内祝い お礼 メール。 出産祝いのお返しをもらったら、お礼は必要なの?

内祝いのお礼はどうやってする?ベストな手段を教えます|mamagirl [ママガール]

内祝い お礼 メール

出産祝いを贈ったら、そのお祝いを贈った相手から出産内祝いをお返しされる事になるでしょう。 このように出産内祝いが届いたら、内祝い 出産 お礼を述べる必要があるでしょう。 今の時代ですから、電話やメールで済ませる人がほとんどではないでしょうか?では電話で内祝い 出産 お礼を述べる時のマナーとしては、まず出産内祝いが届いたという事をお伝えし、それに対しての感謝の気持ちを手短に伝えるようにしましょう。 産後は何かと忙しいでしょうし、身体も充分に回復していないかもしれません。 ですから、長々とお話しするのではなく手短に切り上げるのがマナーです。 ですが手短と言っても、出産内祝いでお返しして貰った品の感想は一言伝えてあげる方が丁寧でしょう。 最近は内祝いにカタログギフトを選ぶ人が増えています。 以前はタオルや食器などの日用品やお菓子、コーヒーなどの飲食物が多かったのですが、好みに左右されないカタログギフトが今となってはだんぜん人気です。 このようにカタログギフトをお返しで受け取ったなら、「カタログギフトから~の品を選ばせて貰おうと思っています」なんて一言を添えると、お返しした側も、「喜んで貰えたんだ」と安心してくれるでしょう。 出産内祝いに添えるお礼の手紙の書き方 出産したら周りの人達(親族や友人など)から出産祝いを頂く事になるでしょう。 このように出産祝いを貰ったら、その出産祝いに対して出産内祝いをお返しする事になります。 この出産内祝いですが、産後は何かと大変だとは思いますが、お宮参りを済ませる頃、つまり1ヶ月以内にはお返し出来るように前持って準備しておくといいでしょう。 又、この出産内祝いの相場としては、受け取った出産祝いの半分から3分の1程度の品をお返しするのが一般的です。 この出産内祝いにはのしを付けてお返しするのがマナーです。 ここで使用するのしは、紅白蝶結びの水引が付いたのしを選びます。 そしてこの水引の上に「出産内祝」か「内祝」という文字を入れ、水引の下に子供の名前を入れるのが一般的です。 そして内祝い 出産 お礼の手紙も添えるようにしましょう。 この内祝い 出産 お礼の手紙には受け取った出産祝いへのお礼、子供の名前の由来、今後のお付き合いのお願い、出産内祝いを贈らせて貰う事の報告などを書きます。 この出産内祝いにおすすめの品としては、カタログギフトがあります。 カタログギフトなら、お返しした人それぞれに好みの品、必要な品を選んで貰う事が出来ます。 出産祝いを貰ったら遅くても1ヶ月以内にはそのお返しである出産内祝いを贈るようにしましょう。 この出産内祝いですが、相場として、貰った出産祝いの半分から3分の1程度の品を返すのが一般的とされています。 よく選ばれる品としては、タオルや食器などの日用品や、お菓子やコーヒーなどの飲食物があります。 ですが、最近は、カタログギフトを選ぶ人が増えています。 日用品や飲食物はお返しとして無難な品とは言え、人によっては使わない人もいるでしょうし、1人暮らしの人だとそもそも余って困るという人もいるかもしれません。 そのような事を考えると、カタログギフトならその人の好みや状況に合わせてそれぞれが必要な品を選んで貰う事が出来るのです。 このように日用品や飲食物をお返しするにせよ、カタログギフトをお返しするにせよ、きちんとのしを付け、又内祝い 出産 お礼の手紙を添えてお返しするようにしましょう。 この内祝い 出産 お礼の手紙の例文としては、「この度は子供の誕生においてお気遣いいただきありがとうございました。 名前は~(ふりがな)と名付けました。 心ばかりの品をお贈りさせていただきます。 お近くにお越しの際はお立ち寄りください。 」などです。 これは1つの例文に過ぎないので、目上の方などには時候の挨拶などを入れましょう。

