした専門学校は講師が生徒一人ひとりに対して積極的にケアしてくれるため長い受験生活を少ないストレスで乗り切ることが出来ます。 資格予備校と違い就職支援に力を入れており、中には 民間企業も目指せるコースが設置されているため、例え公務員試験に突破できなかった場合でも公務員専門学校なら就職先が見つかる可能性が高いので安心。 参考になる口コミ、体験 資格予備校選びのポイント 公務員専門学校の選び方を知っていただいたところで、次は資格予備校選びのポイントを解説。 公務員試験のみならず、日商簿記や社会保険理労務士といった各種資格試験に対して対策講座を開講している資格予備校も多くの合格実績を残しています。 資格予備校は、全国展開している名の知れた学校が中心であり、受講形態も生講義のみならずDVD講義やWEB配信講義といったさまざまな形式に対応しているので、 特に社会人の方に向いていると言えます。 最近では、社会人経験者の公務員試験合格率も上昇しており、社会経験のある方が重宝されている現状もあります。 ただ、社会人の場合、口コミなどを見るとなかなか勉強に時間を取ることが難しいといった声が多数。 公務員専門学校のような通学して勉強する方法と違い、早朝や深夜に自宅で学習することや通勤のスキマ時間を利用して学習する機会が増える傾向も。 資格予備校のWEB講義を活用すれば、こうした自宅学習やスキマ時間を利用した学習でも効果的に学力をアップさせることが可能ですが、継続して勉強できる意欲が必要となります。 しかしその点をクリアできている口コミによると、「自分のペースで学習を進めることができる」「隙間時間を使って勉強できるのがメリット」ということを感じている方が多いよう。 確かにWEBやDVD講義なら逆に自分のペースでどんどん前に進めることが出来るので短期間で学習アップ、試験合格を実現可能と言えそうです。 資格予備校によってテキストの種類やカリキュラムの進め方が異なるため、公務員専門学校と同じく 複数の予備校に説明会を申し込んで実際に相談してみることがポイントとなります。 公務員専門学校にも同じ事が言えますが、口コミや評判、CMなどで予備校の名前を知っているからという理由も大事ですが、受講形態に対してどういったオプションが用意されているのかなど授業以外のフォロー制度や模試の回数も知った上で選んでいきましょう。 参考になる口コミ、体験 通信講座選びのポイント ここでは公務員専門学校や資格専門学校が設けている通信講座で合格を目指す方法についてお話しします。 公務員を目指すとき、公務員専門学校などに通って勉強する(通学講座)か、通信講座(自宅などで勉強する)で勉強するかで悩む方も多いのではないでしょうか? 公務員専門学校に通うのも、通信講座で勉強するのも公務員試験に合格するという目標は同じですが、その過程は人さまざま。 勉強のスタイルは人それぞれですので、自分の生活にあった勉強のスタイルを選択するほうが良いでしょう。 人々の生活のスタイルが多様化する中で、公務員試験に臨む受験生に向け、通信講座に力を入れている公務員専門学校も増えてきています。 現大卒、高卒後に就職されている方や、大学などに在学中でWスクールを考えられている方、何かしらの事情があって公務員専門学校への通学時間が確保できない方は通学講座にこだわらず、通信講座を選択肢の1つに入れて検討してみてはいかがでしょうか? 以下に、公務員通信講座選びのポイントをまとめてみましたので、参考にして頂ければと思います。 公務員を目指すには、公務員専門学校に通うとすると一般的に 1500時間程度の勉強時間が必要と言われています。 もし、本業を持っている社会人の方が、仕事をしながら公務員専門学校に通う1,500時間を捻出するのは、かなり難しいと思います。 さらに決まった時間に公務員専門学校の講座で授業を受けるのは、ハードルが更に上がります。 とはいえ、仕事を辞めるわけにもいきません。 そそんなときに公務員専門学校や専門学校が行なっている通信講座であれば、すきま時間を効率的に活用しながら勉強することができるでしょう。 例えば、通勤・通学の移動時間中に、動画配信されている講義を見たり、朝少し早く起きて勉強すると行ったことが通信講座でなら可能になります。 このようにして、通信講座なら 忙しい方でも公務員試験に必要な知識を身につけることができるのです。 