インスリン 注射 手順。 ペン型インスリン注射器の皮下注射方法が知りたい|ハテナース

インスリン注射の役割と種類、名前や効果時間と数値の意味など解説

インスリン 注射 手順

2型糖尿病の多くは進行性で、持効型インスリン製剤に加え超速効型インスリン製剤を注射する「強化インスリン療法」が必要となる患者は多い。 血糖をコントロールするため、持効型インスリン製剤に加え超速効型インスリン製剤を併用する場合、注射回数が増え1日数回の注射が必要となるが、患者によってはこうした頻回注射が難しい場合がある。 治療の強化が必要であっても注射回数を増やせないと、血糖コントロールの目標を達成できなくなる。 「ライゾデグ配合注」は1日1回の注射から治療を始められ、インスリン療法で基礎分泌と追加分泌の両方を補う必要がある患者や、中間型・持効型インスリン製剤で治療しており追加分泌を補う必要がある患者で、よりシンプルな治療による改善を期待できるという。 低血糖の頻度を高めずに血糖コントロールを改善 「ライゾデグ配合注」は従来の混合型インスリン製剤とは異なり、無色澄明な溶解インスリン製剤で、注射前の懸濁操作が不要だ。 「トレシーバ注」は皮下注射後は皮下組織で可溶性で安定したマルチヘキサマーとして一時的にとどまり、モノマーはマルチヘキサマーから徐々に解離するため、皮下投与部位から緩徐かつ持続的に血中へ移行し、長い薬物動態および薬力学的プロファイルを示す。 また、「ノボラピッド注」は皮下注射後は組織間液で希釈されることにより、ヘキサマーから急速にダイマー、モノマーへと解離して速やかに血中に移行し、短時間で血糖降下作用を発現する。 「トレシーバ注」と「ノボラピッド注」の作用は互いに干渉することはなく、「ライゾデグ配合注」は、明確なピークを示すノボラピッド注と平坦で安定した作用を示すトレシーバ注の特徴を併せもつ。 「Treat to Target試験」は、新規のインスリン製剤群と従来の対照薬群を比較し、同様の血糖コントロールを目指し治療を行う試験。 新規薬の有用性を、対照薬に対する非劣性 HbA1c を検証した上で、低血糖の頻度や重症度などの項目により評価した。 2型糖尿病を対象とした臨床試験 Treat to Target試験 により、1日1回、カロリーや炭水化物の摂取量の多い1日の主たる食事の直前に注射することで、対照薬である従来の持効型インスリンに対する非劣性 HbA1c が確かめられ、低血糖や夜間低血糖の発現頻度を高めないことが確認された。 また、1日2回、朝・夕食直前の注射で、低血糖および夜間低血糖の発現頻度を高めずに、対照薬である二相性インスリン アスパルトに対する非劣性 HbA1c が確かめられた。 ライゾデグ配合注はこれまでに日本を含む6ヵ国で発売されている 11月13日現在。 同社は、シンプルな治療の強化を実現し、低血糖の発現頻度を高めず、より良い血糖コントロールの達成を可能にするための新たな選択肢となるとしている。 加来浩平・川崎医科大学内科学特任教授は、東京都内で「新しいインスリン配合製剤がもたらす臨床上のベネフィット」と題し講演した。 12月1日から発売開始となった「ライゾデグ配合注 フレックスタッチ」について、「インスリン療法のリスク 低血糖、体重増加、日常生活の制限など を軽減し、ベネフィット 血糖コントロールの改善 を高められる製剤として期待できる」と述べた。 アメリカとカナダで1980年代から1990年代に行われた大規模研究「DCCT」では、1型糖尿病患者が発症早期から強化インスリン療法を行うことで、HbA1cの改善により網膜症などの血管合併症のリスクが減ることが示された。 しかし、その代償として、患者には生涯にわたり低血糖への恐怖や日常生活上の制約 頻回注射による不便、苦痛など がつきまとうようになった。 また、2型糖尿病における心血管合併症の抑制を目指した大規模介入研究「ACCORD」や「VADT」では、インスリン療法では重症低血糖や体重増加といったリスクを減らすことが重要であることが示された。 血糖コントロールの管理目標の達成するために"患者毎の管理目標の設定""HbA1cの量と質の改善を目指した良質な血糖管理の達成""早期介入による病態進行の抑制"が必要となることが示唆された。 その結果、インスリン療法導入を適切な時期に開始できず、治療目標達成とその維持が困難になっている。 これからのインスリン療法には「低血糖リスクの抑制」「注射の回数やタイミングなど、患者が治療を継続しやすいよう配慮されている」ことが求められるという。

