ミレーナ デメリット。 「ミレーナ」挿入体験記。挿入時の痛みは?出血はいつまで続く?

「ミレーナ」挿入体験記。挿入時の痛みは?出血はいつまで続く?

ミレーナ デメリット

月経は女性の健康のバロメーター。 経血量や周期のみだれ、月経痛などから思わぬ病気がみつかることもあります 他の人と比べて経血量が多いか、少ないかというのはわかりにくいものです。 最も多い日でもナプキンを2時間おきにかえるくらいが一般的ですが、経血量が非常に多く、ふだんの生活に支障をきたすような場合を「過多月経」といいます。 ナプキンが1時間もたないほど経血量が多い、経血のなかにレバーのような血のかたまりがある、などの症状がある場合は「過多月経」がうたがわれます。 過多月経については、「」にて詳しく解説しています。 過多月経になると経血量が多くなるため貧血をになることが多く、めまいや立ちくらみ、疲れやすいなどの症状があらわれます。 原因として子宮の病気がある場合と、原因となる病気がなく、体内のホルモンや血液の状態が影響している場合とがあります。 原因となる子宮の病気には、子宮筋腫、子宮腺筋症などがあり、生殖年齢女性に多くみられます。 過多月経の治療法・ミレーナとは ミレーナは「子宮内黄体ホルモン放出システム」というもので、子宮の中に挿入する避妊リングとしてフィンランドで開発され、2014年現在、現在、既に世界では130カ国以上で、のべ2000万人を越える女性が使用しています。 ヨーロッパ諸国では、以前から子宮内膜症や子宮腺筋症に保険適応となっていたもので、日本でも2014年9月から過多月経の治療として保険適用になりました。 すでに、2007年から日本に導入されており、避妊リングとして自由診療で使用されてきました。 ミレーナの特徴は、従来の避妊リングと異なり薬剤添加により、避妊効果を発揮することです。 つまり、子宮の中に挿入しておくと、極少量ずつ、レボノルゲストレルという低用量ピルに含まれるホルモンが、ゆっくりと5年間放出されてゆき、子宮内膜を薄くして妊娠を妨ぐのです。 また、この子宮内膜を薄くするという効果が注目され、子宮内膜増殖症や子宮内膜症、子宮腺筋症といった病気への応用が期待されています。 最近では、避妊薬の低用量ピルが子宮内膜症や過多月経の治療に使われているのですが、ミレーナも上手く応用していけるツールとして期待されます。 ミレーナのメリット…副作用の少なさ、避妊率の高さも ミレーナは子宮内にのみホルモン作用があるので、血液中にはほとんどホルモンが入りません。 ピルで気になるむくみ、吐き気、頭痛等の副作用が出にくくなっています。 また、黄体ホルモン単剤なので、ピルで心配されている血栓症のリスクもなく、高血圧の方、肥満傾向の方、喫煙している方に使用しやすいという点がメリットです。 また、毎日服用するわずわらしさもありません。 一度装着をすると5年間有効であり、最初の1年以内にほとんど出血がなくなり、10人に2人の人は生理の出血自体がなくなるといわれています。 生理痛が軽くなり、生理のわずわらしさからも解放されます。 ただし、出血が無いだけで、生理を起こすような性周期は体の中で保たれます。 排卵も起こりますが、着床に必要な、子宮内膜が薄くなるため、妊娠しません。 避妊率は99. 