凍結胚移植 出産日。 移植

【医療監修】凍結胚移植とは?妊娠成功率と費用、妊娠判定日までのスケジュール [ママリ]

凍結胚移植 出産日

その体外受精の流れの中で、胚を子宮内に戻す胚移植(ET)が行われますが、その中で、採卵周期以外の周期に理想的な子宮内膜環境を整えて、凍結融解した胚を戻す方法を凍結胚移植(凍結融解胚移植)といいます。 日本産科婦人科学会では、多胎妊娠を避けるため1周期に子宮内に戻すことができる胚の数を「原則として単一」としています。 しかし、「35歳以上の女性、または2回以上続けて妊娠不成立であった女性などについては、2胚移植を許容する」とも定めています。 女性の年齢によって成功率に差が出てしまうのは自然妊娠と同様 この凍結胚移植の成功確率は医療の進歩により、今までと比較して上昇傾向にあるそうですが、その女性の年齢によって成功率に差が出てしまうのは自然妊娠と同様であるようです。 そのため、もちろん女性の年齢が若ければ若いほど凍結胚移植の成功率は高くなっていきます。 これは、20代の方が卵子の老化がそこまで進んでいないという事と、身体的に健康である場合が多いという事がその大きな理由であるといえるでしょう。 これは女性の体の健康状態、および卵子の老化が大きな原因であると言えます。 2010年の実際のデータを見てみると、2010年に行われた IVF-ETで新鮮胚移植を行ったケースうち、妊娠にいたったのは6,484件です。 したがって、移植周期あたりの妊娠率は23. さらに、出産にいたったのは4,395件(妊娠あたり流産率は23. したがって、移植周期あたりの生産率は16. つまり、体外受精にチャレンジされて新鮮胚移植を行い、赤ちゃんを胸に抱けた方は、100組中7組ということになり、決して高いとはいえない値になっています。 ところが、凍結融解胚子宮内移植(受精方法が通常の体外受精か顕微授精かの区別なく統計処理されています)の治療成績をみてみますと、2010年は82,269件(周期)行われています。 そのうち移植が行われた回数が79,944件(治療をスタートしたケースの97. したがって、移植周期あたりの妊娠率は33. さらに出産にいたったのは17,883件(妊娠あたり流産率は25. この結果は、凍結保存していた胚を融解して子宮内胚移植を試みた100組中およそ22、23組は、赤ちゃんをうちにつれて帰ることができたということを意味しているのです。 このことからも、凍結融解胚子宮内移植の有効性がうかがい知ることができると思います。 凍結胚移植良いところは採卵回数を極力少なくし、女性の負担少なく回数を重ねる事が出来る事です。 一度の失敗で諦めず、何回かチャレンジしていきましょう。

次の

凍結胚移植(ホルモン補充)周期D22 移植日

凍結胚移植 出産日

今回移植した胚盤胞について まずおさらいとして、今回移植した胚盤胞について。 胚盤胞移植の時点では胚盤胞のグレードは4と聞かされていました。 この図で言うと グレード4は拡張期胚盤胞と呼ばれるようですね。 このグレードのものを体外受精の 移植1時間前にアシストハッチングしたところ、移植の頃には グレード5の孵化しつつある胚盤胞になっていて、それを移植しました。 また胚盤胞はグレードの中にも更に細かいグレードがあるのですが、私の主治医はそこまでは教えてくれなかったので細かい部分はわかりません。 今回移植する胚盤胞は前周期に採卵・培養し凍結したものです。 ここまでが前提です。 つわりが出るような時期ではないので体調不良だったのかもしれません。 謎です。 右と左の卵巣あたりがズキっとすることもありました。 足もまだ痛いです。 生理前の腹痛に似ている気もするしトイレに行きたい痛さのような気もしました。 あ~いててて・・・と声にだしてしまう程度に痛みです。 黄体ホルモンを補充しているのでずっと体温は高いのですが、この二日間は特に暑くて暑くて。 気温が高めであることも関係あると思いますが、寝汗をかくようになりました。 寝汗もまだあり。 BT7辺りから足の痛みがおさまりました。 子宮全体の痛みも生理前の痛みに似てきました。 関連記事 BT7で初めて基礎体温がガクっと下がりました。 ホルモン周期なのであまり関係ないのですが気にはなる・・・ 胚盤胞移植後BT9~BT11の症状 今まであった症状はほぼゼロになりました。 足も痛くないし子宮の痛みも消え、おりものなども特筆するほどの変化なし。 こりゃー今回はダメだなと思って次の移植のことを考えていました。 胚盤胞移植後BT12~BT14の症状 BT12の夜から胃もたれが始まりました。 最初は意識していなかったのでどのタイミングで胃もたれが始まったのかはわかりませんでした。 ですがこの日以来胃もたれは続いていて、気持ち的に食欲がなくなりました。 また足の痛みと寝汗が復活したのがBT13。 おかげさまで毎日ボーッとしています。 以上が 胚盤胞移植後のBT1~14までの症状らしきものです。 いつもの生理前と違うかも?と思うのは、胃もたれと足の痛みですかね。 最初はとにかく足全体がだるかったのですが、段々太ももの内側らへんが痛くなってきました。 胃もたれも今までの生理前はありませんでしたけど、まぁこればっかりは分からないですね。 今回の胚盤胞移植がダメだったら一ヶ月お休みして人工授精を試そうと思っていました。 とは言っても自宅でできるシリンジ法(セルフ人工授精)ですが。 HCGの数値でいえば胎嚢?が確認できるらしいのですが、先生は何も言いませんでした。 でもエコーで私が見てもわかるくらいの黒い丸が見えたので、あれが胎嚢かな?と思っています。 とりあえず次の診察は一週間後。

