スラムダンク 先導。 スラムダンク仙道のモデルは日本に実在した!JUNとは何者?

【第二次護憲運動とは】わかりやすく解説!!憲政会の「加藤高明」が首相に!

スラムダンク 先導

井上雄彦とバスケットボール選手の対談企画「主役に迫る」が、5月15日付けの朝日新聞朝刊にてスタートする。 これまで国内に存在した2つのリーグが統合され、9月から新たにB. LEAGUE(Bリーグ)がスタートするバスケットボール界。 「主役に迫る」では、井上がBリーグの注目選手を訪ねていく。 井上は「主役に迫る」の始動にあたり、 「Bリーグができることで、バスケットで食べていく、ということをイメージしづらかった子どもたちが、 いろいろな思いをのせることができるはず。 そのために、選手を知ってもらいたい」とコメントを寄せた。 15日付けの新聞では「主役に迫る」に井上が込めた思いが語られたのち、 22日付けの新聞でNBAに挑戦した経験も持つ、田臥勇太選手とのバスケ談義が繰り広げられる。 以降Bリーグが開幕する9月まで毎月1度、注目の選手を紹介していく。 紙面には毎回、井上描き下ろしのイラストも掲載。 なお5月15日以降、朝日新聞デジタルにて、 インタビューのロングバージョンや取材の様子を収めた動画も公開される予定だ。

次の

【あらすじ・感想・ネタばれ】スラムダンクが読める漫画アプリは?|まんがタウン│全巻無料/読み放題の漫画サイト

スラムダンク 先導

井上雄彦とバスケットボール選手の対談企画「主役に迫る」が、5月15日付けの朝日新聞朝刊にてスタートする。 これまで国内に存在した2つのリーグが統合され、9月から新たにB. LEAGUE(Bリーグ)がスタートするバスケットボール界。 「主役に迫る」では、井上がBリーグの注目選手を訪ねていく。 井上は「主役に迫る」の始動にあたり、 「Bリーグができることで、バスケットで食べていく、ということをイメージしづらかった子どもたちが、 いろいろな思いをのせることができるはず。 そのために、選手を知ってもらいたい」とコメントを寄せた。 15日付けの新聞では「主役に迫る」に井上が込めた思いが語られたのち、 22日付けの新聞でNBAに挑戦した経験も持つ、田臥勇太選手とのバスケ談義が繰り広げられる。 以降Bリーグが開幕する9月まで毎月1度、注目の選手を紹介していく。 紙面には毎回、井上描き下ろしのイラストも掲載。 なお5月15日以降、朝日新聞デジタルにて、 インタビューのロングバージョンや取材の様子を収めた動画も公開される予定だ。

次の

スラムダンク仙道のモデルは日本に実在した!JUNとは何者?

スラムダンク 先導

第二次護憲運動とは (加藤高明 出典:) 選挙によって選ばれた議会を重視するように求めた第一次護憲運動は、激しいデモや演説会で桂内閣を退陣させたものの政党内閣や普通選挙は実現しませんでした。 平民宰相ともてはやされた原敬もまた普通選挙の実現には後ろ向きで、普通選挙について演説したりすることも取り締まりの対象になっていたのです。 しかし、普通選挙を実現させたいという国民の声は日増しに大きくなってきました。 この流れにのって、 1924年(大正13年)護憲三派は「憲政擁護、普選断行、貴族院改革」をスローガンに清浦奎吾内閣を攻撃し、選挙に圧勝しました。 これが第二次護憲運動です。 もう一度流れはウチ(護憲側)に来たわけです。 第一次に比べるとイヤにあっさりしていますが、この運動の結果、護憲三派は選挙に圧勝し、第一党であった憲政会の加藤高明が首相となって 普通選挙法が公布され、この後8年間は 憲政の常道として 政党内閣が続くのです。 このため、国民の評判は悪く、人気がありませんでした。 立憲政友会ははじめこの清浦内閣を支持していたのですが、のちに清浦内閣を支持する人達だけが抜けて政友本党をつくり、残った人たちは内閣に反対する側に回りました。 選挙に打って出れば自分を支持する政友本党が勝てるだろうと考えていたようです。 しかし、結果は護憲三派の圧勝に終わりました。 このころ普通選挙を求める国民の声が大きくなっており、政府も無視できないレベルになっていました。 護憲三派の立憲政友会も憲政会も普通選挙には積極的に賛成していたわけではなかったのですが(犬養毅の国民党は賛成)、無視できない国民の声を取り込んで普通選挙法を成立させました。 大正時代の「護憲」は、「立 憲政治を 護ること」で、天皇と貴族によるお上の政治ではなくて、国民の声を反映した議会や憲法などの法律を守った政治をしていこう、という意味です。 エラい人が法律を守るなんて当たり前、と思っていませんか? 昔も今も、えらくなったら法律を守らなくていい!自分が法律だ!という専制政治、独裁政治があるんです。 こうではなくて、みんなで法律を決めて、その法律をみんなで守っていくのが立憲政治です。 天皇という絶対権力がある明治憲法下では天皇の権力と護憲のバランスがむずかしく、様々な問題が起こっています( 共和演説事件、統帥権干犯問題など)。 現代の日本では選挙権は男女とも18歳以上で与えられ、自分の意見を政治に反映できます。 生活保護を受けていても、病気であっても、海外に住んでいても、過去に犯罪を犯していても(刑期が終われば)、投票に行けるのです。 でも、第二次世界大戦の前は違います。 初期の有権者は全人口の1. 1%しかいない、直接国税15円以上のセレブの男性に限って政治に参加させていたのです。 納税額は段階的に引き下げられて1919年の原敬内閣の時には人口の5. 5%、直接国税3円以上の男性になりました。 クラスで一番、二番のお金持ちが投票できるかんじですが、大多数に選挙権がない状態は続いています。 平民宰相原敬が普通選挙を実現させてくれる!という期待は大きかったのですが、「民衆の力に押されて普選を実現させると今後の政治に悪影響をあたえる」と考えた原は1920年に議会を解散させて選挙に圧勝し(選挙に介入した)普選法を否決したのでした。 その後も普通選挙を求める民衆の声は高まるばかりで、この民衆の声を背景に第二次護憲運動は展開しました。

次の