ただ、通信講座にするときに不安に感じる点としてよく挙がるのが、わからない部分について相談する人がいないといったこと。 しかし、電話やメールで質問に答えてくれるといった、サポート体制を整えている公務員専門学校の通信講座を選択すれば、こういった不安を感じる事なく安心して勉強に取り組むことができそうです。 また、公務員専門学校によっては通学講座生が使用している自習室を使用できる通信講座も存在しています。 公務員専門学校や予備校が行なっている通信講座なら時間が空いたときに、公務員専門学校の自習室を使うなど、通学講座のメリットを享受することが可能。 公務員試験合格を目指す忙しい方でも24時間場所を選ばず自由に勉強できる通信講座は勉強するペースを自分でコントロールできる方におすすめ。 公務員専門学校や資格予備校と同じく通信講座を選んだ方の口コミを見てみましょう。 参考になる口コミ、体験 30代や高卒でも目指せる公務員 通常の公務員試験は、就業経験が無い、または少ない学校卒業者や若年層枠を対象とした年齢制限が設けられています。 これに対して、民間企業等で経験を積んだ方向けの 経験者採用枠、こちらなら年齢を考慮せずして公務員になることも可能です。 中には民間企業でビジネスを経験した方や青年海外協力隊で働いた方も30代以上で公務員を目指す人もいらっしゃるようです。 国家公務員においては係長以上、上級である経験者採用試験と、係員級である一般職試験の中の社会人試験から選んで受験することとなります。 また、地方公務員においても 民間経験者等採用試験という試験が行われております。 教養論文と面接試験もしくは、教養試験・論文・面接といった受験科目になっており、専門試験は課されないことが多いです。 筆記試験よりも、これまで就職した後、民間企業においてどういった経験を積んできたのか、面接においてどれだけコミュニケーションを取ることができるのかといった点が評価されます。 特に地方公務員は、年齢上限を高く設けている自治体も少なくないので、就職しているから、年齢が高いからといった理由で公務員試験を諦める必要は無いでしょう。 30代の方でも公務員専門学校で勉強し試験合格を目指すことは全く問題ありません。 また高卒の方も地方公務員である警察官や消防官、税務職員など公務員専門学校などできちんと勉強と対策をし、高卒程度試験に合格さえできれば問題ありません。 訓練学校で必要な知識や技術を身につければ高卒の方も問題なく立派な公務員となれます。 ただし高卒程度試験を受ける際に注意しなければいけないことは卒業からの期間。 つまり17歳から21歳までの方が高卒試験を受ける事ができることになりますね。 もし年齢面で高卒程度試験を受ける事ができない方は大卒程度資格や経験者採用試験を目指すことになります。 参考になる口コミ、体験 人物試験も要注意 これまでは筆記試験を中心に話をしてきましたが、公務員試験には地方公務員、国家公務員問わず人物試験と呼ばれる面接試験も行われます。 筆記試験に注力される方も多いと思いますが、実はこの面接試験が鬼門となっている方も多いようです。 せっかく筆記試験に合格したのに、面接で落ちてしまったといった声は毎年多く聞かれます。 面接試験の合格のポイントは「慣れ」です。 普段からあなたが人前で話す機会が多いのであれば、いざ面接となってもあまり緊張することもなく、自分の意見をすらすらと話せるかもしれません。 しかし、一般的には人前で頻繁に話す機会が多いという方は少ないのではないでしょうか? ですから、いざ面接で志望理由などを聞かれた際に、頭が真っ白になって何も話せなくなったり、自分の考えを理路整然と話すことができない人が多いのです。 人物試験に通ることのコツを口コミで見ると決まって合格者がいっていることは「こういった事への対策は面接にとにかく慣れることが大切である」ということ。 面接に慣れるためには、公務員専門学校で行われている模擬面接を活用すると良いでしょう。 公務員専門学校で行われる模擬面接を積極的に活用し、面接に慣れて、自分の考えをハキハキ、すらすらと話せるようになることが面接突破の第一歩。 公務員専門学校の模擬面接が終わった後に担当のティーチャーから面接官として受けた印象やポイントを教えてくれます。 面接に不安がある方は公務員専門学校を選ぶ際に筆記試験のみならず、 面接対策も充実している講座を受講することが最終合格を勝ち取るカギとなります。 