次の

インスリン注射の仕方

インスリン 注射 手順

はじめまして。 介護施設では、高齢により自己注射が難しいため、看護師がペン型のインスリンを皮下注射することも少なくないと思います。 構造上、注射器で皮下注射を行っているときとは刺入角度も異なりますので、この機会に整理して覚えていただければと思います。 皮下注射とは 表皮と筋肉の間の皮下組織に薬液を注入することで、ゆるやかに薬の効果があらわれ、持続時間も長いのが特徴です。 皮下注射の注射部位 主な注射部位は、腹部、臀部、上腕肘側の肩峰と肘頭を結んだ線の下3分の1の点です。 同じ場所に皮下注射をし続けると、皮膚の硬結やリポハイパートロフィーと呼ばれるやわらかい皮膚の膨らみや弾性の膨らみが起こり、インスリンの薬効が悪くなる可能性があります。 そのため、毎日行う場合は皮下組織が豊富で広範囲な腹部や臀部を選択し、日々注射部位をずらしていきます。 必要物品 ・ペン型インスリン注射器 ・接続針 ・消毒綿 ・ビニール手袋・指示書 ・針入れ ペン型インスリン注射器の手順 1.手洗いをします。 2.ペン型インスリン注射器の中身が懸濁している種類の時は、上下に振って中身を均一に混ぜます。 3.キャップを取り、消毒綿で針を接続するゴムの部分を拭きます。 4 .針を垂直に刺して回しつけて装着します。 針は、ゲージや長さなど、利用者様に合わせて医師から処方されていると思いますので、ほかの利用者様のものと混ざらないように注意します。 5.薬液が針先から出るくらいに空打ちをします。 空打ちは、注射器の動作確認や閉塞の有無、針内の空気の除去のために必ず行います。 空打ちの単位については、2単位でセットし注射針を上に垂直に向けて行う、というのが一番勧められています。 一方で、注射器の構造上、皮下注射時は針先は下向きなことから、空打ちは針先を下にして1単位で十分だという意見もあるようです 6.皮下注射の単位数を、指示書を確認してセットします。 施設でも、安全面の視点からダブルチェックが推奨されているかと思いますので、複数の目で確認することをお勧めします。 7.利用者様に、皮下注射をすることを説明し同意を得ます。 8.感染予防のため手袋をし、注射部位の選定をします。 同じ部位に皮下注射をしつづけることがないように、看護師間で引継ぎを行いましょう。 9.皮下注射部位の消毒をします。 皮下脂肪は可動性があるため、注射部位を皮下組織までつまみ、単位数を確認して皮膚に対して垂直に針を刺します。 皮下脂肪が多い場合は、つままずに皮膚を下に引き、固定します。 10.皮膚をつまんだ場合はそのまま、インスリンの注入ボタンを押して薬液を注入します。 ゆっくり5から10秒までかぞえて、インスリンの目盛りが0になっていることを確認します。 11.注入ボタンを押したまま針を抜きます。 注射部位の皮膚の観察をします。 使用後は、速やかに針を外し、清潔の保持とエアーが内部に入るのを防ぎます。 ペン型インスリン注射器と注射器での皮下注射の違い 一番は注射針の刺入角度です。 注射器での皮下注射の刺入角度は、15から30度とされています。 一方、ペン型インスリン注射器は、皮膚に対して垂直に刺して皮下組織の深さになるように長さを決めて処方されています。 そのため、筋肉に達してしまったり、血管内に誤刺入する危険性が、少ないといえます。 しかし、その分注射器の皮下注射と違い逆血での血管内誤刺入確認ができないため、皮下組織が極端に少ない利用者様は皮下脂肪のある部分を見極めて注射部位を慎重に選定します。 小児の注射では、垂直に刺すことで、針の長さによっては筋層に達してしまうため、注射部位をつまんでかつ45度の角度をつける必要がある場合があります。 当たり前ですが大切なのは、皮下脂肪の厚さや針の長さが違っていても、薬液を確実に皮下組織に注射することです。 おわりに.