9%で、ピルのように飲み忘れによる失敗もありません。 5年間有効ではありますが、妊娠を希望することになったら除去することにより、すぐ妊娠することが可能です。 当然、妊娠や胎児に影響はありません。 ミレーナのデメリット…初期の断続的な出血と挿入時の痛み 最初の1~3ヶ月は断続的に出血が続きます。 その量もひとそれぞれですが、これは薬剤の効果なので心配はいりません。 また、子宮内部のかたちのゆがみや変形があると脱出してしまうことがあります。 挿入時は軽い痛みを伴うことが予想されます。 ミレーナの装着方法・産婦人科外来での挿入・痛み ミレーナは産婦人科の外来で、子宮の中に挿入してもらいます。 従来の避妊リングと同じく、麻酔などは基本的には行いません。 外来で、5分くらいで挿入が終わりますが、子宮の中に挿入するときは、多少痛みが伴います。 子宮の入り口を把持するときに引っ張られる感じがあり、その後子宮にミレーナを入れるときに痛みます。 痛みは人によってさまざまですが、痛みを感じる時間は数秒です。 生理を止めてしまうので、過多月経による貧血は改善され、また子宮筋腫は一時的に縮小することが知られています。 子宮腺筋症や子宮内膜症は生理がくるたびに悪化する疾患なので、生理をとめることで軽快します。 ただし、6ヶ月以上の継続治療ができないのと、使用すると2~3ヶ月で更年期症状(ほてり・動悸・不眠・うつ症状・骨塩量の低下など)が出現することがデメリットです。 閉経が近い方が逃げ込み療法として使用するのに適している方法です。 効果も同様、子宮内膜を退縮させ、月経血量を減らすことができます。 ミレーナとの違いは血液中にホルモンの濃度がある程度、上昇するので、喫煙習慣や糖尿病など血栓傾向を伴いやすい背景のある方は、使用を控えたほうがよいという点です。 また、毎日だいたい決まった時間に服用しなくてはならないので、飲み忘れやドロップアウトなどによってせっかくの薬効が充分得られないことが問題点です。 男性ホルモン作用が全くなく、子宮腺筋症や子宮内膜症の治療薬として、長期間使用することができます。 治療を開始すると、約8週間くらいをピークに不正出血してくるという副作用があります。 非常に期待される治療法です。 完全に治すという意味では、手術療法がもっとも当てはまると思われます。 子宮筋腫核出術や子宮腺筋腫切除術など子宮を温存する術式から、子宮全摘出術まで、症状やライフスタイルにあわせて術式が決定されます。 ミレーナ導入に際して 海外では、過多月経やその他の疾患に対して臨床応用され、たくさんの論文が報告されていますが、日本では、これまで避妊器具として自由診療の範囲で使用されてきました。 まだ日本では保険適応されたばかりで、情報が少ないのが現状です。 避妊器具としてはもちろんのこと、その内膜退縮作用により、過多月経を解消し、月経困難症を軽減できるのはとても魅力的ですが、やはり副作用や使用感など、主観的な評価の情報が十分ではありません。 そして、どこまで効果があるのか、他の治療法と比較してどうか、今後検討されていくと思われます。 また、ミレーナは挿入すると5年間のお付き合いになります。 不正出血や腹痛などのトラブルがおこることもあります。 心配な症状があったら、必ず主治医の先生に相談しましょう。