おすすめの公務員専門学校:• 理由:• 東京アカデミーは、公務員試験の中でも地方公務員に強いのが特徴で、地方上級にも豊富な合格実績があります。 2018年度の公務員試験では地方公務員の合格者実数が3,305人と口コミに違わぬ実績が見られます。 全国に75校舎あるので、地方の受験生でも通学スタイルで学ぶことができるので、通信講座は続かないといった自己管理が苦手といった人におすすめです。 口コミ・体験談: ライブ授業にこだわっていたので自然と出席する意識が強くなり、最後まで続けられました。 映像授業は便利な分、サボるのも簡単です。 地方公務員は強いだけあって対策は充実しており本番では役に立ちました。 大卒レベルを目指す• おすすめの公務員専門学校: or• 理由:• TACは大卒レベルの公務員試験に強いことで有名で2018年度の大卒程度公務員試験最終合格者数は、国家公務員 大卒程度 2,838名、地方公務員 大卒程度 3,127名となっています。 担任制度を取り入れて日々の学習や悩みなど受験生活をしっかりとサポートしてくれます。 教材の質も評判が高く、人物試験対策も合格者から寄せられた大量の情報があるため、本番を想定したリアルな指導が受けられます。 Z会の公務員講座はTACの教材や授業が利用されているため、通信講座でTACの講座を受講したい人は通信で実績豊富なZ会もおすすめです。 口コミではフォローがしっかりしているという声も多く聞かれました。 口コミ・体験談: TACは校舎が大きく自習室も使いやすかったので授業前後の予習・復習に役立ちました。 授業やバイトで欠席した場合のフォロー制度も充実しており周りに遅れを取ることなく勉強できました。 集中してとことん学びたい• おすすめの公務員専門学校:• 理由:• 大原は専門課程の公務員講座を設けており、圧倒的な時間を確保しながら集中して学習できる環境が用意されています。 専用自習室があるので席確保の心配もなく、授業後は復習や予習に充てられます。 また、社会人講座より専門課程の合格実績が高く 大学生・社会人など 1,084名、専門課程2,156名 、2018年度公務員行政事務系採用試験では合わせて3,240名もの合格者を輩出。 また、民間企業への就職支援も強く、途中で進路変更な可能な点も安心です。 仕事や学校など時間に制約がない方は専門課程がおすすめです。 口コミ・体験談: 資格予備校の中では数少ない全日制のある予備校です。 勉強に専念できる環境なら全日制がおすすめです。 授業時間も豊富で自習室の席取りの心配もいりません。 社会人講座より全日制の方が合格実勢が高いことが学習環境の良さを物語っています。 通信講座で効率よく対策したい• おすすめの公務員専門学校:• 理由:• クレアールは通信講座に特化した資格予備校として豊富な実績があり、自宅でも質の高い学習ができるよう授業や教材に工夫がされていて勉強しやすいと評判です。 時間的効率性および経済的効率性を重視しており、負担を抑えながら最小限の学習で公務員試験合格が目指せます。 安心保証プランも用意されており、1年間の受講期間延長が受けられるのはもちろん、目標年度内で合格した場合は保証料金が返金される良心的なサポート制度も非常に魅力的です。 口コミ・体験談: 大手の予備校は、通学も通信も学費が同じで高いです。 クレアールは学費が安いうえに通信に特化していることもありシステムや機能が充実していました。 合格保証もあるので一発合格できなかった時も安心です。 学費を大幅に抑えたい• おすすめの公務員専門学校:• 理由:• 東京アカデミーの通信講座なら85,000円の受講料から学習が始められます。 もちろん教材は授業で使用されているものと同じで、模試も無料で受講可能です。 したがって、質の高い教材を使ってマイペースにどんどん学習したい人に最適です。 ただし、他校の通信講座と違い映像授業がなく、添削形式で指導を受けていく学習スタイルとなるためその点注意が必要です。 口コミ・体験談: 通信講座の安さなら公務員専門学校で一番安いのではないでしょうか。 ただし、講義など視聴はなく、添削によって実力をつけていく形式となります。 市販の参考書を購入して独学で勉強しようと思っているけど、それでは周囲のサポートがなく不安と思っている人におすすめです。 心理系の公務員を目指したい• おすすめの公務員専門学校:• 理由:• クレアールは、心理系の公務員講座を開講している数少ない資格予備校です。 