次の

インスリン自己注射の指導【いまさら聞けない看護技術】

インスリン 注射 手順

はじめまして。 介護施設では、高齢により自己注射が難しいため、看護師がペン型のインスリンを皮下注射することも少なくないと思います。 構造上、注射器で皮下注射を行っているときとは刺入角度も異なりますので、この機会に整理して覚えていただければと思います。 皮下注射とは 表皮と筋肉の間の皮下組織に薬液を注入することで、ゆるやかに薬の効果があらわれ、持続時間も長いのが特徴です。 皮下注射の注射部位 主な注射部位は、腹部、臀部、上腕肘側の肩峰と肘頭を結んだ線の下3分の1の点です。 同じ場所に皮下注射をし続けると、皮膚の硬結やリポハイパートロフィーと呼ばれるやわらかい皮膚の膨らみや弾性の膨らみが起こり、インスリンの薬効が悪くなる可能性があります。 そのため、毎日行う場合は皮下組織が豊富で広範囲な腹部や臀部を選択し、日々注射部位をずらしていきます。 必要物品 ・ペン型インスリン注射器 ・接続針 ・消毒綿 ・ビニール手袋・指示書 ・針入れ ペン型インスリン注射器の手順 1.手洗いをします。 2.ペン型インスリン注射器の中身が懸濁している種類の時は、上下に振って中身を均一に混ぜます。 3.キャップを取り、消毒綿で針を接続するゴムの部分を拭きます。 4 .針を垂直に刺して回しつけて装着します。 針は、ゲージや長さなど、利用者様に合わせて医師から処方されていると思いますので、ほかの利用者様のものと混ざらないように注意します。 5.薬液が針先から出るくらいに空打ちをします。 空打ちは、注射器の動作確認や閉塞の有無、針内の空気の除去のために必ず行います。 空打ちの単位については、2単位でセットし注射針を上に垂直に向けて行う、というのが一番勧められています。 一方で、注射器の構造上、皮下注射時は針先は下向きなことから、空打ちは針先を下にして1単位で十分だという意見もあるようです 6.皮下注射の単位数を、指示書を確認してセットします。 施設でも、安全面の視点からダブルチェックが推奨されているかと思いますので、複数の目で確認することをお勧めします。 7.利用者様に、皮下注射をすることを説明し同意を得ます。 8.感染予防のため手袋をし、注射部位の選定をします。 同じ部位に皮下注射をしつづけることがないように、看護師間で引継ぎを行いましょう。 9.皮下注射部位の消毒をします。 皮下脂肪は可動性があるため、注射部位を皮下組織までつまみ、単位数を確認して皮膚に対して垂直に針を刺します。 皮下脂肪が多い場合は、つままずに皮膚を下に引き、固定します。 10.皮膚をつまんだ場合はそのまま、インスリンの注入ボタンを押して薬液を注入します。 ゆっくり5から10秒までかぞえて、インスリンの目盛りが0になっていることを確認します。 11.注入ボタンを押したまま針を抜きます。 注射部位の皮膚の観察をします。 使用後は、速やかに針を外し、清潔の保持とエアーが内部に入るのを防ぎます。 ペン型インスリン注射器と注射器での皮下注射の違い 一番は注射針の刺入角度です。 注射器での皮下注射の刺入角度は、15から30度とされています。 一方、ペン型インスリン注射器は、皮膚に対して垂直に刺して皮下組織の深さになるように長さを決めて処方されています。 そのため、筋肉に達してしまったり、血管内に誤刺入する危険性が、少ないといえます。 しかし、その分注射器の皮下注射と違い逆血での血管内誤刺入確認ができないため、皮下組織が極端に少ない利用者様は皮下脂肪のある部分を見極めて注射部位を慎重に選定します。 小児の注射では、垂直に刺すことで、針の長さによっては筋層に達してしまうため、注射部位をつまんでかつ45度の角度をつける必要がある場合があります。 当たり前ですが大切なのは、皮下脂肪の厚さや針の長さが違っていても、薬液を確実に皮下組織に注射することです。 おわりに.

次の