次の

[避妊リング]ミレーナ装着1ヶ月後!生理痛、出血増加!?筋腫発覚!?

ミレーナ デメリット

テレビ番組でミレーナや月経血カップが紹介された影響か、ミレーナに関するお問い合わせが増えているようです。 ミレーナは「ホルモン付加子宮内避妊具」として発売されたもので、現在は過多月経や月経困難症の治療の目的で保険で挿入することも可能になっています。 ミレーナに関してよくある質問をまとめてみましたので、ご参照ください。 Q:料金はどのくらいかかりますか? A:避妊目的であれば医療機関によって設定料金が異なりますが、相場はだいたい4~5万円です。 保険適応であれば、挿入時にかかる金額は3割負担の方で約1万円です。 Q:入れるのに適した時期はありますか? A:「絶対に妊娠していない時期」に挿入するという考えから、月経終わりごろに挿入することが推奨されます。 当院では月経3~7日目に挿入させていただいています。 ただし、ピルを継続的に服用されている方や、ミレーナの入れ替えの場合は月経周期と無関係に挿入できる場合もありますのでご相談ください。 Q:初診時にすぐ挿入できますか? A:上記の適した時期に受診していただければ初診時に挿入は可能です。 ただし、挿入前の超音波検査で異常所見があったり、がん検診をずっと受けていなくて先に検査をした方がよさそうな場合は、挿入時期を延期する場合もあります。 Q:出産経験がなくても入れられますか? A:子宮に大きな変形がなければ、ほとんどのケースで出産経験がなくても挿入は可能です。 ただし、子宮頸部が細くて挿入時に痛みや抵抗感がある場合がございます。 Q:挿入時に麻酔はかけますか? A:麻酔はかけず、外来で行える範囲の処置で終了します。 そのほか、気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。 以前も何度かご紹介していますが、ホルモン付加子宮内避妊具「ミレーナ」は避妊目的だけではなく、過多月経や月経困難症の治療にも使うことができます。 治療で使用する場合は保険が使えますので、挿入時の自己負担額が約10000円くらいですみます。 定期検査が年1回必要ですが、その時の超音波検査も保険で行いますから、1回の検査代は大体2000円弱ですみます。 ミレーナは5年間有効ですから、1年あたりのコストで考えると、そのほかの治療に比べて非常にリーズナブルと言えるのです。 最近ミレーナのデバイスが新しくなったので、未経産の方でも挿入しやすくなりました。 古いタイプのものは、少し外筒の太さがありましたので帝王切開の方や分娩経験のない方の場合、挿入しにくいケースがありましたが、新しいタイプのものはかなり細くなっているので挿入時の抵抗も少なくなっています。 当院でも、未経産の方に挿入するケースが増えてきましたが、今のところ未経産だからという理由で挿入できなかったケースはありません。 ミレーナは、特に40代の方にお勧めです。 避妊も月経困難症や過多月経の治療も、ピルは幅広く活用できるのですが、1つだけ「血栓症」という副作用の問題があって、40代の方にはお勧めしにくい場合もあります。 もちろん、何もリスクがない健康な方であれば、50歳までピルを服用することは可能です。 でも、40代の方で片頭痛があったり、体重が増えてきた、血圧が上がってきた、コレステロールが上がってきた…などなど、血栓症リスクを考えるとピルを第一選択にしにくいなというケースも少なくありません。 その点ミレーナは、血栓症のリスクを全く心配せずに使用することができます。 毎日薬を飲むという煩雑さもないので、挿入した方は皆さん「快適です」とおっしゃいます。 40代になると避妊も「ピルを飲むほどでは・・・」とおっしゃる方も見受けられますが、実は「妊娠を継続しない」という選択をする割合は10代と同じくらい40代でも多いのです。 