次の

胚移植

凍結胚移植 出産日

選択1 A. 新鮮胚移植? B. 凍結胚移植? 選択2 胚移植は… A. 4分割? B. 8分割? C. 胚盤胞? 選択3 胚移植数は… A. 1個? B. 2個? C. 2段階移植? 選択4 凍結融解胚移植の方法は… A. 自然周期移植? B. 低刺激移植? C. ホルモン補充(調整)移植? 選択5 SEET法は実施希望? 選択6 ヒアルロン酸胚移植用培養液は希望? 選択7 レーザーアシステッドハッチング実施? 新鮮胚移植と凍結胚移植の違い 新鮮胚移植 採卵の周期に胚移植を行う方法です。 妊娠率が凍結融解胚移植に比べて低く、卵巣の腫れ、卵巣による黄体機能不全、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)を発症のリスクなどが有るためにお勧めしておりません。 凍結融解胚移植 採卵で得られた受精卵(胚)を胚盤胞まで培養し、凍結保存します。 胚移植日の朝に融解し、融解した胚を移植する方法です。 子宮環境を整えることができるため、妊娠率が高く、流産率が低いのが特徴です。 この3方法の違いは、胚移植の確実性の違いです。 自然排卵周期<低刺激周期<ホルモン調整周期の順に確実性が高いのが特徴です。 いずれの方法も妊娠率に差はありません。 また、胚移植予定日の1日~4日前に超音波による子宮内膜の計測か、採血によるプロゲステロン値の測定を行い着床環境に問題がない場合にのみ実施しますので最終的にこの時点で規定以下の場合は胚移植を実施しても妊娠する可能性は低いことから、移植をキャンセルします。 参考 当院の体外受精妊娠例における胚移植方法の割合はのSTEP5をご覧ください 自然移植31. 完全自然排卵周期の場合は排卵誘発剤を使用せず、自然に脳下垂体から分泌される内因性FSHホルモンによって卵胞が成長します。 卵胞がどの程度まで発育しているかをこの時期に超音波にて検査することで、排卵日の予想特定を行います。 もし、卵胞成長が遅い場合は採血を行いより正確に状態を把握します。 LHサージ誘起 生理12日目~13日目(排卵36~40時間前) 卵胞がこの時期まで順調に成長してくると、エストロゲン(E2 ホルモンの上昇に伴い、排卵を促すLHホルモンが急激に上昇します。 これをLHサージといい、この後に排卵がおこります。 自然にLHサージを起こす場合 この時期の来院は不要。 確実にLHサージを起こす場合 hCG注射か、点鼻薬(スプレキュア)を用いる。 詳細は参照。 排卵誘発を実施 生理5日目~14日目 経口薬の場合は服用開始後、超音波検査日まで来院の必要はありません。 来院が難しい場合は自己注射も可能です。 シクロフェニル(経口薬)• クロミフェン(経口薬)• アロマターゼ阻害剤(経口薬)• rFSH(ペンタイプ自己注射) 超音波検査 生理10日目~12日目• 卵胞が順調に(正しく)成長しているかを超音波で確認し排卵日を予想特定することでタイミング指導を行います。 超音波だけでは卵胞の成長が把握できない場合は採血検査によりエストロゲン(E2)を測定しより正確な排卵日を予測します。 LHサージ誘起 生理12日目~13日目(排卵36~40時間前) 卵胞の成長に伴い分泌されるエストロゲン(E2)の上昇により、排卵を促すLH(黄体形成ホルモン)が急激に上昇することをLHサージといいます。 このLHサージ後、排卵がおこります。 自然にLHサージを起こす場合 この時期の来院は不要。 確実にLHサージを起こす場合 hCG注射か、点鼻薬(スプレキュア)を用いる。 詳細は参照。 皮膚に直接貼って使用。 入浴後に貼り替え、2日間使用したら新しいものと交換。 生理開始14日目~中止の指示があるまで プロゲステロン膣坐薬 プロゲステロンを補充し着床を助けます。 冷蔵庫にて保存してください。 1日2回(朝・就寝前)「膣内」に注入します。 膣坐薬中にはプロゲステロンが222mgも含まれていますので使用時溶け残りがあっても心配いりません。

次の