三鷹 市立 第 二 中学校。 三鷹市立第二中学校とは

三鷹市 |三鷹市立小・中学校の通学区域【中学校】

三鷹 市立 第 二 中学校

概要 [ ]• 本校は、1972年4月に長橋中学校と七和中学校が統合して設立された学校である。 沿革 [ ]• (47年)• - 五所川原市は、七和・長橋両中学校を統合、五所川原第二中学校と称し、豊成字田子の浦70番地に校舎を置く事を決定。 - 決定。 - 創立。 但し、この時点では、は統合せず、長橋中学校が本校、七和中学校が分校として存続。 - 新校舎敷地内に松135本植樹。 (昭和48年)• - B棟校舎竣工。 - A棟校舎竣工。 (昭和49年)• - 制定。 - 七和分校が長橋本校に統合し、名実ともに完全統合。 - 校舎新築落成記念式典挙行。 (昭和50年) - ・校旗掲揚台建立。 (昭和51年)9月30日 - 野球場整備、排水溝堀削。 (昭和52年) - 技術室完成。 (昭和53年) - 場整備、排水溝堀削。 (昭和54年) - 完成。 (昭和56年) - 創立10周年記念式典挙行。 (昭和57年)• - 前庭通学路一部舗装。 - 小屋完成。 (昭和58年) - 廊下雨具掛け整備。 (昭和60年) - 校舎・教室鉄板溶接。 (昭和61年) - 部活用具小屋完成。 (昭和62年)• - 技術室・柔道室鉄骨塗装修理。 - 校舎のトタンを一部張替。 - 、戸沢・若山方面にも運行。 (昭和63年) - 自転車置場鉄骨塗装工事完了。 (元年)• - 修理。 - 消火水中ポンプ取り替え。 - のタイルを張り替え。 - 道路拡張により、松の木を移植。 - プールフェンス塗装。 - 道路拡張による(道路)用地売渡。 - 前庭舗装。 (平成2年)• - 21台導入。 - 体育用具準備室新築。 (平成3年)• - 創立20周年記念式典挙行。 - により、屋根や破損の被害が出た。 - 創立20周年記念石碑除幕式・竣工式。 - 台風19号被害の屋根トタン修理完了。 (平成4年) - 学校案内立て看板設置。 (平成5年) - 技術室渡り廊下一部補修。 (平成6年)• - 体育館渡り設置。 美術室屋根トタン修理。 2階男女トイレ一部修理・改築(車椅子用)。 生徒玄関を一部車椅子用に変更。 - 浄化槽ブロイラー1台設置。 (平成7年)• - 新校舎建築。 - 野球部室改修。 - 保健室にカーテン設置。 - 草刈り機1台購入。 - 職員玄関看板書き換え。 - 野里小学校から払い下げたを外庭に設置。 - 体育館入口にシャッターを取付。 - 体育館緞帳のワイヤー取り替え。 (平成8年)• - 男子2階トイレ修理。 - 体育館消火栓がバルブ凍結のため、取り替え。 - 1Bカーテン新設。 - 紅白式幕(4幕)が卒業生より、寄贈される。 - 机・椅子40脚を新たに補充。 4月1日 - 学校警備を警備員から機械警備に変更。 - 消火栓バルブ工事。 - 生徒指導看板設置。 - 庭木用自動噴霧器購入。 - 調理室冷蔵庫を学校備品として購入。 - スポット・ワイヤレスアンプ・スライドを教材備品として設置。 - 外庭物置小屋補修修理完了。 (平成9年)• - 上水道切り替え一部完了。 - 牛乳保冷庫設置。 - 1B・会議室カーテン取替。 - 机椅子セットで40人分配置。 - 体育館照明7個取替。 - 印刷機設置。 - 視聴覚室暗幕設置。 - 県の景観事業により、中庭に1本植樹。 - 脚立2機と剪定用はさみ40丁購入。 - 陸上競技部部室・サッカー部部室にシャッター取付。 野球部部室・サッカー部部室のドアアルミ板部分取替。 - 奉仕作業により、校舎内の一部にペンキ塗装。 PTAと後援会により、プールに有刺鉄線取付。 - サッカーゴール新設。 - まで、A棟上水道改修工事。 下水管全面改修。 11月14日 - ・外庭便所への新設。 (平成10年)• - 平成9年度卒業生より、パイプ椅子24脚寄贈。 - 体育館照明3ヶ所取替。 - 体育館外壁ペンキ塗装。 - プール濾過層フェルター購入。 - 門柱補修。 - ジェットヒーター購入。 (平成11年)• - 平成10年度卒業生より、パイプ椅子26脚寄贈。 - プログラムチャイム購入。 - PTA奉仕作業により、藤棚補修。 同日、バスケットボールのバックボード設置。 - スチール書庫2個購入。 (平成12年)• - 平成11年度卒業生より、パイプ椅子30脚寄贈。 - 設置。 - 図書室内壁のペンキ塗り実施。 (平成13年)• - 平成12年度卒業生より、パイプ椅子20脚寄贈。 - 個人から、紅白幕2幕寄贈。 - 30周年記念式典挙行。 パソコン・卓球台が寄贈される。 (平成14年)• - 平成13年度卒業生より、紅白幕・書棚が寄贈される。 - 個人から、紅白幕2幕寄贈。 (平成15年)• - 平成14年度卒業生より、会議用テーブル7脚寄贈。 - 個人から、校舎案内板寄贈。 - 沿いに、学校案内柱設置。 (平成16年)• 3月13日 - 平成15年度卒業生より、大型スクリーン一式寄贈。 - の強風被害で破損した、音楽室屋根トタン修理完了。 - 自転車置場が腐食により、一部解体。 - 強風により、野球場三塁側ベンチと校舎屋根数ヶ所破損。 (平成17年)• - 前年12月の強風被害で破損した、野球場三塁側ベンチ修繕。 - 2階男子トイレ換気扇を交換。 - 強風により、A棟屋根トタン剥離。 - 強風により、A棟北側軒が3~4m落下。 (平成18年)• - マシン(卓球ロボット)購入。 - 職員室玄関に画面付インターホンが設置される。 (平成23年) - 豊成地区から羽野木沢地区の旧東校舎(元:)校舎に移転、同日に本校体育館にて記念式典を挙行。 なお、豊成地区の旧校舎は、福山・豊成・俵元地区の災害時などの避難所として使用される。 学区 [ ]• 豊成、神山、野里、福山、戸沢、松野木、羽野木沢、原子、俵元、持子沢、高野、前田野目の各地区。 アクセス [ ]• 五所川原市中心部から車で約12km・約20分。 から、と経由して、車で約4. 6km・約7分。 なお、津軽自動車道は学校の近くを通るが、近くには無い。 「原子」下車後、徒歩約1. 8km・約27分。 なお、「二中校通り」バス停を通る弘南バスは、(2年)に廃止された。 参考資料 [ ]• 『平成19年度五所川原市立五所川原第二中学校学校要覧』(五所川原市立五所川原第二中学校発行)の4頁~6頁「2 学校沿革の概要」。 「教育 - 教育行政」『東奥年鑑』東奥日報社、1973年9月、231頁。 「中学校 -五所川原市・十和田市・三沢市」『東奥年鑑』東奥日報社、1973年9月、531頁。 「教育 - 教育概観・教育行政」『東奥年鑑』東奥日報社、1975年9月、234頁。 脚注 [ ]• - 五所川原市・平成30年1月改定(11頁に建設時期の記載あり)• [ ] - 47NEWS写真ニュース(2011年8月25日8時46分配信)• [ ] - nico-navi 関連項目 [ ]• - 通学区域が本校と同じ市立。 外部リンク [ ]• - 五所川原市ホームページ• - 五所川原市ホームページ• この項目は、のに関連した です。