しかも心理系の対策に力を入れているので実績も豊富で質の高い対策が可能となります。 良心的な学費で筆記試験から面接対策までしっかりとカバーしているので他の教材や講座に頼ることなく繰り返し集中して勉強することで合格に匹敵する実力を身につけることができます。 口コミ・体験談: 心理系の公務員講座を開設している公務員予備校がクレアールしか見つかりませんでした。 専門講座を開設しているだけあって内容は充実しており、心理系を第一志望にしている人は受講すべき内容となっています。 民間企業も視野に入れたい• おすすめの公務員専門学校:• 理由:• 公務員試験は難易度が高く誰でも受かる試験ではありません。 そこで、試験に失敗したときに民間企業への就職を選ぶ人もいますが、そんなときに公務員専門学校がサポートしてくれるとより内定を取りやすくなります。 大原には専門課程があり、多くの卒業生を民間企業へ送り出していることから豊富な実績とネットワークがあります。 大原の資格集中取得コースを受講すれば、専門課程の学生と同等のサポートが受けられるので安心という口コミが多いです。 口コミ・体験談: 公務員試験を目指すとき、不合格でズルズルと何年も勉強してどこにも就職できないというリスクを冒したくなかったので、民間企業への就職サポートが充実している大原の集中資格取得コースを選びました。 口コミから検証。 ビジネス専門学校はリスク回避につながる? 公務員専門学校、予備校の他にビジネス専門学校というものもあります。 ビジネス専門学校は、社会に出たからビジネスシーンで即戦力として活躍できる人材を育成するための学校のこと。 その中身は情報システム(IT)、経理、販売サービス、医療事務、デザイナーなど学ぶ分野は多岐に渡ります。 高度な知識や教養を学術的・理論的に学ぶ大学と違い、自分が希望する業界で即戦力として活躍するために資格取得やインターンを通じて 実戦的に学んでいくのがビジネス専門学校。 資格予備校とも似ていますが、ビジネスで必要な資格やスキルの取得を取得できることと、ゼミ学習、クラブ活動、行事・イベントなどを通じて高度な人格形成をサポートしているのが特徴。 また、単なる資格予備校とは異なり、ビジネスで必要な資格やスキルの取得を目指すと同時に、ゼミ学習、クラブ活動、行事・イベントなどを通じて高度な人格形成をサポートしていきます。 そのため、全てのビジネス専門学校が該当するわけではありませんが、公務員だけでなく 民間企業への就職も並行して目指せるのが大きなメリット。 実際に国家公務員、地方公務員共に試験は難易度が高く誰もが合格できるものではありません。 しかも試験勉強期間が長く、空白期間があるほど他の道を考えた場合、民間企業への就職も困難になってしまうことも考えられ、その後のキャリア形成では厳しい状況に陥ることも。 そういった意味からもビジネス専門学校は独自のネットワークを有するため民間企業への就職にも強いので、不合格の場合でも進路変更ができるのでリスクヘッジとして公務員専門学校や予備校と共に選択肢の1つに入れることはおすすめできます。 もちろん公務員試験に合格することが一番ですが、不合格になった場合の進路も考えておくことは良いことです。 迷ったら公務員専門学校をおすすめします。 これまで見てきたように国家公務員や地方公務員になるための道は1つではありません。 公務員専門学校、予備校、独学、ビジネス専門学校と選択肢はたくさん。 その中で国家公務員や地方公務員を目指す方にどれか1つをおすすめして欲しいとリクエストをされるのであれば、公務員専門学校をおすすめします。 なぜならば、公務員専門学校は、 試験合格に向けて集中して学べる環境が用意されている事が一番の理由。 そして公務員専門学校は 各資格に向けた対策 面接や小論文も含む を行なってくれる事が第二の理由です。 他の選択肢に比べ学費はかかりますが、合格できずに何年もチャレンジし続けなければならず、その後のライフプランやキャリアアップの妨げとなることを考えると学費を払ってでも公務員専門学校で学び、短期間での合格を目指すことをおすすめします。 公務員試験は 合格するまで勉強を続ける人が多いので最初から公務員試験対策に特化している公務員専門学校を目指す受験生の多くはでのコースや講座で密度の濃い学習環境に身を置いて合格をぜひ勝ち取ってください。

次の