次の

【文例つき】気持ちを伝える、お土産や差し入れのお礼メッセージ

内祝い お礼 メール

届きましたと連絡します。 なにもしないと届いたか心配すると思うので。 メールで。。 届いたということを伝えたほうが安心すると思うからです。 送った側のときは、連絡をくれない人もいましたが、するべきだと思います。 その後の様子(出産や入学なら)も伺えますしね。 殆どは電話でしますね。 一応連絡はするかな。 特にこだわりはないです。 お礼を言わない方が非常識です。 連絡しないほうが非常識です。 自分が送った側の立場としたら ちゃんと届いたのかどうか不安になりますから。 電話でお礼をくれた人には、電話で内祝いのお品が届きました、と報告します。 メールを知らない時は電話で「内祝いが届きました。 ありがとうございます」と連絡を入れます。 ちゃんと届いたという意味ですかね。 普通の事かと思っていましたが、しない人もいるんですね。 受け取った本人から感謝の気持ちを伝えて来れば十分です。 お礼に対するお礼とか、難しくは考えないです。 物を贈ってもらったら、無事についたという事の報告と、素直にありがとう、と伝えたいので。 ありがとう。 と電話します。 それはお礼にたいするお礼ではなくて、品物がちゃんと届いたよという連絡です。 今はメールなどで「届きました。 お気遣いありがとうございます」程度を伝えればいいと思いますよ。 なのでお礼もしていますね。 メールとか簡単な感じです。 自分が送る立場ならお礼よりも届いたかどうかは気になるので。 別にお礼に対するお礼でも良いと思います。 物を贈って貰って有難うと連絡するのが、間違っているとは思わないです。 お礼に対するお礼とか、難しく考えた事はないです。 何かを贈って貰ったら、無事に着きました、ありがとう、という気持ちは伝えたいと思うので。 正式なマナーはわかりませんけど、お礼を言われて迷惑だったと思ったり、気分を害する人なんていないと思います。 お祝をいただいた時には連絡しますが、内祝いに対しては相手からのお返しだからと、連絡したことはないです。 連絡をされている人が多くて驚いてます。 私、失礼なことをしてきたかもしれません。 気を遣ってもらって、贈って貰ってありがとう、という気持ちです。 そんなお礼に対するお礼は変とか、屁理屈だなって思います。 それよりも素直にありがとうという言葉があったほうが、贈ったほうも、贈られたほうも、気持ちよいと思いますね。 でも、お礼のお礼は変だと言われたことはあります。 だけど、届いたよ、お気遣いありがとうといわれて、嫌な気持ちになる人っているでしょうか。 なので、お礼の連絡は変です。 「届きましたよ。 ごていねいにありがとうございます」という気持ちの連絡ならよいと思いますが。 届いたと言う連絡をするのは、礼儀だと思います。 きちんと届いたという確認にもなるので安心すると思うので。 でも、私としては、この意見にはちょっと反対。 内祝いが届いた時でも、必ず先方に連絡を入れています。 お礼というより、「無事届きましたよ。 」という報告ですね。 私が内祝いを贈った側だったら、ちゃんと受け取ったのか何となく気になりますし、形式的だとしても「お気遣いありがとう。 」と言ってもらえたら、やはり嬉しく、気持ちがよいものです。 こういった、一見無駄そうな ちょっとしたコミニュケーションって、人間関係の上で、とても大切ではないかなぁと思います。 うちは、本人にもお礼言わせてます。 お礼に対するお礼ですからしなくてもマナー的に悪くはないと思いますから連絡してこないからと相手を悪く言うものでもないです。 御礼はわざわざ言ってこなくてもいいのよと言う人はいると思います。 内祝いとお祝いを送るのでは御礼は違うと思います。 無事に届いたという報告でもありますからね。 でも私も、内祝いに対するお礼は変だよ、と言われた事はあります。 なので、そう思っている人もいるようです。 難しいですね。 お礼はいいますが、届いたよという報告です。 と電話なりメールなりします。 マナーはわかりませんけどそうしたほうがお互いに気持ちよいと思います。 以前自分が内祝いを貰って連絡したら、「お礼に対するお礼はおかしいから、私のところなら良いけど、他の人にはしない方がいい」と言われました。 義妹は教師です。 その時に友人などに聞いてみましたが、皆内祝いであろうがなんであろうが、贈ってきたら連絡するよと言っていたので、安心しました。 一応、お礼を言いますね。 でも私も、内祝いに対するお礼は不要、と言われた事があります。 以前ここのスレでも、そう書いていた人を見た事があります。 なので、そう思っている人もいるのだろうと思います。 でもやはり、届いたら連絡したいなと思いますけどね、私は。 でも、夫の妹の所は、内祝いに対しては、絶対に連絡して来ないです。 夫がさりげなく、届いた?と聞いた事があるのですが、その時に「内祝い自体がお礼なんだから、お礼に対するお礼なんて普通しないもの」と言われたそうです。 義妹夫婦は、どちらも中学校の教師ですが。 だからそういう考えの人もいるとオッもいますが、私はやはり、物を貰ってお礼の連絡もしないという事は、できないです。 でも、私の弟夫婦の所は、してきません。 お礼のお礼は不要でしょ、と以前言われました。 だから、そういう考えの人もいると思います。 何かを頂いたら連絡するのは当然です。 贈ったほうとしては、やはり無事に着いたかどうか、気になると思うので。

