よーぶんあすか。 よーぶんあすかYouTubeチャンネル(あすかのパチ部屋)

【激白】スロYouTuber「よーぶんあすか」さん、セクシー女優時代の経験を語る

よーぶんあすか

1月28日に人気YouTuber・よーぶんあすかのアップした動画が、大きな注目を集めている。 動画の中で彼女は、驚きの過去を明かしたという。 「あすかはもともと、顔を隠してスロット動画などをYouTubeにアップしていました。 そんな彼女が今回、艶系ビデオに出演していた過去をカミングアウトしたのです。 さらには出演の経緯やギャラなども暴露し、動画はアクセスランキング上位にランクインするほどの注目を集めています」(ネットウォッチャー) 今回の告白にあたり、途中で泣いてしまい何度も撮り直したという彼女。 動画では、スカウトマンにより脅しに近い説得で言いくるめられ、「断ったら何かされるんじゃないか」という恐怖で出てしまったと明かした。 この動画が公開されると、ネットでは彼女へ応援の声が殺到しているという。 「動画の公開後、彼女のツイッターや動画コメント欄には『いつまでも応援します、誰がなんと言おうと女性とか性別関係なしに、あすかさんは最高の人です』『カミングアウトするには勇気や覚悟が必要だと思います。 尊敬します』と応援の声が殺到。 今や艶系女優は、大手クリニックが先日発表した女性の『なりたい芸能人・有名人顔ランキングベスト』にて、広瀬すずや橋本環奈を抑えて明日花キララが第1位になったり、国民的アイドル・嵐の松本潤は葵つかさと交際するなど、同性のあこがれの存在となっています。 そのためビデオ出演する女性に対して、職業差別をする人は少なくなっているのでしょう」(前出・ネットウォッチャー) このカミングアウトを機に、彼女のYouTuberとしての人気はさらに高まっていくかもしれない。

次の

よーぶんあすか

よーぶんあすか

スポンサーリンク よーぶんあすかさんの前職は パチスロやパチンコの動画配信でチャンネル登録数も増えて人気youtuberの仲間入りをしている「よーぶんあすか」さんが、先月の動画で衝撃のカミングアウトをしました。 以前からよーぶんあすかさんの動画を視聴しているユーザーの中にはすでに過去の職業をなんとなく感づいている方もいたようですが、言われるまでわからなかったのが本当のところです。 まさかこんなほんわかした可愛い女性が、以外にも過去にあのような職業をしていたなんて想像できませんでした。 衝撃の過去 よーぶんあすかさんの前職は「セクシー女優」で「葵こはる」という名前で1年くらい活動していたそうです。 それにしても最近のセクシー女優とその業界の裏事情があまりにも悪質ということもあって、被害に合われている女性も多いのが実情ですね。 実は、葵こはるさんもその被害に遭われた一人でもあります。 強引な出演で涙することもあった 現在はyoutuberとして活躍していて「よーぶなすか」という名前で活動しています。 2018年8月にyoutubeのチャンネルを解説して苦労の末に収益の仕組みを登録されたようです。 セクシー女優として辛かった過去 この仕事をする以前は、セクシー女優として活動していましたが興味本位で申し込んだものの、あまりにも強引な手口から、葵こはるさん自身も恐怖を感じたと話されていました。 断れないくらい威圧的な対応だった そう話している、葵こはるさんはその当時は撮影などで何度となく涙を流しそのたびに撮影が中断されたと言われていました。 強引な手口で断れなかった ・契約書にサインをさせられることが威圧的で断ると何をされるかわからなくて不安だった そのように話されている内容にあの業界で働いている女性も共感できる無いようなのではないでしょうか? スポンサーリンク セクシー女優として1500万円もらうもすべて散財 当時の出演作品のギャラを答えてくれた葵こはるさんは、そのギャラのほとんどをギャンブルなどで散財してしまったと話されています。 稼いだ収入 ギャラの総額は約1500万円ほどです。 普通に考えるとそんな大金は貯金でもして生活費に当てるという考えが当たり前の考えなのかもしれませんが、葵こはるさんは1500万円というお金の額が問題ではなかったそうです。 なぜ、そんな大金をほとんど散財してしまったのかというと、セクシー女優として出演したときにもらったお金は忘れてしまいたい過去だということでした。 とにかく一日でも早く忘れてしまいたいという思いから、1500万円という大金をすぐに浪費してしまったということでした。 まだまだグレーな業界 今でも半ば強引にセクシー女優として活動させられている女性は多いと思います。 興味本位で入った業界で、どうして良いのかもわからず誰にも相談できない女性は多いはずです。 あのような業界はかなりグレーなやり口で女性を半ば騙して出演させている会社も多いと聞きますので今後そのような女性が増えないような仕組みを作って欲しいものです。 パチ部屋閉鎖で今後は 前職のカミングアウトで衝撃的な過去を暴露した葵こはるさんですが、今後もyoutuberとして活動していく予定だということですが、最近パチ部屋を閉鎖するような話もされています。 今後は過去の職業も暴露したことですからどんどんファンも増えるのではないでしょうか? youtuberからセクシー女優になる人もいるくらいですので今後もそのような方が増えてしまうのではないかと心配です。 まとめ youtuberという職業は本当に良い職業だと思います。 パソコンさえあれば、どんな場所でもどんな過去があっても自分だけのチャンネルを作ることができるというのは自由を手に入れるために必要なものだと思います。 どんなにつらい過去があっても自分の経験として話せるということは何よりも素晴らしい職業だと思います。