次の

三鷹市立第二中学校

三鷹 市立 第 二 中学校

概要 [ ]• 本校は、1972年4月に長橋中学校と七和中学校が統合して設立された学校である。 沿革 [ ]• (47年)• - 五所川原市は、七和・長橋両中学校を統合、五所川原第二中学校と称し、豊成字田子の浦70番地に校舎を置く事を決定。 - 決定。 - 創立。 但し、この時点では、は統合せず、長橋中学校が本校、七和中学校が分校として存続。 - 新校舎敷地内に松135本植樹。 (昭和48年)• - B棟校舎竣工。 - A棟校舎竣工。 (昭和49年)• - 制定。 - 七和分校が長橋本校に統合し、名実ともに完全統合。 - 校舎新築落成記念式典挙行。 (昭和50年) - ・校旗掲揚台建立。 (昭和51年)9月30日 - 野球場整備、排水溝堀削。 (昭和52年) - 技術室完成。 (昭和53年) - 場整備、排水溝堀削。 (昭和54年) - 完成。 (昭和56年) - 創立10周年記念式典挙行。 (昭和57年)• - 前庭通学路一部舗装。 - 小屋完成。 (昭和58年) - 廊下雨具掛け整備。 (昭和60年) - 校舎・教室鉄板溶接。 (昭和61年) - 部活用具小屋完成。 (昭和62年)• - 技術室・柔道室鉄骨塗装修理。 - 校舎のトタンを一部張替。 - 、戸沢・若山方面にも運行。 (昭和63年) - 自転車置場鉄骨塗装工事完了。 (元年)• - 修理。 - 消火水中ポンプ取り替え。 - のタイルを張り替え。 - 道路拡張により、松の木を移植。 - プールフェンス塗装。 - 道路拡張による(道路)用地売渡。 - 前庭舗装。 (平成2年)• - 21台導入。 - 体育用具準備室新築。 (平成3年)• - 創立20周年記念式典挙行。 - により、屋根や破損の被害が出た。 - 創立20周年記念石碑除幕式・竣工式。 - 台風19号被害の屋根トタン修理完了。 (平成4年) - 学校案内立て看板設置。 (平成5年) - 技術室渡り廊下一部補修。 (平成6年)• - 体育館渡り設置。 美術室屋根トタン修理。 2階男女トイレ一部修理・改築(車椅子用)。 生徒玄関を一部車椅子用に変更。 - 浄化槽ブロイラー1台設置。 (平成7年)• - 新校舎建築。 - 野球部室改修。 - 保健室にカーテン設置。 - 草刈り機1台購入。 - 職員玄関看板書き換え。 - 野里小学校から払い下げたを外庭に設置。 - 体育館入口にシャッターを取付。 - 体育館緞帳のワイヤー取り替え。 (平成8年)• - 男子2階トイレ修理。 - 体育館消火栓がバルブ凍結のため、取り替え。 - 1Bカーテン新設。 - 紅白式幕(4幕)が卒業生より、寄贈される。 - 机・椅子40脚を新たに補充。 4月1日 - 学校警備を警備員から機械警備に変更。 - 消火栓バルブ工事。 - 生徒指導看板設置。 - 庭木用自動噴霧器購入。 - 調理室冷蔵庫を学校備品として購入。 - スポット・ワイヤレスアンプ・スライドを教材備品として設置。 - 外庭物置小屋補修修理完了。 (平成9年)• - 上水道切り替え一部完了。 - 牛乳保冷庫設置。 - 1B・会議室カーテン取替。 - 机椅子セットで40人分配置。 - 体育館照明7個取替。 - 印刷機設置。 - 視聴覚室暗幕設置。 - 県の景観事業により、中庭に1本植樹。 - 脚立2機と剪定用はさみ40丁購入。 - 陸上競技部部室・サッカー部部室にシャッター取付。 野球部部室・サッカー部部室のドアアルミ板部分取替。 - 奉仕作業により、校舎内の一部にペンキ塗装。 PTAと後援会により、プールに有刺鉄線取付。 - サッカーゴール新設。 - まで、A棟上水道改修工事。 下水管全面改修。 11月14日 - ・外庭便所への新設。 (平成10年)• - 平成9年度卒業生より、パイプ椅子24脚寄贈。 - 体育館照明3ヶ所取替。 - 体育館外壁ペンキ塗装。 - プール濾過層フェルター購入。 - 門柱補修。 - ジェットヒーター購入。 (平成11年)• - 平成10年度卒業生より、パイプ椅子26脚寄贈。 - プログラムチャイム購入。 - PTA奉仕作業により、藤棚補修。 同日、バスケットボールのバックボード設置。 - スチール書庫2個購入。 (平成12年)• - 平成11年度卒業生より、パイプ椅子30脚寄贈。 - 設置。 - 図書室内壁のペンキ塗り実施。 (平成13年)• - 平成12年度卒業生より、パイプ椅子20脚寄贈。 - 個人から、紅白幕2幕寄贈。 - 30周年記念式典挙行。 パソコン・卓球台が寄贈される。 (平成14年)• - 平成13年度卒業生より、紅白幕・書棚が寄贈される。 - 個人から、紅白幕2幕寄贈。 (平成15年)• - 平成14年度卒業生より、会議用テーブル7脚寄贈。 - 個人から、校舎案内板寄贈。 - 沿いに、学校案内柱設置。 (平成16年)• 3月13日 - 平成15年度卒業生より、大型スクリーン一式寄贈。 - の強風被害で破損した、音楽室屋根トタン修理完了。 - 自転車置場が腐食により、一部解体。 - 強風により、野球場三塁側ベンチと校舎屋根数ヶ所破損。 (平成17年)• - 前年12月の強風被害で破損した、野球場三塁側ベンチ修繕。 - 2階男子トイレ換気扇を交換。 - 強風により、A棟屋根トタン剥離。 - 強風により、A棟北側軒が3~4m落下。 (平成18年)• - マシン(卓球ロボット)購入。 - 職員室玄関に画面付インターホンが設置される。 (平成23年) - 豊成地区から羽野木沢地区の旧東校舎(元:)校舎に移転、同日に本校体育館にて記念式典を挙行。 なお、豊成地区の旧校舎は、福山・豊成・俵元地区の災害時などの避難所として使用される。 学区 [ ]• 豊成、神山、野里、福山、戸沢、松野木、羽野木沢、原子、俵元、持子沢、高野、前田野目の各地区。 アクセス [ ]• 五所川原市中心部から車で約12km・約20分。 から、と経由して、車で約4. 6km・約7分。 なお、津軽自動車道は学校の近くを通るが、近くには無い。 「原子」下車後、徒歩約1. 8km・約27分。 なお、「二中校通り」バス停を通る弘南バスは、(2年)に廃止された。 参考資料 [ ]• 『平成19年度五所川原市立五所川原第二中学校学校要覧』(五所川原市立五所川原第二中学校発行)の4頁~6頁「2 学校沿革の概要」。 「教育 - 教育行政」『東奥年鑑』東奥日報社、1973年9月、231頁。 「中学校 -五所川原市・十和田市・三沢市」『東奥年鑑』東奥日報社、1973年9月、531頁。 「教育 - 教育概観・教育行政」『東奥年鑑』東奥日報社、1975年9月、234頁。 脚注 [ ]• - 五所川原市・平成30年1月改定(11頁に建設時期の記載あり)• [ ] - 47NEWS写真ニュース(2011年8月25日8時46分配信)• [ ] - nico-navi 関連項目 [ ]• - 通学区域が本校と同じ市立。 外部リンク [ ]• - 五所川原市ホームページ• - 五所川原市ホームページ• この項目は、のに関連した です。