次の

【文例つき】気持ちを伝える、お土産や差し入れのお礼メッセージ

内祝い お礼 メール

「祝儀の返礼として内祝いを贈ったのだからそれに対する返信自体が本来不要。 だからそれに対する返信も不要」という回答と「メールでは簡単すぎるから電話で」という回答が付いています。 両極端ですね。 ただこの二人は「自分の思い込みを絶対の正義と定義付け、斜め上から自分の価値観を押し付ける回答者」です。 そのような自己顕示欲と承認欲求の強い偏執狂に振り回されても質問者様の気持ちを届けることなど出来ません。 まず「内祝いは祝儀への返礼」ではありません。 「内」祝いと言っていますよね? まさに読んで字の如し。 これは「自分にとってめでたいことがあった時に『内々の祝い事として』親しい方やお世話になった方に贈る自祝い」のことを言います。 そうした性質上お祝いを頂いていない方にも贈ります。 確かに「祝儀を贈った後に内祝いが贈られた」というケースならそれについて「礼状を送らなくてもいい」という考え方はあってもいいですが、それは「礼状を送る必要はない。 送ってはならない」という話ではありません。 「届きました。 ありがとう」と伝えることはごくごく普通の感情です。 ですから「あちらが「内祝」のお礼を わざわざ言ってよこしたことに発端の原点がある」などと品のない決めつけをするものではありません。 質問者様としても「それに対するご挨拶」までは「しなくてもいい」ですが、気持ちとして伝えたいメッセージがあるならそれを伝えることは別に悪いことではありません。 また「メールではなく電話で」というのも「絶対にそうすべき」という強い規定とは思えません。 本来なら直接出向いてご挨拶をするのが望ましいわけです。 ただそれが叶わないときに、電話や手紙、メール、LINEなど様々な通信インフラを用いてその気持ちを伝えるという話。 「自分にとってはメールより電話の方が価値が高い」と考える先の回答者がそうすることは否定も批判もしませんが、だからとって「全ての人間が電話をするべきだ」と押し付けることではありません。 先方との関係性やお互いの考え方などにより、メールでも感謝の気持ちを示せるということなどいくらでもあります。 少なくとも質問者様が現在想定しているやり方やその内容についてもなにひとつ問題となる要素はありません。 思い込みの強い一部偏執狂の偏った意見に振り回されないようにすることです。

次の