確実な避妊にもなり、月経量が減って貧血の心配もなくなり、月経痛で悩まされることもなく、将来ホルモン補充療法を行いたくなったらジェルを塗るだけで済む・・・と、40代でミレーナを挿入するメリットは、実はかなり多いのです。 もちろん、挿入して3か月くらいは不正出血が見られたり、頻度は少ないですが挿入後に位置がずれたりする場合がありますので、ミレーナが万能なわけではありません。 子宮に変形がある場合は入れられないこともありますので、ミレーナを試してみたいなと思ったら、まずは婦人科で相談してみてくださいね。 子宮内避妊具(IUD の挿入にかかる費用のお問い合わせが増えてきましたので、価格表をアップします。 子宮内避妊具は、ミレーナとそれ以外で費用が異なります。 ミレーナの方が1回にかかる費用は高くなりますが、入れ替えまでの期間が5年間と、ほかの子宮内避妊具に比べて長く入れておけるため、年間の費用に換算するとご負担は少なくなります。 挿入及び入れ替えの費用には、確認のための超音波検査及び感染予防の内服薬の代金が含まれます。 この他に、初診料または再診料がかかりますので、詳しくはお電話でお問い合わせ下さいませ。 <ミレーナ以外の子宮内避妊具> 挿入のみ 31,500円 取り外しのみ 10,500円 入れ替え 39,900円 <ミレーナ> 挿入のみ 71,400円 取り外しのみ 10,500円 入れ替え 79,800円 子宮内避妊具は「リング」と呼ばれることもありますが、主に経産婦さんに使う避妊方法で、子宮内に小さな「異物」を挿入する事で着床を防ぐものです。 現在使われているものは、ピルと同じくらい確実な避妊効果を得られ、一度入れると3~5年間は入れたままなのでピルのように毎日忘れずに飲むといった煩雑さがないのがいいところですね。 子宮内避妊具の開発の歴史は案外古くて、初期のものは1920年代に作られた金属性のリングでした。 この頃のものは、まだ約8%の避妊失敗率だったそうです。 それが、プラスチック製になり、銅付加IUDになり、最新のホルモン付加IUDに改良を重ねられてきたんですね。 「ホルモン付加」とついているのは、子宮内避妊具の「柄」の部分に黄体ホルモン レボノルゲストレル が含ませてあるためです。 このホルモンの作用のおかげで、子宮内膜が厚くなるのを防ぎ、子宮の入り口の粘液の粘調度を高めます。 つまり、着床するためのベッドを薄っぺらにして着床を防ぎ、なおかつ精子を入りにくくして受精を防ぐわけです。 普通の子宮内避妊具に比べて、このホルモン作用があるおかげで避妊効果はいっそう確実なものになります。 避妊効果の指標のひとつに「パール指数」というものがありますが、正しく挿入すれば「ミレーナ」のパール指数は0. 14だそうです。 つまり、1年間ミレーナで避妊して、妊娠してしまう人は100人中0. 14人ということなんですね。 ちなみに、ピルのパール指数は0. 1、コンドームのパール指数は一般的な使用法で14~15です。 ピルや子宮内避妊具が、いかに確実な避妊方法化お分かりいただけますよね。 今まで日本で認可されていた、普通の IUDや銅付加IUDと比べて、ホルモン付加型にどんなメリットがあるのかと言うと、子宮内膜に対するホルモンの効果が期待できるという点なんですね。 しかも、薬を飲むのと違って、局所つまり子宮内膜だけにホルモンが作用し血液中のホルモンの濃度はほとんど上がらないので、例えば血圧の問題や肝機能の問題でホルモンを飲むことが出来ない方にも使うことができます。 ピルで体重増加が見られた人も、ホルモン付加IUDなら体重に変化は見られなかったそうです。 黄体ホルモンが子宮内膜に作用すると、内膜があまり分厚くならないので月経時の出血量が減ります。 