次の

しんの助 (しんのすけ)

よーぶんあすか

概要 [ ] とを舞台に、ヒロイン・宮本あすか()が、父を追って職人の道に入り、での経営の失敗と幼馴染との結婚を経て、故郷で再起して新しい和菓子を作り上げるまでの約40年間の半生を描く。 最終回では総合テレビの放送時間(2000年4月1日午前8時X分)まで舞台の時間軸が同期し、テロップも表示された。 作中に「インターネット」という言葉が初めて登場した朝ドラである。 のをした作曲のオープニング『風笛(かざぶえ)』は、番組終了後の2000年6月に発売された『』に収録されたことで、視聴者以外にも広く知られることになった(本編で曲のエンディングをアレンジした複数のパターンがある。 毎回終了時には、『』の「今宵はここまで…」のように、語り役のの「続きはまた明日」「続きはまた来週」(土曜日のみ)というセリフで締めくくった。 例外として、有馬稲子が演じる志乃が亡くなった回はセリフ無し、1999年最後の回は「続きはまた来年」、老舗和菓子店「扇屋一心堂」が倒産した回はクレジットで倒産を表示しただけでセリフ無し、そして最終回では「続きはまたいつか」で締めくくった。 ドラマの舞台となった老舗和菓子店「扇屋一心堂」「正直屋」や、「扇屋一心堂」の看板菓子である「おかめまんじゅう」は、翌年の連続テレビ小説『』でも、劇中の台詞のみではあるが登場している。 1999〜2000年の平均視聴率は24. 全149回。 からまででアンコール放送。 に放送回全話を13枚のDVDとした「完全版」がポニーキャニオンから発売された。 より2000年放送の総集編がで有料動画配信されている。 放送時間が余った場合、『 ずっと忘れない』(作曲:、作詞:、歌:AIRA(現:))が放送された。 スタッフ [ ]• 原作 -• 音楽 -• 音楽プロデューサー - 伊藤圭一• オーボエ -• 語り - (藤吉志乃役を兼任)• 副音声解説 -• 京ことば指導 - (御所智恵子役を兼任)• 制作統括 - 土屋秀夫• 制作 - 山神裕• 演出 - 田村文孝、宮崎純、、六山浩一、梛川善郎、久保田充 登場人物 [ ] 扇屋一心堂 [ ]• 昭和35年生まれ。 禄太郎と京子の娘で、巌治郎と志乃の孫娘。 和菓子職人。 後に幼なじみの速田俊作と結婚する。 速田俊作(あすかの幼馴染。 後にあすかと結婚し夫となる。 速田いつか(あすかと俊作の娘、禄太郎と京子の孫娘) - 榎園実穂()• 宮本禄太郎(あすかの父で、いつかの祖父。 舞の叔父。 和菓子職人) -• 宮本(藤吉)京子(あすかの母で、いつかの祖母。 舞の叔母。 