次の

五所川原市立五所川原第二中学校

三鷹 市立 第 二 中学校

概要 [ ]• 本校は、1972年4月に長橋中学校と七和中学校が統合して設立された学校である。 沿革 [ ]• (47年)• - 五所川原市は、七和・長橋両中学校を統合、五所川原第二中学校と称し、豊成字田子の浦70番地に校舎を置く事を決定。 - 決定。 - 創立。 但し、この時点では、は統合せず、長橋中学校が本校、七和中学校が分校として存続。 - 新校舎敷地内に松135本植樹。 (昭和48年)• - B棟校舎竣工。 - A棟校舎竣工。 (昭和49年)• - 制定。 - 七和分校が長橋本校に統合し、名実ともに完全統合。 - 校舎新築落成記念式典挙行。 (昭和50年) - ・校旗掲揚台建立。 (昭和51年)9月30日 - 野球場整備、排水溝堀削。 (昭和52年) - 技術室完成。 (昭和53年) - 場整備、排水溝堀削。 (昭和54年) - 完成。 (昭和56年) - 創立10周年記念式典挙行。 (昭和57年)• - 前庭通学路一部舗装。 - 小屋完成。 (昭和58年) - 廊下雨具掛け整備。 (昭和60年) - 校舎・教室鉄板溶接。 (昭和61年) - 部活用具小屋完成。 (昭和62年)• - 技術室・柔道室鉄骨塗装修理。 - 校舎のトタンを一部張替。 - 、戸沢・若山方面にも運行。 (昭和63年) - 自転車置場鉄骨塗装工事完了。 (元年)• - 修理。 - 消火水中ポンプ取り替え。 - のタイルを張り替え。 - 道路拡張により、松の木を移植。 - プールフェンス塗装。 - 道路拡張による(道路)用地売渡。 - 前庭舗装。 (平成2年)• - 21台導入。 - 体育用具準備室新築。 (平成3年)• - 創立20周年記念式典挙行。 - により、屋根や破損の被害が出た。 - 創立20周年記念石碑除幕式・竣工式。 - 台風19号被害の屋根トタン修理完了。 (平成4年) - 学校案内立て看板設置。 (平成5年) - 技術室渡り廊下一部補修。 (平成6年)• - 体育館渡り設置。 美術室屋根トタン修理。 2階男女トイレ一部修理・改築(車椅子用)。 生徒玄関を一部車椅子用に変更。 - 浄化槽ブロイラー1台設置。 (平成7年)• - 新校舎建築。 - 野球部室改修。 - 保健室にカーテン設置。 - 草刈り機1台購入。 - 職員玄関看板書き換え。 - 野里小学校から払い下げたを外庭に設置。 - 体育館入口にシャッターを取付。 - 体育館緞帳のワイヤー取り替え。 (平成8年)• - 男子2階トイレ修理。 - 体育館消火栓がバルブ凍結のため、取り替え。 - 1Bカーテン新設。 - 紅白式幕(4幕)が卒業生より、寄贈される。 - 机・椅子40脚を新たに補充。 4月1日 - 学校警備を警備員から機械警備に変更。 - 消火栓バルブ工事。 - 生徒指導看板設置。 - 庭木用自動噴霧器購入。 - 調理室冷蔵庫を学校備品として購入。 - スポット・ワイヤレスアンプ・スライドを教材備品として設置。 - 外庭物置小屋補修修理完了。 (平成9年)• - 上水道切り替え一部完了。 - 牛乳保冷庫設置。 - 1B・会議室カーテン取替。 - 机椅子セットで40人分配置。 - 体育館照明7個取替。 - 印刷機設置。 - 視聴覚室暗幕設置。 - 県の景観事業により、中庭に1本植樹。 - 脚立2機と剪定用はさみ40丁購入。 - 陸上競技部部室・サッカー部部室にシャッター取付。 野球部部室・サッカー部部室のドアアルミ板部分取替。 - 奉仕作業により、校舎内の一部にペンキ塗装。 PTAと後援会により、プールに有刺鉄線取付。 - サッカーゴール新設。 - まで、A棟上水道改修工事。 下水管全面改修。 11月14日 - ・外庭便所への新設。 (平成10年)• - 平成9年度卒業生より、パイプ椅子24脚寄贈。 - 体育館照明3ヶ所取替。 - 体育館外壁ペンキ塗装。 - プール濾過層フェルター購入。 - 門柱補修。 - ジェットヒーター購入。 (平成11年)• - 平成10年度卒業生より、パイプ椅子26脚寄贈。 - プログラムチャイム購入。 - PTA奉仕作業により、藤棚補修。 同日、バスケットボールのバックボード設置。 - スチール書庫2個購入。 (平成12年)• - 平成11年度卒業生より、パイプ椅子30脚寄贈。 - 設置。 - 図書室内壁のペンキ塗り実施。 (平成13年)• - 平成12年度卒業生より、パイプ椅子20脚寄贈。 - 個人から、紅白幕2幕寄贈。 - 30周年記念式典挙行。 パソコン・卓球台が寄贈される。 (平成14年)• - 平成13年度卒業生より、紅白幕・書棚が寄贈される。 - 個人から、紅白幕2幕寄贈。 (平成15年)• - 平成14年度卒業生より、会議用テーブル7脚寄贈。 - 個人から、校舎案内板寄贈。 - 沿いに、学校案内柱設置。 (平成16年)• 3月13日 - 平成15年度卒業生より、大型スクリーン一式寄贈。 - の強風被害で破損した、音楽室屋根トタン修理完了。 - 自転車置場が腐食により、一部解体。 - 強風により、野球場三塁側ベンチと校舎屋根数ヶ所破損。 (平成17年)• - 前年12月の強風被害で破損した、野球場三塁側ベンチ修繕。 - 2階男子トイレ換気扇を交換。 - 強風により、A棟屋根トタン剥離。 - 強風により、A棟北側軒が3~4m落下。 (平成18年)• - マシン(卓球ロボット)購入。 - 職員室玄関に画面付インターホンが設置される。 (平成23年) - 豊成地区から羽野木沢地区の旧東校舎(元:)校舎に移転、同日に本校体育館にて記念式典を挙行。 なお、豊成地区の旧校舎は、福山・豊成・俵元地区の災害時などの避難所として使用される。 学区 [ ]• 豊成、神山、野里、福山、戸沢、松野木、羽野木沢、原子、俵元、持子沢、高野、前田野目の各地区。 アクセス [ ]• 五所川原市中心部から車で約12km・約20分。 から、と経由して、車で約4. 6km・約7分。 なお、津軽自動車道は学校の近くを通るが、近くには無い。 「原子」下車後、徒歩約1. 8km・約27分。 なお、「二中校通り」バス停を通る弘南バスは、(2年)に廃止された。 参考資料 [ ]• 『平成19年度五所川原市立五所川原第二中学校学校要覧』(五所川原市立五所川原第二中学校発行)の4頁~6頁「2 学校沿革の概要」。 「教育 - 教育行政」『東奥年鑑』東奥日報社、1973年9月、231頁。 「中学校 -五所川原市・十和田市・三沢市」『東奥年鑑』東奥日報社、1973年9月、531頁。 「教育 - 教育概観・教育行政」『東奥年鑑』東奥日報社、1975年9月、234頁。 脚注 [ ]• - 五所川原市・平成30年1月改定(11頁に建設時期の記載あり)• [ ] - 47NEWS写真ニュース(2011年8月25日8時46分配信)• [ ] - nico-navi 関連項目 [ ]• - 通学区域が本校と同じ市立。 外部リンク [ ]• - 五所川原市ホームページ• - 五所川原市ホームページ• この項目は、のに関連した です。

次の