それにともなって、月経痛も減ります。 挿入してから1年間で、約3割の方が無月経になっていくそうです。 つまり、出血が減りすぎて生理が来ない状態にまで持っていくことが出来るんですね。 卵巣は正常に働いていますから、ホルモンが足りなくて無月経になるわけではありません。 卵巣機能は正常なのに月経が来ないってちょっと不思議かもしれませんが、ピルを飲み続けている方の中にも自然に無月経になっていく方がいらっしゃるんですよ。 これは病的な無月経とは異なりますから心配ありません。 避妊具の使用をやめれば、またすぐに正常な月経に戻りますので、例えば出産後3年くらいは避妊しておきたいという方の場合も、避妊したい間だけミレーナを入れておき、そろそろ2人目・3人目をと思った時点で取り除けばいいので、便利なんですよ。 ちなみに、分娩後の方の避妊法として、授乳しているとピルは6ヶ月間は飲めませんが、ミレーナの場合ホルモンが血液中にほとんど入らないので授乳にも問題なく使うことが出来ます。 ただ、子宮内に異物を入れる事になるので、分娩後の子宮がちゃんと元の大きさに戻ってから使う必要があります。 WHOの基準では、分娩後6週間以降と書いてありました。 1ヶ月健診までは夫婦生活は禁止されていますから、ちょっと遅めの1ヶ月健診を受けて、子宮の戻りが問題なければその場でミレーナを挿入するのが一番スムーズかもしれませんね。 ミレーナの副作用としては、月経周期の異常や不正出血などが主なもので、約 88. 8%の方に何らかの月経異常が出現するとのことでした。 ただ、これは副作用というより、ある意味付加されているホルモンの正常な作用の結果なので、何も問題にはなりません。 大体6ヶ月間で不愉快な出血はなくなっていきます。 ピルと比較すると、とにかく入れてしまえば定期的に位置の確認をするだけで、あとは何もしなくていいということが大きなメリットですね。 ピルを毎日飲むことが難しい方にはオススメの方法です。 デメリットは、未産婦さんや子宮の入り口が狭い人には挿入しにくいということです。 特に10代や20代の出産経験のない女性では挿入が難しかったり、挿入時に痛みがあったりします。 子宮内避妊具は、出産経験がない方には使えないのかと言うとそういうわけではありません。 非常に細いものに改良されてきているので、出産していなくても使うことは出来るんですね。 ただ、入れる時の痛みは経産婦さんより大きくなります。 個人的には、未産婦さんにはまずピルをオススメしたいところですが、例えば肝臓機能が上がってしまってピルが飲めないとか、ヘビースモーカなのでピルは怖いという方は、試してみる価値はあると思います。 ミレーナもピルと同じ様に、月経量が減ったり、月経痛が改善したり、子宮外妊娠のリスクを下げたりといった「副効用」があるのも大きな特徴です。 これを利用して、避妊の目的以外にも、過多月経の治療や内膜症の術後治療や更年期のホルモン療法の補助としても広く使われているそうです。 日本では、「避妊」という効能しか認められていないので、治療目的で使う場合にも自費になりますが、ピルには抵抗があるけれど過多月経や月経痛を何とかしたいという方にはオススメしたいですね。 日本はまだまだ避妊後進国なんですが、こうやって女性が自分で出来る避妊法の選択肢が少しずつでも広がっていってくれたら望まない妊娠も中絶も、もっと減らしていけると思います。 いまだに、妊娠するかどうかの決定を男性に任せてしまっている女性が多かったり、避妊といえばコンドームだと勘違いなさっている方も多いのが現状ですが、少しずつでも正しい知識が広まればいいな~、なんて期待しています。 妊娠は望んでするものです。 出来てから悩むのではなく、本当に妊娠したいと思うまで確実な避妊をしましょう。