巌治郎と志乃の娘で、玉治郎の妹。 旧姓:藤吉) -• 藤吉巌治郎(玉治郎と京子の父で、あすかと舞の祖父。 いつかと愛の曾祖父。 奈良・明日香村に住む今村嘉の兄。 婿養子として「扇屋一心堂」に入り、主人となる。 旧姓:今村) -• 藤吉志乃(玉治郎と京子の母で、あすかと舞の祖母。 いつかと愛の曾祖母。 藤吉玉治郎(舞の父、あすかの伯父、京子の兄、愛の祖父) -• 愛の祖母、元芸妓。 旧姓:綾瀬) -• 玉治郎とひろこの娘で、あすかの従姉妹。 「扇屋一心堂」の職人の清川徹次と結婚する。 藤吉愛(舞と徹次の娘、玉治郎とひろこの孫娘) - 杉本友莉亜(二役)• 婿養子として、舞と結婚する。 ) -• 榎本留吉(「扇屋一心堂」最古参職人) -• 服部武春(「扇屋一心堂」職人) -• 鶴見淳(「扇屋一心堂」職人) - 京都の人々 [ ]• 寺島菊江(料亭「菊屋」主人) -• 松坂太兵衛(茶人、京都伝統芸能の重鎮) -• 松坂三郎太(太兵衛の子、京子の元婚約者) -• 御所智恵子(松坂家の使用人) -• マイケル・ブラウン(茶の世界に魅せられ、太兵衛の元で茶道を学ぶアメリカ人) - ブライアン・ホルス• 正直屋(「のれん会」会員) -• よしこ (正直屋の娘 「正直屋」の職人、工場長) -• ユミ(「正直屋」職人) -• ヒトミ(「正直屋」職人) -• 桂月(「のれん会」会長) - (のちの二代目露の五郎兵衛)• 御伊志堂(「のれん会」会員) -• 本家廣松(「のれん会」会員) -• 一色斎新月(京都の新興和菓子屋の主人 後に「のれん会」入会、副会長を務める) -• 越坂部(俊作の大学の先輩) -• 横田(俊作、舞の会社の先輩) -• 花岡部長(俊作、会社の上司) - 中山正• 重田(「京都嵐山ホテル」支配人) -• 中西(「京都百貨店」従業員) -• マスター塩崎(名曲喫茶「しゃべらんて」マスター) - 峯尾進(現:)• 桑田(バー「リバーサイド」店長) -• 瀬川洋子(技術技師) -• 日高秀明(経歴不明の経営コンサルタント) -• 玉木佐和子(西陣老舗の女将「扇屋一心堂」の後援者) - 奈良・明日香村の人々 [ ]• 今村嘉(巌治郎の妹、玉治郎と京子の叔母。 あすかの伯叔祖母にあたる。 奈良・在住) -• 今村誠一(嘉の子で、道代の夫。 あすかのいとこ叔父にあたる) -• 今村道代(誠一の妻。 あすかのいとこ叔母にあたる) -• 山際先生(あすかの小学生時代の恩師) -• 速田圭介(俊作の叔父で、いつかの伯叔祖父にあたる) -• 俊作似の少年 - 浅利陽介(二役、最終回のみ登場) 脚注 [ ] [] 注釈・出典 [ ].

次の