次の

ミレーナ(避妊リング)生理痛緩和の為に装着しました。 条件やメリットデメリットなど

ミレーナ デメリット

月経は女性の健康のバロメーター。 経血量や周期のみだれ、月経痛などから思わぬ病気がみつかることもあります 他の人と比べて経血量が多いか、少ないかというのはわかりにくいものです。 最も多い日でもナプキンを2時間おきにかえるくらいが一般的ですが、経血量が非常に多く、ふだんの生活に支障をきたすような場合を「過多月経」といいます。 ナプキンが1時間もたないほど経血量が多い、経血のなかにレバーのような血のかたまりがある、などの症状がある場合は「過多月経」がうたがわれます。 過多月経については、「」にて詳しく解説しています。 過多月経になると経血量が多くなるため貧血をになることが多く、めまいや立ちくらみ、疲れやすいなどの症状があらわれます。 原因として子宮の病気がある場合と、原因となる病気がなく、体内のホルモンや血液の状態が影響している場合とがあります。 原因となる子宮の病気には、子宮筋腫、子宮腺筋症などがあり、生殖年齢女性に多くみられます。 過多月経の治療法・ミレーナとは ミレーナは「子宮内黄体ホルモン放出システム」というもので、子宮の中に挿入する避妊リングとしてフィンランドで開発され、2014年現在、現在、既に世界では130カ国以上で、のべ2000万人を越える女性が使用しています。 ヨーロッパ諸国では、以前から子宮内膜症や子宮腺筋症に保険適応となっていたもので、日本でも2014年9月から過多月経の治療として保険適用になりました。 すでに、2007年から日本に導入されており、避妊リングとして自由診療で使用されてきました。 ミレーナの特徴は、従来の避妊リングと異なり薬剤添加により、避妊効果を発揮することです。 つまり、子宮の中に挿入しておくと、極少量ずつ、レボノルゲストレルという低用量ピルに含まれるホルモンが、ゆっくりと5年間放出されてゆき、子宮内膜を薄くして妊娠を妨ぐのです。 また、この子宮内膜を薄くするという効果が注目され、子宮内膜増殖症や子宮内膜症、子宮腺筋症といった病気への応用が期待されています。 最近では、避妊薬の低用量ピルが子宮内膜症や過多月経の治療に使われているのですが、ミレーナも上手く応用していけるツールとして期待されます。 ミレーナのメリット…副作用の少なさ、避妊率の高さも ミレーナは子宮内にのみホルモン作用があるので、血液中にはほとんどホルモンが入りません。 ピルで気になるむくみ、吐き気、頭痛等の副作用が出にくくなっています。 また、黄体ホルモン単剤なので、ピルで心配されている血栓症のリスクもなく、高血圧の方、肥満傾向の方、喫煙している方に使用しやすいという点がメリットです。 また、毎日服用するわずわらしさもありません。 一度装着をすると5年間有効であり、最初の1年以内にほとんど出血がなくなり、10人に2人の人は生理の出血自体がなくなるといわれています。 生理痛が軽くなり、生理のわずわらしさからも解放されます。 ただし、出血が無いだけで、生理を起こすような性周期は体の中で保たれます。 排卵も起こりますが、着床に必要な、子宮内膜が薄くなるため、妊娠しません。 避妊率は99. 9%で、ピルのように飲み忘れによる失敗もありません。 5年間有効ではありますが、妊娠を希望することになったら除去することにより、すぐ妊娠することが可能です。 当然、妊娠や胎児に影響はありません。 ミレーナのデメリット…初期の断続的な出血と挿入時の痛み 最初の1~3ヶ月は断続的に出血が続きます。 その量もひとそれぞれですが、これは薬剤の効果なので心配はいりません。 また、子宮内部のかたちのゆがみや変形があると脱出してしまうことがあります。 挿入時は軽い痛みを伴うことが予想されます。 ミレーナの装着方法・産婦人科外来での挿入・痛み ミレーナは産婦人科の外来で、子宮の中に挿入してもらいます。 従来の避妊リングと同じく、麻酔などは基本的には行いません。 外来で、5分くらいで挿入が終わりますが、子宮の中に挿入するときは、多少痛みが伴います。 子宮の入り口を把持するときに引っ張られる感じがあり、その後子宮にミレーナを入れるときに痛みます。 痛みは人によってさまざまですが、痛みを感じる時間は数秒です。 生理を止めてしまうので、過多月経による貧血は改善され、また子宮筋腫は一時的に縮小することが知られています。 子宮腺筋症や子宮内膜症は生理がくるたびに悪化する疾患なので、生理をとめることで軽快します。 ただし、6ヶ月以上の継続治療ができないのと、使用すると2~3ヶ月で更年期症状(ほてり・動悸・不眠・うつ症状・骨塩量の低下など)が出現することがデメリットです。 閉経が近い方が逃げ込み療法として使用するのに適している方法です。 効果も同様、子宮内膜を退縮させ、月経血量を減らすことができます。 ミレーナとの違いは血液中にホルモンの濃度がある程度、上昇するので、喫煙習慣や糖尿病など血栓傾向を伴いやすい背景のある方は、使用を控えたほうがよいという点です。 また、毎日だいたい決まった時間に服用しなくてはならないので、飲み忘れやドロップアウトなどによってせっかくの薬効が充分得られないことが問題点です。 男性ホルモン作用が全くなく、子宮腺筋症や子宮内膜症の治療薬として、長期間使用することができます。 治療を開始すると、約8週間くらいをピークに不正出血してくるという副作用があります。 非常に期待される治療法です。 完全に治すという意味では、手術療法がもっとも当てはまると思われます。 子宮筋腫核出術や子宮腺筋腫切除術など子宮を温存する術式から、子宮全摘出術まで、症状やライフスタイルにあわせて術式が決定されます。 ミレーナ導入に際して 海外では、過多月経やその他の疾患に対して臨床応用され、たくさんの論文が報告されていますが、日本では、これまで避妊器具として自由診療の範囲で使用されてきました。 まだ日本では保険適応されたばかりで、情報が少ないのが現状です。 避妊器具としてはもちろんのこと、その内膜退縮作用により、過多月経を解消し、月経困難症を軽減できるのはとても魅力的ですが、やはり副作用や使用感など、主観的な評価の情報が十分ではありません。 そして、どこまで効果があるのか、他の治療法と比較してどうか、今後検討されていくと思われます。 また、ミレーナは挿入すると5年間のお付き合いになります。 不正出血や腹痛などのトラブルがおこることもあります。 心配な症状があったら、必ず主治医の先生に相談しましょう。

次の